おいしい職業?!



政治家も医師も、是が非でも息子を同業にさせたい職業ですが、
それだけ「おいしい」のかなぁ。

騎手もそうなんですかねぇ。。。




横山典弘騎手の三男が競馬学校に合格!
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=80721




スポンサーサイト

“ヒトクチ”を気持ちよく続けたい方

昨日は“ヒトクチ”を気持ちよく続けたい方にはあまり良い記事ではなかったですね。


今日は、“ヒトクチ”を気持ちよく続けたい方に、背中を押せるような、素晴らしい記事にしたいと思います^^




ヒトクチをすることで、競馬がより詳しくなる。
  〃       、調教師、騎手に詳しくなる。
  〃       、馬主の心理が少し理解できるようになる。
  〃       、週末が楽しくなる。
  〃       、思わぬ高配当の馬券が当たるようになる?


。。。たくさんありますけど、

何よりも、“ヒトクチ”によりアナタは夢であった競走馬のオーナーの疑似体験ができるのです!

“ホンモノ”の馬主は極々一部の人にしかなれません。
だけど“ヒトクチ”では、そのリアルな体験が可能なのです。



また、“ヒトクチ”では、アナタに会社経営者としての体験をさせてくれます。
アナタは会社のオーナーなのです!

アナタは優秀な人材(馬)を毎年スカウトします。
そして、スカウトが成功したら3万円、5万円、中には10万円超えの“契約料”を支払います。

毎月発生する個々の約1200円(維持費)は、「お給料」と思いましょう。


優秀な人(馬)は業績を上げてくれ、
中にはまったく働かない給料泥棒もいることでしょう。

良い働きをしてくれれば、アナタの会社は潤い、会社がより大きくなることを助けてくれます。
もちろん、その逆で倒産に追いやられることもあります。


それらすべてアナタの責任です。


会社経営もまったく同じです。
“ヒトクチ”でこんな疑似体験までできるなんて!


“ヒトクチ”って、まるで「大人版キッザニア」ですね^^



一口中毒から逃れたい方へ

気に入った馬がいれば金に糸目をつけないのだけど、ただ、怖いものでパンフを見ている内にあれもこれも欲しくなるのだから不思議というか、気をつけなくては。。。と自分に言い聞かせる。


あれもこれも欲しい、だけどお金が。。。


この中毒症状から逃れたい方、
まずパンフを見ないことが一番良い方法と思います。


それでもダメな方、
こう考えたらいかがでしょうか?


『募集価格「3万円」「5万円」「10万円」は、頭金と思え』


そう!

募集価格は頭金、あなたは月々約1200円(維持費)の分割払いで商品を買おうと思っているのです。

例えば、60回払いとして、72000円!

頭金3万円、月々分割で1200円の60回払いで、約10万円の商品を買おうとしているのです!


募集価格がたった3万円?
いや、実は10万円なんですよ!

それが2頭ならば20万円の買い物
3頭ならば、4頭ならば。。。


もちろん、60回払いの間にいくらかペイされるでしょうけど、
中にはプラスになるかもしれませんけど、

「頭金3万円、月々分割で1200円の60回払いで、約10万円の商品を買う」

そういう覚悟でないと、この趣味は怖いということです。



募集価格に惑わされてはいけません。


『こんな素晴らしい商品が月々たったの***円!分割手数料は勿論当社が負担いたします!』

どこかの通販みたいですね^^;



同じ「中毒症状」


土日の朝のスポーツ紙、
馬柱をみると反射的に予想してしまい、
なんだか妙に当たりそうな気がして(錯覚なんだけど)、
ついには買わずにいられなくなる。。。



クラブから送られてきた募集馬パンフレットをみると、
なんだか妙に走りそうな気がして(錯覚なんだけど)、
ついには買わずにいられなくなる。。。



同じ「中毒症状」ですね。




馬券は相変わらず「中毒」ですけど、
ヒトクチのほうは少しずつ克服しています。
幸い、今のところ禁断症状が出ていません。



このまま縮小の方向へ向かいます。

そのつもりで去年は6頭出資しました。
(シルクは)個別の権利放棄ができる最後のラインナップでしたし。



現在、所有馬8頭。
だいぶスッキリしてきました。

あとは余程気に入った馬のみ出資する感じで、
ノルマンディーをメインにしていく方向です。



「安い馬から、2流血統から、ダイヤの原石を見つける」
これが元よりボクのスタイルでしたからね。


ノルマンディー、外国産馬を安く仕入れて募集して欲しいなぁ。
そうなるとの予想の元に「ノルマンディーメイン」発言でした。


LOTO6



ロト6


それは、競馬で例えるならば、


43頭立てのレースで、6連複を当てるようなもの。


そんなの5点や10点で当たるハズがない。




復活

どうもご無沙汰しております

実は「血統ブログ」の方に力を入れていました


そしてタイミング良く競馬番組は新馬戦が始まります。
この勢いのまま今年も「血統ブログ」にて、
「新馬戦勝ち馬」対象の「勝手にお手馬」
のスカウトを行いたいなぁ。。と思っております。


新たに、「社台“妄想”会員」にもなろうかと。

これはPOG兼ねて、社台から5、6頭指名し、来年のダービーまで馬券を買って応援しようかな?と。また、その実績次第では晴れて社台会員としてステップアップ出来る日も近づけるのではないか?という目論見です。


そんなんで、しばらく「血統ブログ」のほうに力を入れますので、こちら「雑談ブログ」は更新を怠る事になると思います。

また、「出資馬出走関連」「勝手にお手馬出走関連」「POG馬出走関連」そしてそれらの馬券結果中心の「雑談ブログ」となり、前よりも増して一層面白くないブログとなりますが、どうかご愛顧くださいますようお願いします

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

引っ越しが落ちついたら帰ってきます


あーいそがしっ

落ち着いたらまた帰ってきます。
(というより、いまネットが使えない状況)
(早く開通工事をしてくれ~)
(その前に早くゆったり競馬を観たい。。。)

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

しばらくお暇を頂戴致します。また帰ってきます。

ピースエンブレム2
ピースエンブレム

一応は、予想通りの3頭の決着で的中ですけど、



中山7R2
中山7R1
中山7R


こういう負け方をするのは、まだまだだ、ということ。


なので、しばらく修行にでます
 
 #ちょっとブログの更新休みます

 #本当はちょっと多忙なんで更新できそうにないんです

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

御法度を破りました

妻は博打が嫌いです。
しかし、競馬に対しては理解があるほうだと思います。
家のお金を持ち出してないから。
それと、勝てばご褒美をきちっとしているからかな?

そんな妻はやはり基本的に博打は嫌いです。
パチンコは特に嫌いです。


結婚してから今日まで約束したことがありました。
『競馬はいいけどパチンコはやめて』

けど。。。
結婚10年でその御法度を破ってしまいました。

競馬もない、家族も居ない、そんな暇な1日を過ごす事となったので、咄嗟に(久し振りに打ってみたいな)と。

嫌悪感を持って打つのも嫌なので、『明日パチンコ行ってくるわ』と。
『えーっ!』と眉間にしわが入ってましたが、『どうせ負けるよ』と「OK」ともとれる反応だったので気持ちよく行ってきました。


10年ぶりのパチンコ。

これは以前の打ち方と同じですが、「100回転未満」の台を探し、座りました。これは前に座っていた人が何らかの理由で辞めた?ひょっとしたら勝ち逃げしたのかも?・・・という考えに基づいてです。

そんな条件にぴったりの台、それは「CR遠山の金さん」にありました。その台に腰を下ろし、さぁパッキーカードを買いに行こう!と席を立ちました。繰り返しますが、「10年ぶり」なのです。

「パッキーカード」などはありません。
10年前には確かにありました。
けど、
返金する機械はあってもカード売り場はありません。
『えーっ、どうすんの!?』

席に戻って左を見たらお金を入れるところを見つけました。
『もしかして、これ?』

恐る恐る入れたら、するするする~っと1万円が飲み込まれました。10年ぶりの私には「CRと現金が一体化してる」のを受け入れるには少々時間が掛かりました。


開始からしばらくして派手なリーチが連発し出しました。
そして2500円を投じた矢先、明らかに今までとは違うスーパーリーチになりました。これが長いの何の!
(もうええから早く揃ってくれよ)

そして確変開始!
(けど、このじれったいリーチで外す場合もあるとか。腹立つやろうなぁ)

2箱が一気に満杯になり、ここで辞めておけば良いのに、開始から30分。『あとの時間をどう過ごそうか?』で続行決定。
(これが負けパターン)

辞める機を逃せば、リーチがくる度に辞められず。
結局2箱を飲まれました。

そこから意地になって、『取り戻そう』と必死。
(もう完全に負けパターン)

1万7千円を注ぎ込んで、やっと“あのスーパーリーチ”

そして3杯積んで辞めました。
1万9千5百円投じて1万7千5百円の換金。

『まぁ2千円で遊べたからええか』


けど、疲れました。
中途半端に勝たなくて良かった。
これで“御法度”は守れそうです

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

冷めたのか?オトナになったのか?

キャロット馬の近況を確認するとき、他の馬の動向を気にしなくなったなぁ。。。


昔は更新された馬すべて、自分の馬も、知り合いの馬も、関係ない馬も、まんべんなくチェックしてたけど、ここ2~3年はホント見なくなりました。

頭数がやたら増えて、馬名と募集時の「○○○の07」とが一致しなくなったせいかも?他の馬への関心が無くなったのは良い事なのか?単に冷めてきただけなのか?

セゾンは早くからこんな感じ(自分の馬以外は関心を示さず)だったから、やっぱり、「馬名みてもなんの馬かわからんわい!」で、めんどくさくなったのが理由かな?

それと、ほんのちょっと人間的にも大きくなったかも?

だって、「あの馬出資するつもりだったんだ!」「うわ~すげぇ活躍してるし・・・」というのもなくなったから。

それって人間的に大きくなったんじゃなく、冷めただけなのかな?

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

馬も癒されたい

JRA競走馬総合研究所が96年に行った調査では、日本の競走馬の85・4%が胃潰瘍という数字が出ている。欧米でもほぼ同じ。



まぁこれは有名な話で、皆様よく存じ上げていた事とは思いますが、改めて思うのは――

『馬って本当は走りたくないんだなぁ』

って。


『馬は走る為に生まれてきた』

なんてのは、ちょっと人間の勘違いも入っているし、放牧地で走るのと競馬場で走るのとはちょっとワケが違うんですからねぇ~。


とはいえ、「競馬場で走る」ことを望んでいる自分はとても矛盾していることを書いてますが(汗)


もしドバイの王子様が友人なら(ありえねぇ~)、トレセン近郊にリラックスだけを目的とした牧場を作ることをおねだりしたいなぁ。とにかく「癒しの空間」オンリーにして。そこに2~3日滞在して外厩へ移動。。。みたいな。そんな牧場があっても良いと思うけどなぁ。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

馬券哲学

      競走馬の好調期間は短い



馬券の好調期間も短いですよねぇ~。

この好調期間でいかに貯金できるかで年間収支が大きく左右されますね。

けど、「これから好調期間」と「ここまでが好調期間」というのは解りませんよねぇ。これが解れば無駄な投資も減りますし、“勝ち組”にぐんと近づけるのですけどね。


『麻雀と人生のバイオリズムはよく似ている』

と以前書きましたが、人生も博打も良い事ばかりではありませんからね。



しかし、大事な事、それは――
「継続すること」と「波を見極める事」

たまに馬券を買っていても(参加しないと)バイオリズムは見えませんし、けど大きく突っ込むと負けますし。そういう意味で「継続」と「見極め」は特に大事なんだと日々思っています。


1月は本当にダメでした。

けど、きっとビッグウェーブはやってくると信じています。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ついに我が家にも

小学校3年生の娘が、ついに新型インフルエンザに罹ってしまいました。参考の為に経過を書きますと。。。


22日午前中    元気に遊んでいました。
 〃 午後3時  「寒い」「しんどい」で検温すると38.4℃
 #ホント、急に!でした。

まぁ間違いなく“新型”と思いましたが、24時間経たないと「陽性」反応は出ないと思ったので、救急へは連れて行かず、家にあるツムラ27麻黄湯を2/3包飲ませました。

23日朝、熱は37.8℃、機嫌も良く、何より食欲もあったのですが、念のため休日診療へ連れて行き、「陽性」を確認。一応タミフル等を頂戴して帰りました。

24日、39.1~39.4℃に再び上がり、様子を見ました(見てもらいました)。機嫌も良く、肺炎の症状もないので安心はしているのですが、やはり「急変」が怖いので、タミフル有効期限ギリギリの48時間以内なので、頼る事にしました。

24日夜、今度は4歳の息子が38.1℃に!

姉と同じく、麻黄湯を1/5包ほど飲ませました。しかし、理想である、お湯に戻して飲ましますと、今後『嫌だ!』と拒否されても困るので、イチゴジャムに絡めて飲ませました。これは大成功!



小3の姉の方はひとまず安心ですけど、園児の息子の方はまだまだ予断は許しません。

息子は私立の幼稚園に行っており、「インフルエンザ対策」を徹底していますので、『親、兄弟でインフルエンザ感染者がいれば園児は1週間休ませてください』というルールがあります。

結果、その期間中に感染しましたので、本人の為にも、不謹慎ながら『良かったのかなぁ』と。

しかし、怖いですよ。
いつ急変するかわからないんですから。


そんなんで、実は、「ドリームリフレクト」や「マイルCS」どころではなかったのでした。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

リアル“カイジ”で人生哲学学んでます

キャロット続行!の意を決して、幸先良くディープの牝馬2頭を手に出来たのですが、リーガルスキームが1000万クラスで足踏み(・・・というか頭打ち状態)で阪神開催まで待機、ピースエンブレムは短期放牧の予定が左トモの蹄を裂蹄で長期休養に(山元~!!)、期待したクラサヴィカまでも剥離骨折?で長期休養へ。。。。

リーガルは、まぁ阪神開催なので「あっ」という間にその日が訪れましょう。ピースも蹄が伸びれば問題なし。問題はクラサヴィカです。

「血統・配合」の爆発力は期待していなかったですが、とにかく丈夫で使えるだろうなぁ。。。と、そこにポイントをおいて出資したのに、まさかこうなるとは計算外。

気性が災いとなって余計な事をするからレースでも結果が出ないし、へんに脚に負担がかかるから故障までするし。。。

早来での評判や、大久保龍先生の期待、それなりに良いものはあるんでしょうが、全ては気性が邪魔して。。。

難しいですね。馬って。

こうなったら、長期休養期間中に気性が少しでも大人になるよう期待しましょうか。


そんなんで、キャロットは現在稼働馬なし。




対照的に、セゾン馬5頭のうち、4頭が入厩して頑張ってくれています。まだ今年未勝利ですが(汗)。意外でしょ?リフレクトもシャドウもアドバンスも、自己条件では勝てる力があるのに結果が出ていないんです。よって今年まだ未勝利。

それでも、セゾン馬はキャロットと違って数を使ってくれますから、それはそれで、また違う楽しみ方で楽しませていただいております。

今週のドリームザネクストは2戦目で動きがガラッと変わってきましたから、楽しみにしているんですよねぇ。三浦皇成を手配してくれましたし♪

ドリームリフレクトは単勝1.9倍を裏切り、残念な結果でしたが、今のうち色々経験してもらえれば先々役に立つでしょう。まだまだ強くなると思いますし。

ドリームシャドウも唯一勝利をあげた福島で復帰し(今週!?)、そして得意の中山へと続きそうですし。その頃には期待のサマーアドバンスも帰ってくるでしょう。

サマーヘレネだって。。。きっと。。。勝てる。。。ハズ?
けど、また黛くんですか!
大丈夫かな?
けど、母父フォーティナイナーで福島の小回りは合いそう。
これも今週出走予定です。

なんと!贅沢な土曜日セゾン3頭出し!!




自身、運気が最悪。
それを象徴するかのような愛馬の不甲斐ない走り。

しかし、そういつまでも続かないでしょう。
自身の“夜明け”とともに、愛馬も活躍してくれると信じています。



そんなんで、競馬を通じて、リアル“カイジ”、やっております。(笑)

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

取らぬ愛馬の皮算用

まだ愛馬が勝ってもいないうちから賞金が入るものと決めつけ、その分配金や馬券配当で出資馬を増やそうと計画立てをすることのたとえ。




ダメですよ。
こんな皮算用をしては!

昔の人はうまい事を言ったものです。
本当その通りになった(トホホ)


気に入った馬へ出資申し込みをする際、何でも良いから「背中を押してくれる何か」が欲しいもの。また、これまでそのようにしてきました。愛馬が勝ったその日とか、馬券で儲けたその日とか。。。プンティラ08とブロードアピール08のディープ牝馬たちも、「結婚10周年記念日」に申し込みましたし。

縁起を担いでの事なんですけどね。



。。。で、今回も、出資をほぼ決めています、イエローダンサーの08(セゾン)への出資に際し、「背中を押してくれる何か」を探していたわけです。

しかし、ご存じ馬券は絶不調ですし。

そんな時、好機が訪れました!ドリームリフレクトの99%の勝機です!!もうこのタイミングしかない。セゾンは今月(今週)一杯までが7%割引の期限ですから。

『1着賞金は***万円で、もし馬券も的中したら***円くらいに。。』


申し込み用紙に名前を書き、判を押す構えでTV中継を見ました。


――『コラッ!太宰、なんてことを!!!』――

1コーナーで、早くも握っていた判を下に置きました。

あとはご存じのとおり。



そして、出資申込用紙を机の引き出しへ入れました。

こうなると、ダメなんです。しばらく封印です。



アホみたいでしょ?
出資する事は間違いないんですよ。
お金も・・・まぁ何とかなるのに。
(しかし完全に皮算用して配当金をあてにしてましたが;)

ただタイミングが合わない理由だけで。
もったいないですよね、せっかく7%も引いてくれるのに。

けど、ダメなんです。
「背中を押してくれる何か」がないと。


そもそも、「取らぬ“愛馬”の皮算用」をした事がマヌケでした。
必ずと言って良いほど良い結果は得られませんよね。
>捕らぬ狸の―


今は出資しない方が良いという掲示なんだと言い聞かせ。

そんなポンセは、これからも「運命」に従い、生きていきます。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

常識

立ち小便をしているおっさんがおりました。

なんだか不思議な感覚に襲われました。
昭和に戻ったような。。。


昭和はそこらへんで“立ちしょん”をしている人、いましたよね。
今ではそんな光景、『しんじられな~い』でしょうけど。


「常識」って変わるものなのですね。
時代と共に。


北京オリンピック前に、中国人のマナーの悪さを懸念したニュースがありました。くわえタバコに痰吐き・・・

日本人もついこの前までやってたのにね。


子供の時、人の家の壁にボール当てを永遠としていました。特に悪いとは思いませんでした。今なら。。。

『うるさい!!』

一喝されるでしょうねぇ。


子供なのでそんな「常識」わからなかったですが、大人も「子供なので」で、そんな「常識」を勘弁してくれていたのかな?



昭和はのんびりしていましたね。

今は、自分も、なんかピリピリしています。

だから、“立ちションのおっさん”がとても懐かしく思えたのです。
「常識」外れのイケナイ行為でしょうけど。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

セゾン公式サイト、リニューアル!

・所属馬の情報はメンバーしか見られなくなった
・各所属馬の情報にプロフィールも加わった

以上がセゾンのホームページリニューアルで変わった点ですが、「ドリーム」「サマー」の冠名がつくようになって、特に若駒のうちは「はて?この馬なぁに??」という感じで、別窓のプロフィールを行ったり来たり。。。不満タラタラでクラブへメールした事もありました。

それが今回改善されて良かったと思います。

しかーし!
更新した馬を上に上げるなり、色を付けるなりしないとわからんじゃないか!!

そんな事、クラブに申し出たら、『MY愛馬情報に登録してくださると便利です』などの返信が返ってくるのが見え見えなのでやめておきますが、けどね、馬を買うものの心理としては、募集時の馬で、今まで興味の無かった馬でも景気の良いコメントが出たら欲しくなるもので。そういう営業もあると思うんですけどねぇ。。。あれでは、自分の馬しか見ようと思わないもんね。



「所属馬の情報が会員しか見られなくなった」

これは当然といえば当然で、むしろラフィアン方式の“心の広さ”に戸惑っていたほど。やはり会費を納めているんだから全て公開にすることも無いと思うんですよ。だから今回の変更は良かったと思います。



また、CVFとの決別において、源泉税の分配方式も改めることとなったようです。会員の声がだいぶ届くクラブへと変わってきましたね。

そうそう、入会金も無料になるキャンペーンも。
「2009年度募集馬の購入時にセゾンカード・りそなカードでの新規ご入会の場合は入会金(¥21、000円)が免除になります。」

こんな事、岡田さんは一番嫌いやったからねぇ。


サービスだけではダメです。
やはり「走ること」が何よりのセールスですから。
走る馬を集めてください!


「この度、当クラブは本年を新たな出発点と定め、募集馬の選定から馬周り業務のすべてを独自に運営していくことになりました。」

このクラブの宣言は、一見頼もしくもありますが、これまでのバイヤー系クラブが辿った道を振り返りますと、「危なっかしさ」も紙一重であることを自覚しなければなりません。



「今年の募集馬の選定につきましては、豊富な経験と実績を挙げておられる専門家ならびに調教師の方々のご支援をいただき1頭を除き全てセリ市場で購入いたしました。」

どうせなら、伊藤雄二氏を招聘するくらいの努力が欲しかったなぁ。。。まぁ、今年買ってきた馬の実力、とくと拝見させていただきます。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ほのぼのとこんな写真。平和だなぁ~。

『・・・な、子供騙しな。
『ただのミルクセーキやろ?』
『んん!?』
『うまいやん!

ブログ 002

このデザインもまた、うまさを引き出しているのは確か。


このシリーズ、こんなのもありますよ。

200908262054497bf1.jpg







下の子は現在、幼稚園の年少組ですが、
『やっぱり男の子やなぁ~』
てな感じで、トミカにハマっています。

・・・で、これが一番気に入っているみたいで。

ブログ




・・・で、なんと偶然目の前に本物が走っていたので激写!

ブログ 0001

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

青春18きっぷの旅 ~香川、こんぴらさんへ日帰りで~

2009.08.12 blog01

この切符から、過酷な旅は始まったのです。。。


大阪 7:18発
 ↓(姫路8:22着)
 ↓(相生9:00着)
岡山 10:37着

約3時間、乗り換え回数は2回。
朝が早かったこともあり、殆ど寝ていたので感覚的には
「へっ!?もう着いたの?」


その岡山駅で園児の息子が興奮!
その理由は。。。これです。

2009.08.12 010

blog024.jpg



実際に乗ったのはこれですが。。。

blog026.jpg


blog042.jpg
瀬戸大橋を渡るマリンライナーの車窓から



琴平に到着したのは、12時半ころ。

出発して5時間強。
ようやく目的地到着。
お尻が痛い




これはマニア向けの“ことでん”こと高松琴平電鉄
2009_08_12 046




1368段にも及ぶ長く続く参道の石段を経て、
こんぴらさん(金刀比羅宮)の奥社へ。

blog031.jpg

2009_08_12 028

『今年1年、健康で暮らせますように・・・って、あの石段を登り切ったら、健康は心配ないでしょ?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

我が家のお宝です。

野茂

日本人メジャーリーガーのパイオニア的存在の野茂英雄さんサイン(近鉄時代)


古田

ヤクルト現役時代の古田敦也さんのサイン


二人は非常に仲が良く、学生だった時にアルバイトしていた店に二人で来られた時に頂いたサイン。この後すぐに野茂さんはアメリカへ行ったので、凄い価値が上がったような?

あっ、そうそう。この店、プロ野球ニュースの関係者で貸し切りにしていたところに二人が合流した感じでした。中井美穂さんと古田さんニアミス状態だったんですよ。実はこのあと結ばれたとか!?




キャロットリニューアル元年

キャロットリニューアル元年のパンフ。
頭数はわずか20頭。うち、12頭がマル外の募集馬。この中に後のトリリオンカットが存在するので、リニューアル元年の募集馬から、いきなり重賞勝ち馬が出たことになる。




伝説の世代

これが、“伝説のキャロ02年産”の募集パンフ。
のちに重賞を勝つこととなる、ディアデラノビア、シーザリオ、フィフティーワナーらほか、とにかく、「カスが少ない」募集馬で、“リニューアルオープンセール”としては、“出血大サービス”な募集馬たちだったのであります。



すごいパンフ

これもある意味お宝。
「これが本当に募集パンフなのか!?」
という、充実した内容。一見、何かの事典にも見える。店頭で2,500円くらいで売ってても違和感ない豪華さ。この中に後のレッドディザイア、レッドサーパスらがいるので、そういう意味でもとても豪華な募集パンフといえましょう。よそ様のクラブですが、捨てるには惜しい豪華さなのでお宝ということに。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

昨日の続きと泡銭の使い道

昨日に続いて、1頭追加。。。


ビッグハッピーの2009 メス 
父アグネスタキオン 母父アフリート
生産 (有)下河辺牧場 1500万円


『。。。』

すみません、やはり「キイ」は見つけることができません。
母はまずまず実績ある繁殖牝馬なのでないハズがないのですが。
勉強不足ですね。

けど、正直言って興味沸かないです。


あっ、そうそう、自転車買いました。
泡銭を得たら、何か形に残すマイルールですので。

Jeep JE-166G
 #同タイプです
 #写真は某店から拝借しました。

車に入れておけば何かと重宝しますね。
しかし、鍵って意味あるのかな?
ヒョイッと鍵を付けたまま持って行かれそうで。
何かに括り付けるようにしないとダメですね。

まぁ、泡銭で頂戴した品ですので、気楽に乗ろうかと。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

やっぱり!セゾン、岡田さん、さようなら。

“某匿名掲示板”の情報によると、

『セゾンサイドが、セレクトセールにおいて有名産駒を集めたい意向に対し、その事が総帥との意見と合わなかった事で、セゾンを全面的にバックアップしてきたCVF(コスモヴューファーム)とセゾンとが数年後を目処に決別する事が決定的に。』

という生々しい情報。
ツアー参加での情報のようですので確実みたいですね。


ここで新たな情報!
ラフィアン会員さまへの会報に、ハッキリと掲載されているそうです。
『今年のセゾン1歳馬募集からはCVFは関わらない』と。

ラフィアン会員さまにも「入会金無料だよ~」と煽って、セゾン入会を進めていましたからね。迷惑をかけたこの方達に真っ先に今後の方針を発表しないと、資金の割り振りもありますから。(けど、肝心のセゾンからは何の公表もなく



企業レベルの深い事情が絡んでいるのは承知していますが、ちょっと大人げないというか、セゾンサイドは勿論の事、総帥にも少しがっかりしています。カーッとなりやすい気性は存じていましたが、岡田さんを信じて付いてきた人をも裏切るこの行為。そう、一番の被害者は会員なのですから。

「2歳馬までは責任を取る」らしいですが、こういう経緯ならば、なるほどスタッフの意気も消沈し、それが現在のセゾンの成績に表れていると思えば合点致します。



岡田さんが撤退するのならセゾンに居る意味はありません。

しかし、
今回の件で、岡田さんに対しちょっとガッカリしたのも事実。

何やら、息子の為に別の新たなクラブを立ち上げ、
社台の兄弟のような形を取りたいとか。

『あーあ、結局は「社台を意識して」の追走なのね』



キャロット撤退に加え、セゾンまで撤退しないといけないとは。。。

 想 定 外 !




岡田さんへの想いも冷めたので、ラフィアンへの道も閉ざされ、
ならば、岡田さんが「モデル」としている社台へ行くのが定石。

けど、社台は。。。
ポンセは天の邪鬼なので。。。。



ダーレーのクラブができれば入りたい。。。



さらに!(追記)
お仲間さんによる直接の取材によると!!

『今後はセール中心で(クラブが)購入し、募集する』
『育成は今までのように決まった場所だけではない』

これって、そこらへんにあるバイヤー系クラブと同じやん。
そのクラブの現状をわかってるのか!?
セゾンの馬稼業の存続も危ういな、こりゃ。


現2歳馬2頭が、どれだけ頑張ってくれるか。
もし底が割れた段階でこのクラブともさようなら。
早くその日が来て欲しいとさえ思えてきました。
(ごめんね、2歳馬たち。。。)

あーあ、詐欺だぞ、これは。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ちょっと愚痴。。。お世話になっているけど。。。

キャロットさん、
先日はピースエンブレムの勝利をありがとうございました。
しかし、一つがっかりした事があります。


公式のメンバートップページに、
「OOOの07の半兄XXX(クラブ外の馬)、3歳500万下を快勝! 」
ってアレ、何なんですか?

『そこまでして売りたいか!?』とちょっと残念な気持ちになりましたよ。
馬たちが頑張っているからそんな事をしなくても売れるのに、
ああいう事をすると信用問題、どうなのかなぁ?
私ポンセはああいうの、絶対嫌です。(キッパリ!)


セゾンも、「秋に募集のみ」と、ちょっと弱腰な経営方針を取りました。(取らざるを得なかった?)
まぁそれは致し方なくも、岡田総帥との関係は保って欲しいなぁ。
なんか良からぬ噂を耳にしたので。
もし、“隣の芝は青く見え”て、社台グループの馬を取り入れるような事は個人的に辞めて欲しいなぁ。
最悪、昔のJOY方針へ戻り、岡田総帥と縁が切れるようなら。。。
ラフィアン行きま~す。(断言!)



なんだかんだ言って一口始めてもうすぐ10年。
ようやく自分の目指す方向性が見えてきました。

『信用できるクラブに賭ける』
『安い馬でも血(配合)と育成施設で勝負する』

これですね。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

2年5ヶ月ぶりに、その封印は解かれた。

今ではお母さんのエンシェントヒルが、現役最後に勝利したのは、2006年12月24日。レース名はファイナルS。そうです!有馬記念のあとに組み込まれた、その年の一番最後のレースであり、文字通り“オーラス”として『有馬の負けを取り戻そう!』『良い形で1年を締めくくろう!』などと、有馬とはまた違った独自の雰囲気を持つ注目のレース。見事その記念レースを勝利し、口取りも参加出来ました。それは、もう2年と5ヶ月も前の話。


2年5ヶ月。。。

何かと忙しく過ごして封すら開けてなかった。。。

気になりつつも、時が経てば経つほど開けるのが怖くなって。。。

『凄い事になっているのかな?』
『カビ、凄いかな?』
『馬ノミ。。。怖いなぁ。。。』



インフルエンザで休校になって、体もなまっていそう。>子供たち
『ウイルス対策、体力つけるのも大事だよ』

・・・ということで、歩いて十数分、河川敷に散歩へ行きました。
ふと目に付いた、いや、気がついた宝物。
“ソイツ”を持参して河川敷へ行きました。


幸い、良い天気。
絶好の「消毒日和」


そしてついに。。。。




ヒルラストウインゼッケン

開けました!!

2年5ヶ月ぶりに!!!

玉手箱を開ける心境で。
(別に竜宮城へ行っていた訳ではないけど。)
(そんな良い事なかったけど。)


良かった!カビは大丈夫。
ヒルの短い鹿毛がなんだか懐かしい。


それにしても、時が経つのは早いですね。
『いつかいつか』と思いつつ2年5ヶ月かぁ。。。


教訓
 ・時間は大事に使いましょう!
 ・ゼッケンは早く開けて日干ししましょう!


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

“コーチヤ”と“オレオレ”は基本的に似ている!?

『おおっ!久しぶりやな!!どうしてたん?ところで、次のレース、ドリームポンセ来るで!絶対来るからな!買っときや!!』

(そぉ~っと後ろに付いてきて、的中したら)

『ほら、みてん!来たやろ!!』

と言って、配当金からコーチ料を請求する。
外れた場合は、後ろにいたハズがいつの間にか居なくなっている。。

いわゆる、コーチ屋詐欺。



『お婆ちゃん、ボクや、ボク!』
『えっ!?ポン太くん?』
『そう、ポン太だよ。実は今ね、。。。』

これはお馴染みオレオレ詐欺。


こうやって比較すると、よく似ていますね。
知人、身内と信じ込ませて騙す手口。
うまく人間の心理を突いているというか。



“コーチヤ”は、今では見なくなりましたが、実は、私の親父、昔、園田で引っかかりかけたようです。
幸い(?)“馬券が外れて、いつの間にか居なくなっていたパターン”でしたから、被害に遭わず、でしたが。



時々、携帯でも変なメールが来ますよ。

『有料サイトの登録料金が未納であり延滞料金が発生している。放置すると身元調査をし、回収業者による回収を行なう。至急連絡するように。』

いわゆる、「架空請求詐欺」。


あの手この手で手口が巧妙化して、「何となくこの人見た事があるような?」とか、「聞き覚えあるような?」とか、「心当たりがあるような?」で、つい信じてしまいそうですが、気をつけたいものです。



ところで、時々来る、「競馬予想会社からのダイレクトメール」。
あれ、なんとかならんかなぁ。
というか、どっから情報漏れたんやろか???




世間はインフルエンザの話題で一杯なのに、全然関係ない話、しかも、かなりズレた話題で申し訳ございません。

ただでさえ、『ちょっとマスコミ、煽りすぎちゃうの?』と不満を持っているので、あえてこちらでは話題にしたくないのです。

マスコミのせいで、学校名、地名を必要以上に連呼した結果、差別に遭って、新型インフルエンザ以上の苦しみを味わっている方もきっと多いと思います。


それと、定額給付金なんかをバラまくより、マスクを配ったり、空気清浄機を学校に手配するなどした方が、よっぽど良いと思うのですが。。。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

妻・ヨメ・嫁はん・カミさん・女房・家内

他人さまに自分の「妻」の事を話すとき、大阪人は、「嫁はん」と言う人が多いように思います。

かくいう自分も、今まで何気なく「嫁はん」を使っていましたが、イチロー独特の言い回し、いわゆる「イチロー語録」の中で用いられる「ヨメ」を聞いてより、なんだか違和感を抱いてしまいました。

「嫁はん」は、柔らかい(と思っている)表現に対し、「ヨメ」は、なんかインパクトが強くて。イチローが使うから余計にインパクトが強く感じたのかも。。。

『姑でないのに、妻を「嫁」というのはおかしいなぁ。』
『なんだか他人行儀。』

かと言って、

「女房」「妻」は硬っ苦しいし、「カミさん」は江戸っ子みたいだし。

このように、「ヨメが・・・」という表現を用いるイチローのおかげで、色々と考えさせられました。



“イチロー語録”により「嫁・ヨメ」を強調されるまでは特に何も考えていなかったので、

同年代同士の会話では、「嫁はん」

を使っており、

仕事上や、年輩相手での会話では、「家内」

という表現を使っておりました。


「家内」というのも、よくよく考えたら、男尊女卑の名残的表現ですよね?

うーん。。。
何て言いましょうか???

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

いろいろな春

夜中でひとけのない公園だけに誰かがイチモツを見て被害届を出したわけではない。見せた事より、騒いだ方の事を問われるべきで。

けど、脱いでいたのは事実だからあの刑法が適用されてしまうんですよねぇ。ちょっと気の毒。


まぁ、それも含めてこの前書いた、『春なので』という事なのでしょう。



こちらには、“良い春”がやってきました。

まずは、サマーアドバンスが帰厩してくれたニュース!

4/23にビッグレッドファーム鉾田から美浦トレセンへ入厩しました。少しゴツゴツ感があるものの坂路での動きは上々でした。良い状態で送り出せています。天間調教師とは再来週あたりの出走で打ち合わせています。初戦でスプリングステークス2着のレッドスパーダに迫り、2戦目で皐月賞に出走したサトノロマネを破っているだけに期待がかかります。



それと、
ピースエンブレムが抽選突破で重賞への出走が叶ったこと。

好メンバーが揃って、冗談でも、「勝ってくれ!」などと言いにくいですが、まぐれでも良いから3着にでも入ってくれれば、その晩は良いお酒が飲めそうです。脱がない程度で。



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

遠い記憶を思い起こして

昔、親友Kの結婚式で、友人代表として頼まれたスピーチ。
約7年も前の事なのに、一語一句覚えていました。



Kくん、Mさん、ご結婚おめでとうございます!

Kくんとは、高校の野球部からの友人で、当時キャッチボールの相手でもありました。ボクが暴投しても彼は確実に受け止め、しっかりと胸元へと返してくれました。

最近、ボクが彼の携帯へメールをしても、なかなか返事を返してくれません。おそらく彼女と愛のキャッチボールをしていたのでしょう。(場内シーン、高砂のKだけはスベった事に爆笑)


・・・
えーっ、野球部の時の思い出ですが、それはもう毎日ツライ練習でして、今では信じられない事ですが、真夏でも水を飲む事は許されませんでした。しかし、喉が渇くわけです。そんな時、Kくんとボクは、「トイレへ行きます」と行っては、ゴクゴクと水を飲み、そして帽子にたっぷり水をかけ、グラウンドへと戻るのでした。

しばらくすると再び喉が渇きます。そんな時、先ほど水を浸した帽子をチューチュー吸うのです。今から思えば気持ち悪いですが、これもショッパイ思い出です。(「ショッパイ・・・うまい!」と思ったのに、またまたスベって、Kだけ爆笑)

(予想外の展開にセリフを忘れてあせる


えーっ、これは、最近の話ですが、ある日TVでニュースを見ていると、見覚えのある車が映し出されました。
『あれっ?Kの車ちゃうん!?』
特徴ある彼の車なので、彼に問い合わせたところ本当に彼の車だったのです!聞けば、コンビニに数分置いている隙に盗まれ、その車は、な、なんと銀行強盗に使われてしまったのです。(実話)

ボクは、そのニュースをビデオに収める事に成功し、早速彼の家に持って行ったところ、彼はショックを受けているどころかケロっとしており、そのビデオを大変喜んでくれました。(場内、ちょっと笑い)(こんなのがウケルのか!


えーっ、このようなKくんですが、彼は凄く心が優しいのです。
彼は大変な動物好きでして。。。
まぁ、動物と言っても、馬なのですがね。(場内ドッカーン
(前列の会社関係の方達に特にウケ、『競馬かい!』と暖かいツッコミ)

よく行ったなぁ。。。阪神競馬場。
わざわざ小倉までも行ったなぁ。

これからは、名種牡馬のようにじゃんじゃん種付けをして、沢山子供を作ってください。(ここ、オチなのにさほどウケず、女性達はちょっと引き気味

ありがとうございました。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ブツブツ。。。と独り言。

『えーっと、駅前にある銀行行ってきてくれるかな?、えーっとなんやったけな、あっ、そうそうU・・・(約3秒考えて)FJ!UFJ、UFJな。』

ダメだ。。。
未だに、「UFJ」と「USJ」が混乱している。

別に「USJ銀行!」と言っても通じるし、こちらは土地柄、「此花区まで遠いなぁ・・・ってオイ」と、温かくツッこんでもらえるので全然構いませんが。



「間違い」といえば、だいぶ前の話になりますが、「未曾有」。
あれ、別に良いですよねぇ?。
「漢字の読み間違い」を責める事より、「自分の言葉ではない文書をただ棒読みする事」に対して責めるべきで。

だいたい、そんな庶民が普段使わない言葉を並べて使う事事態おかしいよ。わかりやすい言葉で、かつ自分の言葉でしゃべらないと国民には伝わらないっつうの。

「漢字も読めねぇのかい!」とか、そんなのはどうでも良い事。まったく平和ボケやなぁ。



「平和ボケ」といえば、テポドンの一件。

『本土に落ちなくて良かったです。ハハハ
『連携がうまく行き、速い対応ができました。ハハハ

コラコラ、だから笑ったらアカンって。
もっと怒るべきでしょ。
前から指摘しているけど、何故TVカメラに向かって笑うかな?

「ミサイル発射は遺憾だけど、良い訓練ができた」みたいな風潮があるけど、「飛んでくる」と身構えていたからうまく行った事で、“不意打ち”ならばどうなっていた事か。カメラを前にへらへら笑っている人が冷静に対処できるとは思えない。


「侍ジャパン」

『非常によい響きだ!』と、皆が共感したこのチームネーム。
忘れかけた“侍の心”を懐かしむ人が多いからなのでしょうね。




昨日に続いてシリアスな話題でスミマセンでした。
やっぱり春なのかなぁ。。。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

秋へ「年度」を制定し直す案。

巡査が女性巡査長宅にわいせつ目的に侵入した一件。

『ムラムラしたので』

まともならばあり得ない話も、もしこれが秋ならば、理性が働いて犯行に及んでいなかったのでは?と推測します。

えっ?

『暖かくなったら変なんが出てくるで!』の、アレと思うからです。


そう!春は急激な気温変化&環境の変化で自律神経等、心身ともに異常を来しやすい時期です。イライラして犯行に及んだり、落ち込んで無気力になったり。。。

五月病というのがまさに「自律神経が失調の状態」ですし、実際、自殺の件数が1年で一番多いと言います。


季節的にただでさえ心身ともに不安定なのに、そこにきて年度が替わり環境まで大きく変化。これではダブルパンチですわ。

日本は、年度を秋に変える事を強く提言致します。



「会計年度」や「学校年度」などを明治政府が現在のように定めた経緯を今一度振り返り、本当にまともな理由で現在の年度制定にしたのかを考えれば、そう「春」にこだわる必要もなさそうで。

何でもかんでも米国の「右へならえ!」のクセに、「年度」だけが何故昔のまんまなのだ!?

「会計年度」を変えるとなると問題が多々ある事とは十分承知も、せめて「学校年度」は切り離して何とかならないものか。心身への負担が軽くなり、犯罪や自殺も絶対減る!と確信があるのですが。。。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

本日4/1エイプリルフールにちなんだ話

むかしむかし、“大きいこと言い”のホラ吹き野郎がおりまして、
ソイツがある日、こんな事をぬかしました。

『オレな、昔、シュワルツェネッガーのボディーガードしててん!』
『へぇ~凄いなぁ!!』

後に判ったのは、ソイツ、某大手警備会社にアルバイトへ行っていたとのこと。いわゆる“ガードマン”のアルバイト。そういえばこんな事も言っていたなぁ。。。

『コンサートではいつも一番前で観れるねん!』

なんだ
ロープ張って、『押さないでください!』という、アレかい

(ボディーガードってオイオイ、そういうことだったのね
(おかしいなぁと思ったんよ、華奢な体なのにボディーガードって。)
(しかもシュワルツェネッガーやろ?逆に守られるで
(まぁ、「ボディーガード」のつもりで頑張ってたのだから感心かな?)



レクサス・LS、かつてのセルシオにちなんだ話です。
ある日友人からこんなメールが届きました。

『オレな、シオに買い換えてん。』

『凄いなぁ、セルシオかぁ。。。いいなぁ。。。

彼は20そこそこでグロリアを乗っていたので、
てっきりこう思ったのです。
。。。で、ある日、その友人が例の新車でやってきたわけです。
そして、開口一番に、こうツッコんでやりました。

『スパシオかい




学生時、寮で同部屋だったヤツの布団を初めて見たとき、
大変驚いたことがありました。

『えっ!シャ、シャネル!?』

眠い目をこすり、よくみたら

「CHANNEL PAPIS」

(バッタもんかい

それにしても、「チャンネルパピス」ってオイオイ



以上、本日4/1、エイプリルフールにちなんだネタでした。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

侍ジャパン、WBC連覇!

侍ジャパン、WBC連覇おめでとう

再三にわたる韓国との熱戦。アメリカに渡ってもなお、緊迫する投手戦を繰り広げ、「これぞ野球の真髄」というのを大舞台で披露してくれました。本場アメリカのベースボールファンは、この素晴らしい“逆輸入”に対して、忘れかけていた大切な何かを思い出したことでしょう。

日本はとにかく「投手力」が素晴らしかった。
だからMVPに松坂が選ばれた事は相応しており、岩隈、いや、杉内にもあげたいくらいの活躍だった。

投手が目立った大会だったが、アメリカ、キューバを破った攻撃力も評価するべきでしょう。ついこの前までは、メジャーとの交流戦においても、一線級の投手に手も足も出なかった日本の野手陣だったのですから。


不満点を挙げるとしたら、やはり最後のダルビッシュ登板でしょうか。
同点に追いつかれた時は、流れから言って負けを覚悟しましたし、ああいう緊迫した場面では幾度も経験している(藤川)球児が良かったのでは?と。アメリカ、キューバのようなパワーヒッターには少し力不足も、日本と同タイプの韓国打者ならば十分通用したことでしょう。クローザーの経験のないダルビッシュは、短時間で肩を、いや、気持ちを作るのは大変だったと思います。見ててちょっと可哀想だったかな?


ダルビッシュのスライダー
岩隈のシュート

カメラワークのせいか、本当よくキレて見えましたね。一昔前は上下のボールが決め手になっていたのが、現在は彼らのような横の鋭い変化球を持っていないと通用しないことがわかりました。野球は進化しているのですね。



けど、なんだかんだ言われて最後に決めるところがイチローの凄いところ。MVPあげたいくらい。



最後に一言。。。
シャンパンファイトの後で、顔を真っ赤にしながらもしっかりと会見をした選手たち。その姿は、中●元財務相の会見よりよっぽどしっかりしていた

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

2代に渡って任天堂。しかしキビしく。。。

私が小学校低学年の時にゲームウオッチが流行り、それが進化して上下2画面のやつが出ました。

その後に、あの爆発的ブームを引き起こした、“ファミコン”が登場したのでありました。

同時期、米国から“アタリ”というファミコンタイプのTVゲームが対抗していましたが、内容的にも比ではなく、とにかく、“カルチャーショック”という表現がピッタリのゲーム誕生なのでした。

小学校5年のとき、少しブームから乗り遅れて買ってもらったファミコン。初期タイプのモノで、ボタンが『ゴム製の四角タイプ』でした。これが不評でボタンが引っ込んだまま返ってこないとか、連射ができないとかで、『プラスチック製丸ボタン』タイプに改良されたのでした。

マイクって何に使うのかな?と思っていたら、後に、「ハドソーン!」と叫んで援軍を呼ぶ機能のゲームが出たり。

 #けど、あれって「バカヤロー」でも何でもよかったり。



我が子は、自分がちょうど同時期にハマった、『ゲームウォッチ』+『ファミコン』を合わせたような、ニンテンドーDSにハマっています。

自分もダビスタを買ってやってはみたものの、最初だけ。とうとう“あの時”の感動は蘇ってはきませんでした。 内容的には勿論凄いのですが、熱中できないのは、ただ単に『オッサン』になっただけ。


自分もゲームにハマっただけに、子供には「アカン」とは強く言えない立場ですが、一応のルールとして、『欲しいソフトは自分で買いなさい』を徹底しています。

我が家では、 ロバート・キヨサキ氏に賛同した経済教育方針を目指していますので、違法のROMなどはダウンロードせず、買わせます。自分の力で。ゲームだけではないです。『ぜいたく品』は全て自分で買わせています。

「子供のうちから。。。」と賛否両論があるでしょうが、『モノを大事にする』ということの大切さを学んでもらえたことが一番よかったかなぁ~と。

そういう意味では。。。

キッザニア甲子園万歳

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

世代を超えても色あせないモノ

ANIMAX(アニマックス)は、24時間アニメ三昧なので、「日本人に生まれたかった~」という米国のアニヲタにはたまらないでしょうねぇ。

そのANIMAXで、毎週土曜日に「じゃりン子チエ」を放映していまして、『なつかしい~』と、約30年ぶりに見たわけですが、全然古臭さを感じませんし、それを証明するかのように、わが子供たち(8歳、3歳)にも大ウケ。家族中が、『毎週土曜日が待ち遠しい』という、ちょっとしたブームになっております。


「世代を超えても・・・・」というと、やっぱりこれも漫画の話で恐縮ですが、「らんま1/2」。これに娘がハマってしまいまして。

2年前の、年長の時でしたか、これも、「ANIMAX」で初めて見た彼女は、衝撃を覚えたらしいです。親バカの私は、すぐに古本屋へ行き、「らんま1/2」を全巻揃え与えました。ふりがなを打っているので、幼稚園児でも読め、『言葉の勉強になってくれれば』のつもりで買い与えたのですが、お陰様で小学2年生になった彼女は、国語が得意のようです。

「らんま1/2」、確かに面白く、私も全巻読破してしまいましたし、娘などはもう5回ほど読み直して単行本はボロボロ。

高橋留美子の天才ぶりに魅了され、犬夜叉まで全巻揃えるハメになりました。


「世代を超えても」「天才漫画家」といえば、浦沢直樹。

「20世紀少年」で時の人となりましたが、自慢ではありませんが、「20世紀少年」はブームになるずっと前から集めていましたし、映画化されて買い取り価格が高騰した時には、『売ろうかな?』と思ったほど。(いやいや、きっと将来、娘が、息子が、読む、と思うので大事に置いておこう!)

「MONSTER」「パイナップルARMY」も好きですが、「MASTERキートン」が一番好きかな。どれも「大人の漫画」ですね。浦沢直樹ってホント天才!(けど、世間一般で有名になった「YAWARA!」はあんまりかな。)

なんだ、オレってアニヲタやん!

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

牝馬クラシックはすぐそこに

今週、帰厩したピースエンブレムですが、「3月21日の中山競馬(フラワーC・芝1800m)に出走する予定」のようです。

これには大賛成で、ここでうまく賞金を加算できても、桜花賞へ向かわず、オークストライアルのフローラSからオークス、というローテーションが理想に思います。

ですので、もしフラワーCで惨敗しても、そのまま「フローラからオークス」という目標で良いかと思います。幸いにも、例年、1勝馬でも何とか出走をできそうな両レースですので。

最高の形は、やはり、「フラワーC全姉妹制覇!」ですけどね。



桜花賞。。。
確かに庭である仁川で花見をしたい気持ちは山々ですが、本当言うと、ピースエンブレムよりサマーアドバンスの方なのですよね。

そのサマーアドバンスは、未だメドが立たず。
こういう場合特に、月2回の情報はもの足りず。
セゾンの情報サービス改善を切望して止みません。

テイオーの仔ってやっぱり体質弱いなぁ。
アドバンスは、パークリージェントの頑強さでカバーしていると信じていたのに。。。


お仲間さんに教えていただき、確認したのですが、サマーアドバンスの新馬2着時の勝ち馬、レッドスパーダが2勝目を挙げたのに続き、サマーアドバンスの初勝利時の2着馬、サトノロマネまでもが先週土曜日に2勝目を挙げました。

この2頭はともに牡馬。それを考慮するとなおさら、サマーアドバンスの潜在能力が想像以上のものだと思いたくなります。しかし、現実は、「無事是名馬」に反している状態。机上の空論でしかありません。実に歯がゆいです。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

愛馬絡みのレース

土曜の東京7レースでは、レッドスパーダが2勝目

 このレースも愛馬絡みで注目していたのですが、その注目馬とは、
  ③レッドスパーダ
  ④サトノロマネ
 の2頭です。いずれも愛馬サマーアドバンスと縁の深い馬でして、前者は新馬戦2着時の勝ち馬、後者は初勝利時の2着馬という関係です。
 結果、前者が勝ち、後者は差のない5着(0.3差)でしたから、「サマーアドバンスがこのレースに走っていたら・・・」とつい想像してしまいます。いや、そんな事より、「やはり上のクラスでもやれるんだ!」という勇気と希望を頂戴したレースでした。



ダービー直結レースのきさらぎ賞は、リーチザクラウンの順当勝ち。

 競馬放送をご覧になっていた方の殆どがリーチザクラウンの動きに注目していたことでしょう。しかし、ワタクシは、ベストメンバーを始終目で追っていました。
 「話題はあちらで馬券はこちら」というわけでもなく、実際、「話題も馬券もあちら」だった訳で、では何故ベストメンバーに注目していたかというと、わがドリームリフレクトの新馬戦2着時の勝ち馬こそがベストメンバーに他ならないからでした。
 結果は4着で、2着からは差のない、それでいて直線外へ外へ、の4着でした。その結果を踏まえて、ますますドリームリフレクトの復帰が待ち遠しくなりました。
 勝ったリーチザクラウンは強かったです。2着馬との着差も父とまったく同じ。馬主も同じ。本番(皐月賞)は、馬体の回復を専念して思うように調整できずに3着、そしてダービーで巻き返す、という、これまた父と同じ道を歩むのではないでしょうか?
 


名前だけじゃないぞ、グロッキーバルボア!

 「エイドリアーン!」という、馬名に注目されがちなこの馬。キャロット会員ならばご存じ、アフタービート07の兄です。
 アフタービート07は、母がハートラインでラインブリードを持っているので注目しましたが、さすがにこの母の配合!というだけあって、配合相手を選ばず、またクズを出しません。
 グロッキーバルボアは、さらにダブルショックを与えた配合なのです。父サクラバクシンオー、祖母の父アンバーシャダイ!
 おおっ!!
 サクラハゴロモ = アンバーシャダイ (全兄弟クロス) 2 x 3 !!
 全兄弟クロスだから良いのです。よい子は真似をしないように

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント