今週の出走馬 シャドウ&リーガル


 ▲ ドリームシャドウ 
   土曜中山7R、4歳上500万下(D7f/混)

 ○ リーガルスキーム 
   土曜京都12R、4歳上1000万下(D7f/混)



ドリームシャドウ
 31日(土)東京7R(4歳上500万下・ダ1400m)に藤田騎手で出走。
 本当は、中1週続きを考慮しても先週の中山を使ってほしかった。それくらい調子がよかったですし、メンバーも手薄(実際シャドウの前走で3着だった馬が勝利!)でした。何より、その勝ち馬がフォーティナイナーという事が表すように、中山ダート1200mではバイアスも向いていたのです。
 今回、予定通りの東京開幕週に出走となりましたが、1ハロン延長と東京の砂質に幾分の不安を持っています。
 しかし、幸いにも好調持続。28日の追い切りでは、南wコース良馬場にて、65.8 - 51.0 - 37.7 - 13.3 を脚色一杯で追いました。ぼく馬評価では、2週続いての「本調子 A」評価。これなら力を出せそうです。
 そして、なんと!またもや藤田JKが乗ってくれることに。
 相手は、ダートで底を見せていない岩田のロッソトウショウと石橋脩のニュージェットラン、堅実なペリエのドゥーエンが手強いですが、藤田JKの手腕を信じましょう!


リーガルスキーム
 31日(土)京都12R(4歳上1000万下・ダ1400m)に和田騎手で出走。
 1分24秒台の壁を破れないのか?最近のリーガルは歯がゆい競馬が続いています。前走に関しては直線で手前を変えなかったと言うこともありますが、何より「こわがり」という気性が問題でしょう。
 この「恐がり」という気性は、育成時代からも指摘を受けていた部分で、新馬→500万と圧勝したときは、外から被せられたり、馬群に包まれるという事がなかったのが勝因ではないでしょうか。
 ですので、枠順というのがすごく重要になるわけで、できれば外の偶数枠を引いてほしいものです。
 アンカツJKに、ついに見放されてしまいましたが、豪腕の和田JKならばリーガルも言うことを聞くでしょう!
 追い切りは、28日は栗東坂路で(53秒0-39秒3-26秒1-13秒5)。ぼく馬では「出来安定 B」というマズマズの評価をいただきました。
 相手はペルルノワール、マルヨカレッジの2頭ではないでしょうか。いや、リーガルは自分との戦いとなります。「怖さ」さえ克服すればこのクラスでとどまる馬では決してありません。



<“勝手にお手馬”の出走>
 ○エリモプリンセス(土曜京都7R・3歳500万)
            ⇒相手関係楽に。
             # Almahmoudの戻し

 ☆ストロングポイント(土曜中山9R・クロッカスS・3歳OP)
            ⇒新馬勝ちの舞台。
             # マリボー経由のコスマー

 ☆アイアデューク(土曜中山9R・クロッカスS・3歳OP)
            ⇒力はある。
             # La France = Gallette

 ◎ピサノキコウシ(土曜京都9R・つばき賞・3歳500万)
            ⇒連勝可能!
             # Halo ≒ Royal Match 2 x 3
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

アスクレピアス07の馬名を応募


キャロット馬の馬名には、以下のように応募しました。


アスクレピアスの07 牝馬

母名「アスクレピアス」とは、おそらく、ガガイモ科アスクレピアス属の「アスクレピアス」が馬名の由来と思いますが、もしそうならば花言葉は、「健康な体」。

その花も、もともとはギリシャ神話の医神「アスクレピオス」にちなんで名付けられたもの。

「なるほど!」

ならば、
ギリシャ神話から馬名をチョイス。
(ユニオン会員さん、間違っていたらフォローお願いします


候補1

 キュアオール
 Cure All(英語)
 「万能薬」「すべての問題を解決できるもの」という意味。
 母名よりの連想で、芝ダートあらゆる適性において万能に活躍してほしいという意味を込めて。



候補2

 ヒュギエイア
 Hygieia(ギリシャ語)
 ギリシア神話に登場するアスクレピオスの娘で、健康の維持や衛生を司る女神。
 健康で競走馬生活を送って欲しいという願いをこめて。



候補3

 パナケイア
 Panakeia(ギリシャ語)
 ギリシア神話に登場するアスクレピオスの娘で、癒しを司る女神。
 母名より連想。



          

(補欠)
オフィウクス。。。「へびつかい座」英名:Ophiuchus
          母名より連想。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

1月は8万負け

馬券の感覚が戻らない、そんなバイオリズムがマイナス期のまま2月を迎えそうな感じです。

この土日は、軸馬選別に重きを置いてトレーニングをしました。本当は単勝を買って感覚を戻すのが一番なのですが、とにかく数をこなすことが肝要と、それでいて回収も期待しての馬単で臨みました。

結果は、昨日書いたようにさっぱりでして
もう、蟻地獄状態

一応かすった馬券もあったのですよ。
アジャスト馬券1京都7.12R
(土曜京都12R 11→12 3,360円)

けど、こんなん全然あきません。
他の内容が悪すぎました。

2月は何とか大きいのを当てて、こちらのコーナーに堂々と掲示したいと思います。それを実現すべくトレーニングはもう必要ありません。実践あるのみです。買って買って買いまくります。そして強引にでもバイオリズムをプラス期へ持って来ます。実践は3連単、そしてこちらの掲載は万券という厳しい設定で、乞うご期待。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

先週の結果 出資馬の出走は無しでした。


     (出資馬の)出走はございませんでした。


お手馬の結果は以下のとおり。

それより何より、「予想の補正」のつもりで試みた数レースがアジャスト失敗で、最悪のバイオリズムとなっております。このスランプからしばらく抜け出せそうにありません。




<“勝手にお手馬”の出走>
ココナッツパルム(土曜中山10R 菜の花賞)
         ― 13着
   ⇒ちょっと敗因がわかりません。こんな馬ではないハズ。

コスモユウコリン(日曜京都3R 3歳500万)
         ― 9着
   ⇒適性はあると思うのですが、チグハグな競馬になりました。
     マイルールにより、“勝手にお手馬”から除名となりました。

<予想補正レース>
土曜中山12R ケイアイエイデル 7着

日曜京都10R 伏見Sエーシンアロー 12着

→ハハハもう、笑うしかありません。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬 出資馬は、なし。


     (出資馬の)出走はございません。


リーガルスキームは、順調に短期放牧を消化し、無事戻ってきました。来週出走の予定。

ドリームシャドウは、“ぼく馬”A評価で、今週出走の登録を行ったのですが、中1週続きを懸念して来週に回りました。(中山の方が良かったなぁ。。。府中は届きそうで届かない。。。と思う)



<“勝手にお手馬”の出走>
ココナッツパルム(土曜中山10R 菜の花賞)
    ⇒母、Red God ≒ Up Spirits(16分の13同血クロス)3 x 3

コスモユウコリン(日曜京都3R 3歳500万)
    ⇒「ダートの7fの舞台でも活躍できるだろう」とかつて予想

<予想補正レース>
土曜中山12R ケイアイエイデル、日曜京都10R 伏見Sエーシンアローほか、火曜の馬券結果をお楽しみに!

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ちょっとマニアックな大阪弁講座

「ちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃう」

なんじゃこりゃ!?
ほな、こうしまひょ。

「ちゃうちゃうちゃう?ちゃうちゃう!ちゃうちゃうちゃうちゃう!!」


うーん、まだわかりまへんか?
ほな、もういっちょ!

「チャウチャウちゃう?ちゃうちゃう!チャウチャウちゃうちゃう!」


ほんまはね、

「チャウチャウちゃう?(チャウチャウじゃない?)」
「ちゃうちゃう!(ちがうちがう!)」
「チャウチャウちゃうちゃう!(チャウチャウとは違う違うよ!)」


これは、桂文珍さんの落語ネタを少しくどくした例文です。
本当にこう言いますが、同情を求めた質問の場合、「ん」がつきます。
「(この犬って)チャウチャウちゃうん?」
そしたら、
「そやな」か、「ちゃうちゃう」
・・・と、こうなりますね。



「これ、におって!」と臭いものを差し出す。
当たり前と思っていたのですが、「えっ?」と言われますね。
「嗅いで」ですね。
けど、「臭って」といいます。


「これほって」
は、「掘って」とは違います。「放って」です。「捨てて」ですね。
「このゴミほって」


「インジャンホイ」
これは、
「ジャンケンホイ」
ですね。関西の一部で使います。
子供は、メロディーをつけます。
「イ~ンジャ~ンで、ホ~イ」

メロディは数字を数える時もつけますね。
「い~ちぃい、にぃーい、さ~ん、し~ぃ・・・」

子供が先生に“ちくる”時もメロディーで。
「い~ややこ~やや、せ~んせいにゆ~うた~ろ~」


かわいい大阪弁もあります。
語尾に「ちゃん」とか「さん」を付けるんです。
「うんこちゃん出た?」
「あめちゃん舐める?」
「おあげさんも食べる?」


大阪弁は今では標準語になりつつありますが、(ホンマかいな?)
↑のような大阪弁はあまり知られていないのではないでしょうか?

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

人工名馬の危惧

先日、NHKの番組を見ていて凄く不安になった事があります。
「男をつくるY染色体は滅びつつある」という話です。
Y染色体を運ぶ精子の劣化が原因とされる話ですが、
また、この番組を見て、色んな妄想が脳内を駆け巡りました。
以下は、その妄想の話です。


番組のような一大事になれば、おそらくは、「手を加えて何とか対処する方向になる」という、当然の流れになると予想しますが、この、「手を加えて」という部分を心配しています。

何百万年も先の話(いや、来週起きてもおかしくないとする意見もあるようです)でしょうから、科学でなんとかカバーしようと、またそれも実現できる時代になっていくとは思います。

しかし、手を加える事が当たり前になれば、本来の主旨から外れて、色んな問題が出てきます。キュリー夫人の功績から45年後、広島・長崎に原子爆弾が投下されてしまった時のように!

既に、「夫婦の必要性」や「子孫繁栄」の目的意識が薄れている今日(こんにち)ですので、上記の問題は輪をかけて速まるのではないでしょうか。

すると、

「どうせ手を掛けるのなら、精子だけをちょうだい」
「そうねぇ、東大教授のあの方の精子が良いわ」
「子供はプロ野球選手にしたいから、あの選手の精子が欲しい」

こんな事が、お金で当たり前のように行われる時代になる事を恐れているのです。いや、既に行われていますよね。某有名女優J・Fの噂も驚けなくなるほどアメリカではすっかり浸透していますし、日本はアメリカの悪い事をすぐに真似ますから、現実的で怖いです。倫理的な問題もおかまいなし。

それは、競馬界にも影響を与えるかもしれません。欲のために、名馬を人工的につくってしまう事が許される時代への危惧です。

以前、「ひょっとして名馬の精子って冷凍保存されているのでは?」と書いたことがありますが、そうすると、サイレンズスズカの産駒が将来誕生したり、再びサンデーサイレンスブームが来たり。。。と、あり得なくはない話と思います。そんな事まで考えてしまうわけです。そんな競馬なら、潔く辞めます。

しかし、すでに実験されていると思いますよ。
人工名馬の実験が。クローン技術も含めて。

そもそも、サラブレッド自体が人工的なのですから、
余計に現実的で怖いのです。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

銀行に入金しなきゃ!

年の始め、PAT用に入金していた5万円が、
ついに土日で尽きてしまいました。
はい。予想は全然ダメでした。

“お手馬”のアルティマトゥーレが、5馬身差で圧勝したものの、
2着馬の穴馬(ブルーの馬)は買っておらずハズレ。


日曜朝、テレビに映し出されたある番組で、娘とこんな会話。。。

「プリキュア5かぁ。。。見るか?」

「見ぃひんわ、そんなん幼稚園の子が見るマンガやん。」

「そんなん言うてて、あの頃はめっちゃハマってたやん!」
「ほのかが可愛いとか、邪悪キング怖いとか。。。」

「そうそう、今日な、競馬でプリキュア出るねんで。」
「テイエムプリキュアって言うんやけど。まぁ来ぇへんけどな^^」


そして、15:47頃。

「テイエムプリキュア!テイエムプリキュアが逃げる逃げる!!」

「・・・」

「来週はプリキュア5見ようかな?
「最終回なんだって。」

「!」

そうか!どっちのプリキュアも「最終回」だったんですねぇ。

「そんなんで買えるか!

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果 (出資馬の出走馬なし)


     (出資馬の)出走はございません。


リーガルスキームは、来週31日の出走を予定しています。

ドリームシャドウも、ひょっとしたら予定を前倒しで、急遽来週!というのがあるかも!?中1週の後ですから無理をして欲しくないのもありますが、東京開催より、せっかく結果の出た中山同条件で走らせたいという気持ちがあります。バイアスのベクトルも向いているわけですし。ここできっちり勝ち上がって次の中山開催まで休む、というのが良いと思うのですが。。。(東京ではどうなのかなぁ??)


さて。。。
“勝手にお手馬”の結果ですが。。。


<“勝手にお手馬”の出走>
アルティマトゥーレ
     (土曜中京12R豊橋特別)⇒ 優勝!
     強かったです。ここでは力が違いました。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬


     (出資馬の)出走はございません。


稼働馬5頭、内4頭が放牧中とあれば、しばらく出資馬の出走は期待できません。

そろそろドリームリフレクトが、クラシックへ向けての帰厩間近・・・と思っていた矢先に、左トモ球節の亀裂骨折(全治3か月)を起こしてしまいました。うーん・・・クラシックへの道は険しいです。

サマーアドバンスは脚の具合はどうかなぁ?
心配だなぁ。

リーガルスキームは短期放牧ですが、緩めるとチクチク出やすいタイプですので、長引くことも想定しておかなくては。

ピースエンブレムは、約1か月の短期放牧らしいのですが、使いづめだったし、疲れがドッと出そう。それに鬼門の山元トレセンですし。


2歳のうちに3頭全馬勝ち上がったのに、こんな事になるとは。
お祓いに行ってきます


よし、こんな時は、“勝手にお手馬”に稼いでもらおう!



<“勝手にお手馬”の出走>
アルティマトゥーレ(土曜中京12R豊橋特別)
      ⇒昔からの追っかけ馬。この条件勝ち負け必至。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

配合論の追求

今日は、“ブレイクタイム”の「どーでも良い話」の日ですが、
昨日の、「大豆ニックス論」の続きを書きたいと思います。


“大豆”と“累代牝馬”を引っ掛けたので、
とことん料理で例えますと。。。


・高価な食材
 ⇒血統の良い種牡馬(繁殖牝馬)

・料理の腕
 ⇒配合の妙



高価な食材は確かに美味しい。
しかし、料理次第では台無しになることも。

逆に、冷蔵庫の残り物でも、
料理次第では最高の一品ができる!

競走馬の配合も全くそのとおりではないでしょうか。
必ずしも、良血 + 良血 = 名馬、とはならないですものね。

とはいえ、競走馬の配合は何百万通りの遺伝パターンがあるので、
料理名人と配合の達人を一緒にするわけにはいかないです。
競走馬の配合は「神のみぞ知る」領域ですからね。
そのいう意味では、「確率の問題」ですね。

「確率」でいうと、「良血 + 良血」の方が高確率かもしれません。
いやいや、高確率となる配合パターンはきっとあるはずです。
それを追求していきたいわけです。

それが、「X-Factor」「大豆ニックス論」である事を信じて。。。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

大豆ニックス論

“納豆に醤油はよく合う”
『納豆と醤油はニックです』

“味噌汁に豆腐は最適です”
『味噌と豆腐はニックです』

“麻婆豆腐には豆腐と醤油と味噌全てが入ってます”
『麻婆豆腐はニックの集合体です』



納豆と醤油の原材料は大豆です。
豆腐と醤油と味噌もまた、原材料は大豆です。

これらを「大豆ニックス」と勝手に命名しました。

鳥と卵の親子丼や、シャケとイクラの親子丼もそうですね。(余談)



『種牡馬Aの血統表の中にはaという醤油が含まれてあり、繁殖牝馬Bの血統表の中にはbという味噌が含まれている。aもbも元は「大豆」なので共通祖先。なので、種牡馬Aと繁殖牝馬Bは相性が良いはずなのだ!』

このように競走馬の配合も、“大豆ニックス論”と通じる部分がある思う。

ニックスといわれる配合には、よくよく分析すると「牝馬クロス」や「戻し交配」のように、“原材料”が同じという部分が割と多いのです。ニアリークロスもそうですね。


これは、以前に書いた記事に、若干付け足した記事なのですが、
我ながら良い表現だなぁと思います。


ハートラインでクロスされた配合の母と、
優秀な遺伝子を伝えやすい種牡馬。
これらの交配が、「大豆ニックス論」により、
結ばれれば、ポンセの理想とする競走馬が誕生します。

そんな競走馬を持ちたい。。。
たった1/200口でも。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

駄目だこりゃ


先週に続いてカスリもしませんでした

ドリームシャドウが2着にがんばってくれたものの、
地方帰りの3着馬を軽視して、“抜け”でした。

このスランプは、なかなか抜け出せないかも。

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果 ピースエンブレム・ドリームシャドウ


 ○ピースエンブレム 
   土曜中山9R、黒竹賞(3歳500万/混/D9f)
            - 10着 -

 ▲ドリームシャドウ 
   日曜中山8R、4歳上500万下(D6f/混)
            - 2着 -


ピースエンブレム
 10日(土)の中山9R(黒竹賞・ダ1800m)に松岡騎手で出走した結果、10着でした。
 まずまずのスタートから、内の出方を見てスムーズに先行し、2番手に取り付きました。道中も逃げ馬をがっちりマークし競馬を進めていきます。良い手ごたえで直線を向くも、残り200mで止まってしまい、ズルズル後退し、10着惨敗という結果でした。タイムは1.57.3(1.6)。上がり3fは40.5。
 2着馬が逃げ残る(確かに力はある馬だが)展開でズルズル後退。上がりのタイムを見てもこれは明らかにおかしい。何かアクシデントがあったのか?と、心配しましたが、公式の出走後のコメントによると、特に馬体のアクシデントではないとの事で安堵しました。
 敗因は、陣営によると「前に壁を作った方がよいのでは?(松岡JK)」「直前追いは強めにしたほうがピリッとしてこの馬には良いのでは?(小島調教師)」ですが、自分なりに考えると、「前に壁を作らならくてもあの競馬が理想と思う」「気持ちが切れて競馬を止めたのでは?」・・・なので、小島先生の敗因の方が納得します。「あの不可解な止まり方」は、前日のゲート練習でかなりのストレス状態にあったのだと思います。苦しくて止まったのではなく、気持ちが切れてしまった止まり方のように見えたからです。松岡JKの鞭で「あー辞めた」というように見えました。決してあんなに負ける馬ではありません!
 
 
ドリームシャドウ
 11日(日)中山8R(4歳上500万下・ダ1200m)に藤田騎手で出走した結果、2着でした。
 まずまずのスタートからいつもどおり出脚がつかず後方からの競馬となりました。道中は11番手を気持ちよく追走、4角から直線はスムーズに外に出し、外の馬(勝ち馬)と併せ馬の形で鋭く伸びるもクビ差遅れて2着惜敗の結果でした。タイムは1.12.5(0.1)上がり3fは37.3(No.1!)
 「あんな上手な競馬ができるようになったんやぁ」と感心しました。あの内容なら順番待ちですね。この2戦で色々教えてもらった藤田JKには感謝です。
 これまで14戦して10回入着。ホント孝行馬です^^



<“勝手にお手馬”の出走>
 ◎ストロングポイント
   (日曜中山6R・3歳500万)11着
            ⇒次の1戦次第で見限ります。

 ☆ダイワバーガンディ
   (日曜中山11R・フェアリーS-GⅢ)15着
            ⇒あの不利がすべて!?

   

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬 ピースエンブレム・ドリームシャドウ


 ○ピースエンブレム 
   土曜中山9R、黒竹賞(3歳500万/混/D9f)

 ▲ドリームシャドウ 
   日曜中山8R、4歳上500万下(D6f/混)


ピースエンブレム
 10日(土)の中山9R(黒竹賞・ダ1800m)に松岡騎手で出走。
 ゲート内での不安により、出走するか否か、ギリギリまで決断されませんでしたが、何とか出走する事となりました。それでも、課題が完全に克服したわけではなく、期待と不安が半々の出走となります。
 メンバーも強敵が集まりました。いったい、このメンバーの中に将来のオープン馬は何頭いるのでしょうか?そういうメンバー構成ですが、ピースは血統背景、前走の勝ちっぷりから、人気上位に指名されそうです。
 自分なりの予想では、「○」印なのですが、勝つのは厳しく、かと言って惨敗はしない、“惜敗”というのを予想しています。この予想は良い意味で裏切ってほしいですが。。。
 追い切りは調教師自ら跨り、美南W・良馬場において、馬なりで、70.2 - 54.8 - 40.4 - 12.8、プロヴィナージュ(古1600万)の外を1秒先行し、同入しました。ぼく馬評価では「好気配:B」でした。
 ここを勝てば、ローテ的に凄く楽になりますが、難しいと思います。


ドリームシャドウ
 11日(日)中山8R(4歳上500万下・ダ1200m)に藤田騎手で出走。
 「ぜひまた乗せてもらいたい」との、ありがたい打診を受け、再度、藤田JKでの出走が叶いました。
 余程手応えがあったのかどうか、よくわかりませんが、あまり強気になれないんですよねぇ。前走は、スタート後の不利があったからこその直線の伸び、でしたし、本来はあんなに切れる馬ではないんですよね。とはいえ、「遅いけどバテない」という特徴をうまく活かしてくれたとは思います。理想通りマクってくれましたから。今回、もしスタートが決まって、良いポジションに付けたとしても、他馬より早く仕掛けて欲しいくらいです。それと、中山ダート1200mは外枠ですね!
 メンバーは、1頭だけ強いのがいるだけのメンバー構成なので、チャンスといえばチャンスですが、うーん。。。どうでしょう?着実に力は付けているので見苦しい競馬にはならないと思いますが。
 追い切りは良かったんですよ。「本格化!」って感じ。1/8南Wコース良馬場において、馬なりで、69.0 - 52.9 - 38.4 - 12.6。ぼく馬では最高評価の「復調成る:A」でしたからね。
 勝って欲しい。けど、あまり過信は禁物かな?と。



<“勝手にお手馬”の出走>
 ◎ストロングポイント(日曜中山6R・3歳500万)
            ⇒適距離、勝負!
 ☆ダイワバーガンディ(日曜中山11R・フェアリーS-GⅢ)
            ⇒案外スプリンターだったり?

   

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

たばこ

『オレの大事なノースフェイスのダウンに穴を開けたん誰じゃ~

たばこの穴が開いていました。
そこから虚しく羽毛がちょろちょろと。

銜え 歩きタバコはやめましょう』


かくいう自分も5年前までは愛煙家でした。(汗)
当時はマナーなんて理解していませんでした。
そうそう、こんな事がありました。
10年ほど前、ある評判の飲食店において―

『あ~美味かった♪食後の一服っと

(隣からオッサンからの視線を頻繁に感じる)

『オイ、タバコ止めてくれへんか』

『えっ?なんで?この店禁煙ちゃうやん


あの時のおっちゃん、ごめんね。
今ならおっちゃんの気持ち、よ~わかるわ。
美味しいモン食べに来てて、横でぷか~っとされたら腹立つもんな。


タバコを吸ってた時って、凄く盲目だったと思う。
その時代背景もあるけど。

今は、愛煙家の人にとって住みにくい世の中になったと思う。
街もキレイになった。
まるでシンガポールみたい。

昔は、そこらへんにタバコの吸い殻があった。

長距離バスの、あのタバコの匂いが堪らず酔ったことも。

パチンコでは、フィーバーの度にタバコに火をつけた。
負けて家路に着くと、あの服に染みついた臭いがとても嫌だった。


勝手ながら、今、美味しいモンを食べに行って、
もし隣でぷか~っとされたら、睨んでしまう。
あの時のおっちゃんのように。

いや、灰皿が置いてあるのなら、仕方ないか。


けど、歩きタバコはやめましょう。
大切なダウンから羽毛が出るから。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

岡田総帥の野望

岡田総帥は、「SSの血が入っていないと今の競馬は厳しい」と、常に仰っています。実際に、募集馬をみても「母父サンデーサイレンス」というのが目立ちます。

そして岡田総帥は、「ポストサンデーサイレンス」の大きな期待をかけて、ロージズインメイを購入しました。


そのロージズインメイを以前血統分析した時に、次のように書き記しました。―

『ひょっとしたら、SSの肌で成功するかも』


それは、(Cosmahの父母である)Banish Fearの継続クロスによる ロージズインメイ x SS牝馬との和合性の成功を予想しての発想なのですが、大晦日のグリーンチャンネルにおいて、岡田総帥は興味深い事を言いました。―

『近交でサンデーサイレンスを作らなくてはいけない』


なるほど!
SSのコピーを作るためのロージズインメイ導入だったのか!

えっ?Hail to Reason系の飽和が心配?

彼は、承知の上で、わざとそれをやっているのですよ。
サンデーサイレンスのコピーを作るために。
たぶん。


ロージズインメイの仔は馬格があって硬いそうです。
ならば尚更、母父SSの柔軟性にも期待したくなりますね。


本当に、思惑通りサンデーサイレンスのコピーを作れるかどうかはわかりません。しかし、総帥がダービーを勝つためとして、「大きく目の前に立ちはだかる社台を負かすにはSS遺伝子を色濃く持つ種牡馬を導入しなくてはいけない」という信念をずっと持っていて、かつての“3億円の失敗”もそうでしたし、今回の試みも、その“チャレンジ”である事が理解できます。そんなチャレンジ精神旺盛な岡田総帥を心から尊敬致しています。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

金杯で惨敗

馬券は全6レース全て惨敗でした

またあの日のように、馬券コピーをペタペタ貼りたいものです。

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の出走結果   リーガルスキーム

  ◎リーガルスキーム
      日曜、阪神、8R、4歳上1000万
       (ダ1400m・秋山56)に出走。
            - 4着 -


まずまずのスタートから追って追って2番手に付け、逃げる一番人気馬(勝ち馬)を徹底的にマークします。直線に入り必死で前を捕らえに掛かりますが、差は縮まらず、後ろから猛追した2頭にも差され、4着でした。

相変わらずレース前に余計な体力を消費してしまう気性で、力を出し切れません。直線伸びなかったのは手前を変えなかったという事もありますが、ひょっとしてタイム的にも限界があるのでは?とも思いました。1.24.3前後が限界なのでは?と。そして、レース前に「血統的な適性では6ハロン」と書いたように、上級クラスになるにつれ本質的な適性で勝負しなくてはいけない時期にきたように思うのです。

前走は、不利が幸いして直線ギリギリまで待つ形で直線は伸びましたが、正攻法の先行脚質では1ハロン手前で伸びきれないようです。

前々走では、本来の適性であるダート6ハロンで惨敗しましたが、休養明けで入れ込みが尋常ではなかったですし、度外視したいです。

勝つと思ったんだけどなぁ。。。orz
確変は終ったのかなぁ。(涙)




<“勝手にお手馬”の結果>

チュニジアンブルー(日曜中山9R・寒竹賞)
              ⇒7着(次こそダートお願いします)

リボンノキシ(日曜中山10R・初日の出S)
              ⇒11着(あのコースで最内枠は厳しい)

バブルウイズアラン(日曜京都12R・4歳上1000万)
              ⇒3着(堅い馬券は買いません)

アイアンデューク(月曜中山9R・ジュニアカップ)
              ⇒今日出走!
コスモユウコリン(   〃   ・  〃     )
              ⇒今日出走!



<京都金杯>
◎バトルバニヤン
○アドマイヤオーラ
▲ファリダット
☆シゲルフセルト
☆マルカシェンク
☆ショウナンアルバ
☆シンボリグラン

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  リーガルスキーム

  ◎リーガルスキーム
      日曜、阪神、9R、4歳上1000万
       (ダ1400m・秋山56)に出走。


前走は、適距離のダート7ハロンに戻して、休養明け及び昇級の2戦目に挑みましたが、結果2着。しかし、絶望的な位置から飛んで来ての2着、でした。

そのように、能力的には、このクラスでは1枚上のモノ、というのを示してくれたので、あとはその能力が発揮できるかどうか。そう!イレ込みだけが最大の敵なのです。

そのイレ込みがネックとなり、本来の血統的適性にある「6ハロン」というのは、スタートで不利があり対応できません。結果的には、1ハロン伸びたこの距離が、立ち遅れても挽回できるということで適距離となっているわけですが、クラスが上がるにつれて、この気性は致命的になることでしょう。

今年、リーガルには凄く期待しています。この1年でオープンまで上がって欲しい、とまでの過剰な期待をしています。年明け早々のこのレースは、そんな大きな期待が現実味を帯びるような走りをぜひ見せて欲しいと願っています。



<“勝手にお手馬”の出走>

チュニジアンブルー(日曜中山9R・寒竹賞)
              ⇒だからダート馬だろってば!

リボンノキシ(日曜中山10R・初日の出S)
              ⇒23万馬券もういっちょ♪

バブルウイズアラン(日曜京都12R・4歳上1000万)
              ⇒これも昔から追い続けている♪

アイアンデューク(月曜中山9R・ジュニアカップ)
              ⇒チャンス!

コスモユウコリン(   〃   ・  〃     )
              ⇒ちょっと距離長い?

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

さあ、あと3回寝たら競馬が始まりますよ~。
今年の番組は、有馬から金杯までが早くて良かったですね。


さて、今年の目標、というか、『こうなったらいいなぁ。』というような願望でも書きましょうか。


まずは、何と言ってもわが期待の“3歳馬トリオ”です。

牝馬のピースエンブレムとサマーアドバンス、牡馬のドリームリフレクトの事なのですが、せっかく2歳の内に勝ち上がったのですから、夢を見たいものです。

牝馬のピースエンブレムとサマーアドバンスは、もちろん桜花賞を目標とする訳ですが、タイプ的にはサマーアドバンスの方が適性がありそうです。

彼女は、中山の芝マイルを1.35.7で完勝しましたが、馬場状態が良いとはいえ、このタイムは優秀。しかし、このサマーアドバンス、現在後ろ脚の症状が改善されず、本番に間に合うかどうか。陣営としては、かなりこの馬に期待しているようなので、何とか夢の舞台に立てることをただただ祈るばかりです。アネモネSに間に合ってくれ~。


中山ダート9ハロンで楽勝したピースエンブレムのその時のタイムは1.55.2。これは翌週大差勝ちしたランフォルセと同タイム。次もダートで確実に2勝目を狙いに行くようです。早速、第1回中山3日目の黒竹賞(ダート千八、混合、500万)を予定していますが、はたして、そううまく行くでしょうか?なんとなくここを落としてしまい、それからしばらくも歯痒い想いをし、東の桜花賞最終便(?)、フラワーCでの必死の権利取り(と言っても勝ち負けしかないが)に挑む筋書きになっていそう。さすれば、当然、「全姉妹制覇達成」を夢見たくなるのが欲というものです。

姉は秋華賞を制しましたが、ピースはどちらかというとオークスタイプかなぁと。関東オークスというのも含んで。
本格化はまだ先と思います。


唯一の牡馬、ドリームリフレクトは、現在放牧中ですが、そろそろ帰厩→2勝目を目標となりそうです。この放牧中にどれだけパワーアップしているか楽しみです。

何かと注文の付く馬ですが、これまでの3戦、「相手なり」の渋とさを見せてくれましたから、自分の競馬~4角先頭の競馬~ができれば、大舞台への切符も手にできるのではないでしょうか。そのように大きな期待を掛けています。


古馬のリーガルスキームは、1/4初日の京都第8Rに出走を予定していますが、おそらくここは人気するでしょうが、幸先に良い結果を期待したいです。この馬は、今年、オープンに上がってもらいたいし、またその素質のある馬ですからここはさらっと通過する形で!。


ドリームシャドウも、今年完成すると予想しています。

早いうちに現級(500万)をクリアしてもらい、そのタイミングで、「充実期に入り昇級も勢いで突破!」...そんな馬よく見かけますが、彼もそのように変身して欲しいと願っています。彼の血統(配合)の中身は、そのような秘めたる可能性を持っていると信じていますから。まだまだ強くなると思います。


現在育成中である、明け2歳馬たち(3頭)。

彼(彼女)達も、期待して指名した子たちばかりなので、“3歳馬トリオ”のような夢を再び見せてほしいです。


。。。なんか大きなことばかり書いてしまいましたが、初夢(実際は見ていない)ということでお許しを。



最後になりましたが、

『これからも気持ちを込めたブログを書いて行こうと思いますので、本年もこのブログ、ポンセともども、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント