3連複万歳

“3連複で当てに行こう大作戦”もいきなり大成功。
「万馬券が掲載条件」なので辛うじてクリア。
晴れてこの度、的中馬券を貼ることができました。(久々
「3連複“BOX”ちゃうんけ!?」というツッコミはご勘弁

3連複って安心して観れますね!
もし3連単買ってたら、アルナスラインが頭に来た時点でThe end。
3連複様様の的中と相成りました。

マーチSも何とか的中。2着に人気薄が入った事で万馬券に。
やはり3連“複”だから取れた馬券かなぁと。

3連複万歳



日経賞的中
    日経賞
3連複 1-7-12 10,570円


マーチS3連複
    マーチS
3連複 3-11-16 12,250円




この調子で3連複馬券を買っていきたいですが、理想は、「1本被りの人気馬が飛んで5,6,7番人気くらいの3頭による美味しい10万馬券!」これですね。

 ・お手馬への馬券は3連単
 ・その他のレースは3連複

これで、しばらく行きます。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果  ピースエンブレムは2着


  ピースエンブレム
       土曜・中山9R・ミモザ賞(3歳500万・牝)
             ― 2着



好スタートから馬は行く気を見せるも、当初の策戦どおり抑えて4番手追走。道中折り合い、向こう正面で逃げ馬1頭が大きく馬群を引き離し、ピースは後続の好位で折り合う。4角で先頭に並び、そこから先頭に立って粘りこみを計るも、外から強襲する伏兵ラークキャロルの切れ味に屈し、2着まで。タイムは2.01.3(0.3差)。上がり3fは35.9。

休養明けを考えれば良い競馬だったのではないでしょうか?上がりが掛かって差し馬の餌食となってしまいましたが、人気馬達を先行粘り混みで完封したのには評価出来ると思います。

「このあと順調で、なおかつ抽選が通れば」という条件付きですが、オークストライアル、フローラSへの出走が濃厚と思われ、今日の競馬ができれば十分権利取りも可能と思いました。



“勝手にお手馬”のオオトリオウジャは、「直線弾ける」と思わせる内容でしたが、これもまた休養明けの影響でしょうか。力は再確認できました。


ドバイ。。。
期待していたウオッカ、カジノドライヴらは見せ場無く、脇役(失礼!)のバンブーエールが一番健闘しました。

ゴールデン・シャヒーンは直線コースで行われましたが、残り500mあたりがレースの勝負所となり、この際一瞬置いて行かれて後方まで下がってしまいましたが、なんとそこからメンバー最速と思われる末脚で4着まで追い上げました。映像では1着2着馬が後続を千切った形となり、それらの攻防を映すカメラワークだったためにバンブーエールの豪脚は観ることができませんでしたが、「よくもあの位置から4着まで来たもんだ!」と驚きました。


高松宮記念は、“母子制覇”ではなく、“父子制覇”という結果でした。ローレルゲレイロのことです。しかも、父キングヘイローと同じ5歳で“念願”のG1制覇、しかも7枠13番というのまで同じ!「血の因縁」というのを感じさせる結果となりました。

ローレルゲレイロの募集価格は1,000万!
このような孝行馬にいつか巡り会いたいものです。



<“勝手にお手馬”の出走>

 オオトリオウジャ(土曜阪神11R・毎日杯)
           ― 5着
            ⇒勝ち馬から0.3差ならばヨシとしたい。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬   ピースエンブレム、樫へむけての第1歩!


  ピースエンブレム
       土曜・中山9R・ミモザ賞(3歳500万・牝)



楽しみにしていたピースエンブレム、フラワーC-GⅢは除外となってしまいました。これで来週のミモザ賞へと目標を変えたのですが、なんか歯車が狂ったままで期待できそうにありません(勝つ気がしません)。

・・・と、ちょうど1週間前に書きましたが、やはり自信ありません。やっぱり強いのが来ました!「ピースはピースでもピースオブラック!」寒竹賞ではベストメンバーの2着だったのですよ。おー怖っ。

状態面は、幸いにも1週伸ばして吉と出ました。美浦南Pコースにおいて池田騎手を背に2頭のパートナーを前に行かせて後ろから追走し、直線で間を割る(2頭ともに先着)という内容で68秒4-53秒4-39秒4-12秒0。ちなみに“ぼく馬”の情報では「動き鋭い A」でした。

もし、万が一、良い意味で予想を覆し、強敵ピースオブラックを破るような事があったら、その時はパーッと行きましょう!(誰とやねん!)




<“勝手にお手馬”の出走>

 オオトリオウジャ(土曜阪神11R・毎日杯)
            ⇒栗東留学の成果はいかに!?

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念の予想メモ

高松宮記念-GⅠ、中京芝6ハロン

かつてSS産駒が勝てないレースとされていたこのレース。
近年は逆にその血を持っていないと勝てないというほど。

母父SS
フジキセキ産駒
SS系産駒

この何れかに該当する馬が制するとの予想。



上の条件馬、及び気になる(今のところの)馬券候補馬たち。。。
 ・スリープレスナイト
 ・キンシャサノキセキ
 ・ビービーガルダン
 ・アーバンストリート
 ・マイネルスケルツィ
 ・アポロドルチェ
 ・サープラスシンガー
 ・コスモベル
 ・アポロフェニックス
 


スリープレスナイトは、母でNearctic 3 x 3のインブリードを更に累進させてスピードを強調。

アーバンストリートもスリープレスナイト同様、Nearcticのスピードを母から受けた血統。

ビービーガルダンの母系は豪州&ニュージーランド血統で、母父は踏ん張りの利くサーアイヴァー~ターントゥ系。スピードの持続性に期待でき、タフなレース展開に持ち込めば。

マイネルスケルツィは、父母相似配合で小回り向きのスピード。この舞台は最適。

アポロドルチェ&アポロフェニックスは、一見「ダートスプリンター」の配合で、「キイ」は存在しない。しかし、何故か気になる。

「気になる」という意味では、サープラスシンガー&コスモベルも。


反対に、ファリダットは“母子制覇”も夢ではないけど前走に不満。
ローレルゲレイロも去年に比べると少し力が落ちたかな?と。

とはいえ、たぶんこの両頭のどちらかが制するでしょう!

何せ、「3連複BOX」なので、無理矢理穴馬を探そうとしています


さて、あと3日間で絞り込みか。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

侍ジャパン、WBC連覇!

侍ジャパン、WBC連覇おめでとう

再三にわたる韓国との熱戦。アメリカに渡ってもなお、緊迫する投手戦を繰り広げ、「これぞ野球の真髄」というのを大舞台で披露してくれました。本場アメリカのベースボールファンは、この素晴らしい“逆輸入”に対して、忘れかけていた大切な何かを思い出したことでしょう。

日本はとにかく「投手力」が素晴らしかった。
だからMVPに松坂が選ばれた事は相応しており、岩隈、いや、杉内にもあげたいくらいの活躍だった。

投手が目立った大会だったが、アメリカ、キューバを破った攻撃力も評価するべきでしょう。ついこの前までは、メジャーとの交流戦においても、一線級の投手に手も足も出なかった日本の野手陣だったのですから。


不満点を挙げるとしたら、やはり最後のダルビッシュ登板でしょうか。
同点に追いつかれた時は、流れから言って負けを覚悟しましたし、ああいう緊迫した場面では幾度も経験している(藤川)球児が良かったのでは?と。アメリカ、キューバのようなパワーヒッターには少し力不足も、日本と同タイプの韓国打者ならば十分通用したことでしょう。クローザーの経験のないダルビッシュは、短時間で肩を、いや、気持ちを作るのは大変だったと思います。見ててちょっと可哀想だったかな?


ダルビッシュのスライダー
岩隈のシュート

カメラワークのせいか、本当よくキレて見えましたね。一昔前は上下のボールが決め手になっていたのが、現在は彼らのような横の鋭い変化球を持っていないと通用しないことがわかりました。野球は進化しているのですね。



けど、なんだかんだ言われて最後に決めるところがイチローの凄いところ。MVPあげたいくらい。



最後に一言。。。
シャンパンファイトの後で、顔を真っ赤にしながらもしっかりと会見をした選手たち。その姿は、中●元財務相の会見よりよっぽどしっかりしていた

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ついに、春が!?

“勝手にお手馬”のアルティマトゥーレは圧勝で、フィフスペトルは3着。

フィフスペトル3着のスプリングSなどは、1着1人気のアンライバルド、2着にはサマーアドバンスと縁深いレッドスパーダ、そして3着にフィフスペトル。

当然馬券は本線で。。。

取ってません

あー情けない。

簡単な簡単な、3連単24,710円

なんで???
雨が降ったらなおさら重い血統のアンライバルドでしょ。

ダメだ。ダメだ。

けどね、これで吹っ切れた。
やっちゃうよ、出しちゃうよ、禁断の手。

 『 3 連 複 B O X 』

うわー、めちゃ弱気

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の競馬の結果  


  先週の出資馬の出走はありませんでした。



ピースエンブレムのいないフラワーCは、「ディアジーナ断然人気に不安視」がズバリ的中。・・・と、言っても、内博の乗り方も少しマズかったけど。伏兵にまんまとやられてしまうところが何とも甘い。

ベストメンバーが皐月賞トライアル若葉Sで優勝しました!ベストメンバーの新馬戦の2着馬こそ、わがドリームリフレクト!うーん。。。骨折アクシデントが悲しい。

サマーアドバンスが新馬戦2着だった時の勝ち馬レッドスパーダもまた、皐月賞トライアル、スプリングSで2着奮闘し、リフレクトに続いてアドバンスの“たら・れば”というむなしさに悲しむのであります。


お手馬ちゃんたちは、予想どおりの結果、というか、ショウサンウルルのフラワーC挑戦の意図がますますわからない。(案の定シンガリ負け)
「手ぶらでは帰らない」の矢作センセ―だけに少し不気味だったけど、やはり“血”に逆らう事はできなかったよう。ダート短距離ならば一杯稼げますから。センセー、お願いします。

アルティマトゥーレは予想どおり楽勝。まだまだ底を見せておりません。

逆に、ピサノキコウシは八方塞がり。あとは芝の短距離しか。。。案外マイラー?

「距離適性を探る」目的で出走したフィフスペトルは、3着も微妙な結果。「やはりマイラーかな?」という陣営とは違う印象を受けました。出資者ではありませんが、一ファンとしては、タイトルにほど近い「皐月賞よりもNHKマイル!」と切に願うのであります。


さぁ、今週は(自信のない)ピースエンブレムのミモザ賞です!(なんと君子蘭賞にも登録しています!!)




<“勝手にお手馬”の出走>

 ショウサンウルル(土曜中山11R・フラワーC)
            ― 16着(殿) ―
            ⇒この結果は予想どおり。

 アルティマトゥーレ(土曜中京12R・鈴鹿特別)
            ― 1着
            ⇒やっぱり楽勝!

 ピサノキコウシ(日曜阪神7R・500万下)
            ― 6着
            ⇒初ダートも結果出せず。

 フィフスペトル(日曜中山11R・スプリングS)
            ― 3着
            ⇒微妙な結果

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  ピースはフラワーC除外


  本日の出資馬の出走はありません。



楽しみにしていたピースエンブレム、フラワーC-GⅢは除外となってしまいました。これで来週のミモザ賞へと目標を変えたのですが、なんか歯車が狂ったままで期待できそうにありません(勝つ気がしません)。

では、フラワーCだったら色気があったのかというと、「早くからオークス目標」の馬が集うミモザ賞に比べると、「うまく賞金加算できれば桜花賞」的な動機の馬が多いフラワーCの方が、メンバー的に、というか適性的につけいる隙があったと思うので。

それに、断然人気となろうディアジーナもマイルでこそ実績を残してきたものの、1ハロン延長は疑問。使い詰めで上がり目も薄いと思うし。。。

そんなディアジーナを全馬がマークしている隙に、際内を抜け出し優勝!な~んて事を本気で考えていただけにこの除外はショック。

ミモザ賞には、「距離が伸びてこそ」という適性の強者も参戦すると思うので今から諦めモード。(なんだピースってそれだけの馬だったの?とか言わないでね;;)





<“勝手にお手馬”の出走>

 ショウサンウルル(土曜中山11R・フラワーC)
            ⇒岩田でもこのダート短距離馬を勝たす事は?

 アルティマトゥーレ(土曜中京12R・鈴鹿特別)
            ⇒昇級でも期待!

 ピサノキコウシ(日曜阪神7R・500万下)
            ⇒初ダートに光明を求め。

 フィフスペトル(日曜中山11R・スプリングS)
            ⇒一頓挫が徒にならなければ

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

2代に渡って任天堂。しかしキビしく。。。

私が小学校低学年の時にゲームウオッチが流行り、それが進化して上下2画面のやつが出ました。

その後に、あの爆発的ブームを引き起こした、“ファミコン”が登場したのでありました。

同時期、米国から“アタリ”というファミコンタイプのTVゲームが対抗していましたが、内容的にも比ではなく、とにかく、“カルチャーショック”という表現がピッタリのゲーム誕生なのでした。

小学校5年のとき、少しブームから乗り遅れて買ってもらったファミコン。初期タイプのモノで、ボタンが『ゴム製の四角タイプ』でした。これが不評でボタンが引っ込んだまま返ってこないとか、連射ができないとかで、『プラスチック製丸ボタン』タイプに改良されたのでした。

マイクって何に使うのかな?と思っていたら、後に、「ハドソーン!」と叫んで援軍を呼ぶ機能のゲームが出たり。

 #けど、あれって「バカヤロー」でも何でもよかったり。



我が子は、自分がちょうど同時期にハマった、『ゲームウォッチ』+『ファミコン』を合わせたような、ニンテンドーDSにハマっています。

自分もダビスタを買ってやってはみたものの、最初だけ。とうとう“あの時”の感動は蘇ってはきませんでした。 内容的には勿論凄いのですが、熱中できないのは、ただ単に『オッサン』になっただけ。


自分もゲームにハマっただけに、子供には「アカン」とは強く言えない立場ですが、一応のルールとして、『欲しいソフトは自分で買いなさい』を徹底しています。

我が家では、 ロバート・キヨサキ氏に賛同した経済教育方針を目指していますので、違法のROMなどはダウンロードせず、買わせます。自分の力で。ゲームだけではないです。『ぜいたく品』は全て自分で買わせています。

「子供のうちから。。。」と賛否両論があるでしょうが、『モノを大事にする』ということの大切さを学んでもらえたことが一番よかったかなぁ~と。

そういう意味では。。。

キッザニア甲子園万歳

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

今年のクラシック展望

リーチザクラウンの鞍上はユタカ。
リーチザクラウンのライバル、ロジユニヴァースの鞍上はノリ。
すなわち、「ユタカ VS ノリ」。

リーチザクラウンの父はスペシャルウィーク。
そのスペシャルウィークが走った98年の年もまた、
「ユタカ VS ノリ」でした。(結果は、ノリの2勝1敗)


今年の牡馬クラシックは、この2頭(2人)中心で回ると信じて疑わない人はきっと多いことでしょう。自分もその一人であり、今年ノリノリのノリに特に頑張ってもらいたいと思っています。

リーチザクラウンは、ラジオNIKKEI杯でロジユニヴァースに完敗してしまいましたが、きさらぎ賞では父スペシャルウィークを彷彿させるような圧勝劇で巻き返しました。

対するロジユニヴァースは、弥生賞で圧倒的な1番人気に応えたことは勿論、その勝ち方が、まるでリーチザクラウンを意識するかのような“逃げ”で圧勝したのでした。


リーチザクラウンを新馬戦で負かしたアンライバルド、この馬もまた底を見せていない強い馬ですが、もしスプリングSを圧勝するようなことがあれば、今年の牡馬クラシックは非常に面白くなりそうです。





牝馬クラシックも、自分の中では2頭、ほぼ決まっています。
ブエナビスタとレッドディザイアです。


ブエナビスタは、牝馬相手では無敗であり、これまでに先着を許した牡馬2頭こそが、先のリーチザクラウンとアンライバルドなのです!おもしろいですね。

レッドディザイアは、これまでブエナビスタとの対戦がないだけに比較は難しいところですが、かなり強いと思います。派手さはないものの、勝負根性がすばらしい。特にエルフィンSの勝ち方は強烈でした。あり得ない位置からきっちり差しきりましたからね!どんな位置からでも鬼脚でもって必死で前を捕らえるその勝負根性、ブエナビスタに脅威を与える事になるでしょう。

ダノンベルベールも勿論、打倒ブエナビスタ!で挑んでくる強敵の1頭ですが、レッドディザイアとは対照的に「勝たんとする意志」が弱いのが最大の弱点。これは持って生まれたものですからトレーニングではどうしようもありません。上位には来るとは思いますが・・・


兎にも角にも、今年のクラシックは、牡馬牝馬ともに、見所たくさんの面白いレースが繰り広げられることでしょう!

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

春は。。。かなり近づいています。

春なのに お別れですか~ (by 中島みゆき)

なんやポンちゃん、アカンやん

いやいや、もうちょっと。
“勝手にお手馬”ちゃん達は全然アカンかったけど、
阪神12Rの2着馬、ストーリーテリングは、

『なになに?前走は昇級緒戦で負けたけど、ダートの7ハロンやったのね。・・・で、今回は、負けなしの条件ダート6ハロンに戻してきたと。・・・で、何産駒なの?おおっ!デザートキングか!いかにも阪神ダート6ハロンピッタシやん!人気無いし、これ、穴やわ!相手はオオヒメとキャロと縁がある2頭のファルネーゼとジャドールでOKやな

外れはしたけど、4人気の「あわや!」の走り(クビ差2着)にニンマリ。
春はもうすぐそこにやってきています。
東で咲くのかな?
「フラワー」カップ。(な~んちゃって

除外になったら、また歌わなきゃ。

春なのに お別れですか~ (by 中島みゆき)

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

先週の競馬の結果  お手馬惨敗


  先週の出資馬の出走はありませんでした。



リボンノキシは、全く持ってムダな1戦でした。

どうしたら、芝、距離延長、という発想になるのか?前走敗因が2走ボケというのなら、何故に実績あるダート6ハロンに使わないのか?全くもって疑問です。レースもスタート後、抑えきれないほどの行きっぷりで掛かってましたし。「だから距離も長いんだって!」(イライラ)


ショウナンカッサイは、逆にいつもの行きっぷりの良さが見られず、自分の競馬ができないまま終わりました。1ハロン延長の本番(桜花賞)では、「展開の助けがあっての3着まで」でしょうか。まともならば要りません。ファルコンSの方が賢明と思いますが。。。


かつての野球仲間(先輩)で、競馬仲間でもあるHさん。今は東京勤務の為、メールのみのやりとりで、「明日はリーガル出るけどパドックで入れ込んでいたら買ってはダメですよ!」とかのやりとりをさせてもらっています。

そんなHさんに、(土曜メインレース直後くらいに)「明日の(野球の)試合面白いですから見に来てね」とメールしたところ、「ごめん、明日行けないんやわ」とマジの返事。(オイオイ、マジで取らんといてよ)と思っていたら、彼、マジで用事さえなければ東京→大阪に来ても良いみたいな感じ!たかが草野球なのに。。。

そしたら、理由がわかりました!彼、メールした直前に中京記念の3連単をゲットしていたのです!500円で!!126万の払い戻しですよ

「そら、来るわな

「焼き肉食べ行こ!ソウルに。」のノリでしょう。うらやましい。

そんなHさん、かつて350万くらいの払い戻しも受けているツワモノ。
今度何かおごってね、Hさん



<“勝手にお手馬”の出走>

 リボンノキシ(土曜阪神12R・うずしおS)
         ― 16着(殿)
            ⇒無駄な1戦だった・・・

 ショナンカッサイ(日曜阪神11R・フィリーズレビュー)
         ― 7着
            ⇒良いところなし。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  お手馬ショウナンカッサイに期待


  本日の出資馬の出走はありません。



さぁ、いよいよ来週はフラワーC-GⅢです!
調教師によると、まだまだピースエンブレムを掴みきれてなく、試行錯誤の調教ですので出走に関してはギリギリまで様子を見たいとの事。うまく行って出走してほしいなぁ。。。逃げれば見せ場は十分期待できると思うのですが。。。


さて、今週もお手馬ちゃんにがんばってもらいましょう!
リボンノキシは芝ではあまり強気になれません。1ハロン延長もマイナス要因です。クラスが上がって持ち前のスピードを発揮できず、ハナに立てない理由からのレース選択と思われますが、うーん・・・ダート6ハロンで徹底してもらいたいです。買いたくないですが、マイルールですので買わなくては(涙)。けど、これで凡走すれば、「見限りリーチ」になってしまうのが悲しい。良い馬だけに。。。

日曜フィリーズレビュー(桜花賞トライアルGⅡ)は、お手馬ショナンカッサイが阪神JF4着以来の出走です。阪神JFでも指名しており、10番人気で馬券圏内まであと一歩!という激走には大変興奮しました。今回は同じ阪神コースでも1ハロン短縮。(父は)サクラバクシンオーの仔ショウナンカンプなので、距離短縮は好材料でしょう!今度こそ「高配当」を頂きたいです。




<“勝手にお手馬”の出走>

 リボンノキシ(土曜阪神12R・うずしおS)
            ⇒芝・距離延長はマイナス材料

 ショナンカッサイ(日曜阪神11R・フィリーズレビュー)
            ⇒距離短縮は好材料!高配の予感

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

世代を超えても色あせないモノ

ANIMAX(アニマックス)は、24時間アニメ三昧なので、「日本人に生まれたかった~」という米国のアニヲタにはたまらないでしょうねぇ。

そのANIMAXで、毎週土曜日に「じゃりン子チエ」を放映していまして、『なつかしい~』と、約30年ぶりに見たわけですが、全然古臭さを感じませんし、それを証明するかのように、わが子供たち(8歳、3歳)にも大ウケ。家族中が、『毎週土曜日が待ち遠しい』という、ちょっとしたブームになっております。


「世代を超えても・・・・」というと、やっぱりこれも漫画の話で恐縮ですが、「らんま1/2」。これに娘がハマってしまいまして。

2年前の、年長の時でしたか、これも、「ANIMAX」で初めて見た彼女は、衝撃を覚えたらしいです。親バカの私は、すぐに古本屋へ行き、「らんま1/2」を全巻揃え与えました。ふりがなを打っているので、幼稚園児でも読め、『言葉の勉強になってくれれば』のつもりで買い与えたのですが、お陰様で小学2年生になった彼女は、国語が得意のようです。

「らんま1/2」、確かに面白く、私も全巻読破してしまいましたし、娘などはもう5回ほど読み直して単行本はボロボロ。

高橋留美子の天才ぶりに魅了され、犬夜叉まで全巻揃えるハメになりました。


「世代を超えても」「天才漫画家」といえば、浦沢直樹。

「20世紀少年」で時の人となりましたが、自慢ではありませんが、「20世紀少年」はブームになるずっと前から集めていましたし、映画化されて買い取り価格が高騰した時には、『売ろうかな?』と思ったほど。(いやいや、きっと将来、娘が、息子が、読む、と思うので大事に置いておこう!)

「MONSTER」「パイナップルARMY」も好きですが、「MASTERキートン」が一番好きかな。どれも「大人の漫画」ですね。浦沢直樹ってホント天才!(けど、世間一般で有名になった「YAWARA!」はあんまりかな。)

なんだ、オレってアニヲタやん!

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

牝馬クラシックはすぐそこに

今週、帰厩したピースエンブレムですが、「3月21日の中山競馬(フラワーC・芝1800m)に出走する予定」のようです。

これには大賛成で、ここでうまく賞金を加算できても、桜花賞へ向かわず、オークストライアルのフローラSからオークス、というローテーションが理想に思います。

ですので、もしフラワーCで惨敗しても、そのまま「フローラからオークス」という目標で良いかと思います。幸いにも、例年、1勝馬でも何とか出走をできそうな両レースですので。

最高の形は、やはり、「フラワーC全姉妹制覇!」ですけどね。



桜花賞。。。
確かに庭である仁川で花見をしたい気持ちは山々ですが、本当言うと、ピースエンブレムよりサマーアドバンスの方なのですよね。

そのサマーアドバンスは、未だメドが立たず。
こういう場合特に、月2回の情報はもの足りず。
セゾンの情報サービス改善を切望して止みません。

テイオーの仔ってやっぱり体質弱いなぁ。
アドバンスは、パークリージェントの頑強さでカバーしていると信じていたのに。。。


お仲間さんに教えていただき、確認したのですが、サマーアドバンスの新馬2着時の勝ち馬、レッドスパーダが2勝目を挙げたのに続き、サマーアドバンスの初勝利時の2着馬、サトノロマネまでもが先週土曜日に2勝目を挙げました。

この2頭はともに牡馬。それを考慮するとなおさら、サマーアドバンスの潜在能力が想像以上のものだと思いたくなります。しかし、現実は、「無事是名馬」に反している状態。机上の空論でしかありません。実に歯がゆいです。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

さぁこれからだ!

ようやく馬券が的中しました。

“勝手にお手馬”のアイアンデュークのレースです。
1万円未満の配当なので、ここには貼り付けませんが、
何よりも、「当たった」というのが大事なのです。

きっと近いうちに高配当を手に出来ることでしょう。
早くペタペタ貼りたいなぁ。。。


“勝手にお手馬”は、当然ながら増えていくものです。
しかし、ず~っと追い続けても収支はプラスにはなりません。

マイルールとしては、「3走凡走すれば見限る」
という設定で追い続けています。

これまでの実績では、2勝を挙げた“勝手にお手馬”は、やはり血統的裏付けがきちんとしているせいか、その後も伸びます。そして、いやらしい話、カネになります。

一方、新馬勝ち後、3走連続凡走した馬は、しばらく頭打ち状態が続きます。中には、暗闇を抜け出したのち、連勝が続くような馬もいますが、マイルールでは、このような馬を再度追うことはしていません。

なかなか根気のいる馬券ですが、「追っていたからこそ買えた」という馬券的妙味もあります。(ほか2頭の指名が難しいのですが;;)


「ポンセの指名馬はよく走るなぁ。オレも乗ろうかな?」
という声が聞けるようになれればサイコーに嬉しいです。

そういう馬を指名できるよう、日々血統、配合を勉強中です。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

先週の結果


  先週の出資馬の出走はありませんでした。


皐月賞前哨戦の弥生賞は、ロジユニヴァースが圧倒的1番人気に見事応えて優勝しました。またその勝ち方が憎い!ライバル、リーチザクラウンのきさらぎ賞の競馬(圧勝)とそっくりの内容でしたから。本番皐月賞では、再度、東西の雄のガチンコ!、楽しみですね。


桜花賞トライアルの方も、ブエナビスタが強い勝ち方で勝ってくれました。あまりにも後ろの位置取りで心配しましたが、徐々に着順を上げていく様子は「ここでは一枚も二枚も力が違う」という堂々たるもの。何かアンカツJKが先の先を想定して乗った(試した)レースのように見えました。

逃げ粘ったサクラミモザは、初芝でも結果を出した形となりましたが、ブエナビスタが最後方の位置取りということもあり、全馬の意識が後ろに行ったのも幸いした感が。それでも一瞬アンカツJKを冷やっとさせたのは事実。(本番の)馬券的にはちょっとやっかいな存在に。

まぁ、これで桜花賞の予想は、「ブエナビスタVSレッドディザイア」でほぼ決まりつつあります。(早っ!)問題はあと1頭。。。




<“勝手にお手馬”の出走>

 チャーミングオーラ(土曜中山6R・3歳500万)
        - 10着 -
            ⇒ダメだこりゃ。

 アイアンデューク(日曜中山7R・3歳500万)
        - 1着 -
            ⇒ファルコンSでも!

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬


  本日の出資馬の出走はありません。


ウオッカは、脚を余した感の差のない5着でしたね。(ジェベルハッタ)
早起きポンセは、恐らく誰よりも早くこの結果を知ったのではないでしょうか?

直線抜群の手応えで追い出しのタイミングを計っていたのですが、前が下がってきてしかも横は壁、追い出したのは実質残り100mくらいという内容でした。

あくまで横からの映像ですから、「前、横が壁」のように映りましたが、見方によっては、―抜群の手応えからギリギリまで貯めて。。。言い換えると、「下手こいた」!?―ようにも見えたわけです。

まあ、“前哨戦”ということもあって、無理をしなかったということにしておきましょう!



<“勝手にお手馬”の出走>

 チャーミングオーラ(土曜中山6R・3歳500万)
            ⇒距離短縮で巻き返し!

 アイアンデューク(日曜中山7R・3歳500万)
            ⇒圧勝の予感

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

馬名決定!

わが2歳馬たちの馬名が決定しました!



インスパイヤダンス07の牡 ―
ドリームザネクスト
「夢の続き」の意。父のような活躍を期待して。
Dream the Next


フサイチビューティー07の牝 ―
サマーヘレネ
母名より連想。ギリシャ神話の美女。
Summer Helene


アスクレピアス07の牝 ―
クラサヴィカ
(予定。日本軽種馬協会より。)



残念ながら、わが応募は採用されませんでした
しかし、良い名前を付けてくださってありがとうございました。


ドリームザネクスト。。。
冠名に繋げるの、アリなんですね(._.) φ メモメモ
じゃあ、ドリームメーカーで来年応募しよっと。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

育成中のわが2歳馬たち

セゾン2歳馬も、これからデビューに向けての最終段階に入ります。ギリギリまで追い込んだ調教の後、成長を促す休養。ここで馬がガラッと変わるのですよね。楽しみです。

それにしても、出資したセゾン2歳馬の2頭は人気がありませんでした。



インスパイヤダンス07の牡馬は、値付けと華奢な馬体を懸念された方が多かったと思うのですが、近況の写真ではトモの厚みも増し、だいぶガッチリとしてきました。Gulch系同様、早い時期から活躍し、ピークは5歳の芝ダート兼用のマイラーという予想は今も変わりません。成長力もあり、楽しみな馬と思うのですが・・・



フサイチビューティー07の牝馬は、コスモルーベライト07の牡馬が無念の募集取り下げになった為に、急遽、繰り上げの出資と相成ったわけですが、正直、「良い馬に出資できた!」という実感です。

「牡馬中心への出資方針」
「牝馬ならば余程の(配合の)キイがないと出資しない」

という、セゾン馬出資の方針を掲げているので、フサイチビューティー07への出資は、本来叶わなかったのですが、一応は「キイ」が存在している点と、コスモルーベライト07と縁を感じる、“SS x ノーザンテーストの種牡馬”。そして、セゾンには〝珍しい〟良血血統。

そうです!セゾン馬は、〝配合〟は良い馬はありますが、〝血統〟の良い馬は殆どいません。フサイチビューティー07は、母父がフォーティナイナーで3代母が名牝Courtly Dee ―即ち、母は種牡馬トワイニングと「4分の3 同血」なのです。ダート馬として大成するかもしれませんが、生粋のスプリンターでしょう。この適性なら牡馬とも戦って行けるハズ。




セゾンの2歳馬ばかりがかわいい訳ではありません。
キャロットにも唯一出資した2歳馬がいます。


アスクレピアス07の牝馬がそうなのですが、育成も順調で、近況報告では気持ち悪いくらいの毎度の絶賛。

「血統・配合」からアプローチせず、「馬体」から決めた彼女ですが、それでも、「母父ヘクタープロテクター」というのに惹かれ、ピースエンブレムに続いて2年連続の出資となると、もはやフェティシストなのかもしれません。(実は、ルカダンスの07も迷っていました;;)

ヘクタープロテクターは、父としては牝馬に活躍馬が出ましたが、やはりこういうサイアーは母父として大きな仕事をしてくれます。

ワイルドラッシュですからダートに適性が出る確率が高いでしょうが、どうも芝向きの身のこなしをしているようです。これは先日書いた、「ワイルドラッシュを考える」の見解に合わせて、早来の英才トレーニングを受けることにより、眠っている遺伝子が次々に開花していると解釈。。。

活躍をして、将来めでたく繁殖入りできれば、ディープインパクトとの、ちょっとデンジャラスな配合もみてみたい。一か八かの配合ですが。。。(Burghclere3 x 5の戻し)


そろそろ馬名発表の頃。
どれか採用されていたら良いのになぁ。。。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

3月もダメ!?

「は~るがき~た~

と、書くつもりが、今日も自虐記事になります


まず、リーガルくん。
どうしたの?
やっぱり調整失敗でしょ?
あんなに負けるなんて。


バンガロールは、
「さすが!」という強い勝ち方をしてくれたけど、
フェイズシフトを買っていない!
和田やんか!
ダメだ。和田キライになってきた。


グロッキーバルボアは、スプリンターね。
珍名は忘れた頃に穴を開けます!
その時はよろしく。



3月は運気も変わると思っていたのに。。。

3月は別れの季節か。
・・・って、アカンやん。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

先週のレース結果 ~リーガルスキーム~


  リーガルスキーム 
    土曜阪神12R、4歳上1000万下(D7f/混)
         - 7着 -



リーガルスキーム

28日(土)阪神12R(4歳上1000万下・ダ1400m)に和田騎手で出走し、7着でした。

スタートは出遅れ、内目の枠の為包まれる形に。向こう正面でなんとか挽回するも直線は伸びず7着(同着)惨敗。タイムは1.25.3(0.6差)。上がり3Fは36.6。

「阪神巧者」のハズが、こんな見苦しい競馬をさらして・・・調整がうまくいかなかったせいかな?向こう(外厩)で乗り込んでいたとはいえ、(馬場悪化の為)速い時計を出せないままの出走でしたから、『やっぱり』といえばそのとおりの結果だったわけで。

4着-4着-7着ときて、次は人気も落ちるでしょうから、狙いどきかも!?とかなんとか悠長なことは言ってられない状況になってきました。

できれば、続戦して欲しいなぁ。。。



<“勝手にお手馬”の出走>

 バンガロール(土曜阪神7R・3歳500万)
            - 1着 -
            ⇒強い!底を見せていない。
              (Dゼニス邪魔してごめん)

 グロッキーバルボア(日曜阪神6R・3歳500万)
            - 7着 -
            ⇒やっぱり1F長いみたい

 ピサノキコウシ(土曜阪神7R・3歳500万)
            - 7着 -
            ⇒こんな馬ではないハズと思うのだが・・・



先週は7着ばかり。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント