今週の出走馬  ドリームシャドウ、新潟自信なし


  ドリームシャドウ
     
     日曜 新潟8R 3歳上500万下
          



ドリームシャドウ

7/29に美浦ポリトラックコースで追い、馬なりで5ハロン68秒1、ラスト1ハロン12.4秒の時計をマーク、メイプルストリート(古500万)馬ナリの内に先行し同入しています。

出走間隔の都合上出走が叶わず、その結果追い切りを多数こなせて良い状態で臨む事が出来ました。

しかし、新潟コースでは強気になれません。掲示板がやっとでしょう。厳しい評価ですが、気持ちは既に「中山での好勝負」を想定していますから、ここは調教代わりで良いと思うのです。だから下手に馬を消耗させて欲しくないというのが本音。



小倉記念

勢いあるテイエムアンコールか、条件合いそうなマイネレーツェルか。どちらを軸にするかはレースギリギリまで考えます。。。



“勝手にお手馬”memo

 ショウサンウルルは、ダート3戦3勝で勢いは◎(二重丸)ですが、さすがに古馬相手の準オープンでは厳しい競馬となるでしょう。恵まれた51kgのハンデをうまく活かし、展開の助けがあれば、ロールオブザダイス、クリールパッション、スマートサイクロンらを抑える事もできるかも!?

 アイアンデュークは、ノリちゃんが乗ってくれますが、正直1ハロン長い印象です。ベストは芝6ハロン。





<“勝手にお手馬”の出走>

 ショウサンウルル(土曜 札幌9R・報知杯大雪ハンデ)
          ⇒勝てば凄いTrif&Trio

 アイアンデューク(日曜 札幌11R・藻岩山特別)
          ⇒1ハロン長いTrio



スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ブリアンダの2008 牡

Alzao x Fabulous Dancer x Habitat で、Northern Dancer 3 x 3の強いインブリードのブリアンダに、スペシャルウィーク。

うーん、これも良い配合だなぁ。。。


ただ、生産者心理としては、シーザリオ&インティライミ効果の06年~07産がピークと思われ。この08年産はそれほど「スペスペ!SS後継馬はスペだよ!」ではなかったと思われる。

しかし、この母は繁殖牝馬としては良い血統をしている。

姉ビーグレイシャスのデビューに注目。



よし!
この子も候補に入れよう!

まだまだ時間はある。
まだまだ候補は増える。
そして、写真を見てどれだけ残るか?




 ・プンティラの2008 牝
 ・ササファイヤーの2008 牝
 ・ライラックレーンの2008 牝
 ・ガバーナの2008 牝
 ・シトラスノカゼの2008 牝
 ・ブリアンダの2008 牡

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ポンセの決意

『キャロット撤退改め、キャロットで頑張るぞー』

と、勝手ながら方針を変えたわけですが、
以前は、

「回収率重視」

ということで、「無事是名馬」的、かつ「安い馬」を重視してチョイスしてきたわけですが、これから歩む「キャロット第2章」では、全く違った方針を掲げて行こうと既に心に決めております。

「悲願の重賞制覇」

で、ございます。


決して簡単では無い事、重々承知。
しかしながら、「欲しい」のでございます。
いや、頂かないと辞めれませぬ、このクラブ。

ペニーであと1歩の重賞2着というのがあったものの、エンシェントヒルはオープン大将、いや、ハンデキャップホースの典型的タイプでした。それは今の自分と被るところがありまして。。。


では、どうしたら“悲願”が達成できるのか?



まず、現代の競馬に合わせなければならないでしょう。

血統です。
上がりの競馬に対応できる血統をチョイスしないと分が悪い。

そりゃ、ノーザンダンサー系でもミスプロ系でも上がりの競馬を得意として、キレ味絶品の馬もおりましょう。しかし、あくまで「確率」。


これまで天の邪鬼なポンセは、SSアレルギーでありましたし、『母父サンデー?そりゃ走るだろうけど、嫌なんだよ、べらんめぇ~』でしたが、けど。。。SSの遺伝子が必要なのです、“悲願達成”には。

“悲願達成”した暁には、またもや、「天の邪鬼ポンセ」に戻り、その際の目標は、「零細牧場に光を」などと、何か勘違いというか、有頂天になっているポンセが目に浮かびますが、それはそれでひとまず置いといて。

とにかく、セゾンですべて誤算となったわけです。
セゾンが健全であれば、「SSアレルギー」のままでしたし、『重賞より回収率で結構!』とツッパッていたと思いますし。。。


とにかく、重賞を勝ちに行きましょう!
そういう馬を選ぶつもりです。
キャロットリニューアル元年から見てきたノウハウを活かして。


なので、募集一覧表を送られてきたとき、
SS系しか血統表を開きませんでした。

それで、あの5頭をピックアップしたわけです。
あとは馬体を見て決めます。
厩舎も重要ですね、はい、はい。

なんか、ポンセらしくないですよね?
幻滅しました?

いやですよね、厩舎で選ぶのって?
正直凄い抵抗あるんですが、
けど、認めなくてはならない部分があるんです。

牧場は、『走る馬?そんなの実際走ってみるまでわからんよ。そんなのわかるなら苦労しないよ』と言います。しかし、あれ、嘘です。絶対わかっています。

中には「入厩当初は目立たなかった馬でね」という馬もいますが、あれは驚異の成長を遂げた馬で、そんなの一握り。殆どは厩舎を割り当てる際に、値付けする際に、わかっています。確信しています。だからセレクトセール馬は走るんです。“セレクト”しているんですから。いや、セレクト“できる”ということを理解すべきでしょう。




(数少ない)ポンセファンの方へ。。。
今までのポンセ ―

 ・SSアレルギー
 ・安馬でも配合が良ければ走る
 ・騎手で馬券は買わない≒厩舎で馬は選ばない

の、精神はこれからも健在です。ご安心ください。
しかし、少しの間だけわがままお許しください。

ポリシーを曲げないとキャロットでは勝ち組に残れないのです。
(岡田傘下のセゾンではポリシーを突き通せたのですが。。。)

悲願が達成できても、ヌクヌクとキャロットに残ろうとは思いません!
恐らく上に掲げた精神が「物足りなさ」を訴えるでしょうから。


心はいつも、

『安馬でも、配合が良ければ重賞勝てる』

を言い聞かせ、競馬道を精進してまいりますので、
今までと変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い致します

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

予想の軸は合っている

函館記念

4人気サクラオリオンと11人気ミストラルクルーズを軸に買いました。
この2頭はともに「父エルコンドルパサー」

今年は函館ではなく札幌で行われる函館記念。
そんなんで、血統の適性を掴むには難しい予想でしたが、
同じ洋芝と言う事で、函館のつもりで考えました。
もし函館で行われる函館記念でも、この両頭から流していたでしょう。

それと、「母父Danzig」
これも「力を要す小回り2000m」のキーワード。


そんなんで、結果、

1着 父エルコンドルパサー ・ 母父Danzig (4人気)
2着 母父Danzig (10人気)

ならば、
大筋で予想は合っているでしょう。
まだまだ予想の軸はぶれていませんね。(たぶん)

えっ?3着馬ですか?
痛恨の“抜け”なので、不適中なのですよ。



函館記念
  3連複  9-12-16   20,140円

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果   出資馬の出走はなし。


  先週、出資馬の出走はありませんでした。





“勝手にお手馬”memo

グロッキーバルボアは、中館JKをもってしてもテンにおいて行かれ、直前では息切れの16着シンガリ負け。「洋芝なので」との淡い期待も打ち砕かれ、やはり「ダートで」という結果に。




<“勝手にお手馬”の出走結果>


 グロッキーバルボア(日曜 札幌8R・ニセコ特別)
         8人気 ⇒ 16着
            # 殿負けTrio


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

セゾン掲示板撤去のお知らせ

☆セゾン仲間のみなさまへ☆

皆様にご愛顧頂いた、セゾン版HP内設置の掲示板を間もなく撤去する運びとなりました。(7月末日完全撤去)

皆様の交流の場を奪う形で心苦しいのですが、ご存じ“セゾン内のゴタゴタ”もあって、設置掲示板もすっかり活気がなくなってしまいました。

新生セゾンでは買い控えるお仲間さんも多いと予想され、さらにこの掲示板の目的もなくなろうかと思われます。


こちらでご縁ができたお仲間様たち。
それはとても大切なお仲間たちです。

今後とも何らかの形で繋がっていきたいと思いますので、こちらのブログにおいて気軽にコメントを付けて頂ければ嬉しいです。また、そのコメント内でお仲間様同士交流していただいても構いません。


このような形で徐々にセゾンから遠ざかる自分が悲しいですが、せめて現2歳馬たちには頑張ってもらいましょう!
総帥の“置き土産”として。。。


これまで掲示板ご利用、ありがとうございました。
皆様の出資馬が更なる活躍をされることをお祈り致しております。

今週の出走馬  なし  “勝手にお手馬”は1頭が出走


  今週の出資馬の出走はありません。



ドリームシャドウは、なかなかの追い切りを見せたのですが、またもや今週は出走せず。

まぁ中山まで大分あるから良いのですが、使い減りするタイプなので、出走後チクチクし、休養に入る事を想定すれば、ここらで2走して短期放牧、そして中山に合わせて欲しいんですがねぇ。得意の中山開催まで休養が入り込むようなローテは最悪です。




“勝手にお手馬”は、グロッキーバルボア、のみが出走します。

初めての芝ですが、洋芝なので結構やれるかもしれません。中館JKなので、ポーンとうまくスタートを決めてくれれば、運良く馬券圏内も。しかし、まともに考えたら強気にはなれません。





<“勝手にお手馬”の出走>

 グロッキーバルボア(日曜 札幌8R・ニセコ特別)
          ⇒初芝もスタートを決めてTrio


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

隣の芝は青い、凄く青く見える!!

―4年後、セゾン退会の後、キャロット馬たちがわが一口稼業を支えてくれて、そして新たな夢へ挑戦する―


けどね、
実際まだ腑に落ちない部分はあるんです。
キャロットを100%信頼していないし。

ただ、達成していないまま辞めるのもどうかなぁ。。と。
あっ、重賞制覇の事ね。
やっぱり欲しいですよね、重賞タイトル。
たとえ1/400でも共有したい。

ホントはセゾンで達成すると思っていました。
(それが“検証”的には理想だと)

しかし、それも叶わなくなりました。
(まだ可能性はありますが。)


幸いにも、キャロットには自分なりのノウハウがあります。
信用はしていないけど、地雷を見分ける事はある程度出来るようになりました。それと、ポリシーさえ封印すれば、「ある程度走る馬」もチョイスする自信が出来ました。それは、「血統・配合」を無視して選んだアスクレピアス07ことクラサヴィカで確信しました。(まだ走ってないけど;たぶん走る?)




しかしながら、他のクラブにも魅力的な馬がいますし、ひょっとしたら4年以内にセゾンの“どんでん”もあるかもしれません。新たな理想的なクラブのリニューアルとかも。。。

昨日挙げたキャロットの候補馬質は、「血統・配合」からのアプローチでチョイスしましたが、もしその中で“地雷”っぽいのがあれば、当然回避しますし、ひょっとしたら5頭すべて“地雷”かもしれません。ならば、また気持ちが冷める事も。。。。


そんなんで、末永くこの趣味は続けて行く事だけは変わりありませんので、またコロコロと心変わりをしても、どうか呆れずにお付き合いくださいまし。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

キャロットさん、すみませんが宜しくお願いします

ご存じ「セゾン内のゴタゴタ」にうんざりし、また、新生セゾンの核となるべく仕入れた馬たちは、残念ながら興味のないものばかり。気持ちは撤退方向まっしぐら。

キャロットも既に撤退を表明しており、現在3頭まで整理しました。

では、次なるクラブは??


400口→200口で、リターン率の違いを一度でも体験すると「今更400口以上は・・・」というのが正直なところ。しかし、口数が少なくとも、出走手当だけで、肝心の賞金をくわえてきてくれなければそれは“ローリターン”なわけで。実は、今まさにその状態でして。

セゾン馬の不調に対し、キャロット馬の好調。

それは、
「配当は安くとも、コツコツと。」
で、まさに、「ちりも積もれば・・・」状態。
(現在、キャロット馬のおかげで一口稼業は運転できています)


「走ってくれないと、この趣味は続けられない」
(精神衛生上、経済的、色んな意味で)




では、セゾンは「走る」と思って投資したのではないのか?

「その通り」です。
セゾンへの投資は、「これまで培ってきた血統・配合論の集大成」で挑みましたので、自信を持っての投資でした。だから走ってもらわないと困るのです。現在、故障等で出走が叶わないですが、秋には総動員で出走し、きっと良い結果が得られて、『間違ってなかった』と納得できると信じています。



しかし。。。
その先が不安なのです。


「血統、配合」だけではダメなんです。
(オイオイ^^:)

「素質」があっても、それを開花させる環境が大事。
(そらそうだ!)

セゾンでは、それが叶わなくなったのです。
(CVFの力は大きい)



もう一つ、計算がくるった点は、
4年後に柱となるクラブがなくなってしまう、ということ。

セゾンはついこの前まで退会するなど夢にも思わなかったので、
思い描いていた ―

 キャロット現2歳馬の「牝馬規定による引退」を期に退会
  →セゾンが軌道に乗った状態で、ラフィアンor社台

― という青写真が、口惜しくも崩れてしまいました。



「血統・配合を活かす環境」
「4年後のプロジェクトにおいて、柱となるクラブ」

以上を考慮すると、
『キャロットクラブにまだまだお世話にならないといけない』
という結論に至りました。(勝手ながら)

それに、
シトラスノカゼの仔をキャロットさんが落札したし。。。


―4年後、セゾン退会の後、キャロット馬たちがわが一口稼業を支えてくれて、そして新たな夢へ挑戦する―

こういう結論に至りました。(明日には変わるかも?;;)


ですので、今年のキャロットは「出資」の方向で考えています。
候補は。。。

 ・プンティラの2008 牝
 ・ササファイヤーの2008 牝
 ・ライラックレーンの2008 牝
 ・ガバーナの2008 牝


そして、
 ・シトラスノカゼの2008 牝
です。

エンシェントヒルは。。。
2番仔に期待します♪
(と、だけコメントさせてくださいまし


あーだ、こーだ書きましたが、まだまだ心の整理はつかず。
明日も続きを書きますので、おつきあいください。

優柔不断なポンセより。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

アルティマトゥーレ

連覇したカノヤザクラは、叩き2走とはいえ、前走の走りで「今回それほど伸びしろはないのでは?」と下手な予想をし、無印。馬券は3連単は無論、3連複も不的中。

アルティマトゥーレ3
 3連複 12-17-18  9,460円

まぁ、2週続けて良い事も続くとは思っていなかったので。
しかし、指名馬が馬券圏内に来ていたということは、
まだ“確変中”なのかも?

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果   出資馬の出走はなし。


  先週、出資馬の出走はありませんでした。





“勝手にお手馬”memo
アルティマトゥーレただ1頭の出走でしたが、2度目の重賞挑戦であり、またソコソコ人気もしていたので楽しみにしていました。

結果は3着。

フジキセキ x トニービンで、決して直線5ハロンが向いているとは思えないのですが、それでいて3着というのは評価できるのではないでしょうか。


それにしても直線の競馬は観にくいですよねぇ。
カメラワークも大変とは思うのですが。






<“勝手にお手馬”の出走結果>


 アルティマトゥーレ(日曜 新潟11R・アイビスSD-G3)
         2人気 ⇒ 3着
            # 大健闘Trif&Trio

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  なし  “勝手にお手馬”は1頭が出走(重賞に)


  今週の出資馬の出走はありません。



ドリームシャドウは今週に出走を予定していたのですが、出馬表に名前が無く、一瞬焦りました。どうやら本調子にないので来週以降に回すとのこと。しかし中山以外では掲示板がやっとでしょう。ならばじっくりやってもらっていいんですがねぇ。



“勝手にお手馬”は、アルティマトゥーレ、のみが出走します。

芝6F以下に関しては、まだ底を見せていない本馬。電撃の5F!しかも直線コースはやってみないとわからないですが、牝馬が強いレースと昇り馬的勢いに賭けたいと思います。(まぁ2週続けて良いことはないでしょうけど・・・)




<“勝手にお手馬”の出走>

 アルティマトゥーレ(日曜 新潟11R・アイビスSD-G3)
          ⇒未知の能力に賭けてTrif&Trio


テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

昨日の続きと泡銭の使い道

昨日に続いて、1頭追加。。。


ビッグハッピーの2009 メス 
父アグネスタキオン 母父アフリート
生産 (有)下河辺牧場 1500万円


『。。。』

すみません、やはり「キイ」は見つけることができません。
母はまずまず実績ある繁殖牝馬なのでないハズがないのですが。
勉強不足ですね。

けど、正直言って興味沸かないです。


あっ、そうそう、自転車買いました。
泡銭を得たら、何か形に残すマイルールですので。

Jeep JE-166G
 #同タイプです
 #写真は某店から拝借しました。

車に入れておけば何かと重宝しますね。
しかし、鍵って意味あるのかな?
ヒョイッと鍵を付けたまま持って行かれそうで。
何かに括り付けるようにしないとダメですね。

まぁ、泡銭で頂戴した品ですので、気楽に乗ろうかと。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

期待ハズレなセゾンの買い物。

既に心は脱会方向ではあるものの、一応は調べてみようと血統表を開いてみました。しかし、Ped Netで深く探索する気にもならない配合馬ばかりで、殆どが5代血統表で溜息が。

中には母に配合のキイが存在する馬も何頭かいましたが、すでに繁殖牝馬としての実績があり、そういうのは「おもしろい!」という発見的なトキメキもなく。それに母は良くても、その母と交配相手を結合するようなキイは見あたらなく。ただでさえ“出がらし”という感もあるのに。。。そんなのは危なっかしくて投資する気にならない。

まぁ、短評的に好き勝手書きましたが、出資を前向きな方には申し訳ない評価で。「おおっ!セゾンやるやん!」というような感動を期待しつつ血統表を開いたのですが。。。





ベイジャフロールの2009 メス 
父クロフネ 母父フジキセキ
生産 出羽牧場 600万円

強調できる配合のキイはなし。
 ダート1400m以下が適性か。
 


パーフェクトダンスの2009 牡 
父タニノギムレット 母父サンデーサイレンス
生産 タイヘイ牧場 1600万円

強調できる配合のキイはなし。
 芝1800mを得意とするのでは。



アイビートユーの2009 メス 
父マンハッタンカフェ 母父ヤマニンスキー
生産 グランド牧場 800万円

強調できる配合のキイはなし。
 この父をしてもダート適性か。



コールミーラヴの2009 牡 
父アグネスタキオン 母父ゴールデンフェザント
生産 社台ファーム 3000万円

強調できる配合のキイはなし。
 芝のマイラーかな。



ネオカラーの2009 牡 
父アグネスデジタル 母父クロフネ
生産 千代田牧場  1400万円

母ハートライン上のIcecapadeクロス(4 x 4)くらい
 ダートマイル以下という気がする。
 このメンバー中では一番マシかな?と思う。



ゲイロレンヌの2009 牡 
父アグネスタキオン 母父Fabulous Dancer
生産 (有)パカパカファーム 1900万円

母、Feolaの戻しや、Pharos=Fairwayの全兄弟クロスを
 継続して強めた配合には
 繁殖牝馬として既に実績あり。
 芝マイル~9Fかな?



メモリーズオブロニーの2009 牡 
父ダイワメジャー 母父Storm Cat
生産 (有)駿河牧場 2100万円

母、Somethingroyalの名牝クロス(4 x 4)は
 繁殖牝馬として既に実績あり。
 芝マイル以下の適性と思う。
 

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

高配当の3連単、3連復、W的中!

昨日の記事は、カテゴリーの都合上、「“勝手にお手馬”万歳」とか、「ありがとう!」とか、的中を臭わすような中途半端ないやらしい表現ですみませんでした。

けど、
『おおっ!ポンセ、取ったんちゃうの!?』
と思われるの、なんだか快感


では、デカデカと貼らせていただきます


チュニジアンブルー1
3連単  6-10-9   90,780円  的中

チュニジアンブルー3
3連複 6-9-10   15,710円  的中


チュニジアンブルーは4人気、2着馬は2人気、
これでは11頭立てなので配当は期待できません。
しかーし!
3着に11頭中9人気馬が飛んできてくれたのです。
1人気馬をゴール前で僅差で抑えて。
これで、この配当が実現。

ありがとう、チュニジアンブルー。
ありがとう、マルサンテクニカル。



テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果   出資馬の出走はなし。“お手馬”は活躍!


  先週、出資馬の出走はありませんでした。




七夕賞
この前、ミヤビランベリで儲けさせてもらったのに、1人気の彼を信用しませんでした。それがすべて。本格化しましたね。

実際の馬券は、このように準オープンを勝ったばかりの3頭から。
七夕賞
まぁ、仕方ないですね。「良い事は続かない」ということで。
                    ↓      ↓





“勝手にお手馬”memo

ベルシャルルは、好スタートから押し切り体勢も、
ゴール前タルくなって失速。
あの内容では見限らざるを得ないか。

一方の、チュニジアンブルーは。。。
2番手から仕掛けをじっと我慢して追い出し。
馬の具合も良かったのでしょう。
“勝手にお手馬”万歳







<“勝手にお手馬”の出走結果>


 ベルシャルル(土曜 札幌7R・3歳上500万円下)
         5人気 ⇒ 6着
            # ダメだ。。。Trio


 チュニジアンブルー(土曜 札幌9R・オーロラ特別)
         4人気 ⇒ 1着
            # ありがとう!Trif&Trio

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  なし  “勝手にお手馬”は2頭が出走


  今週の出資馬の出走はありません。



ドリームシャドウは追い出され・・・いや、帰ってきました。
早速時計を出していますが、馬なりでなかなかの動き。これならば走れる状態にあるでしょう。しかし、得意とする中山開催はほど遠く。。。(新潟では強気になれず)


クラサヴィカは、ゲートで進歩が見られず足踏み状態。

サマーヘレネは、そろそろお声が。。。と思うのですが。

ピースエンブレムリーガルスキームドリームリフレクトら3頭は同じ時期に帰厩するのでは?と思っています。





“勝手にお手馬”は、ベルシャルルチュニジアンブルー
の2頭が出走します。2頭とも馬の適性に合った条件ですが、前走で裏切られただけに強気にはなれません。今一度信じて馬券を買います。





<“勝手にお手馬”の出走>

 ベルシャルル(土曜 札幌7R・3歳上500万円下)
          ⇒再び信じてTrio


 チュニジアンブルー(土曜 札幌9R・オーロラ特別)
          ⇒逆転まで!Trif&Trio

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

スーニはまた負けました

昨日大井競馬場で行われました、第11回ジャパンダートダービー~3歳ダート王決定戦~(JpnI・2000m・稍重)は、4人気のテスタマッタが2分04秒5のタイムで勝ち、3歳ダート王の座につきました。なお、1人気のスーニは3角で手応えが怪しくなり、直線失速で6着と敗れました。



以前、スーニについて、こちらのブログでこう書きました。―

  スーニは負けました。

  「園田の小回りで、しかも湿って前が止まらない」
  「ユタカ、さすが!」
  が一番の敗因で、むしろ“負けて強し”の印象。

  それでも、ダート無敗馬が負けると言うことは、
  他に理由を考えるべきで。

   ・1870mという距離
   ・完成度が高すぎる、いわゆる血の限界

  もし、上記の敗因を挙げるとしたら、
  父の遺伝子が大きく関わっていそうで。

  (2009.05.07の記事、一部抜粋)





そして今回もまたスーニが敗れましたが、
その際の内田JKのコメントを拝見してみると。。。

6着 スーニ (内田博幸騎手)
「イレ込んだり、少し行きたがったりするのはいつもの事。
今日は3コーナーで手応えがありませんでした。
この馬には距離が長いようですし、他の馬も成長していますからね」


やはり、“血”の限界なのか。

距離としての“血”の限界なのか、
成長力としての“血”の限界なのか、
次の1戦が試金石となります。


父Sotoとこれまで似た経緯を辿ってきましたが(6戦目で連勝が途絶える)、負けはしたものの、父が為し得なかった「7戦目の舞台」を踏んだことに関しては、ある意味父を超えたといえましょうが。。。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

タックスヘイブンの08の「キイ」 (リクエスト)

タックスヘイブンの08を語る前に、まず偉大な母タックスヘイブンを。


タックスヘイブン(Alydar)
『何故この母は、交配相手を選ばず“走る馬”を出すのだろう』

それは、祖母の父、Lt.Stevensが「キイ」となっている。(と思う)



Lt.Stevensは、偉大な牝馬Rough Shodの仔で、Thong、Moccasinら、これまた偉大な母らの100%同血の兄、すなわち全兄にあたります。

上記のLt.Stevensら兄妹は、4代母Goody Two-Shoesを戻す配合となっています。それは、Nasrullahの母父Blenheim内にあるGoody Two-Shoesとの「戻し」により形作られるのですが、同時に、Lt.StevensとNasrullahの和合性を良くするものと思われます。

 #ジェイドロバリーはモロ、
   Sadler's WellsはBlenheimを使って多少なりとも。

 #Thong、Moccasinの成功をMumtaz Mahalからのアプローチで
   見る手もありますが、それでもやはりNasrullahがキイであり。


したがって、ここでは「Lt.StevensとNasrullahのニック」すなわち「Goody Two-Shoesの継続的戻しクロス」をタックスヘイブンの「キイ」と考えるパターンを紹介したいのです。



タックスヘイブンに話を戻すと。。。

タックスヘイブンの母タックスペイヤーズフォリーは、Nasrullah 3 x 4のインブリードにより、上記の「Lt.StevensとNasrullahのニック」すなわち「Goody Two-Shoesの継続的戻しクロス」を主張していました。

こうなると、後はこの形を薄くとも繰り返していけば、「牝系の良さ」は継続され、タックスヘイブンも例外なくこの形 ―Nasrullahを継続的にクロスしていく形― を所持しています。


再び。。。

タックスヘイブン(Alydar)
『何故この母は、交配相手を選ばず“走る馬”を出すのだろう』


中でも一番出世したヒシアトラスは、
Nasrullahを 6 . 6 x 5 . 5 . 6 という形で継続致しました。


ルミナスハーバーはアグネスタキオンの牝馬で、
Nasrullah 6 . 7 x 5 . 5 . 6

アクロスザヘイブンはフジキセキの牝馬で、
Nasrullah 7 x 5 . 5 . 6

キャピタルフライトはNasrullahを継続していないですが、
サンデーサイレンスなので例外扱い(笑)

本馬もNasrullahを継続していないですが、
「ディープインパクトなので」と例外扱い(笑)

いや、冗談抜きで、5代アウトクロスにまとめる事でこの母の良さが出ると信じたい。そういう意味では、「変に小細工しないで、実績ある母の良さをストレートに出した配合」と考えたい。


以上のように、「Lt.Stevensを活かす方法」として、Nasrullahを使う方法とその成功例を書きましたが、もう一つ、この「Lt.Stevensを活かす方法」があります。それは、Lt.StevensがThongと全兄姉という関係から、ジェイドロバリーやSadler's Wells、Nureyevらと配合して、「全兄姉クロス」を作る方法です。この例として本馬の叔父に当たるアグネスキングオー(ジェイドロバリー)がおります。(余談)



なんだか、タックスヘイブンの08の血統分析が、違う方向へと行きましたが、要は「実績ある母に講釈は無用」であり、その配合相手がおそらく成功するであろうディープインパクトならばなおさら。

そういうことで、母タックスヘイブンの成功の秘訣を探ることがタックスヘイブンの08の「キイ」を見いだせると思い、母タックスヘイブンを中心にご紹介致しました。


ご意見、ご感想をお待ちしております。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

馬券結果報告 4人気のお手馬が勝ったので!


“勝手にお手馬”ショウサンウルルが、4人気でハナ差優勝!
単勝 ⑭ 910円
3連単は、 14 → 15 → 13 で、53,930円

勿論、馬券は。。。

(このパターンは。。。わかりますよね?)

    ハ ズ レ 


まぁ、こういうこともありますわな。

いつか、ドカーンと当てますよってに。
今日はこのへんで。

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果   出資馬の出走はございませんでした。


  先週、出資馬の出走はありませんでした。




ラジオNIKKEI賞

ストロング - ストロング 馬券を買えても、2着馬サニーサンデーはなかなか買えないでしょうねぇ。

個人的には、「荒れた馬場」「コーナー4つの小回りコース」で、有馬をイメージした血統=ロベルト系を連想。。。ということで、3頭のシンボリクリスエスに注目して馬券を買いました。結果、3・5・13着。同じロベルト系グラスワンダーの仔ドリームハッチは14着だったので、結果、有馬イメージは失敗だったか。

しかし、1着馬から順に、ダンスインザダーク、マーベラスサンデー、シンボリクリスエス、マンハッタンカフェ、シンボリクリスエス、ならば、スピードよりスタミナを要求されるコース形態であることがわかる。

それと、2着馬以外の4頭(1,3,4,5着馬)全て「母父ミスプロ系」というのも興味深い。スタミナの父にパワー&スピードの母父。先行できる脚質を持ち、さらに持続できるという、かなりタフな競馬を要求されるのだろう。そういう意味では、「有馬をイメージ」も間違っていなかったか。





“勝手にお手馬”memo

ブライティアカフェは、この斤量で内田JKというので過剰な人気、いや危険な人気となってしまい、レース前は嫌な予感がした。

その予感も的中し、始終追い通しで、馬の状態にも問題があったのか?、1人気で7着惨敗という結果。


一方の、ショウサンウルル。

こちらは、これまで再三と失礼承知で、「矢作センセー、この馬はダート馬ですよ」と、芝で敗戦する度に言い続けてきて、今回は「まさに適鞍!」との自信で望んだ馬券でした。

結果は、4番人気で優勝。

この時期、降級馬が幅を利かせ、かつ、古馬相手において、3歳馬が1000万クラスで勝つのは容易ではない。しかし、この馬は勝ちました。これで、ダートに関しては3戦3勝。かなり能力は高いと思います。





<“勝手にお手馬”の出走結果>

 ブライティアカフェ(日曜 福島8R・3歳上500万円下)
         1人気 ⇒ 7着
            # 追い通しTrif&Trio


 ショウサンウルル(日曜 阪神9R・皆生特別)
         4人気 ⇒ 1着
            # ダ3戦3勝!Trif&Trio

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  なし  “勝手にお手馬”は有力2頭が出走


  今週の出資馬の出走はありません。



クラサヴィカは、これまで抜群の評価で、大久保龍調教師も「期待している」という楽しみな馬なのですが、ゲート難という、思わぬ壁に当たっています。しかし、キャロット歴代の名馬で、デビュー前にゲートで難儀した馬に、フィフティーワナー、ブルーメンブラットという名馬がおりますので、これも縁起が良い?と解釈。


サマーヘレネは、「7月~8月あたりの入厩も視野に入れています。」との事で、夏競馬での新馬デビューが叶いそうですが、「ゴタゴタセゾン」なので、コメントを鵜呑みにする事は出来ません。


ドリームシャドウは福島開催を目指し、1~2週間のリフレッシュ放牧のつもりが、1ヶ月。これも「ゴタゴタセゾンなので」で返す言葉もなく。実際はトモの送りが気になったとの事で長引いいたようなのですが、近日中にビッグレッドファーム鉾田より美浦トレセンへ入厩のようです。(まさか追い出された?)


サマーアドバンスは奥山育成センターで療養中です。彼女は休みを満喫しているのか?彼女にとって良い環境なら、例えコンサイナーをメインとしている牧場でもかまいません。
ところで、同、奥山育成センターで入厩しており、HBAサマーセール2009で上場予定?のバイオレットクイルの2008の配合に萌え~。これをセゾンが買ってくれたら残ろうかな?


ピースエンブレムリーガルスキームともに、早めの夏休みを満喫中です。





“勝手にお手馬”は、ブライティアカフェショウサンウルル
の2頭が出走します。2頭とも馬の適性に合った理想の条件での出走で、期待しています。





<“勝手にお手馬”の出走>

 ブライティアカフェ(日曜 福島8R・3歳上500万円下)
          ⇒勝ち負け!Trif&Trio


 ショウサンウルル(日曜 阪神9R・皆生特別)
          ⇒適距離!Trif&Trio

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

やっぱり!セゾン、岡田さん、さようなら。

“某匿名掲示板”の情報によると、

『セゾンサイドが、セレクトセールにおいて有名産駒を集めたい意向に対し、その事が総帥との意見と合わなかった事で、セゾンを全面的にバックアップしてきたCVF(コスモヴューファーム)とセゾンとが数年後を目処に決別する事が決定的に。』

という生々しい情報。
ツアー参加での情報のようですので確実みたいですね。


ここで新たな情報!
ラフィアン会員さまへの会報に、ハッキリと掲載されているそうです。
『今年のセゾン1歳馬募集からはCVFは関わらない』と。

ラフィアン会員さまにも「入会金無料だよ~」と煽って、セゾン入会を進めていましたからね。迷惑をかけたこの方達に真っ先に今後の方針を発表しないと、資金の割り振りもありますから。(けど、肝心のセゾンからは何の公表もなく



企業レベルの深い事情が絡んでいるのは承知していますが、ちょっと大人げないというか、セゾンサイドは勿論の事、総帥にも少しがっかりしています。カーッとなりやすい気性は存じていましたが、岡田さんを信じて付いてきた人をも裏切るこの行為。そう、一番の被害者は会員なのですから。

「2歳馬までは責任を取る」らしいですが、こういう経緯ならば、なるほどスタッフの意気も消沈し、それが現在のセゾンの成績に表れていると思えば合点致します。



岡田さんが撤退するのならセゾンに居る意味はありません。

しかし、
今回の件で、岡田さんに対しちょっとガッカリしたのも事実。

何やら、息子の為に別の新たなクラブを立ち上げ、
社台の兄弟のような形を取りたいとか。

『あーあ、結局は「社台を意識して」の追走なのね』



キャロット撤退に加え、セゾンまで撤退しないといけないとは。。。

 想 定 外 !




岡田さんへの想いも冷めたので、ラフィアンへの道も閉ざされ、
ならば、岡田さんが「モデル」としている社台へ行くのが定石。

けど、社台は。。。
ポンセは天の邪鬼なので。。。。



ダーレーのクラブができれば入りたい。。。



さらに!(追記)
お仲間さんによる直接の取材によると!!

『今後はセール中心で(クラブが)購入し、募集する』
『育成は今までのように決まった場所だけではない』

これって、そこらへんにあるバイヤー系クラブと同じやん。
そのクラブの現状をわかってるのか!?
セゾンの馬稼業の存続も危ういな、こりゃ。


現2歳馬2頭が、どれだけ頑張ってくれるか。
もし底が割れた段階でこのクラブともさようなら。
早くその日が来て欲しいとさえ思えてきました。
(ごめんね、2歳馬たち。。。)

あーあ、詐欺だぞ、これは。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ピサノサンデーの08とオールフォーゲランの08


ピサノサンデーの08(牡)

Secretariat ≒ Sir Gaylord 4 x 4 での結合で、ピサノサンデーとアゲネスデジタルの和合性は強調できますが、母に強調できる「配合のキイ」は見あたりません。おそらく、「血統の良さ>>配合」で走った牝馬なのでしょう。

こういう場合、遺伝的な話で言うと「確率」が若干落ちるものと(勝手に)思っています。ややこしい話になりますが、「血統の良い母」も、形となる遺伝は解析不可能、しかし「配合のキイ」があれば、ホモ化でもって優性となる「確率」がUPするのでは?と考えているからです。「血統の良さ」の場合、うまく父から、母から、ストレートに伝われば良いのですが、その場合「実績」が必要でしょうね。

そういう考え方に基づくと、ちょっと厳しい評価になりますが、「母ピサノサンデーは競走馬としての実績があったものの、これまでの産駒実績はもの足りず」の形そのものとなっています。ちょっとギャンブル的な投資になるかもしれません。

しかし、何か光るものを秘伝の“相馬眼”で見いだして選んだのならば、それは「優性遺伝」の形であるのかもしれませんね。もしこれがキャロットでの募集ならば、おっかなくて買いません。




オールフォーゲランの08(牝)
対照的に、(母)オールフォーゲランの方は、自身にNijinsky 3 x 3 の強烈なインブリードを所有しており、サマーエタニティほか、一応は中央で走る子を出しているのは納得できますね。ただ、この母とアドマイヤマックスを結合する「キイ」がないのは不満です。

一応、母の「配合のキイ」を継続するかのような、Northern Dancer 4 x 5 . 5の形を作り、また、「牝馬」と言うこともあり、母の良さが伝わりやすいとは思いますが。



 #適性は、前者芝マイル~中距離、後者芝マイル以下

 #確実性でいうと、後者オールフォーゲランの08(牝)のほう

そういう大胆なことまで書き記しておきます。(怖いですが;;)


※発言に責任を持つため、いや自身の勉強とさせて頂くため、こうしてブログ記事として大きく分析の結果を書かせて頂きました。あくまで、「机上の空論」であり、かつ、「自身の基準で考えた配合分析」でありますので、出資に際しては、「ほんのちょっとの参考程度」でのファクターでお願い致します。良い意味で裏切るようなご活躍を心からお祈り致しております。(そうなる事で反省→勉強させて下さい)
また、ご意見、ご感想を頂けますと励みになります。






テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント