先週の結果  シャドウ12着、ザネクスト8着


 ドリームシャドウ
     
  土曜 東京12R 3歳上1000万下(ダ1300m・丹内)

        16人気 ⇒  ― 12着


 ドリームザネクスト
     
  日曜 東京 7R  ベゴニア賞 (芝1600m・後藤)

        12人気 ⇒  ― 8着




ドリームシャドウ、ドリームザネクスト、ともに家賃が高かった・・


ドリームシャドウ

内枠からまずまずのスタートを切り、前目へ取り付く。4角内を通り、ギリギリまで追い出しを我慢、直線「おおっ!」という手応えで見せ場十分も、上がりのスピードについて行けず12着まで。

直線、置いて行かれましたが、(前半緩いペースとはいえ)テンで前に付けたスピードには評価したい。徐々にペースになれてきたらこのクラスでも。

「現状では家賃が高い」と痛感した今回の昇級初戦。年末に入れるかどうかわからないが、得意の中山でこの差は縮めたい。幸い年始も中山開催が続くので、脚に不安が出なければ楽しみ。





ドリームザネクスト

好スタートからハナに立つも、セイウンオウサムも譲らずで3角入り口まで競う。両者譲らず直線を向いたところで最後の力を振り絞るも、前半で消耗した分脚が止まってしまい、8着まで。

レコード駆けの勝ち馬から1.2差ならば及第点か?騎手のコメントを楽しみにしたいが、恐らく芝でも行けるとの感想ではないか?

距離短縮で上位との差は縮まると思う。楽しみ。





勝手にお手馬

アルティマトゥーレ
松岡!!
出遅れて、追って前に付けて、また抑えて。。。なんともはやチグハグな競馬。あれではリズムは取れないわな。。。。というか、何でこのレース使ったの!?


ラブセンス
ちょっと残念な結果。敗因は?距離?
それでもまだまだ追い続けます。


バンガロール
さすが!!
ごちそうさま~♪




<“勝手にお手馬”の出走>

 アルティマトゥーレ(土曜 京都11R 京阪杯)
         1人気 ⇒ 8着
            # 出遅れチグハグTrio&Trif

 ラブセンス(日曜 京都9R 白菊賞)
         3人気 ⇒ 12着
            # どうした?Trio&Trif

 バンガロール(日曜 京都12R 3歳上1000万下)
         2人気 ⇒ 1着
            # さすが!Trio&Trif
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  Dシャドウ&ザネクスト


 ドリームシャドウ
     
  土曜 東京12R 3歳上1000万下(ダ1300m・丹内)

 ドリームザネクスト
     
  日曜 東京 7R  ベゴニア賞 (芝1600m・後藤)




今週は、ドリームシャドウ、ドリームザネクスト、ともに昇級緒戦を迎え、さらにジャパンカップはあり~の、勝手にお手馬は多数出走し~ので、軍資金を沢山用立てしなきゃ。ラララ無人くん。。。って、古っ!



ドリームシャドウ

東京ダート1400mだと、見るまでもなく白旗を掲げますが、東京ダート1300mだと、わずか100mの違いですが、これは少し色気を持って応援したくなります。それは成績でも現れています。今回、昇級緒戦に選んだ舞台は「ダート1300m」。

決して脚が速くないシャドウがどうしたら勝てるか?それはスタミナ勝負に持ち込むしかないんです。それには、道中息が入って終いキレ味勝負になるより、速い流れで平均して同じラップを刻めるような競馬となればよい。バテないのが強みなので。それがダート1400mと1300mの違いと思う。あわよくば、人気馬が前に位置してくれるような流れになればゴール前は詰め寄れるかも?ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ期待。




ドリームザネクスト

また後藤騎手が乗ってくれるなんて、恐縮至極でございます。ハマった感で恵まれて勝った未勝利戦で今回は昇級緒戦、しかも初芝。色気などは恐れ多く、ただただ、勝ち馬から1秒以内の入線を果たせれば、「適性」という観点で大満足。

たぶん逃げると思うんですけど、後ろからでも結構イイ脚を使うと思いますよ。勝ち負けまでは厳しいと思いますけど。。。





勝手にお手馬

アルティマトゥーレ
ピークがスプリンターズSだったと思うので、ここ目標にしてきた馬に脚をすくわれるシーンも目に浮かびます。しかし、力はここでは1枚上なので期待しています。

ラブセンス
お手馬#09-6 ラヴセンスです。シックスセンスの牝馬です。母は、Belonging ≒ Premiership 「3/4同血クロス」 2 x 2という爆発力を持った配合で、この娘にもその遺伝子は伝わっていると思います。1発あると信じています。

バンガロール
6ヶ月半ぶりの出走で、何で休養していたかは不明ですけど、走れる状態ならここでは力は上位と思います。



<“勝手にお手馬”の出走>

 アルティマトゥーレ(土曜 京都11R 京阪杯)
          ⇒力が違う(ハズ)Trio&Trif

 ラブセンス(日曜 京都9R 白菊賞)
          ⇒期待!Trio&Trif

 バンガロール(日曜 京都12R 3歳上1000万下)
          ⇒久々も力は上Trio&Trif

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ついに我が家にも

小学校3年生の娘が、ついに新型インフルエンザに罹ってしまいました。参考の為に経過を書きますと。。。


22日午前中    元気に遊んでいました。
 〃 午後3時  「寒い」「しんどい」で検温すると38.4℃
 #ホント、急に!でした。

まぁ間違いなく“新型”と思いましたが、24時間経たないと「陽性」反応は出ないと思ったので、救急へは連れて行かず、家にあるツムラ27麻黄湯を2/3包飲ませました。

23日朝、熱は37.8℃、機嫌も良く、何より食欲もあったのですが、念のため休日診療へ連れて行き、「陽性」を確認。一応タミフル等を頂戴して帰りました。

24日、39.1~39.4℃に再び上がり、様子を見ました(見てもらいました)。機嫌も良く、肺炎の症状もないので安心はしているのですが、やはり「急変」が怖いので、タミフル有効期限ギリギリの48時間以内なので、頼る事にしました。

24日夜、今度は4歳の息子が38.1℃に!

姉と同じく、麻黄湯を1/5包ほど飲ませました。しかし、理想である、お湯に戻して飲ましますと、今後『嫌だ!』と拒否されても困るので、イチゴジャムに絡めて飲ませました。これは大成功!



小3の姉の方はひとまず安心ですけど、園児の息子の方はまだまだ予断は許しません。

息子は私立の幼稚園に行っており、「インフルエンザ対策」を徹底していますので、『親、兄弟でインフルエンザ感染者がいれば園児は1週間休ませてください』というルールがあります。

結果、その期間中に感染しましたので、本人の為にも、不謹慎ながら『良かったのかなぁ』と。

しかし、怖いですよ。
いつ急変するかわからないんですから。


そんなんで、実は、「ドリームリフレクト」や「マイルCS」どころではなかったのでした。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

鶏口牛後

セゾン馬

とにかく使ってくれます。ここ1ヶ月は毎週のようにMyセゾン馬が出走してくれました。たった5頭しか所有していないのに。

預託馬が人気厩舎と違って少ないから、長~く在厩させてくれます。

一方、キャロットではどうしても人気厩舎であることが多いために、エース格で無い限り、結果を出さないと他馬との兼ね合いで短期放牧へ出されてしまいます。全く対照的ですが、良いように言えば「大事に」ですが、悪く言えば「イライラ」しますね。

ところが、人気厩舎と言う事はそれなりの結果も伴っているわけで、スタッフが優秀とか、強い馬が調教のパートナーとなって競馬を教えてくれるとか、リーディング上位の騎手の手配とか・・・当然良い面も沢山あるわけです。しかし、能力がなければその扱いは悲惨ですね。

人気のない厩舎では、『おいおい、そんな調教で大丈夫?』『またこの騎手使うの?』『ナンデここ使うの?馬の適性把握しているのかなぁ?』とか・・・ツッコミたくなることも多いですが、けど、上で書いたように、とにかく使ってくれます。


この前勝ったものの、Gチャンネルではタイム&メンバーともにEランクの酷評を頂いたドリームザネクスト。勝利後、一息入れるどころか、「今後の選択肢を広げるため」で芝を使ってくれることに。今週、ベゴニア賞(2歳500万、芝1600m)に登録しています。昇級、しかも初芝で即通用するなど思ってもいませんが、嬉しいですね。なんか、「手作り~」的な温もりを感じます。そう!この「温もり」が感じないんですよね、人気厩舎では。エース格でないと。



『鶏口となるも牛後となるなかれ』

という故事成語がありますが、まさに、『人気厩舎で事務的に使われるよりも、3流厩舎でエースを目指した方が良い』みたいな感じ?

「一生懸命さ」とか「温もり」が欲しいんですわ。

それらの喜びをセゾンで体感しました。

そりゃ~1流厩舎でエースとなる馬を引きたいですけどね





追伸、

ドリームシャドウも昇級戦を迎え、そのまま在厩で得意の中山迎えてくれそうです。除外となって使えなくなるのは怖いですけど。まぁそれは結果ということで、そのプロセスが嬉しい。

「潜在能力は高いけど体質弱い」サマーアドバンスも半年ぶりに復帰。この子の素質を天間先生は本当に買ってらっしゃるのが手に取るように解ります。これぞ鶏口牛後!の模範となる馬です。


そんなんで、毎週楽しませていただいています。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

なんで今年だけ!?

福島記念って、

「前年度の覇者」
とか、
「去年3着で今年も大穴!」
とか、

いわゆる、
「福島(記念)巧者」
が来る傾向のレースだったんですよ。

たとえば。。。

2001福島記念 バンブーマリアッチ(14人気3着)
  
2002福島記念 バンブーマリアッチ(12人気3着)


2002福島記念 ウインブレイズ(2人気1着)
  
2003福島記念 ウインブレイズ(4人気2着)


2005福島記念 グラスボンバー(3人気1着)
  
2007福島記念 グラスボンバー(12人気4着)
  
2008福島記念 グラスボンバー(14人気3着)


2005福島記念 ワンモアチャッター(1人気3着)
  
2006福島記念 ワンモアチャッター(1人気3着)





。。。で、

今年の福島記念では、過去に馬券に絡んだ馬が2頭出走していて、「チャンス」ということで、自信もって買ったわけですよ。マンハッタンスカイとアルコセニョーラの2頭軸で。

福島記念




結果は、

マンハッタンスカイ 4人気13着

アルコセニョーラ 6人気9着


。。。って、あかんやん

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果  ドリームリフレクト 6着


  ドリームリフレクト
     
     日曜 福島12R 霊山特別(芝2600m・中舘)

        3人気 ⇒  ― 6着





ドリームリフレクト

前走に続いて大外枠からのスタートはまずまずの出で、内の馬の出方を見ながら押して押してハナに立つ。前半やや掛かるそぶりを見せるも次第に折り合い、理想のペースに持ち込む。4角ギリギリまで追い出しを我慢させ、馬群一塊となって直線最後の力を振り絞るも脚が止まって6着惨敗。

タイム2:42.5(0.4差) 上がり36.0

ハロンタイム:
13.0 - 12.1 - 12.4 (前半3F)
12.2 - 12.7 - 12.7 - 13.0 - 13.2 - 13.0 - 12.2
12.1 - 11.3 - 12.2 (後半3F)

うまいこと逃げて頂きましたが、やはり「ヨーイドン」はこの血統にとって不利ですね。キレ味勝負では敵いませんから。しかし、この距離で逃げるとああいう形になるのは必然的なので、やはり「ある程度速い流れでの粘り混み」的な競馬、即ち2000m前後を得意とする血統なのでしょう。

2戦同じ距離を使ってともに6着。適性がハッキリした意味ではよかったかなぁ、と。

次は暮れの中京に理想の番組がありますが、果たして使えるかどうか。体調もありますが、権利を取れなかったのが痛い・・・






勝手にお手馬

レッドバリオスは、直線伸びませんでした。同コースでの新馬戦で強い勝ち方をしたわけですが、メンバーも骨っぽくなり通過ラップタイムも厳しく。とはいえ、2戦目で重賞挑戦ですから何もわかりません。ですが、な~んとなく、マイルが合っているような気がして。。。朝日杯に使ってくれないかなぁ?




マイルチャンピオンS

カンパニーさん、サプレザさん、
酷評、無礼の数々、すみませんでした




<“勝手にお手馬”の出走>

 レッドバリオス(土曜 東京11R 東京スポーツ杯)
         2人気 ⇒ 10着
            # マイルで巻き返し!Trio&Trif

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  ドリームリフレクト


  ドリームリフレクト
     
     日曜 福島12R 霊山特別(芝2600m・中舘)




ドリームリフレクト

前走はよもやの惨敗で最悪権利取りも失敗し、その影響で先週は除外、今週も60頭余りの登録馬がありましたので、出走もままならない状況でしたが、何とか出走へと漕ぎ着けました。

鞍上は前走に引き続き中舘騎手。ローカルの雄としての期待に応えられず、彼にも悶々としたものがあったでしょう。きっと今回は意地を見せてくれると信じています。

前走は訳のわからぬ馬にケンカを売られ、それに巻き込まれてのハッキリした敗因。今回のメンバーを見渡すとそのような狼藉者は見当たら。。。1頭出方によってはハナを主張しそうな馬、黛騎手のウインクですかね?まぁ、中舘騎手も同じ轍は踏まないでしょうから、臨機応変にお願いしたいところ。

ただただ、結果が欲しい。






勝手にお手馬


レッドバリオス

お手馬#09-3のレッドバリオスです。会員の方々、文字通り、“勝手にお手馬”にしてスミマセン

累代配合されたReviewerとSeeking the Goldの近交によりBroadwayの牝馬クロスを、さらにそれにより、Reviewerの特徴であるDiscoveryを継続させた技法は感服の一言。こういう母の子はきっと大仕事をやってのけると信じています。がんばれ~。




<“勝手にお手馬”の出走>

 レッドバリオス(土曜 東京11R 東京スポーツ杯)
          ⇒期待!Trio&Trif

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

第26回 マイルチャンピオンS 予想 memo②

今年の天皇賞(秋)は、9~10ハロン適性のカンパニーが勝ち、マイラーのウオッカが惨敗、同じくマイラーと信じてやまないキャプテントゥーレが惨敗しました。例年よりもスタミナを要求したレースだったことがその敗因です。

なので、
「マイルCSではカンパニーを疑ってかかる必要があるのでは?」
と思うのです。


中でも、「キャプテントゥーレの巻き返し」と、こちらのブログで何度も書いてきた「リーチザクラウンのマイル適性」で予想を組み立てたい、と思っています。



淀で行われるマイルCSでは、SS系のマイラーか7ハロン寄りに適性がある馬を狙いたい。




。。。リーチはどうもJCの方へ行くみたいですね。

JCよりもマイルCSの方が良かったと思うけどなぁ。。。

※リーチザクラウンとディープスカイの“ニアリー”な関係

リーチザクラウン
  → 5代母Miss Carmie
  → 祖母がチーフズクラウンの妹 
  → SS直仔スペシャルウィーク

ディープスカイ
  → 4代母Miss Carmie
  → 母父チーフズクラウン
  → SS直仔アグネスタキオン

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

第26回 マイルチャンピオンS 予想 memo①

エヴァズリクエスト

父ヌレイエフ、母父ヴェンチアで、日本適性を見込んで輸入されたソヴィエトスター。それはもう14年も前の事。ヨーロッパを代表する名マイラーとしての実力も兼ね備え、期待されたけども、わが国では結果が出せなかった。

そしていつの間にかアイルランドへ売られ、「そんな種牡馬もおったなぁ~」と、忘れられた頃にエヴァズリクエストという産駒を通じて、久々に「父ソヴィエトスター」という表記の血統表を見る事が出来ました。

母父はストップザミュージックの子トーファン。馴染みはないけど、「ストップザミュージック」というだけで、キネティクス?タフ?と、想像してしまう。

けど、失礼ながらその程度の考えで良いんだと思う。ソヴィエトスター x ストップザミュージック(系)で、わが国のGⅠを狙おうとするにはちょっと頼りない血統だから。運良く掲示板に載れれば繁殖牝馬として買われるかも?それが狙いだったりして。けど、掲示板も厳しいでしょう。(ごめん)




サプレザ

これも何てこと無い血統ですが、ラウンドテーブルのクロス、母父プレザントタップや牝系のスタミナらの特徴を活かして挑むならば、「スピードの持続」これしかない。タップダンスシチーのJCの時のように、いや、先週のクィーンスプマンテのように逃げるべきでしょうね。

ニューマーケットにおけるマイル1:34.4というタイムは確かに速いかもしれませんが、かといって、単純にそれが日本の馬場適性にはなりません。

果たして淀のマイルチャンピオンSで必要不可欠な「キレ」が、この馬に備わっているのかどうか?血統ではそのような「器用さ」は感じられません。あくまで「持続性スピード」の血統。(失礼)





。。。と、いうように、辛口な評価ですが、血統面では「爆発力ある配合のキイ」があるわけでなく、致し方ない評価となってしまいました。

では何故に来たの?

「繁殖牝馬」としてのアピールなのかなぁ?と。(独)


この記事の責任を取る意味で、この2頭絡みの馬券は一切買いません。この2騎が、もし、「フェブラリーS」に出走していたのなら、買うかも??そういう血統だと思います。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

愛馬が勝てば馬券も儲かる

『まさか“単”はないだろうなぁ』
・・・で、この馬券
ドリームザネクスト③
3連複  5-9-13  2,130円  (⑨ドリームザネクスト) 的中




『ひょっとしたら!? 一応人気どころに流そうかな?』
・・・で、少しだけ書い足し。
これが大当たり!!
200円が2万8千円に!
ドリームザネクスト①
3連単  9-5-13  28,430円  (6人気→1人気→3人気) 的中




はい。これはトリガミです。
ブルーミングアレー③
3連複  9-11-16  900円  的中

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果   ドリームザネクスト 優勝!


  ドリームザネクスト
     
     日曜 東京2R 2歳未勝利(ダ1400m・後藤)

        6人気 ⇒  ― 優勝!




ドリームザネクスト

やったー!
後藤騎手ありがとー!!

スタート良く、内の馬を見ながらハナに立つよう気合いを付ける。3角ではやや息が入り終いに備える。直線、最後の力を振り絞り、鞭が入るとさらに伸びる。1人気の馬が勢いよく捕らえに掛かるもハナ差しのぎ、見事優勝。

タイムは1:26.5、上がり3Fは38.2。

「砂を被らない、何やら得策を持って」
という青写真を見事やってくれました。>後藤JK。

テンはなかなかのダッシュ→父イーグルカフェ
終いはバテながらも粘り腰→母父ダンスインザダークのスタミナ

父と母父の血がうまくかみ合った、そんなレースでした。

感心すべきは、ハナに立つ際に脚を使われ(12.8 - 11.0 - 11.9)、府中の長い直線で脚が止まってもおかしくない流れで更に後続との差を広げた点。上記に挙げたように「母父ダンスインザダーク」の血なのでしょう。2着(1人気馬)とはハナ差でしたが、3着とは6馬身離しました。

それでも砂を被るとモロい点は今後も課題となり、昇級してもしばらくは苦難が強いられると思いますが、成長力 ― これも「母父ダンスインザダーク」が期待でき、まだまだ強くなると期待しています。

サマーアドバンスに続いて、募集価格900万円での勝利。
『安馬でも配合のキイがあればやれる!』
の実証となり、皆様に祝っていただいて嬉しかったのですが、その5時間後に840万円の馬にG1を勝たれた時には、すっかり影が薄くなってしまいました。

けど、やはりうれしい!

2歳未勝利勝利09.11.15








勝手にお手馬


ブルーミングアレー
やはり強いですね、この馬。勝ち馬が強かった。



ショウサンウルルは、やはり1ハロン強長かったような止まり方でしたね。7ハロンで巻き返したいところ。




<“勝手にお手馬”の結果>

 ブルーミングアレー(日曜 東京9R 赤松賞)
         1人気 ⇒ 2着
            # 惜しいTrio&Trif


 ショウサンウルル(日曜 福島11R 東北S)
         1人気 ⇒ 11着
            # やはり1ハロン強長かった?Trio&Trif

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  ドリームザネクスト


  ドリームザネクスト
     
     日曜 東京2R 2歳未勝利(ダ1400m・後藤)




ドリームザネクスト

直前まで「土曜 東京4R 2歳未勝利(芝1800m・後藤)」へ出馬する予定だったのですが、木曜午後の出馬表を見てビックリ!『オイ!芝使うんではなかったのかい!』と。

しかし、これはファインプレーかもしれません。この時期の未勝利戦はレベルが高い。想定していたレースも同様でした。

デビューからダート1600m戦で2戦消化しましたが、7着→6着と着順もそうですが内容もよくなってきました。パワーがあるので案外中山向き?と思い、「そのうち」という構えでしたが、「道中は砂を気にして今ひとつ集中して走れていませんでしたし、その分力も出し切れていないように見受けられ(省略)」という考えから、今回芝を試す、という経緯だったのですが、芝で試すのはまだ先でも構いません。今は着実に着順を上げているダートで今一度試すのが賢明かも。

新馬戦で騎乗してくれた後藤騎手が乗ってくれますし、「砂を被らない」ような何か得策で挑んでくれると思うと何だか期待してしまいます。

距離は1ハロン短縮しましたが、ガルチ系イーグルカフェですし問題ないでしょう。逃げるのか?捲るのか?楽しみです。








勝手にお手馬


ブルーミングアレー

この子は今期の“勝手にお手馬2009”第1号に指名した子なのです。ですので(指名後)初出走です。

本馬は種牡馬リファールと同じ牝系であり、そのリファールを内包したサイアーを配されたのが本馬の母。。。“勝手にお手馬”の配合解析の一部を紹介しますと、―

祖母はSadler's Wells x Vaguely Nobleなのでスタミナ十分だが、Lyciusのスピードと、Lyphardを介しての「ハートライン上のバッククロス」(という母の配合)、これらを考慮しても「距離が伸びてこそ」というふうには考えられない。ゆえに、府中の12ハロンより、仁川の外回り急坂の8ハロンコース、すなわち桜花賞を目指したい1頭。


―という見解を持ちました。リファールを強調していますので粘りあるスピードを披露してくれると思います。



ショウサンウルルは、正直1ハロン強長い印象なのですよね。前走は展開、斤量に恵まれた感がありました。ダート7ハロンならば自身あるのですが。。。

しかし、ダートでは底をみせていませんし、今一度信じて3連単&3連複を買いたいと思います。




<“勝手にお手馬”の出走>

 ブルーミングアレー(日曜 東京9R 赤松賞)
          ⇒期待!Trio&Trif


 ショウサンウルル(日曜 福島11R 東北S)
          ⇒1ハロン強長い?Trio&Trif

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

エリザベス女王杯memo

メイショウベルーガ
リーガルスキームの500万クラス圧勝時の2着馬。
しかしその後ベルーガは芝へと転身し、いつの間にかオープン馬。
フレンチデピュティ x サドラーズウェルズで非根幹の長いとこ向き。


ピエナビーナス
カーリアンの肌なので・・・、と思いたいけどやはりフジキセキで距離が心配。


ブロードストリート
やはりコジーンの肌にアグネスタキオンなのでマイル>10ハロンかな?と。
それに運のない馬だし。


ブエナビスタ
ここ、試金石。
というのも、歯車が狂った前走をいかに立て直せるか?で、今後を大きく左右すると思うので。それはカワカミプリンセスの3年前のエリザベス女王杯がそうだったから。。。ここで勝てばポストウオッカになるであろう!


ベッラレイア
これがしぶとい。相手なりにくらいつく。人気をすればこけるし、人気を落とせば来るし。これぞ「ハンプトン系」。この馬が台頭する流れならば、昨日挙げた“カクガイ馬”シャラナヤも連れてくるのでは?


ミクロコスモス
この母はなかなか凝った配合馬で、ノーザンテースト内包の。。。ステイゴールドとか付けても面白そうな。。。祖母ArchimillionnaireはReplyの強烈なバッククロス。爆発力あり。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

シャラナヤの取捨@エリザベス女王杯

シャラナヤの父 ロミタス Lomitas は馴染みのないサイアーですが、独血統 ズルムー Surumu の肌にニジンスキー系サイアー、という重厚な血統。

ズルムーはわがプンティラっ仔で学びました。

そのズルムーはテスコボーイの甥という血統からも日本の高速馬場に対応できると思いますが、「ハンプトン系」というのが引っ掛かるところ。日本の競馬に対応できるかはソコが一番のポイント。そんなズルムーが強く出ているとしたら、ロミタスの牝馬シャラナヤは正直買いづらい。


このロミタスは5代アウトブリード。母も5代アウトブリード。そんな父と母の配合はアウトブリード + アウトブリード で「アウトクロス」という、「雑種」な血統。

母系はナスルーラが勝った血統。
そのナスルーラが「バッククロス」的なキイといえばキイではあり、また、父のズブさを母方のスピードで補っている感も、果たしてわが国が誇るヘイルトゥリーズン系の瞬発力に対応できるか?


もし、勝ち負けするようなら、レディジョセフィン~マムタズマハルのボトムを継承、かつ、SS系種牡馬大歓迎!な血統。。。繁殖牝馬として社台が是非とも手に入れたくなるでしょう。(しかし、殿下が譲るかどうか)


我が輩は、あまり重たい印を付けないつもり。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

愛馬、馬券、ともに完敗

アルゼンチン共和国杯

ジャガーメイルから買いました。府中巧者ですし、何よりジャングルポケット(トニービン)なので直線でグイグイ伸びてくるだろうと。

2着馬は母父トニービン、3着はジャングルポケット。これらは押さえていたので予想としては間違ってなかったのですがねぇ。(ミヤビランベリは以前美味しい思いをさせてもらったのに買ってなかった(買えなかった))




ファンタジーS

ラナンキュラスがまさかあんなに負けるとはねぇ。これが競馬の難しさですよね。同じコースで速い時計で勝てても、相手が変わればペースも変わる。

本命はキタサンスズランとカレンナホホエミの両軸でした。例年の傾向を考え、スプリント適性を重視したからです。2頭は共に「母父フジキセキ」

今年はどちらかというと、マイルかそれ以上の血の適性が必要でしたね。

それにしても松田博厩舎のワン・ツーですか。




。。。そんなんで、今日ココに貼る名誉な馬券はありません。

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果 13着


  サマーヘレネ
     
    日曜 福島2R 2歳未勝利(芝1200m)

        11人気 ⇒  ― 13着






サマーヘレネ

スタートまずまずもテンで置いて行かれ、シンガリからレースを進める。4角直線では外に出し、直線にかけるも、離された後方で競馬は終わってしまった。タイムは1.10.9(1.6差)、上がり3Fは平凡の35.1。

―またもや惨敗。―
「平坦・小回り・荒れた馬場」合うと思ったのですが・・・

これであとはダートしか望みはなくなりました。いや、速い時計にも限界があるようですし、ダート短距離馬なのでしょう!きっと。何せ母が「≒トワイニング」ですし・・・(トーンダウン)

ダートを試すにしても、まずはリフレッシュ放牧が必要かと。

育成時の評価が忘れられない。(きっとダート馬なんだ!)









<“勝手にお手馬”の出走>

  なし 

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  サマーヘレネ


  サマーヘレネ
     
    日曜 福島2R 2歳未勝利(芝1200m)






サマーヘレネ

出馬投票前の想定では「土曜福島1レース」になっていたのに、「日曜福島2レース」へと変更となっていました。どういう経緯で変更になったかは存じ上げませんが、一言。。。

『おい!(変更後の)日曜の方がメンバー厳しいやん!』

土曜日の1レースの方が断然相手は楽です。
除外覚悟で思い切って投票して欲しかったなぁ。
・・・って、それは結果論ですよね。

先週のドリームシャドウは陣営の綿密な打ち合わせによるファインプレーで運良く勝てました。今回は。。。まったく裏目に出るような気がして。。。

けど、能力的には「未勝利レベル」でとやかく言わず結果をだしてもらわないといけない馬なんです。そう信じています。

米血優勢の血統。
きっと福島のコースは合うと思います。
見せ場を。。。
いや、結果が欲しい!それくらい期待している子なんです。






<“勝手にお手馬”の出走>

  なし 

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

プンティラの08の馬名応募しました

プラティア Pratia (英語)

キキョウ科の多年草で、星状の花がたくさん咲くことから別名「スターラベンダー」とも呼ばれる。
また、花言葉は「物事に動じない」。
母系の馬名頭文字「P」の継承とともに、近親馬のように星を沢山積み重ねて欲しいとの願いを込めて。




プファルツ Pfalz (独語)

ドイツの南西部に位置する州。
母より連想


 #正しくはファルツと発音するんでしょうけど(汗)





補欠1

プルメリア Plumeria (英語)

ハワイでレイ(首にかける花輪)に使われる花。
また、花言葉は「気品」。母系の馬名頭文字「P」とともに「気品」も継承して欲しいとの願いを込めて。

 #優勝時のレイ(首にかける花輪)も引っ掛けようと思ったのですが、競馬でプルメリアの花が使われているかは不明なのでカット。

 #しかも「プルメリアほにゃらら」という馬名は多いのでNG

ブロードアピールの08の馬名応募しました

ディープモーベット Deep Mauvette (英語)

やや濃い紫系の洋色名。 
「心をひきつける」「誰からも愛される」という色の特徴。
まさに、そのような活躍を願って。
父名より連想。





ディープエンジェル Deep Angel (英語)

クリスマスの時期に咲く、大輪の豪華なバラ咲きの品種。
「その花のように素質を開花して欲しい」との願いを込めて。
父名より連想。









補欠1

ディープフォレスト Deep Forest (英語)
「深い森林」と言う意味
父名より連想。

 #バンド名として有名のよう。
 #「深い森林」って、なんか縁起悪そう。
 #牡のような馬名もNGかな・・と。

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

イエローダンサーの08(セゾン)へ出資申し込みしました!

先日、

『記念日とか、愛馬が買った日とか、背中を押してくれるナニかが無いと出資できない』

と、記事にしましたが、まぁ鬱陶しいMYルールでありまして、セゾンの“ある馬”へ出資するのは間違いないのに、その「背中を押してくれるナニか」が無かったため、7%割引期間内の10月末までに申し込みができなかったです。(あーあほらしっ)

しかし、11月1日日曜日。
皮肉にも期限日翌日、こういう大義名分ができました。
そして、この馬を見る度、こう思うのでしょう。――

『この馬はシャドウが2勝目挙げた日に申し込んだんだ』と。


この馬とは、イエローダンサーの08 牡の事です。

①募集時
9月募集時


09年10月 山口ステーブル
10月 山口ステーブル


(以下、2009.09.03の当ブログ記事より)


【4代母の爆発力あるインブリード】

本馬から見て4代母モンナバンナは、爆発力あるインブリード、

Umidwar=Udaipur(全弟姉クロス) 3 x 4

を施しています。これが「自系の戻しクロス」となっており、これを基に代を経てプリモディーネやバンブーアトラスが出たことからも、牝系活性化に成功したといえましょう。





【母イエローダンサーで「ショック療法」】

本馬のボトムはやや衰退した分枝となりかけましたが、母イエローダンサーで「ショック療法」というべき配合を試みました。上記に挙げている同系のバンブーアトラスを付けてPanganiを戻したのであります。(4 x 5の「自系戻しクロス&ハートライン上クロス」)

これにより4代母モンナバンナでの、Umidwar=Udaipur(全弟姉クロス) を継続する形にもなりました!

これは功を奏す素晴らしい配合で、この母の「繁殖牝馬」としての資質は高いものだと信じています。




【Hail to Reasonとバンブーアトラスのニック】

このような母系から誕生した本馬イエローダンサーの2008 牡は、5代アウトブリードにうまくまとめ上げましたが、血統表を7代まで広げると、―

Blue Swords = Bluehaze(全兄妹クロス) 7 x 5

ムーンバラッドとバンブーアトラスの組み合わせ、その前に、Hail to Reasonとバンブーアトラスの相性の良さを書くべきで。

ムーンバラッドの父シングスピールはHail to Reasonを2本持ちます。
そして、バンブーアトラスの父母はDinner Partner。

Hail to ReasonとDinner Partnerの組み合わせ。。。
即ちダンスインザダーク同様のキイ、Blue Swords = Bluehaze(全兄妹クロス)ができるわけです。

実際、母父バンブーアトラスの活躍馬はHail to Reason系もしくは、それを内包している馬が目立ちます。

本馬はそのようなニックスで、うまく父と母が結合しました。


=============================

イエローダンサーの2008 牡
  
 父ムーンバラッド
 母イエローダンサー
  母父バンブーアトラス

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

まさかシャドウが来るとは・・・

的中馬券はドリームシャドウの3連複のみ。

ドリームシャドウ③
3連複  1-2-5  4,760円  


6人気→2人気→3人気
の組み合わせで、3連単ならば40,790円。

なんでこんな美味しい馬券を買えなかったのか?
それは、シャドウを信じていなかったからです。(ごめん)

まぁ、いつかこういう美味しい馬券にも有り付けるでしょう。



天皇賞はウオッカ本命で買いました。
「史上初」(牝馬による天皇賞連覇)
という語句に滅法強いウオッカですから。

「ウオッカはマイラー」とデビュー時の血統分析から言い続けてきた者としても、「例年の天皇賞ならば・・・」と、ダイワメジャーやアグネスデジタルをイメージし、自信を持って買いました。しかし今年のバイアスはマイラーでは厳しかったのですね。


そんな先週の勝負馬券は、天皇賞でもなく、シャドウでもなく、ドリームザネクストと“勝手にお手馬”のアートオブウォーのレースでした。

ですので、シャドウの3連複のみの的中では、トータルで赤字なわけです。あーあ。

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果 ザネクスト6着、シャドウ優勝!


  ドリームザネクスト
     
     土曜 東京1R 2歳未勝利(ダ8F・三浦)

        8人気 ⇒  ― 6着


  ドリームシャドウ
     
     日曜 福島6R 3歳上500万下(ダ1150m・丹内)

        6人気 ⇒  ― 優勝




ドリームザネクスト

スタートは前走と違ってポンと飛び出し(皇成さすが!)、やや気合いを付けて先行集団8番手に取り付ける。そのまま良い感じで追走し、勝ち馬をマークするように仕掛け所に備える。4角から直線に入るポイントで手綱を扱き追い出すも、一瞬置いて行かれる格好となる。直線では鞭に反応し、内に入って前を捕らえるかの勢いで伸びるも、最後は脚色が同じとなり6着まで。

タイム1.43.0(1.7)、3F38.8


道中掛かりっぱなし、それでいて直線内外に挟まれる不利がありながらも4馬身圧勝した勝ち馬リアルアヴェニューがとにかく強かった。そんな勝ち馬を例外として考えれば、3着馬とは0.8差、評価して良いのではないでしょうか。

次あたり掲示板は勿論、馬券圏内に入ってくるのでは?と淡い期待も。

初戦7着で今回6着。内容も良くなってきているので、根本先生仰るように「使いつつ力を付けて」のとおりの結果です。すぐに結果が出るのも嬉しいですが、こういう成長過程を見ていくのも、また違う楽しみ方ですね。



ドリームシャドウ

まずまずのスタートから出脚がつかず後方からの競馬となるも、徐々にスピードに乗り7番手まで押し上げる。4角直線もジリジリ脚を伸ばし、前に行く馬の脚色が鈍るやいなや1完歩ずつ歩み寄り、ゴール前寸前で捕らえて見事優勝!勝ちタイムは1.09.8(-0.1)、上がり3F37.4(最速)

『まさか勝つとは!』

が素直な感想です。スタート後置いて行かれたときは、『はい、お終い』と思ったほど。それがどうですか!始終丹内JKの手は動いたままの追い通し、息も入れないのにバテずにジリジリと。それで最後まで持続してついには前を捕らえてしまうのですから!何というスタミナか!!

(2勝目)ありがとう、シャドウ。
(信じられなくて)ごめんなさい、シャドウ。





勝手にお手馬

アートオブウォーは、距離短縮で位置取りを案じていましたが、フライング気味に好スタート。その思わぬ勢いにJKが落馬しそうになり、立て直す間に置いて行かれました。あのまま先手を取れていたら・・・という後悔は、勝ち馬から0.5差の5着だったからです。





<“勝手にお手馬”の出走>

 アートオブウォー(日曜 京都10R 西陣S)
         8人気 ⇒ 5着
            # 次こそ!Trio&Trif

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント