“出資馬” “勝手にお手馬” ともに出走なし


  出資馬の出走はありません





“出資馬”“勝手にお手馬” ともに出走ありません。
1月はダメダメなんで、ちょうど良かった!?

重賞レースは3レース組まれていますから、それを週末の楽しみとしましょうか。


まだ今日の段階では「狙い馬」はありませんが、じっくり新聞、JRAレーシングビュアーで検討しようと思います。



ドリームリフレクトの休養は納得ですが、サマーヘレネが「間隔を開けないと出走が叶わない」という理由で出されてしまいました。まぁこれも馬に力がないので仕方ないとはいえば仕方ないのですが、これからこの繰り返しで、未勝利の限られた番組を生き残りをかけていかなくてはなりません。正直厳しいものとなってきました。

良いように考えれば、使い詰めより間隔を開けた方が良いタイプなので。。。と考えるようにしていますが、この時期ですし、ダートも視野に入れて欲しかったですね。「非力なタイプ」と決めつけずに。





<“勝手にお手馬”の出走>

 出走馬 なし
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

馬も癒されたい

JRA競走馬総合研究所が96年に行った調査では、日本の競走馬の85・4%が胃潰瘍という数字が出ている。欧米でもほぼ同じ。



まぁこれは有名な話で、皆様よく存じ上げていた事とは思いますが、改めて思うのは――

『馬って本当は走りたくないんだなぁ』

って。


『馬は走る為に生まれてきた』

なんてのは、ちょっと人間の勘違いも入っているし、放牧地で走るのと競馬場で走るのとはちょっとワケが違うんですからねぇ~。


とはいえ、「競馬場で走る」ことを望んでいる自分はとても矛盾していることを書いてますが(汗)


もしドバイの王子様が友人なら(ありえねぇ~)、トレセン近郊にリラックスだけを目的とした牧場を作ることをおねだりしたいなぁ。とにかく「癒しの空間」オンリーにして。そこに2~3日滞在して外厩へ移動。。。みたいな。そんな牧場があっても良いと思うけどなぁ。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

馬券哲学

      競走馬の好調期間は短い



馬券の好調期間も短いですよねぇ~。

この好調期間でいかに貯金できるかで年間収支が大きく左右されますね。

けど、「これから好調期間」と「ここまでが好調期間」というのは解りませんよねぇ。これが解れば無駄な投資も減りますし、“勝ち組”にぐんと近づけるのですけどね。


『麻雀と人生のバイオリズムはよく似ている』

と以前書きましたが、人生も博打も良い事ばかりではありませんからね。



しかし、大事な事、それは――
「継続すること」と「波を見極める事」

たまに馬券を買っていても(参加しないと)バイオリズムは見えませんし、けど大きく突っ込むと負けますし。そういう意味で「継続」と「見極め」は特に大事なんだと日々思っています。


1月は本当にダメでした。

けど、きっとビッグウェーブはやってくると信じています。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

もう少し、ほんとあともう少し

アメリカジョッキーC-GⅡ
AJC.jpg
 3連複  2-9-13  14,110円 (ハズレ)
1着 ⑨ ネヴァブション 5人気
2着 ⑬ シャドウゲイト 9人気
3着 ② トウショウシロッコ 3人気




平安ステークス-GⅢ
平安S
 3連複  4-5-7  3,590円 (ハズレ)

1着 ④ ロールオブザダイス 4人気
2着 ⑤ ダイシンオレンジ 1人気
3着 ⑦ ネイキッド 7人気




ここには貼っていませんが、“勝手にお手馬”の殆どが馬券に絡みました。それなのに貼っていないということは。。。

しかし軸馬はあっている。
もう少しだ。
がんばれ~

(やっぱり1月はアカンなぁ...orz)

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果  Dリフレクト4着、Sヘレネ8着


  ドリームリフレクト
     
     土曜 京都7R 4歳上500万下

        4人気 ⇒  4着

  サマーヘレネ
     
     日曜 中京5R 3歳未勝利

        14人気 ⇒  8着




ドリームリフレクト

好スタートも無理に出さず5番手を追走。折り合いはついている。勝負所で反応良く前に取りつくが「4角先頭」という脚はない。直線やや内目の窮屈な所から外に出してからはこの馬なりに伸びたが、瞬発力はないので前を捕らえるまでには至らず4着まで。(2着馬とは0.1差)

良い感じで追走したものの、直線で瞬発力勝負となる流れと察するや、『ダメだ~』と一瞬諦めたが、さすがはルメール!あと少し!という所までこのズブい馬を動かした。おかげで権利が取れました。

近走凡走していた時とは打って変わって“水を得た魚のように”気持ちよく走っていた。やはりこの距離がベスト。次は勝ち負けだろう!いや、コマンダーインチーフが強い本馬だけに取りこぼしも。。。

なお、この1戦で募集価格(1700万円)を全回収しました。




サマーヘレネ

1枠1番から出遅れ!ここで1馬身ほど不利となりました。後方からじりじり動いて中京の勝負どころ3角では経済コースを通って中団まで押し上げる。そこからなかなかの末脚で伸びるも勝ち馬から1.2差の8着まで。上がり3Fは35.0でメンバー中3番目の上がりを計時。

着順、タイムは褒められたものではありませんが、新馬戦以来の末脚を見せてくれて安心しました。リフレッシュ効果がてきめんでしたね。

使い詰めよりも間を開けた方がよいタイプというのがハッキリしましたね。いっその事栗東へ転厩してくれないかなぁ。この子には美浦の森林馬道では物足りません。逍遙馬道でなくては!





勝手にお手馬

皆よくがんばってくれました。
しかし、馬券は1枚も当たりませんでした。

アートオブウォーくんは最近不調のようなので、
少し応援を自粛したいと思います。








<“勝手にお手馬”の出走>

 グロッキーバルボア(土曜 京都8R 4歳上500万)
         1人気 ⇒ 1着
            # 強い!Trio

 ブルーミングアレー(土曜 中山9R 菜の花賞)
         1人気 ⇒ 2着
            # あららTrio

 オオトリオウジャ(土曜 京都9R 花見小路特別)
         1人気 ⇒ 2着
            # 復調!Trio

 アートオブウォー(土曜 京都11R 羅生門S)
         7人気 ⇒ 8着
            # 見限るTrio

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  Dリフレクト&Sヘレネ


  ドリームリフレクト
     
     土曜 京都7R 4歳上500万下

  サマーヘレネ
     
     日曜 中京5R 3歳未勝利




ドリームリフレクト

1月23日(土)京都競馬7R、4歳以上500万下(芝2000m・16頭立)にC.ルメール騎手騎乗で出走します。13:40の発走です。

追い切りもPコースで良時計が出ていますし、コースも勝った舞台。母父コマンダーインチーフらしくあと一押しが足りませんがルメールなら!

オース x コマンダーインチーフでスタミナ十分も、距離のスタミナではなく、中距離においてある程度速い流れで辛抱できるというスタミナと判明。

兎にも角にも、C.ルメールですよ!もうそれで満足。どんな負け方をしても文句は言いません。任せた!




サマーヘレネ

1月24日(日)中京競馬5R、3歳未勝利(芝1200m・18頭立)に黛弘人騎手騎乗で出走します。 11:50の発走です。

力はある(ハズ)!ここ2走の敗因は精神的なものとしか思えない。鞍上不安もリフレッシュ効果で「いきなり!」があっても驚けません。能力を信じています。





勝手にお手馬

どの馬にも可能性があります。

しかし、抑えめに「ALL3連復」にするのは、「魔の1月」であるため。毎年1月はダメなんです。この月の負けを低く抑えたら年間プラスも楽になります。そんな「魔の1月」なんです。








<“勝手にお手馬”の出走>

 グロッキーバルボア(土曜 京都8R 4歳上500万)
          ⇒順番Trio

 ブルーミングアレー(土曜 中山9R 菜の花賞)
          ⇒断然!Trio

 オオトリオウジャ(土曜 京都9R 花見小路特別)
          ⇒芝でも!Trio

 アートオブウォー(土曜 京都11R 羅生門S)
          ⇒再度信じて!Trio

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

ニューイングランド


ニューイングランド
祖母はプレイメイト。母プレイメイトを持つウッドマンとは叔父―甥という血縁関係。

また、プライヴェートアカウントの母ナンバードアカウントとウッドマンの母プレイメイトとは100%同血の姉妹。




レッドスパークル
父ニューイングランド、母はウッドマンの子ヘクタープロテクターの“娘”なので―
プレイメイト 3 x 4


ピースエンブレム
も同じく、母がヘクタープロテクターの“娘”で、父がプライヴェートアカウントを母父の持つアワエンブレムの“息子”ウォーエンブレムなので―
Numbered Account=プレイメイト(全姉妹クロス) 5 x 4

※“娘”とか“息子”という「クラシック馬の追求」的な表現を使うとわかりにくくなりますね(汗)血統表を見ながらだと理解しやすいかと思います。




また、ニューイングランドはアサティスやリズムも同じ牝系。


母父リズムでチーフズクラウンと同牝系のメイクデュースという牝馬がおります。これをニューイングランドに付けるとなかなか味な配合ができます。

ニューイングランド × メイクデュース
 プレイメイト = Numbered Account 3 x 5
 Northern Dancer 5 x 5 . 5
 Chris Evert 5 x 5

メイクデュースがチーフズクラウンと同牝系なので、<母父チーフズクラウンで祖母がプレイメイト>というニューイングランドとは、クラウンフォレスト ≒ セカンドサービスと表記しても良いと思います。



最近、「父ニューイングランド」をちょくちょく見かけますが、配合によっては大物も期待できそうですし、もっと日の目を見ても良さそうな種牡馬なのですが、惜しいですね。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マンハッタンカフェ

マンハッタンカフェにカーリアン(ニジンスキー)、マンハッタンカフェにミスプロ。。。

なんとなく、マンハッタンカフェのニックとなるパターンが形となってきましたが、ニックになるには何かしらの「キイ」があるハズと、血統表を凝視しましたが、小生の知識では結局は「これ」という結論には至りませんでした。


近親のブエナビスタが同じようにニジンスキー内包種牡馬との配合でクロスを作りうまくいったので、おそらくは内包するドイツ血統の部分に何かしらの和合性を示すものだと思うのですが、定かではありません。

ドイツ血統部分が例外なく異系であり、マンハッタンカフェの祖母の父LucianoのキイがFairway = Pharos を強めたクロスということからも、『主流の血量の割合が多い血統馬との配合に和合するのでは?』と強引に考えました。
 #さらにLaw Societyも異系に輪をかけてますし~
 #この辺が同じ独牝系でもAジャパンと違う点でしょうか

ですので、今現在、「カーリアン、ミスプロ」というニックスが目立っていますが、もっと奥を感じますし、本邦には「主流で固められた繁殖牝馬」が沢山いるのも幸いし、かつその繁殖牝馬も異系の血に飢えていた?のにまさにマッチしたのではないのかなぁ~と。そして、しばらくはマンハッタンカフェのリーディング上位の地位は揺るがないのかなぁ~と。

あくまで憶測の領域ですみません。m(__)m

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

初当たり

よっしゃ!
2010年初当たりや~

。。。喜ぶには寂しすぎる配当

レッドスパーダ
   3連複  1-7-8  1,810円 的中

1着 ⑦レッドスパーダ(2人気)
2着 ①エーシンフォワード(1人気)
3着 ⑧トーセンクラウン(8人気)

まぁ、当たらなきゃ話にならないわけで。
よし!来週こそ“初万馬券”を!!




こちらはハズレ馬券。

日経新春杯
   3連複  8-9-12  23,560円 ハズレ

1着 ⑫ メイショウベルーガ(2人気)
2着 ⑧ トップカミング(1人気)
3着 ⑨ レッドアゲート(12人気)

しかし軸が合ってきている。
来週こそ!!

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

先週の結果  出資馬の出走はなし 


  出資馬の出走はありませんでした




ニューイヤーS
レッドスパーダが勝ってくれました。この馬が活躍する度にサマーアドバンスのことを思い出します。




日経新春杯
「バクシンオーの肌でもニジンスキークロスがあるから距離が持つんだ」と信じたトップカミングが人気に違わぬ力を出してくれました。(2着)
ゴールドアリュール x サクラバクシンオーですよ!血統って奥が深いですよね~。



ドリームリフレクトが土曜中京の美濃特別(芝2000m)に登録しています。しかし抽選は厳しいでしょう。



勝手にお手馬

日曜京都6Rにラヴセンスが出走。

今度こそ7ハロン、いや6ハロンでも良いから距離短縮でお願いします。さすれば馬券も買えます!お願いします。




<“勝手にお手馬”の出走>

 ラヴセンス(日曜 京都6R 3歳500万下)
         7人気 ⇒ 9着
            # 次こそ距離短縮で!

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  なし


  出資馬の出走はありません




勝手にお手馬

日曜京都6Rにラヴセンスが出走。

「ダンチヒのインブリードのせいか、前走は1ハロン延長でまさかの惨敗。今回も前走と同距離の芝8ハロンで挑みますが、陣営としても目標が「桜花賞」なので、この距離で結果を出して欲しいとの思いからの選択なのでしょう。・・・そんなんで、馬券的には慎重に行きます。」

と書いた前走。今回もやはり芝の8ハロンでの出走です。そうなると応援したい気持ちはヤマヤマなのですが、馬券となると話は別でして、泣く泣く“見”とさせていただきます。




<“勝手にお手馬”の出走>

 ラヴセンス(日曜 京都6R 3歳500万下)
          ⇒距離克服?

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

未勝利の牝馬2頭の復帰

クラサヴィカ(キャロット)とサマーヘレネ(セゾン)が放牧より帰ってきました。

この2頭は、ともに3歳牝馬であり、ともに未勝利です。

現在、弊出資馬で実質稼働している馬は、キャロット3頭、セゾン4頭、計7頭なのですが、内、未勝利が上記の2頭です。



クラサヴィカは、育成時、エリートが集う早来Fの中でもすこぶる評判がよかったほうでした。管理調教師の大久保龍先生も期待しており、デビューまでがとても楽しみでした。

しかし、メンバーにも恵まれたデビュー戦でまさかの直前取り消し。いきなりアクシデントに襲われましたが、今考えてみればそこから歯車がかみ合わなくなったのかもしれません。

立て直し、再び新馬戦を迎えましたが、気性が災いし、8着惨敗を喫してしまいました。その後、古い骨膜がはがれかかってとがっているのが見つかりました。そして再び放牧、約3ヶ月の放牧の後、今回戻ってきたという経緯です。

戻ってきていきなり大久保龍先生は、公営・笠松競馬(若菜賞・ダ1400m)に投票を行い、なんと!見事選出されました。来週の1月20日です。

初戦は「砂を被ることに抵抗」という気性難がモロ出てしまいましたが、そのへんは既に学習して問題ないと思いますし、速い追い切りも少ないですが、「能力はある」と信じる先生の意志が伝わりますし、相手関係も落ちる今回は「いきなり!」があっても驚けないと思います。

非常に楽しみですが、個人的にはワイルドラッシュ x ヘクタープロテクターの定石どおりの「ダート適性」より「芝適性」を信じている一人です。芝7ハロンこそ本馬に見合った番組と信じています。




一方のサマーヘレネ
こちらも育成時代に、特にスピードに対する評判が高く、これがラフィアン馬に混じって育成されていた時のものでしたから、クラサヴィカ同様に期待していました。

新馬戦では、その「らしさ」を発揮し、デュランダル産駒らしい見所ある末脚で4着となりました。

ところが、その後が良くなかったです。

稲葉先生は使って使って使いまくってくれました。使ってくれるというのは嬉しいハズなのですが、今回のヘレネに関しては正直「ヤメテ~」と思いましたね。馬がクサっている感じがしたんですよ。「もうヤダ!」って。

牝馬ってその時その時を一生懸命走りますが、一度へそを曲げると(気持ちが切れると)、もう走ってくれないものなのですよね~。そんな時はリフレッシュ放牧しかありませんが、ラフィアン流の稲葉先生にはそのような配慮は期待できず、案の定、ヘレネは新馬戦4着のあと、14着、13着と全然競馬をしている感がなかったです。

今回、どこまで精神的に立ち直ったかが課題ですが、そういう意味では今日の公式コメントにドキドキしています。

精神面さえリセットされていれば、持っている能力を発揮できますし、そうすれば自ずと結果は出ると思っています。

デュランダル x フォーティナイナーで、6ハロン向きであるのは間違いありませんが、ダートを試して欲しいんですよね。芝でもキレましたけど、ダートの方がより能力を発揮できるような気がして。。。そういう意味では、冬のダートの番組が多い今に復帰してくれたのも幸いしたかな~とも。まだ結果は出ていませんが。。。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

記憶に残る血統の名馬 ~ローブデコルテ~

今まで、いや今でも納得できない血統の名馬がいます。

ローブデコルテ

です。
コジーン x シーキングザゴールド
で芝の12ハロン、オークスを勝つなんて!


「DiscoveryやWar Admiralのハートライン上クロス」
「フィリーサイアーSeeking the Goldの母父としての優秀さ」
「アーリントンクラシックHのライバルBuckpasserとCreme Dela Cremeとの血統内での再会」

・・・などなど、かつて弊血統ブログにおいて、強引にこじつけましたが、それ以降は鳴かず飛ばずでしたから、単に「完成度」と「若駒同士によるペースの対応」でハマっただけなのか??

古馬になってからは未勝利だったものの、ようやく血に見合った短距離で復活の兆し、しかし勝つまでには至らず、ついにはターフを去ってしまいました。

そういう点では、同馬が新馬勝ちしたときに弊血統ブログで分析した際に、―

 『コジーンはBCマイルを勝った一流マイラーで産駒もマイルまでの馬が多い。本馬は洋芝の1800mを新馬かちした○外牝馬で、そういう点ではコジーンらしくない。3冠牝馬スティルインラブの従姉妹という牝系が強く出ているのだと思う。
 だが、行く行くはコジーンの本質が出てきてスプリント~マイルの舞台で活躍するのではなかろうか。』

―、どおりの結果となったので少し安堵しましたが、それでも自分の中では「この血統でオークスを勝つなんて!」と、とてもショッキングな出来事でした。これからもず~っと忘れられない血統の名馬として記憶の片隅に残る事でしょう。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

先週の結果  ドリームシャドウ 13着


  ドリームシャドウ
     
    月曜 中山9R 初春賞(4歳上1000万下・D1200m)

        13人気 ⇒  13着




ドリームシャドウ

得意の中山ダート1200mでしたが、良いところなしでした。現クラスでは、まだまだ茨の道は続きそうです。

出走間隔も開けないといけないですし、次も大きく前進は難しいようなので、このタイミングで思い切って芝を試して欲しいなぁ。。と。





勝手にお手馬

土曜京都11Rの新春Sでのバンガロールは堅実ですねぇ。このクラスで早くも目処が立ちました。まだまだ孝行してくれそうです。


日曜京都11Rのシンザン記念、勝った馬は朝日杯で弊が本命にしたガルボ。それにしてもマンハッタンカフェの遺伝子は優秀ですねぇ。またの機会に血統分析したいです。

おっと、わが“お手馬”のタガノパルムドール!『こらっ康介!あそこで下げなホンマにアカンか??』しかし、奥手な血統とはいえ、ちょっとよくない負け方が続いたので、一旦見限ろうかな?とも。


月曜京都6Rの3歳500万下レッドバリオスは目標とされたのもありますが、相手が強かったですねぇ。個人的には距離はもう少し短い方が良いと思います。


月曜京都10Rの山科Sアートオブウォーは正直残念。前走でも“らしくない”凡走だったので状態に問題があるのではないでしょうか。


月曜中山11RのフェアリーSディアアレトゥーサーは、直前で内田JK落馬負傷のため、柴山JKに乗り代わり。それも痛かったけど、1頭大逃げの展開で、4角で一気にペースが上がり、結果スタミナ勝負となったのが敗因ではないでしょうか。その証拠に府中向けのジャンポケが2、3着。瞬発力勝負となれば巻き返せると思います。









<“勝手にお手馬”の出走>

 バンガロール(土曜 京都11R 新春S)
         1人気 ⇒ 3着
            # さすが!Trio

 タガノパルムドール(日曜 京都11R シンザン記念)
         7人気 ⇒ 12着
            # ちょっと負け方が・・Trio

 レッドバリオス(月曜 京都6R 3歳500万下)
         2人気 ⇒ 3着
            # 相手が強かったTrif

 アートオブウォー(月曜 京都10R 山科S)
         4人気 ⇒ 6着
            # 今回の負けも腑に落ちずTrio

 ディアアレトゥーサー(月曜 中山11R フェアリーS)
         8人気 ⇒ 8着
            # 乱ペースで力出せずTrio


テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

今週の出走馬  ドリームシャドウ


  ドリームシャドウ
     
    月曜 中山9R 
      初春賞(4歳上1000万下・D1200m)




ドリームシャドウ

得意の中山ダート1200mにやっと出走が叶いました。
しかし、まだまだ家賃は高い。。。

ここで掲示板に入るくらいだと先々楽しみになるけど、まだ今少し現クラスで揉まれないといけないかも。目標は着順問わず勝ち馬から1秒圏内。掲示板なら上出来。




勝手にお手馬は5頭も出走しますが、金杯で出鼻をくじかれたこともあり、ここは我慢我慢。3連単&3連複で買おうもののなら、それなりの軍資金が必要。機械的に買っており、「継続して買う」ことに意義がありるので、「それなりの投資も必要」なんでしょうけど、ここは傷を広げないように3連複中心で我慢我慢。(この辺が博打打ちとして甘いと自覚してます






<“勝手にお手馬”の出走>

 バンガロール(土曜 京都11R 新春S)
          ⇒昇級も差はないTrio

 タガノパルムドール(日曜 京都11R シンザン記念)
          ⇒京都に戻ってTrio

 レッドバリオス(月曜 京都6R 3歳500万下)
          ⇒大本命?Trif

 アートオブウォー(月曜 京都10R 山科S)
          ⇒前走の負けは腑に落ちずTrio

 ディアアレトゥーサー(月曜 中山11R フェアリーS)
          ⇒府中向きのような気もTrio


テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

金杯で完敗

オオトリオウジャ
  3連復 8-11-12   5,730円

1着 ⑧ フロムジオリエント (3人気)
2着 ⑫ オオトリオウジャ (1人気)
3着 ⑪ パーフェクトラン (7人気)



中山金杯
  3連復 4-9-12  59,540円  

1着 ④ アクシオン (1人気)
2着 ⑫ トウショウシロッコ (5人気)
3着 ⑨ トウショウウェイヴ (15人気)



京都金杯
  3連復 5-7-8  31,060円

1着 7 ライブコンサート (5人気)
2着 5 スマートギア (1人気)
3着 8 レインダンス (13人気)

5着 12 マイネルファルケ (2人気)



偶然にも、馬券購入した3レースとも、本命馬が[12番]

『この偶然はもしや!?』

と期待したものの、終ってみれば“お約束”の

「金杯で完敗」


しかも、2着、2着と、期待させておいて落とすんだからタチが悪いなぁ。>ギャンブルの神さま


さぁ!
熱くならないで、1月、頑張りますよ!

だって、まだ2010の競馬は始まったばかりなんだから

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

“お手馬”の結果ほか

中山金杯は結局、

トウショウシロッコ

で買いました。

しかし、もう1頭のトウショウは買っていませんでした。


。。。というわけで、例年のごとく、

『金杯で完敗』


なのでありました。



“勝手にお手馬”の2頭はともに2着と頑張りました。

中山金杯の本命馬(トウショウシロッコ)も2着。

流れ的には、
2着→2着→2着

と来ましたので、京都金杯も期待したのですが、
『コラっ!哲三!!何してくれるねん
という、まさかの“マイネル共倒れ”という結果。

まさかあれが作戦!?
ファルケは2番手でいいの??
確かに、哲三はペースメーカー的に直線手応えなくなるや、潔かったけど・・・

ユタカのスマートギアはよく追い上げましたね。
これで、次、日経新春杯にもし出走してくるなら(間隔厳しいけど)、行きッぷりもよくなり、今回の競馬が活きるでしょうね。これは“買い”です。





<“勝手にお手馬”の出走>

 オオトリオウジャ(火曜 阪神8R 4歳上1000万下)
         1人気 ⇒ 2着
            # 素晴らしい内容Trio

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

2010年 初競馬

あけましておめでとうございます。本年も当ブログならびにポンセをご愛顧のほど宜しくお願い申し上げますm(__)m


さて、今日から競馬が始まります!

残念ながら、愛馬の出走はありませんが、“勝手にお手馬”は(グロッキーバルボア)とオオトリオウジャの2頭が出走します。


(グロッキーバルボア)に関しては、Myルールにより一度見限った馬ですが、適鞍なのでちょっと期待。もし今回結果が出たら、再びリスト入りをしようかと思います。(今回は馬券は買いません)


オオトリオウジャは、膝骨折により長期休養しておりましたので、約7ヶ月ぶりの出走となります。また、この骨折を機に、美浦小島茂厩舎から栗東牧浦充厩舎へと転厩しております。

彼は新馬→2歳500万特別を連勝し、能力的には、翌年のクラシックロードの切符を既に手にしたかのような手応えでしたが、その後スランプに陥りました。今回、転厩と休養明けを機に、初ダートへの試みを計りますが、ジェイドロバリーの肌にゴールドアリュールなので、むしろ血に適した条件でしょう。期待していますが、休養明けというのも考慮し、控えめな馬券で応援します。


それと、金杯ですね!

金杯は正直相性悪いです。“縁起モノ”ですから、なにがなんでも当てたく、結果、欲丸出しで当たるハズもなく、その負けを取り戻すべく熱くなって、気が付いたら1月は大幅なマイナス計上というのは毎年恒例のパターン。

それでもやはり買わずにはいられないわけで。


それでは、その当たらない予想を公開しましょうか。


『西と東の金杯、縁起の良いレースをそれぞれ豊と内田が制して、去年の熾烈なリーディング争い第2章の幕開け!』

という単純な発想も良いと思うくらい両者とも良い馬に跨ります。しかし、両馬とも距離に不安あり。

内田のゴールデンダリアは、フジキセキながらも母系のスタミナで距離に対応。しかしながらフジキセキ x ノーザンテースト。湘南S(1600万下、マイル)での負けは長期休養明けなので度外視。若駒時の印象は捨て、ここは距離短縮の方が魅力を感じる。

豊のスマートギアは逆に距離短縮で使ってきた。しかし、どうも距離適性よりも「直線が長いコース」でこちら(京都)を選んできたよう。本当はマイルという距離はプラスではない。ましてや「ダラッとした性格」では前半置いて行かれるのは間違いない。豊得意の大外ぶん回しでも、前有利な流れでは届かないのではないか?「前有利」そう!これがポイント!!(ここ使って馬がピリっとした次が狙い目!)


このような理由なので「去年の熾烈なリーディング争い第2章の幕開け!」の筋書き通りにはいかないと決断。

京都金杯は「前有利」と書いたが、マイネル2騎がハナを競うとの予想も、共倒れになることは考えられず、レーニアは控えるのではないか。ならばファルケにとっては好都合。1回1回力を出し切るせいか連勝はないタイプで、前走からここまで待機したのも好感。本命はこの馬から。


問題は中山金杯。
上の理由で、ゴールデンダリアを信用できない。。。かと言って他にも見あたらない。。。発走時刻ギリギリまで考えようか。



【京都金杯】

 マイネルファルケ

【中山金杯】
 ???




<“勝手にお手馬”の出走>

 オオトリオウジャ(火曜 阪神8R 4歳上1000万下)
          ⇒ダート魅力も長期休養明けTrio

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント