第79回 日本ダービー(GI)の予想



きさらぎ賞を制した時点で今年のダービーの◎は決まっていた。


内を突くウチパクを誰かがうまく封じ込めてくれれば、
大外を鼻面あわせての併走となろう!

◎ワールドエース
○ディープブリランテ


個人的には、“お手馬”のこの馬も応援したい。

▲スピルバーグ

--------------------------------------
☆スピルバーグの血統解説☆

本馬は日本の馬場と相性の良いリファールと同牝系であり、母プリンセスオリビアは、そのリファールを母父に持つLyciusとの交配により、Goofed 4 x 4 の「自系戻し」的バッククロスをハートライン上でつくった。

ディープインパクトの母父はリファール直仔のアルザオなので、本馬はさらに母のキイを累進させたことになる。

Lyphard 4 x 4
Goofed 5 x 5 . 5(バッククロス)

本馬の祖母はSadler's Wells x Vaguely Nobleなのでスタミナ十分、母父であるリシウス Lycius はあまり馴染みのないサイアーながらも、Mr.Prospector x Lyphardで、その全妹がステキシンスケクンの母、という血統からも「粘着タイプのスピード因子」を伝え、ゆえに前にさっと取りつき、府中の長い直線でも長く良い脚を使えるだろう。

--------------------------------------



そんなんで、

ディープ1・2・3もあるかも!?







スポンサーサイト

ダービーネタ




トーセンホマレボシとヒストリカルは、
母同士が「全姉妹」で、
父が同じディープインパクト。


したがって、



「100%同血のいとこ」
になります。



そんな2頭がダービーの舞台で顔を合わせるとは!

というか、


『クラフティワイフすげーっ!!』






ローブティサージュ、入厩!





2010年産は、
シルク5頭、キャロット0頭
に出資しましたが、早くも1頭入厩しました!



ローブティサージュ

201204.jpg
(外傷治療中に撮影)






7ヶ月でこのように成長しました!


体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
154.0   175.0   20.0   437
(2011/08/31)

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
 157.0  184    19.5    473
(2012/03/31)





今月はあと2頭移動の話が出ているので、
『シルク入会2年でようやく噛み合ってきたな』
という印象です。



キャロット?
「最短であと1年10ヶ月」
というカウントダウンが開始しております。






********************************************

ローブティサージュ 2歳牝馬
  父 ウォーエンブレム
  母 プチノワール
   母父 Singspiel

栗東・須貝厩舎 / シルクホースクラブ

********************************************






 

今日の的中馬券


まずは、新潟2レース

201205060001.png

 馬単  13-7    3,750円   *⑬ 1人気、⑦ 7人気




そして、万馬券がこれ





新潟11R 第34回 新潟大賞典(GⅢ)

201205060005.png
   
 馬単  1-5  20,250円   *① 5人気、⑤ 11人気





ブロードピークの惨敗ショックも吹き飛びました。




ブロードピークは8着



6ヶ月の休養明け初戦は8着という結果でした。

惨敗ですね。

全く良いところがなかったです。


馬体重も減っていましたし、これでまた放牧となるのならば、この1戦に費やした意味が不明になります。続戦でこその今回のダート千八。調教代わりのダート千八と思ってましたから。

収穫と言えば左回りは苦手ということでしょうか?けど、そんなジョッキーの助言も聞き入れず、また忘れた頃に使うんでしょうね、左回り、に。

次は芝ダートどちらでも良いですから、距離を7ハロン以下に絞ってお願いいたしますm(_ _)m



ブロードピーク、6ヶ月ぶりの出走


ブロードピーク 4歳牝馬
 父:ディープインパクト
 母:ブロードアピール
  (BMS:Broad Brush)


6日日曜日の新潟競馬第6レース
(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)
に三浦騎手で出走





久々の出走!
この半年、稼働馬0でしたからね。

さて、復帰の舞台はローカル新潟のダート9ハロンが選ばれた。
正直距離が長いと思われる。
しかし、陣営も十分承知の上でこの番組を選んだ模様。

『休養明け初戦からビッシリ仕上げて臨むよりはある程度余裕をもって使いつつ、流れをいい方向へ戻してあげたいと考えています。。。。。まずはここでしっかりと次につながる走りを見せてほしいですね。』


確かに、デビューから2戦は6着、12着、だったものの、「使いつつ」で、それ以降、3着→6着→4着→4着→5着→3着ときて、1着!そして昇級初戦も5着と、ほぼ掲示板を外さない好内容。小柄だけどなかなかタフで、ディープの仔らしからぬ、「使い減りしない」のが本馬の良いところ。

ならば、今回は勝ち負けまでは期待せずに、陣営が言うように「次に繋がる走り」に期待してみよう。欲を言えば降級の利を使えるようにクラス編成までにもう1勝勝って欲しいが。。。




馬の邪魔をするなー!!




『どうせバテるだろう、逃がせておけ』

『アイツが後ろにいる以上、動くに動けない』






ヒトの心理が邪魔をして、

馬七人三(うましちひとさん)

が、

馬三人七

になった天皇賞。






外国人ジョッキーは日本語わからないから、
それがいい場合も。

新聞見てもわからないし、
とりあえず、

「指示を聞いて自分の馬のレースを徹するのみ」

だから、
これが日本において良いように作用することが多いと思う。





ジョッキーは事前に情報入れすぎじゃないか?
あの馬が逃げるとか、調子良いとか・・・


予想はファンにまかせなさい!!








ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント