シルク2012年募集馬(一部)の配合分析①

アドマイヤレッドの2011



この牝系を語る上でまず3代母Nazooを抜きには語れない。

NazooはHaloの姪という血統で、Almahmoud ~Cosmahのボトムを継承、自身も定石の「Almahmoudの戻し」を行い、その後も累代において、定石の「Almahmoudの戻し」を徹底して継続的に行うことになる。その成果は3代を経てついに酬われる時がやってくる。

Almahmoud 4 x 3 → Almahmoud 6 x 4 . 5 → Almahmoud 5 x 5 . 6 . 7 と継続的に「Almahmoud の戻し」を行ってできた結晶が、安田記念-GⅠ2着、重賞計4勝のコンゴウリキシオーである。


そのコンゴウリキシオーの全妹が、本馬の母アドマイヤレッドである。さて、コンゴウリキシオーという成功例が出た以上、これ以上のショック療法的な配合は必要なく、あとはその遺伝子を壊さないように、「キイ」を薄く継続させていくことが得策で、アドマイヤレッドには、理想のフジキセキを配された。

もし、このアドマイヤレッドに、傍流の血が豊富で、それでいてCosmahの戻しを作ることでさりげなく「累代配合のキイ」の継続を行える理想的な配合相手フジキセキとの交配で結果が出ないとする。即ち本馬の配合が良い方向に出なかった後の事であるが、そのような場合は、ノーザンテースト内包のSS系を付けてみるのも面白い。 ノーザンテースト内包のSS系種牡馬、例えばダイワメジャーとアドマイヤレッドとの交配により、フジキセキ同様のCosmahの戻しを作るだけではなく、 ノーザンテースト x ハンセル により、ノーザンテースト ≒ Count On Bonnie 3 x 4 のキイも同時に発生するからだ。

ただ、これは正直「やりすぎ」の感があり、あくまで、「アドマイヤレッドの仔出しが悪い場合のショック療法」である事を述べただけにすぎない。

やはり理想はフジキセキであり、フジキセキとの交配による、Cosmahの戻しによる間接的な「Almahmoudの継続的な戻し」これが理想なのである。

本馬はフジキセキの牝馬ということで、ボトムを通じたこれらのキイが確実に遺伝され、その遺伝子がONとなる可能性も疑いようがない。(傍流の血で構成されたフジキセキとの配合は、遺伝子のメチル化を防ぐ狙いの最適な配合である。) スプリンターとして開花する日が今から待ち遠しい。



*********************************************

アドマイヤレッドの2011 牝馬
  父 フジキセキ
   母父 ストラヴィンスキー

◆配合のキイ◆
◎母アドマイヤレッド=コウゴウリキシオー
◎6代母Almahmouodを累代において継続的に戻し交配させ、
傍流の血で構成されたフジキセキとの交配により、
薄いCosmahのバッククロスが結果的にキイを
継続させることに成功した。

*********************************************










スポンサーサイト

ノルマンディーオーナーズクラブ



ノルマンディーオーナーズクラブのカタログを請求しました。



今日、公式サイトがオープンしました。
そこで募集馬を見ることができました。
今からカタログ請求取り消ししようかな^^;



ラインナップの血統表をサッと見ましたが、
芸がないですね。
血統&育成では社台に敵わないんだから、
ちょっと凝った配合で挑んでくると期待したのに。。。
そこそこの基礎牝馬があるだけに勿体ない。
勿論ウオッカの下なんて興味ありません。
トーセンアモーレの2011
エレガントフライの2011
くらいかな?
だけど、「スゲー欲しい!」という程でもない。



キャロット撤退カウントダウンを一時停止




キャロットは、
現役の3頭が引退したら撤退するつもりでいたので、
募集馬リストを見ないように極力つとめていましたが、
シルクの募集馬リストが届き、
「母父ファルブラヴ」の募集馬が無いことを知ると、
思わずキャロットの募集馬が気になり、見てしまいました。

『あった!2頭も!!』

その中でも、「ケイティーズベストの2011」の配合がgood!
この子に、今後、キャロットを継続するか否かの運命を託そう。



その条件とは、

・募集価格1600万円以上
  #それ以下だと難ありと勘ぐる
  #むしろ高額の方が評価が高いと認識

・関西、関東問わず、リーディング上位の厩舎

・募集時の馬体重420kg以上、管囲も相応に。


厳しいですが、これらをクリアしないと、出資は見送り、
当然ながら、キャロットさんとのお別れカウントダウン
が再び動き出すことに。

 #キャロットの他の募集馬の血統表は見ないことにします。




あっ、そうそう、
ノルマンディーオーナーズクラブの資料を請求しましたー!







第一次絞り込み作業

シルク2012募集予定馬(2011年産)



以下、ポンセ的配合妙味のある馬を抜粋
 
★印は個人的評価。
3つ★以上を抜粋、2つ★以下はここでは割愛しました。





◆アーティストチョイスの2011 牝 青鹿毛 ★★★
マンハッタンカフェ x Giant's Causeway


◆アドマイヤレッドの2011 牝 鹿毛★★★★
フジキセキ x ストラヴィンスキー


◆アンソロジーの2011  牝 鹿毛★★★
カンパニー x サクラバクシンオー


◆ウエディングメリーの2011 牝 鹿毛★★★
 ゴールドアリュール x アフリート


◆ガバーナの2011  牝 鹿毛★★★★
 ゴールドアリュール x Polish Precedent


◆カムホームウィズミー 牡 黒鹿毛★★★★
 ダイワメジャー x ケイムホーム


◆プンティラの2011 牡 黒鹿毛★★★
 ゼンノロブロイ x Acatenango


◆レジェンドトレイルの2011 牡 栗毛 ★★★
 ネオユニヴァース x フレンチデピュティ





以上、「第一次絞り込み作業」の結果、
早くも8頭に絞り込めました。

あとはパンフを待ち、
馬体、厩舎、で最終的な出資馬を決定する予定。



ラインナップを見てもわかるように、
シルクは完全にキャロット化しています。

 #見た目ハデなラインナップに惑わされてはいけない
  ということ。

 #ゆえに、控えめに、慎重に、選んでいかねば。
  決して、地雷的な“血統馬”には気をつけよう。

 #だから、6億円牝馬の仔や、G1馬の仔、
  3冠馬のライバルの下…といったのには興味なし。





マスカレイドは7着




7月22日日曜日

   マスカレイド 3歳牝馬    
     
     新潟7R 3歳未勝利(混)  
     芝1,600m・18頭
     54㎏ 石橋脩

      --7着(10人気)--








初戦で経験馬相手、タキオンらしい切れとアルザオの粘りが見ることができただけでも収穫か。上がりはメンバー2位の33.8秒、勝ち馬との着差は0.7秒、上出来上出来。ただ、この後反動が出そうな予感で、次はいつになるやら。


マスカレイド、遅ればせながらデビュー!





7月22日日曜日

   マスカレイド 3歳牝馬    
     
     新潟7R 3歳未勝利(混)  
     芝1,600m・18頭
     54㎏ 石橋脩





堀氏が会見を拒否して問題となったのは記憶に新しい。しかしそのような事は当方どうでも良かった。

堀氏会見拒否事件と同時期、本馬マスカレイドは堀氏から追い出された。態勢が整っているように思えた育成課程において、なかなか堀氏からお声が掛からなかったのは、馬房の都合なのだろう。結局は木村厩舎へ転厩となってしまった。この際の堀氏の会見(コメント)が一言もなかった。その事の方が私的には納得できなかった。


さて、そんな彼女も、ようやくデビュー戦を迎えるに到った。木村氏の懸命さには頭が下がる想いだ。


氏いわく、400kgあるかないかの馬体だが、馬の格好を見ると丁度良いとの事。これは近くにいる氏の印象なので信用したい。また、アルザオの血を受ける本馬に馬格は期待しない。肝心なのはキレが伝わっているかどうか。本馬の追い切りを見る限り、「アルザオの遺伝子」はよく伝わっているとの印象を持つが。

経験馬相手に、まずは掲示板を確保して権利を獲得、これが最大の目標になるのだが、本馬には「ミラクル」を期待したい。ズバリ、「初出走、初勝利」だ。

キャロットにおいて、この世代唯一の出資をした本馬、またキャロット最後となろう本馬、ぜひ「ミラクル」を起こして欲しい。



****************************************

マスカレイド 3歳牝馬

父 アグネスタキオン
母 マイティーダンサー
 母父 Alzao

<配合のキイ>

Alcide ≒ Espresso 5 x 4
によるアグネスタキオンとマイティーダンサーの結合

母父Alzao、祖母父Surumuによる「母系からのアシスト」


****************************************






ローブティサージュの映像を何度も見てます(笑)



メンバーとかタイムとかの問題ではなく、
イン伸びで前有利、直線短い小回りで洋芝、
それを後方からただ1頭違う競馬をしたことを評価したいですね。



ユーチューブさんにアップされている映像をご紹介します♪

http://www.youtube.com/watch?v=aX_iOqCJAqI






嬉しいコメントも記念に書き留めておきます♪


「新馬、強かったですね」と声をかけると、満面の笑みで「あれ、相当走るわ。上までいける」と興奮度がさらに増したような感じ。「このお父さんだから、気性のことを聞かれるけど大丈夫。本当に素質を感じるし、いい勝ち方だったと思う」とトーンは上がるばかりといった感じ。使った後も問題はなさそうで、札幌2歳Sへ出走するようです。「ここで賞金を加算すれば、この後が随分と楽になるからね」と話していました。とにかく言葉の端々から、トレーナーの期待度の高さが伝わってくるようなトーン。

(以上、報知ブログより部分的に抜粋)

#報知ブログさん、一口やっている人には面白いサイトですよ~







***********************************************

ローブティサージュ 2歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

***********************************************





ローブティサージュ、新馬勝ち!!




7月15日日曜日

   ローブティサージュ 2歳牝馬    
     
     函館5R メイクデビュー函館(混)
     芝1,800m・10頭
     54㎏ 秋山

    - 優勝!(2人気) -





ゲート試験を5回目でやっと合格した彼女なので、スタートだけが心配でした。案の定出遅れ。ここでジョッキーは慌てず後方からレースを進め、4角では弾かれる接触がありながらも気持ちを切らさずに直線鋭く伸びて圧勝しました。

洋芝で新馬特有のスローペースで当然ながら前有利の流れの中、唯一の35秒台を駆使した脚は次元が違ったように見えました。

これはちょっと楽しみです。重賞を狙えると期待しても良いのではないでしょうか!


秋山騎手のコメント
バネがすごい馬です。ゲートで遅れましたし、短距離馬にはしたくないので、後方に控えました。初戦としては結構きついレースになったにもかかわらず、最後はねじ伏せてくれました。これ以上テンションが上がらず、このまま無事にいってもらいたいですね。距離は延びても大丈夫だと思いますし、先々が楽しみです」

須貝尚介調教師のコメント
「この後は万全の態勢で札幌2歳Sを狙います。楽しみな馬です


秋山騎手「強かったですね。距離も問題なかったですし、力でねじ伏せてくれました。行かせようと思えば、行けるだけのスピードがありますが、そういう競馬を続けると、ビュンビュン行っちゃう馬になってしまいますからね。来年以降の事を考えると、後ろから行かせる競馬をさせた方が良いでしょう。それでも差し切れるだけの脚は持っていますから。これ以上テンションが高くならなければ楽しみですね。かなり上まで行けそうな馬だと思います」

調教助手「カイ食いが良い方ではないので、滞在で使える今週出走する事にしたのですが、強い内容でしたね。4コーナーで他馬と接触する場面がありながら、諦めずに伸びてくれた様に良い根性を持っています。この後は一旦放牧に出す様ですが、ジョッキーも『かなり走る』と言ってくれましたし、重賞にぶつけても面白いんじゃないでしょうか」。



***********************************************

ローブティサージュ 2歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

***********************************************





7月14日土曜日

   プロスペリタ 3歳牝馬    
     
     新潟2R 3歳未勝利(牝)  
     D1,200m・15頭
     54㎏ 中谷

    - 6着(5人気) -




期待していたんですよ!
強気な馬券も買いました。
だけど、な~んとなく嫌な予感はしていました。
4着で馬券の対象から外れるか、
6着で優先出走権を取れないか。
嫌な予感は的中してしまいました。
中谷くん、何をジタバタしているんだ?
前走の脚を使えるようにエスコートするわけでもなく、
流れを読んで前に付けて粘り混むわけでもなく。
中途半端なあーいう競馬が一番納得できないぞ。
脚にも不安がある本馬。
これでフェードアウトになる予感さえします。






3万馬券と愛馬応援馬券を各2枚ずつゲット!

③ラルシュドール(2人気)を軸に買いました。

⑦タマモクララ(4人気)は妙に気になったので、
馬券を2枚に分けて買いました。
被る組み合わせもありましたが、これが結果良かった!

2枚的中~!!
2枚とも3万馬券~!!


20120714tyukyo8r001.jpg

   3連複  3-6-7  32,920円


20120714tyukyo8r002.jpg

   3連複  3-6-7  32,920円




愛馬の応援馬券もしっかりGET!
(ローブティサージュ、強かったぁ(*^_^*))

0001.png

    3連単  7-8-1  8,390円


20120715hakodate5r0001.png

    3連単  7-8-1  8,390円




今週は、プロスペリタとローブティサージュ




7月14日土曜日

   プロスペリタ 3歳牝馬    
     
     新潟2R 3歳未勝利(牝)  
     D1,200m・15頭
     54㎏ 中谷





7月15日日曜日

   ローブティサージュ 2歳牝馬    
     
     函館5R メイクデビュー函館(混)
     芝1,800m・10頭
     54㎏ 秋山





土曜・日曜はシルクデー♪

まずは、土曜日のプロスペリタ
前走は、経験馬相手に、メンバー中上がり最速を計時して
とても好内容でした。
脚に不安がある中、中1週での出走となりました。
場所は福島→新潟と変わりましたが、
非力なので、平坦で直線が長い新潟競馬場は好材料。
あとは中谷騎手が下手をこかない限り前進は可能でしょう。



日曜日は、期待のローブティサージュのデビュー戦です。
厩舎も調教を重ねる毎に期待が膨らみ、慎重な騎手選びから、
新馬勝ちを狙える番組選びまで実に丁寧にして頂きました。
追い切り本数は十二分で、内容もとても良いです。
不安があるとしたら、「重馬場」でしょうか?
芝1800mで10頭立ての少頭数、新馬戦特有のスロー
ペースは確実で、前に付けられれば結果は伴うでしょう。
ここで結果が出れば夢はふくらみます。


8日に函館競馬場へ移動すると、追い切りの動きや相手関係も考慮して、今週のデビューを決めており、調教師は「函館への輸送も無事こなしてくれたし、状態も変わりなさそうですね。元々飼い食いは良い方ではないけど、この馬なりには食べてくれているし、体はキープできていると思います。来週の札幌も考えていましたが、結構メンバーも揃うみたいだし、そろそろ気候も暑くなり出しているので、早めに使って行く方が良いでしょう。競馬は日曜日なので、追い切りは12日にやりましたが、栗東でもほぼ仕上がっていたし、これで十分だと思います。素質のある馬だと思っているし、初戦から良い競馬を期待したいですね」と話しています。



****************************************

プロスペリタ 3歳牝馬

父 スペシャルウィーク 
母 ラスキンウォーク
 母父 Machiavellian

<配合のキイ>
マルゼンスキーと同ファミリーで、
マルゼンスキー ≒ Euryanthe 3 x 3  
→ ハートライン上、Quill 5 x 4 「バッククロス」



ローブティサージュ 2歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

***********************************************





今日のつぶやき



今日は馬券、ダメダメでした。
昨日の調子だったら大丈夫と思ったんですけどね。




ローブティサージュは、2歳デビュー前の立場で、
古馬オープン馬を煽った調教を披露したわけですが、
その古馬こそが今日、重賞制覇したアスカクリチャン
だったのです!



ひさびさに♪


ヨゾラニネガイヲを「危険な人気馬」と判断してこの馬券。
(だけど出遅れてよく追いあげた点は能力の証)


20120707hakodate5r006.jpg
  
   3連単 2→1→6  17,800円





クリソライトはパンフを見て「いいなぁ」と思った馬。
ルミナスウイングには申し訳ないけど、高配当になりました。


2012070tyukyo5r002.jpg

   3連複 5-7-10  20,890円




妄想もここまで行けばあきれますがな^^;



ローブティサージュ

榎本優也調教助手のコラムによると。。。
『併せ馬ではいつも余裕のある手応えで、遅れを取ったことがない。無事に行ってくれさえすれば新馬勝ちも狙える素質がある。』との嬉しいコメント。間近で接している方のコメントなのでとても嬉しいですね。

なお、これは公式ではまだ発表されていませんが(シルクは1週間遅れのレポートですからね^^;)、今週末には函館に移動し、札幌でのデビューを目指すことになったそうです。

おそらく、

   7/28(土)札幌5Rの新馬戦
    (牝馬限定、芝1500m)
  ↓                 ↓
  ↓(負ければ)          ↓
  ↓                 ↓
8/19(日)札幌1Rの未勝利戦  ↓
(牝馬限定、芝1500m)      ↓(勝てば)
  ↓                 ↓
  ↓(勝てば)           ↓
  ↓                 ↓
9/1(土)札幌11R札幌2歳S-GⅢ(芝1800m)


#新馬を勝てば、「アドマイヤセプターローテ」ですね♪
#同レース2着馬のアヴェンチュラ
   のようになってくれれば良いんですけど^^;




プロスペリタ(2012/06/30福島3R・3歳未勝利・5着)

経験馬相手のデビュー戦。スタートを五分に出て、道中は中団から。砂をかぶると頭を上げるシーンはあったが、内めを置かれることなく追走。直線では外へ持ち出し、ひと際目を引く伸び脚で掲示板を確保した。最速上がりをマークしたように、切れ味があるタイプ。上積みが見込めるだけに、次走は突き抜ける。

2012年07月03日 馬三郎タイムズより




次は人気しそう。
脚に不安があるから決めて欲しい。






ローブティサージュ、「間違いなく走ってくる馬」



先日、テレサのコメントを都合良く解読し、
思いっきり贔屓目でこんな妄想をしましたっけ。


『先生、アスカクリチャンを煽りましたで!この馬、なかなかやりまっせ!!新馬戦だけではなく、先を見据えたローテを組みましょう。ジャスタウェイのローテはどうですか?新潟で降ろして、新潟2歳S(...ここまでがジャスタウェイ)、そして1つ挟んで阪神ジュベナイルF(G1)へ!』

『そうやな、ほな相手関係見て確実にそのローテに乗れるよう初戦を決めるよってに、評判馬の情報をブンヤから入れときや。あっ、それといつでも使えるよう、馬を緩めなや。』



そして今日、
またもや妄想したくなるコメントを頂戴しました!

坂路とCWコースでキャンターの調整で、27日と1日に併せて時計を出しています。調教師は「ゲートで手こずってしまったけど、意外に疲れも全く見せずに、体もキープ出来ています。仕上げに入っていますが、まだ楽な段階でこれだけ動けるんだから、しっかり仕上げれば、かなり走ってきそうですね。今のところ中京3・4週目か、新潟1週目の芝1,400m(牝)のどちらかで悩んでいるんだけど、線の細い馬だから、輸送のある新潟は少しリスクもあるので、中京の方が良いかな。ただ、乗り役が海外に行ったり、北海道に居たりと、なかなか有力な乗り役が揃っていないので、札幌に連れて行くことも検討中です。間違いなく走ってくる馬だと思うので、そのあたりは慎重に進めて行きたいと思っています」と話しています。




これは間違いなく初戦を確実に狙って行ってますね!
某の大きいレースの“逆ローテ”までをも意識しているような。
。。。で、鞍上も、福永、岩田を連想させるコメントなので、
「大きい所を狙える」と先生も手応えを掴んでいるのでしょう。

まだデビューもしていないわけですが、
時計を出しての手応えでのコメント、
ですから、これは信用しても良いのではないでしょうか?

そうですね、わがペニーホイッスルを想い出します。
彼女も評判通り初戦は5馬身圧勝、2走目は重賞2着でした^^




***********************************************

ローブティサージュ 2歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

***********************************************





ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント