「天高く馬肥ゆる秋」の到来



「後ろの外敵から速く逃げる本能」と、サラブレッドとして改良された「前を捕らえに行く勝負根性」。これらを備え持っていないといくら能力があっても発揮できない、そこが血統を理解していても理解しきれない、いわば踏み込めない領域、神のみぞ知る領域なんですよね~。


ローブティサージュは、デビュー前、ゲート試験で随分手こずりましたが、その気性が競馬に行って良いように爆発したので、新馬戦であのような他馬にぶつけられて気持ちが切れるどころか逆にスイッチが入ったというパフォーマンスをみせてくれました。このようなタイプはわざと馬混みに入れた方が良いのでしょう。「前を捕らえに行く勝負根性」が備わっているタイプですね。


対照的に、未勝利の分際でいまもなお500万下クラスに果敢に挑戦しているプロスペリタなどは、マルゼンスキー ≒ Euryanthe 3 x 3の素質を調教等で時折感じさせてくれますが、競馬に行ってさっぱり。この馬に欠けているものは「勝負根性」なのでしょう。



さて、その勝負根性の塊であるローブティサージュが再来週の2歳牝馬限定の重賞(ファンタジーS-G
Ⅲ)に出走を予定しています。

まだ1勝の身ですが、新馬戦でみせたパフォーマンスは間違いなく「一流のもの」で、久々による勝負感と千四独特の速い流れに対応できるかどうかが不安なだけで、むしろ楽しみな部分が多い一戦となりそうです。



今週は<ヒシアケボノ≒母>の子ラステラッサが、新馬8着以来の復帰となる2戦目を迎え、これが距離短縮の芝1400mで行われることに非常に好感を持っていますし、翌週は先述のローブティサージュのファンタジーS、その翌週はペルレンケッテの1000万クラス昇級緒戦・・・と、まさに“馬肥ゆる秋”を堪能させてもらえそうな感じです♪


シルク1歳馬への出資ですが、◎レジェンドトレイルの11 牡馬、に関しては、特に残口ギリギリまで見なくとも出資の方向は変わらないわけで、では何故ポチらないかと言いますと、験を担ぐというか、タイミングを見計らっているわけです。ですので、上記3頭の頑張り次第で同日にポチッたりする・・・ということであります、はい。



スポンサーサイト

厳しい現実@プロスペリタ



プロスペリタ 3歳牝馬
10月28日日曜日 新潟6R 
3歳上500万下(混)  
[D1,800m・13頭]伊藤工53㎏ 

   ** 9着(11人気) **




出資している馬が走るとき、どんなに人気が無くとも、嬉しい誤算?で馬券圏内に来たらとても悔しい思いをするので、必ず小銭でも馬券を買うようにしていますが、今回は全くそんな気になりませんでした。というか、こんなに自信のないレースも珍しいというか。。。

雨とか馬場が、とかの言い訳は全く通用しない今回のレース。「500万でも」という能力の買い被りもありましたが、陣営もこの現実を認めるべきでしょう。

調教の動きから、確かにこの配合の産物ともいえる能力の片鱗も見え隠れしていましたが、一方でその能力を遺憾なく発揮できない「気性難」これもまた「近交の弊害」によるもの。そのようなリスクを覚悟で投資しているのでこれは致し方ないところ。

ただ、母としてはすごい素質を持っていると思うので、地方で実績を積んでぜひ繁殖牝馬に上がってもらいたい。


距離延長も期待できず@プロスペリタ



プロスペリタ 3歳牝馬
10月28日日曜日 新潟6R 
3歳上500万下(混)  
[D1,800m・13頭]伊藤工53㎏ 






思い切った距離延長ですけど、ここもまた、掲示板に載れるかどうかという次元の低い競走しか期待できない。何故なら「間を開けた方が良いタイプ」の馬が中1週続きで、体調が決して万全ではないからだ。しかし、未勝利という立場上、3場開催の使えるときに使っておかないと。という気持ちも十分理解でき、感謝している。

それにしても、未勝利の立場で格上500万下への出走がよくも叶うものだなぁ。今まで未勝利引退の際に聞いてきた『未勝利なのでこの先も思うように使う事も厳しく』という台詞、あれって何だったんだろう??ただの馬房の都合だったのね^^;






ストロングメモリーの11の配合のキイ(シルクHC)



エンドスウィープはフォーティナイナー系らしい遺伝の強さも認めるのだが、やはりサンデーサイレンスとの和合こそが成功した最大の理由ではなかろうか。

アドマイヤムーンをはじめとする、サンデーサイレンス牝馬にエンドスウィープ、という組み合わせが成功したように、その逆のエンドスウィープの牝馬にサンデーサイレンス系種牡馬、といった組み合わせも同様に活躍が目立ち始めた。

HeliopolisとGulf Streamのニアリークロスも結合のキイのひとつだが、私はエンドスウィープの4代母の父Quatre Brasも“縁の下の力持ち”となっているように思う。

Quatre BrasはTeddy x Plucky Liegeで、Sir Gallahad、Bull Dogと「全兄弟」なのである。

Sir Gallahad = Bull Dogは今やありふれたクロスで、血統表の端に追いやられているように希薄な血なので、効力はどうかという疑問もあろう。

しかし、Sir Gallahad = Bull Dog = Quatre Brasとなると、これは立派な「結合のキイ」となる。それがサンデーサイレンスとエンドスウィープのニックのキイのひとつと思うのである。

この牝系のBMSライン(本馬より5代母父)にBull Dogが大きく構え、Hail to Reasonで継続させてエンドスウィープで爆発させる。この牝系とディアブロ、エンドスウィープの相性の良さは証明済みだ。

エンドスウィープとサンデーサイレンスのニックスの前に、「この牝系とエンドスウィープ」「この牝系とHail to Reason系」の相性の良さをまずは紹介すべきだったのだが、こうして振り返ると、本馬の牝系において累代配合されてきた血は傷となるような失敗はなく、本馬の配合もまた定石に従ったパーフェクトな配合といえよう。


daiwabosyuji.jpg



**********************************
ストロングメモリーの11 牝馬
    父:ダイワメジャー
   母父:エンドスウィープ
**********************************


☆☆☆ポンセの出資候補☆☆☆
~出資の方向~
レジェンドトレイルの11 牡馬
ストロングメモリーの11 牝馬
~以下、様子見(出資は消極的?)~
マイベストスターの11 牡馬
カデンツァの11 牝馬
プンティラの11 牡馬
アドマイヤレッドの11 牝馬
サルヴァドールの11 牝馬
ダイワオンディーヌの11 牝馬




まだまだ迷っております@シルク2011年産

シルク2011年産への出資申込はまだ完了しておりません。

この馬への出資はまず間違いなく行いますが、
残口に余裕がある以上、リスクを冒してまで慌てることもないでしょう。


◎ レジェンドトレイルの2011 牡馬
    父:ネオユニヴァース
   母父:フレンチデピュティ

bosyuji001.jpg




プンティラの11はトモの成長具合を見たいし、アドマイヤレッドの11の脚も危なっかしいのでこれこそじっくり見たい。


繁殖牝馬としても配合の魅力を感じるダイワオンディーヌの11は、当たればドでかいけど、近交の弊害的リスクもドでかい。。。じっくり見るべきで、



ならば、

◎ レジェンドトレイルの2011だけにしとく?


しかし、関西馬も欲しい。


そこで、

「確実性の高い、保険の意味も兼ねて」


。。。で、この馬が急浮上。




O ストロングメモリーの2011 牝馬
    父:ダイワメジャー
   母父:エンドスウィープ


daiwabosyuji.jpg





マイベストスターの11は、インプロヴァイズ(カデンツァの10)と似た雰囲気で気になるし、そのインプロヴァイズの妹カデンツァの11もお買い得の気がする。。。



レジェンドトレイルの2011以外、
まだまだ迷います。。。




格上挑戦は9着(0.9差)


まぁこんなもんでしょう。

クラブから引っ張りの指令があったかどうかはさておき(どうせ補償額も寸志なので)、優先出走権の生じない未勝利馬という立場なのにこれだけ使ってくれることに(厩舎に対し)感謝です。




プロスペリタ 3歳牝馬
10月14日日曜日 新潟3R 
3歳上500万下(牝)  
[D1,200m・15頭]吉田隼53㎏ 

   - 9着(12人気) -






小当たり


小牧の⑥(15人気、5着)が捲って行った時はドキドキしたわ~

③(11人気、4着)でも美味しかったんだけど。。。

まっ、いいか。

ジェンティルドンナ、3冠おめでとう。


20121014kyoto11r001.png

   3連単 14-1-2 3,660円



クリソライトとは馬券相性が良い


軽く一丁!

20121013tokyo9r002.jpg

  3連単   12-6-13   9,100円




ダメだこりゃ@プロスペリタ未勝利の分際で格上挑戦



プロスペリタ 3歳牝馬
10月14日日曜日 新潟3R 
3歳上500万下(牝)  
[D1,200m・15頭]吉田隼53㎏ 





未勝利の分際で500万下クラスへ挑戦します。
しかも実績のない(未勝利で6着×2回)新潟で。
この意図は何?
読めない。。。
500万下でどれだけ通用するか見極めての再ファンド?
いや、まだ通用すると思っているんでしょう。
もう良いでしょ?同じ条件ばかりで意地になるのは。
能力を認めているんなら、芝とか距離延長とか、極端なステージで試さないと意味がないと思うんですけどね。
馬混みを嫌うとか、砂を被るのを嫌がるとか、敗因がハッキリしているんだったら、容易に先手を取れて逃げられる距離に使うとか、芝を使ってみるとか。
まさか外枠引くまでこの条件で使うつもり?
・・・んなアホな!
初戦の良い脚が余程印象的だったんでしょうね。だけど未勝利で結果が出なかったんだから。(能力あるんなら多少難しい気性でも未勝利くらいだったら通用するハズ)
芝の長いところを使ってみてください。きっとこの馬の能力が開花しますから!(受け売りですけど、「スプリンター≒ステイヤー的適性」)







****************************************

プロスペリタ 3歳牝馬

父 スペシャルウィーク 
母 ラスキンウォーク
 母父 Machiavellian

<配合のキイ>
マルゼンスキーと同ファミリーで、
マルゼンスキー ≒ Euryanthe 3 x 3  
→ ハートライン上、Quill 5 x 4 「バッククロス」

*****************************************




募集馬の割引券?


シルクさんありがとう。


20121006tokyo3r0001.png


10 インプロヴァイズ(2人気) ←シルクの馬
11 フェートグランド(1人気)
7 サムソンズプライド(7人気) ←シルクの馬

3連単 10-11-7 6,760円


シルク2012募集馬選定のポリシーと追加候補馬


遺伝とは、父と母から50:50で伝わるものです。


よく「インブリードは近交の弊害が出やすいので、できるだけアウトブリードが好ましい」という考えの方がいます。もしその方が、父の遺伝の強さや母の遺伝の強さをよくよく理解した上で、「変にクロスさせない方が良い」という意味でアウトブリードを勧めるのならばそれは尊敬いたします。

しかし、残念ながら大多数の方は、「近交による弊害で体質が弱いから」といった理由。



繰り返しますが、
遺伝とは、父と母から50:50で伝わるものです。

そして、
父と母が優秀だからといって名馬が誕生するわけではないのを皆さんはよくよくご存じでおられます。


「確率」で言ったら、実績ある種牡馬+実績ある繁殖牝馬=名馬が出る確率は高いでしょう。ただし、こういう馬を購入できるのは「お金に余裕のある方」に限られます。生産者においても然り、です。ピラミッドでいう頂き部分の方を対象とするものです。

こういう馬を作るにおいての「アウトブリード」はある意味好ましいでしょうね、


ただし、私を含め、ピラミッドの低層に位置する者が馬を生産、もしくは購入する場合、上記のような生産、購入は叶いません。

では、ピラミッドの上層にいる人たちの馬に低層の者たちは太刀打ちできないのか?というと、そうでもないのがサラブレッドの面白いところ。


それは、サラブレッドというのは血統表の中に散在する祖先はどれも名馬ばかり、という、ヒトが作り出した動物であるのが幸いしています。

そして遺伝には「隔世遺伝」というのがあります。

社台方式のベストトゥベストの生産が叶わない零細生産者は「隔世遺伝」を期待した生産をしないと太刀打ちできません。

また、限られた予算でヒトクチを楽しむ我らもまた、1億円超えの馬に出資することはそうそう叶いません。夢をみたければ、やはり同様に「隔世遺伝」に頼らないと難しい立場なのでしょう。


それが私の言う「配合のキイがある馬への出資」なのです。

「配合のキイ」とは「確率」を求めたインブリードであります。当然リスクを覚悟の上での、ギャンブルでもあります。

それでも私は馬券同様、「小銭で万馬券」を狙って行かないといけないピラミッド低層に位置する身分なのです。



繰り返しますが、

お金に余裕のある方は、「ベストトゥベスト」の配合馬へ出資される方が「確率」は高いでしょう。そうでない方が「一発」を期待するのならば「隔世遺伝≒インブリード」しかないと思うのです。


そこで弾き出したシルク2012年募集馬への候補馬が

◎ 10 レジェンドトレイルの11
▲ 41 ダイワオンディーヌの11
☆ 25 ティックルピンクの11



以上は、あくまで「血統」からアプローチした場合の考え方。

「馬体」からアプローチされる人にも似たニュアンスの理論があるハズです。そのような相馬眼がある方はきっと「隔世遺伝」を見抜ける眼を持っておられるのでしょう。



「餅屋は餅屋」

とは言いますが、私も13年間もパンフを眺めていたら、「ある程度」見られるようになっているとは思います。その眼が導き出したのが。。。

◎ 4 マイベストスターの11
▲ 48 フィックルフレンズの11
☆ 18 カデンツァの11

なんです。。。



◎ 4 マイベストスターの11
☆ 18 カデンツァの11

「配合のキイ」というインパクトは正直ございませんが、「ある程度」の説明はできるので、「13年で培った眼」を信じると、あるかもしれません、◎4マイベストスターの11、☆18カデンツァの11、への出資が。



メイケイペガスターがデイリー杯を勝つ前にあえてこの馬も加えておこう!
ローミンレイチェル ≒ ラークホイッスル 2 x 2 の――

☆ 44 ストームホイッスルの11





あらゆるファクターでこうなりました。(ファイナルアンサー?)


◎ 10 レジェンドトレイルの11
O 4 マイベストスターの11
▲ 18 カデンツァの11
☆ 48 フィックルフレンズの11  
☆ 41 ダイワオンディーヌの11
☆ 44 ストームホイッスルの11
☆ 25 ティックルピンクの11


「小銭で万馬券」
が私の基本スタイルなので、やはり「牡馬で一発」を基本線で行くと、◎とOへは行きたいですね。



馬券で例えると今はまだパドックが終わったくらい?あとは「返し馬」を見て締め切り3分前くらいに最終決定するくらいのスタンスで出資馬を決めたいと思います。(シルクはそれができるので♪)




背中を押してくれたフレンチデピュティ

サンブルエミューズ強っ!http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=68344祖母がKマーチだからってだけで出資するのは博打だし、「ノーザンテースト ≒ Vice Regent のニアリーを介してのNorthern Dancerの累進クロス」を配合のキイと考えるべきなのか。


----------------------------------------

すると、ノーザンテースト内包のSS系種牡馬とフレンチデピュティはニックスとなるのかな?これから検証していこーっと。

----------------------------------------

おおっ!すると、シルク2012の募集馬は当初の候補から自動的に絞り込めたわけである。◎ 10 レジェンドトレイルの11、O 41 ダイワオンディーヌの11

----------------------------------------

ステゴ x フレンチ のティックルピンクの11も、サンブルエミューズ的キイに該当。「出資候補!」とまでは行かないが、検証の意味でも積極的に様子見していこう。

----------------------------------------




10 レジェンドトレイルの11
 SS系とフレンチデピュティの相性の良さを説明するとき、Eight Thirtyというサイアーがニックスの架け橋となっている。それは、Eight Thirty内の牝馬2本とクロスしてのニアリークロス、Banish Fear ≒ Blue Moon が、SS系 x フレンチデピュティ において生じるからである。
 母レジェンドトレイルはBold Ruler 4 x 4、Eight Thirty 5 x 6がハートライン上に乗っかっている繁殖牝馬。そのキイに違わず仔出し実績が良好。Bold Ruler x Eight Thirtyというのは、フレンチデピュティの母、ポッセの母、それぞれがその組み合わせなので、レジェンドトレイルは、「Bold Ruler x Eight Thirtyの組み合わせのクロス」がキイとなる。しかもそのキイが先述の「X染色体伝達径路上」にあるのである。SS系とは相性が良いに違いない。
 ネオユニヴァースはNorthern Dancerの血を持たない。しかし、NearcoとSerenissimaによる“Hyperionの受け皿”を沢山内包している。
 「NearcoとSerenissimaによる“Hyperionの受け皿”を沢山内包している」ということは、それはすなわちNorthern Dancerをより強調することに繋がる。配合相手の内包しているNearcticすなわちNorthern Dancerをより強調することが、「ネオユニヴァースは時に超大物を出す」と言われる所以のひとつではなかろうか。
 「Northern Dancerの血を持たないがNorthern Dancerを引き出すサイアーを多数所持している」そのようなネオユニヴァース。そういう意味でもHyperionを強調したハッピートレイルズの娘で、Northern Dancer系フレンチデピュティを父に持つレジェンドトレイルの配合相手としては相応しいと思う。


41 ダイワオンディーヌの11
 本馬はシャダイクリアーの牝系で、ガーサント、ノーザンテースト、トニービン、というニックスを累代において配合された、いわば「社台配合」の典型的なモデル牝系である。
 母ダイワオンディーヌは、この社台ニックスのトニービン x ノーザンテーストを肌にクロフネをつけた牝馬であるが、この配合を個人的には評価している。それは、クロフネに内包するVice RegentとIcecapadeの血がノーザンテーストとニアリークロスという形で結合するからである。
 Icecapade ≒ Northern Dancer
 Vice Regent ≒ ノーザンテースト
この配合のキイによりノーザンテーストを強調することに成功した。
 本馬は、この母により強調されたノーザンテーストを配合のキイとした。牝馬ならではの遺伝子伝達径路、X染色体伝達経路上において、ノーザンテースト 3 x 4 のインブリードを形成したのである。
 繁殖牝馬としての可能性を秘めた配合であるが、そのためにもまずは競走馬として箔を付けてもらいたい。






ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント