少し気になる馬①

チチカステナンゴはSS牝馬につけるために輸入されたが、現時点では結果を出せていない。


では、チチカスを活かす配合とは??



チチカステナンゴは7代母がSomethingroyalという牝系で、母は定石通りSomethingroyalを戻すSir Gaylord = Swansea 3 x 5をキイとした。

チチカステナンゴの配合を考えるとき、やはりSomethingroyalの牝馬クロスを基盤において施す配合が望ましい。 (...と思う)


Sir Gaylord(Somethingroyalの累進牝馬クロス)を内包する牝馬。。。


真っ先に頭に浮かぶのは、シーザリオ、ブエナビスタ。



とくにチチカステナンゴ x ブエナビスタは、Bryonia ≒ Run Honey を基礎として、相似した部分が多くできる配合となる。


シーザリオ、ブエナビスタともにスペシャルウィークの牝馬だが、チチカステナンゴ、良いと思う。(現時点の種牡馬としてのお粗末な成績ではとても配合相手として白羽の矢は立たないだろうが)




わがシルクにおいて、SS牝馬ではないけど、ただなんとなく合いそうな、「チチカス x テイオー」というタイキポーラの11の配合が気になり、調べてみた。

すると。。。なかなかのキイを含んでいた。上記のキイがあった。タイキポーラは祖母の父はHabitatなので、「Sir Gaylord(Somethingroyalの累進牝馬クロス)を内包する牝馬」なのである。



ポーラメソッド(タイキポーラの11)

本馬(ポーラメソッド=タイキポーラの11)の5代血統表においては、Sir Gaylord 5 x 5 と表記されているが、それは上に書いたとおり、チチカステナンゴのキイSir Gaylord = Swanseaを継続させていることになる。すなわち本馬は、Sir Gaylord = Swansea 5 . 7 x 5 というクロスで、チチカステナンゴのキイ<Somethingroyal>を引き出すことに成功した。



。。。と、こんな感じ。
インパクトに欠けるが、まずまずの配合のキイ、と思う。




スポンサーサイト

納得いかないと買えないのがアダに?!



カムホームウィズミーの11は間もなく売り切れかぁ。。。


思えばこの馬、パンフレットが到着する前に出資候補の筆頭に挙げた馬だったなぁ。( 記事はこちら  配合分析はこちら )



「配合のキイ」は★★★★☆だけど、馬体が好みではないんですよね。あくまで「好み」。「良い」か「悪い」でいうと「良い」のでしょうけど。。。



だけど実際に2歳の重賞で楽しませてくれそう。

こんな時複雑な気持ちになるんだろうなぁ。
「あの馬本命だったのに」
って。


馬券もヒトクチもいつも同じ事の繰り返し。。。





追記のお知らせと宮記念予想

「何故シルクは1/100口に?!」

前回の記事に少し追記しました。




**********************


今日は宮記念ですね。

ロードカナロアは強いので穴から遊びで買います。

☆スギノエンデバー


(買い方)
☆から3連複で人気上位へ。


完全社台グループ傘下でシルクの方向性を危惧

シルクは完全に変わりました。

そして、

シルクは完全にノーザンファームの傘下になりました。





まずは、所属馬の情報更新日の変更が実施されました。
これは社台系クラブに〝右へならえ〟です。

これによりシルク名物、「1週間前の〝時間差情報〟」から「リアルタイムの情報」へと変わることでしょう。
これは「いいね!」。



「出資どれでも1口プレゼント~3000円割引券」等の「春のプレゼント」も廃止されました。
これも、〝ノーザンファームの一声〟でしょう。『そんなサービスしてるから売れないんだ』と。
確かにこのプレゼントを期待して、出資のタイミングを見計らってた人多し?



その他、ノーザンファームしがらきが見学できるようになったり、クラブ手数料が5%から3%の引き下げ、優勝賞品を売却して会員に分配、出資金の5%をクラブポイントとして付与。。。などなど。

『右ぃへーならえっ!』


なんだか東京の本社をラウンジ風に開放するサービスをも始めるとか。コーヒーがタダみたい^^;
そんなサービスと平行して、出資馬の検討に役立てるよう相談も受付けます、だってさ。シルク入会時に2~3頭候補馬を相談したら『何とも言えません。』の1点張りだったからねぇ。




何より、


ALL500口募集のシルクが、今後は100口馬と500口の2種類で募集されるというニュース。これが一番衝撃的な変更点でした。

このことについてはまだまだどういう形で振り分けられるのかわかりませんが、ひょっとしたら切るに切れない関係の零細牧場さんの馬を1/100口募集にするかもしれませんし、まさかノーザンファームの馬で2500万の馬を1/100口にして古参会員が買うとも思えないですし。


するとこういう不安も頭によぎりました。

『キャロット化どころかグリーン化しているのでは?!』

これだと正直喜べませんね。


基本は「安い馬で楽しむ」というシルクの伝統を守る形ならば、以下のような提案がノーザンファーム側からあったかも?

『(阿部さんの意向に従い)ではワケアリの安いのを提供します。800万とか1000万の破格の値段で。ただしそれだと(従来の1/500では)売れ残るだろうから口数を少なくしましょう。よし!1/100口にしましょう。1200万以下の馬は1/100口というのはどうでしょう?』


社台→グリーンをイメージしていただければ、これはあまり良い方向性ではないことはお察しいただけるかと^^;


今のところ、

・アコースティクス12(ネオユニヴァース) 
  #ロジユニヴァース全弟
・ウインドインハーヘア12(キングカメハメハ) 
  #ディープインパクト半妹
・クラウンピース12(ハービンジャー) 
  #リーチザクラウンの半妹
・シルクプリマドンナ12(ネオユニヴァース)
・メジロドーベル12(ゼンノロブロイ)

これらを今年のラインナップに加えると、今から宣伝してますが、実際の写真等を見て、今後のシルクの方向性を冷静に判断したいですね。


勿論グリーン化ならばシルクは撤退の方向で準備しなくては。




追記、

「何故シルクは1/100口に?!」
を考えると、やはり阿部さんの強い意向が邪魔していると思う。
「安い馬で皆さんに楽しんでいただく」

しかし、実際問題売れ残り多数なので、その残口を賄うのはあくまでお上(かみ)。
(#キャロ同様シルクという市場で捌いている他ならないので)
(#シルクが募集用として全馬買っている訳ではない)
(#これでシルクは完全にバイヤー系から牧場系に!)



しかし「安くをモットーに」を譲らない阿部さん。

「ならば安馬をせめて1/100口に」

…というノーザン側の強い意向による妥協案のように思えてなりません。



したがって、1/100口といっても5万~12万円の馬を揃えると予想しています。5万は零細牧場から買ってきた本来の〝バイヤーシルク〟で、12万はノーザンからのワケアリ特価馬で〝牧場系アウトレットシルク〟。


真相を知ることは不可能ですが、半年後の募集ラインナップを見ればその答が出ることでしょう。


上の予想が当たるようならば、狙いは、
1/500口ならば「高級アウトレット馬」で、
1/100口ならば「零細牧場馬で上質馬」。

「零細牧場馬で上質馬」
でも、天栄でノーザン流に育成してもらえば、「これは♪」




出資馬の馬名決まる


ども。
何かと忙しい日々でblogもさぼり気味に。
この1週間色々ネタがあったのに。



まずは、出資馬の馬名について。

結論から書くと、
シルク、ノルマンディーともに
『またもや採用されず』
でした。

シルクの2頭なんて満口にもなってないのに、(ナイキフェイバーの11なんて殆ど出資者居ないでしょうに)採用されないとは、よほどセンスが無いんだと反省せねば。



馬名は以下の通り。


シルク
10 レジェンドトレイルの11
競走馬名:グロリアストレイル
英文字 :Glorious Trail
意 味 :栄光への道(英)

27 ナイキフェイバーの11
競走馬名:ナイフリッジ
英文字 :Knife Ridge
意 味 :ナイフの刃のように鋭く切り立った尾根


ノルマンディー
12.フサイチリニモの11
競走馬名:アペルトゥーラ
英文字 :apertura
意 味 :開始、序曲の意味。



お願い儲けさせて、〝勝手にお手馬〟さん。

〝心の愛馬〟が2頭出走します。


▼阪神3R・3歳未勝利
トランザムスター

▼阪神7R・3歳500万下
ブロードソード


--------------------------------

トランザムスターはズブいのでゴール前は「届くか?!」とハラハラしそう。ただ、追えば追うだけ伸びるので馬券圏内には来てくれるでしょう。3連複狙い本線で。


ブロードソードは、まだ底を見せてない強みがありますが、千七、千八で結果こそ出ているものの、血の本質的には「ダート1400m向き」と思っているので、中距離のスペシャリストを相手にしたときにモロさが出る恐れ有り。これも3連複が無難か。3連単なら2・3着固定で。



このサービスはとても好感@馬名投票制


ノルマンディーでは、馬名を決める際に馬名候補馬を何頭か挙げ、会員による投票で最終決定をしました。

残念ながら私めはその候補にすら挙がりませんでしたが、このように公平に投票によって馬名が採用されれば、それは「納得」で、とても良いサービスと思いました。

クラブに「いいね!」



さて、私は出資馬と出資候補の2頭に投票を参加しました。
そして2頭とも投票した馬が選ばれました。
自分は名付け親ではありませんが、これは嬉しいですね。



12.フサイチリニモの11
アペルトゥーラ apertura
開始、序曲の意味。


17.タニノジャドールの11
モンシェル MonCher
親愛なる



※まだ申請中ですので本採用ではありません。


やはりインで我慢して抜け出すのがベスト@ローブティサージュ


2008年の第13回秋華賞のVTRを繰り返して見ている。
(勝ち馬ブラックエンブレム)

そして、ローブティサージュの阪神JFを見る。


『やはりウォーエンブレムが鮮やかに勝つときは、
〝先行してインでじっと我慢して抜け出す〟』

これだなぁとつくづく思う。


入れ替わり激しい乱ペースやハイペース、
内有利の馬場。。。
勝つには条件が揃わなきゃいけないけど。

しかし勝ち負け云々より、
馬の力が最大限に出せるように導いて欲しい。

前走の「情けない」結果を教訓に、
本番では最低でも内に入れて欲しい。
それが「悔いの残らない競馬」だと思う。


アジャスト完了!


馬券。。。

スランプですけど、軸は合ってきました。
ダメな時は軸馬が落馬したり、ハナ差で馬券圏外になったり…

土日はガミったり、外しましたけど、
軸がしっかり馬券に絡むようになってきたので、
「もう少し」かな?


大事なこと、それは
「当たらないからと言って今までの予想法を変えないこと」


『いつかそのうち当たるさ』

くらいのつもりで根気よく、ね。


3/10の馬券予想

阪神2R

〝心の愛馬〟ロレーヌクロスが出走。

昨日朝イチ1Rから4Rまで4連勝を記録(34年ぶり)した浜中に乗り替わって勝負気配。ここでようやく善戦続きもピリオドか。血の適正に戻したストライクルートが強敵。ここは大穴を狙っても当たらない本命戦。

。。。書いたものの、キャロ2騎を含むマルガイ3頭が強敵。いずれも「いかにもダート短距離!」ヴードゥーフェストなんかも、ダンチヒ、ナタルマ、ロベルトの父母相似の配合でごちゃごちゃしたクロスがいかにも距離短縮が良い方へ働きそう。




------------------------
(レース後追記)

ガミってしまったorz









あかんて、そんな状態で使ったら。

3/9 sat.

ペルレンケッテ 5歳牝馬(carrot)
阪神10R(15:00) 
うずしおS(準op・牝) 
芝1400m 浜中55

  15着(3人気)

-----------------------------

マ・マイナスじゅうに(-12kg)?!
目を疑ったわ。
はっきり言って調整ミスやん。
いや、ていうか、しがらきぃ~あかんやろー。リフレッシュ放牧がリフレッシュできてないやん!
あーあ、また胃潰瘍かな??
5歳春。。。もう時間がないわ。
こっちが胃潰瘍になりそうやわーー;

ここを勝って、さぁオープンだ!

3/9 sat.

ペルレンケッテ 5歳牝馬(carrot)
阪神10R(15:00) 
うずしおS(準op・牝) 
芝1400m 浜中55


-----------------------------


ここは馬券勝負しますよ!
妄想ではここを勝って中3週で阪神牝馬S-GⅡへ!!


『ヒトクチ』は儲からない。だけど儲けたい。



『ヒトクチ』は儲からない。


馬代金だけを対象に、その回収率にこだわってヒトクチをやっていますが、実際は会費や飼い葉代…
やはり、結論を書くと、『ヒトクチ』は儲からない。



だけど、単に『趣味』とは思いたくない。

確かに、出資に至るまでの選ぶ楽しみ、成長過程のドキドキ感、デビュー前の動き、デビュー後の妄想・・・『それで十分』と思えば良いのだろうけど、自分はそんな立派な人間でもない。

やはりやるからには儲けたい。

馬券も「予想している時間が楽しい」とよく言うが、やはり勝てないとつまらない。



しかし、しかしである、やっぱり「『ヒトクチ』は儲からない」のである。

だけど、儲けたい。



ではどうすれば良いか?



「出資馬が勝って、馬券でも儲ける」

もうそれしかないのである。



そのためにも、

『馬券に数多く絡む出資馬選び』

これこそがヒトクチを続けていく上での最大のテーマだと自分は思っている。


キャロットのクリソライト
シルクのロレーヌクロス
これらこそ理想のヒトクチ馬ではなかろうか。


ローブはまさかの9着

ローブティサージュ/阪神11R チューリップ賞(GⅢ) [芝1,600m・15頭]9着[2人気]

秋山騎手「ゲートを出てから横の馬にぶつけられて、少しハミを噛む所は見せましたが、すぐに折り合って、追走は良い感じに出来ていたと思います。流れが遅かったのは確かですが、折り合いが付いていた割に、追い出した時点で脚が余っていませんでした。勝った馬は強かったと思いますが、ほぼ同じ位置にいたレッドオーヴァルとヴィルジニアの間には来て欲しかったですね。今日は返し馬から落ち着いていたし、状態は悪くなかったと思いますが、追い切りは動いていたと言っても、テンションが上がらないように気を付けていた分、少し可愛がり過ぎた所があったのかもしれませんね。その分、使ってピリッとしてくるタイプだと思うので、次走は変わり身があると思います。本番までにしっかりやって行きたいと思います」

須貝師「6〜7番手あたりで競馬をする様に言ってありましたが、外枠が悪い方に出てしまい、終始外を回る展開になってしまったのは痛かったね。終いの伸びがもう一つだったのは不満だけど、一叩きしてピリッとしてくれると思うので、次走はこの馬の良さを出してくれると思います」

調教助手「流れも遅くて前残りの競馬だったし、外枠で前に馬を置けなかったのも影響したと思います。ジュベナイルFの時は内枠でゴチャついた分、逆に上手く脚を溜めて行けたし、スムーズに流れていましたからね。でも、本番は流れが速くなると思うので、この馬の競馬をし易くなると思うし、次に向けて気持ちを切り替えてやって行きたいと思います」




『。。。』
もう言葉がありません。
どんな言い訳も通用しないくらい負けすぎです。
2歳女王として恥ずかしいです。
桜花賞、オークスを戦ってく上で、このステップレースに全力で挑んではいられません。しかし、2歳女王としてのプライドを見せることも大事と思うのです。ちょっと調教が軽かったですかねぇ。

勝已さんもお怒りでしょうねぇ。何せ大切な〝商品〟なんですから。勲章を1つでも多く獲って商品価値を高めたいですもんねぇ。何せヴィクトワールピサ&アサクサデンエンの近親でG1勝った牝馬なんですから。繁殖牝馬としての価値は計り知れないもの。『コラッ尚介!いくらお釣りを残すにしても調教軽すぎだろ!こんな事してたらオマエのとこには良い馬回さんぞ!』

秋山は『少し可愛がり過ぎた所があったのかもしれませんね。』と追い切りへの不満を敗因に挙げれば、須貝は須貝で『6〜7番手あたりで競馬をする様に言ってありましたが、』とジョッキーのせいにするし。。。あーみっともない。



********************************************

ローブティサージュ 3歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

  詳しい血統解説はこちら

********************************************





勝つか、負けるなら4着でお願いします(笑)


ローブティサージュ 3歳牝馬

3/2sat.
阪神11R チューリップ賞-GⅢ



☆過去5年のチューリップ賞データ☆

阪神ジュベナイルFからチューリップ賞ヘ直行
[2-4-2-1-0--0]


阪神ジュベナイルF1着馬のチューリップ賞成績
[2-2-1-0-0--0]


これがチューリップ賞におけるデータですが、色んな意味でローブは過去のデータが通用しない馬なので^^;、4着くらいに負けるかもしれません。


だけど本当にそう思うのは、ローブが『まぐれでG1を勝った馬』とかという不安からではなく(まぐれじゃないし(`´メ))、『血の宿命』において今回は敗れる予感がするのです。その一因がユタカも深く関与しそうで。

今回ユタカは阪神ジュベナイルF2着馬のクロフネサプライズに騎乗します。そして恐らくハナを切る戦法に出ると思います。クロフネサプライズは余裕残しの馬体であくまでここは『叩き台』。ローブ、レッドオーヴァルの人気両頭が後ろからなので全馬意識は後ろに行きます。ユタカは引き付けてそれは上手なスローに持ち込むことでしょう。

しかし、そこが問題なのです!クロフネ×トニービンのクロフネサプライズは、ハイペースで逃げてこそ血の持ち味が発揮できるのです。引き付けてお釣りを残して直線向いても切れ味はにぶります。あくまで『長く良い脚』。

そうしてユタカが作り出した〝ありがた迷惑〟なペースはSS系に恩恵をもたらせます。スローから上がりの競馬、切れ味勝負になってしまいます。

わがローブは<ウォーエンブレム × Singspiel>、ヨーイドンでは叶いません。

そうして阪神ジュベナイルFの1着2着馬は撃沈してしまうかもしれません。クロフネサプライズは間違いなく惨敗、ローブは非SS系馬ですが、母から授かった配合のキイでもある<ハートライン上 Halo 3 x 4>の血がSS相手でも瞬発力勝負に〝そこそこ〟対応してくれるでしょう。しかし<ディープ x 米血>の〝キレ〟には叶いません。3、4着までかな?

。。。とこんな心配です。



しかし、彼女は2歳女王!
どんな条件でも勝ち負けしてこそ真の女王。

幸い彼女には「前を捕らえに行く勝負根性」が備わっています。どんなデータでも、どんな相手でも、この根性で常識を覆してしまうのが彼女なのだと信じています。



追伸、かつてチューリップ賞は勝ってはいけないレースと言われていましたよね♪4着で本番を制した名牝、ファレノプシス、プリモディーネ、そして・・・ジェンティルドンナ!!



勝つか、負けるなら4着でお願いします(笑)



ローブティサージュ/阪神11R チューリップ賞 GⅢ (芝1,600m)
          15頭8枠14番 54kg 秋山     発走15:35
前走で見事にGⅠ制覇を成し遂げると、その後は放牧に出て一息入れ、クラシックに向けてこの重賞からスタートを切る事になり、秋山騎手は「先週の動きもかなり良かったけど、27日の追い切りはそれ以上に良かったですね。本番前の一戦なので、オーバーワークにならない様に、落ち着かせながら走らせましたが、それで古馬オープンをアオるのですから、間違いなく出来は良いと思います。あとは、競馬に行っても今の落ち着きがあれば、力を発揮してくれると思うし、無様な競馬はしないと思いますよ。前回の休み明けのファンタジーSの時は、少しとぼける様な所がありましたが、今回はとても気持ちが前向きで覇気も感じられるので、断然今回の方が良いと思います。前に行く馬も、後ろから来る馬も力を持っている馬だと思いますが、あまり相手は気にせず、ローブの力を信じてこの馬の競馬をしたいと思っています」と話し、調教師は「牧場サイドが上手く調整してくれたこともあって、こちらでは何の不安もなく調教出来ましたよ。体もフックラしているし、間違いなくパワーアップしてくれているので、休み明けでもしっかり力を出してくれると思います。目標はまだ先だけど、ここでも良い走りを期待したいですね」と話しています。




********************************************

ローブティサージュ 3歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

  詳しい血統解説はこちら

********************************************



ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント