ポーラメソッドは優勝しました!@8/30(日)新潟7R3歳上500万下




出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/30 (日)
  ポーラメソッド(シルク・4歳牡)
 
 新潟7R 3歳上500万下 
  [芝1,800m・13頭・西田57]

   -- 優勝(7人気) --

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

西田君、Good Job!
そうあの乗り方なんだ!!
ありがとう。


20150830nigata7rtrif001.png




2015/08/31 <レース結果>
ポーラメソッド  8/30(日)新潟7R 500万下(混)[芝1,800m・13頭]1着[7人気] まずまずのスタートから先団に付け、道中は4番手あたりを追走、内々でレースを進め、残り600m付近から追い出しに掛かると、残り200m付近で逃げ馬を捉えて先頭に立ち、そのまま抜け出して最後は後続を3馬身引き離し、約2年振りとなる待望の2勝目を挙げています。 西田雄一郎騎手「厩舎が丁寧に仕上げてくれたおかげで、この馬本来の力を出せる状態にありました。時計の掛かる馬場が味方してくれたのは確かですが、それでも2着馬を3馬身突き放しているのですから、力が違いましたね。元々500万クラスにいる馬ではないと思っていましたし、上でも十分通用すると思います」 金成貴史調教師「以前は脚元に不安があったので、坂路でしかやれなかったのが、ここに来て脚元も固まり、コースでもしっかり追えるようになったことが大きいと思います。それに伴い体もどんどん良くなってきましたからね。それにチチカステナンゴ産駒ですから、力のいる馬場になったのも良かったと思います。元々力は500万の馬ではないと分かっていましたが、それをやっと証明することができました。脚元が変わりなければ、まだまだ上を目指せる馬だと思いますから、今後も良くケアしていきます。脚部不安で一年休養したり、脚元のためにダートを試して、やはり芝だということになったり、ここまで色々試行錯誤してきましたが、何とか結果を出すことができました。正直、前日の重賞勝ちよりも嬉しいです。ここまで時間が掛かりましたが、我慢して見守っていただき有り難うございます」





*********************************************

ポーラメソッド 4歳牡馬(シルク)
  父:チチカステナンゴ
  母:タイキポーラ
   BMS:トウカイテイオー

☆配合のキイ☆

▼チチカステナンゴは7代母がSomethingroyalという牝系。
▼チチカステナンゴ自身も、Somethingroyalを戻すSir Gaylord = Swansea 3 x 5をキイとした母から産まれた。当然ながら「Somethingroyal使い」が配合のキイとなる
▼本馬は、チチカステナンゴのキイSir Gaylord = Swanseaを継続させることに成功した。
∴不作の父の産駒で唯一活躍する可能性を秘めていると見た!
                          詳しい血統の解説はこちら
*********************************************
スポンサーサイト

ローブティサージュは7着でした。@8/30(日)キーンランドC-GⅢ

出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/30(日)
  ローブティサージュ(シルク・5歳牝)
 
 札幌11R キーンランドC-GⅢ 
 [芝1,200m・16頭]55 三浦 発走15:25

  ―― 7着(5人気) ――

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

もう19戦も戦ったんだね。
そりゃ、上積みはないハズだ。
去年に続く連覇を期待してたけど、
もう限界なのかも知れない。

SSの血が無い貴重な繁殖牝馬。
少し早めの繁殖入りでも良いのかも。




2015/08/31 <レース結果>
ローブティサージュ  8/30(日)札幌11R キーンランドC GⅢ[芝1,200m・16頭]7着[5人気] 押して好位に付け、道中は8番手あたりを追走、馬群の中でレースを進め、4コーナーから追い出しに掛かると、馬場の中ほどからジワジワと脚を見せたものの、上位には届かず差のない7着でゴールしています。 三浦皇成騎手「前回のことがあったので、今日は最低でも3列目くらいでは競馬をしようと思っていました。速い流れになってしまいましたが、ほぼ思っていた通りの位置が取れましたし、馬群の中でうまく脚は溜まっていました。直線でも前が開いたし手応えも十分にあったのですが、追ってから周りの馬を気にしたのか気持ちが抜けてしまった感じで、昨年ほどの脚を使ってくれませんでした。跨った時に少しテンションは高くなったものの、返し馬ではすぐに落ち着いてくれたのでこれはいいと思ったのですが、むしろ闘争心が足りなかったのかもしれません。それにゲート裏で他の馬を蹴ってしまったり、なにかレース以外に気を使ってしまっていました。連覇が出来なく本当に悔しいです」 須貝尚介調教師「直前の動きは申し分ないものでしたし、装鞍も問題なく行えました。いい雰囲気でレースに臨めましたが、結果的に今日は勝ち馬の流れになってしまいました。思っていたよりも前半が速い流れの中で団子状態になりましたし、決め打ちをしていた勝ち馬のジョッキーが今回は一枚上手でした。位置を取りに行く競馬をしてくれたのは悪くなかったですし、引っ掛かることもなく勝ち馬からそれほど離されてもいませんからね。この後は一旦放牧に出して、放牧先の状態を見て次のレースを考えたいと思います」







***********************************************

ローブティサージュ 5歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

***********************************************

ヨットマンは15着でした。@8/29(土)3歳未勝利


出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/29 (土)
  ヨットマン(シルク・3歳牡)
 
  新潟 2R   
   3歳未勝利 (芝 1200m) 江田56

   ―― 15着(14人気) ――

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お疲れ様でした。

儚(はかな)くも短い早熟馬の馬生でした。






2015/08/31 <レース結果>
ヨットマン  8/29(土)新潟2R 3歳未勝利(混)[芝1,200m・18頭]15着[14人気] 出遅れ気味のスタートで行き脚が付かず、道中は後方3番手あたりを追走、そのまま直線に向かい、内ラチ沿いからジワジワと脚を見せましたが、大きく順位は上げられず中団で流れ込んでいます。 江田照男騎手「パドックでも返し馬でもゲートでも、ずっとテンションが高く、抜くところがなかったですね。余計なところで力を使ってしまい、競馬の前にすでに消耗していました。競馬ではもう気持ちが途切れてしまった感じでした。あれでは走れないでしょう。芝・ダートの問題ではないですね」 栗田徹調教師「パドックではチャカチャカしていたし、ゲートでもガタガタして出遅れてしまいました。でも砂を被ることがないから、馬の後ろに入れても走りはスムーズでしたね。直線はバテてはいないものの、内のスペースが空いているところを突いた割に、もう一つ差を詰められませんでした。もちろん精神面の課題もありますが、もうワンパンチ足りないような気がします。結果を出せずに申し訳ありません」 これまでの競走内容や、今回優先出走権が取れず、限定未勝利戦への出走資格がないことを踏まえ、今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られ、3日のサラブレッドオークションに上場する予定です。







*********************************************

(外)ヨットマン 3歳牡馬(シルク)
  父: High Cotton
  母: Dinghy
   BMS: Fortunate Prospect


☆配合のキイ☆

-- 母は繁殖牝馬として理想の配合 --
▼母は、ハートライン(X染色体伝達経路)上におけるlucky debonair 3 x 4 のインブリードにより、競走馬として重要な遺伝子を高確率で伝えられるような配合馬。

▼父はMr. Prospectorを中心に同じ組み合わせ同士の配合、すなわち「父母相似配合」。

▼一見ごちゃごちゃしたクロスに見えるが、母のMr. Prospectorを累進させて、父の「キイ」の部分とうまく結合させる狙いが見受けられ、優性遺伝の継続的狙いが一貫していて好感的である。             
 詳しい血統の解説はこちら

*********************************************

ヨットマン、ラストラン!@8/29(土)3歳未勝利


出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/29 (土)
  ヨットマン(シルク・3歳牡)
 
  新潟 2R   
   3歳未勝利 (芝 1200m) 江田56

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

はい、ラストランです。

久々の芝ですけど。。。
たぶん無理です。





2015/08/26 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン 調教内容:南Dコースで26日に時計 次走予定:今週土曜の新潟・1200芝〔江田照男〕 栗田徹調教師「今朝(水)はダートコースで追い切りました。帰厩後は左トモに疲れが見られましたが、徐々に回復傾向にあります。今後も引き続きケアしていけば、競馬にはそれなりの状態で臨めると思います。後は節が足りるかどうかですが、できれば芝のレースを試してみたいですね。砂を被らない競馬をさせて、どれだけやれるか見てみたいですね」
2015/08/26 <調教タイム>
ヨットマン  助 手8.26南D稍 67.7- 52.0- 38.2- 12.8[9]強目に追う







*********************************************

(外)ヨットマン 3歳牡馬(シルク)
  父: High Cotton
  母: Dinghy
   BMS: Fortunate Prospect


☆配合のキイ☆

-- 母は繁殖牝馬として理想の配合 --
▼母は、ハートライン(X染色体伝達経路)上におけるlucky debonair 3 x 4 のインブリードにより、競走馬として重要な遺伝子を高確率で伝えられるような配合馬。

▼父はMr. Prospectorを中心に同じ組み合わせ同士の配合、すなわち「父母相似配合」。

▼一見ごちゃごちゃしたクロスに見えるが、母のMr. Prospectorを累進させて、父の「キイ」の部分とうまく結合させる狙いが見受けられ、優性遺伝の継続的狙いが一貫していて好感的である。             
 詳しい血統の解説はこちら

*********************************************

ローブティサージュ連覇だ!@8/30(日)キーンランドC-GⅢ

出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/30(日)
  ローブティサージュ(シルク・5歳牝)
 
 札幌11R キーンランドC-GⅢ 
 [芝1,200m・16頭]55 三浦 発走15:25

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

進路が詰まり、脚を余した前走。1秒のロスはあった。単純計算で前走のマイナス1秒だと去年と同タイムで勝ち馬とは0.2秒差という換算になる。即ち、巻き返し十分とみて、今回人気を落とすようならおいしい馬券ともなろう。ちなみに去年このレースを制している。。。

逆に言うと、結果が伴わなければ引退の文字もちらついてくる。。。





2015/08/27 <所有馬情報>
在厩場所:函館競馬場 調教内容:26日に芝コースで追い切り 次走予定:札幌8月30日 キーンランドカップ・芝1200m[三浦皇成] 須貝師「26日に芝コースで追い切りを行いました。動き・状態に関しては前走以上の出来にあると思いますし、後はスムーズな競馬が出来るかどうかに尽きますね。前走はまったく追い出すことが出来ず、消化不良なレースになってしまっただけに、去年の様な強い勝ち方をしてほしいですね」 助手「これまでのパターンと違い、今回は芝コースで追い切りを行いました。芝で追い切ったことで、適度に気合いも乗ってきたので、良い状態で出走出来そうですね。前走は前が完全に塞がって全く競馬に参加できなかったので、スムーズな競馬が出来れば去年の様なパフォーマンスを見せてくれると思います」


2015/08/26 <調教タイム>
ローブティサージュ  助 手8.26函芝良 61.5- 47.4- 35.4- 11.9[6]強目に追う







***********************************************

ローブティサージュ 5歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

***********************************************

ポーラメソッド初の新潟@8/30(日)新潟7R3歳上500万下




出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/30 (日)
  ポーラメソッド(シルク・4歳牡)
 
 新潟7R 3歳上500万下 
  [芝1,800m・13頭・西田57]

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

西田君、頼むよ。毎回言うけど(言わせんな!)SSの血は一滴も入ってないからね。ヨーイドンの競馬にだけは持ち込むなよ。




2015/08/26 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン 調教内容:坂路コースで26日に時計 次走予定:今週日曜の新潟・芝1,800m〔西田〕 金成調教師「順調に来ています。今週も坂路で時計を出しましたが、いつも通り良い動きでした。芝1,800mの方を本線に考えていますが、相手関係次第では芝2,000mに回ることも考えています。鞍上は西田騎手にお願いしました。脚元は安定していて、中間は順調に乗り込まれています。最近のレース振りは良くなっていますし、展開次第ではもっとやれると思います。後は新潟の馬場に対応できるかどうかですね」


2015/08/26 <調教タイム>
ポーラメソッド  助 手8.26南坂稍 55.1- 40.3- 26.3- 13.2 一杯に追う





*********************************************

ポーラメソッド 4歳牡馬(シルク)
  父:チチカステナンゴ
  母:タイキポーラ
   BMS:トウカイテイオー

☆配合のキイ☆

▼チチカステナンゴは7代母がSomethingroyalという牝系。
▼チチカステナンゴ自身も、Somethingroyalを戻すSir Gaylord = Swansea 3 x 5をキイとした母から産まれた。当然ながら「Somethingroyal使い」が配合のキイとなる
▼本馬は、チチカステナンゴのキイSir Gaylord = Swanseaを継続させることに成功した。
∴不作の父の産駒で唯一活躍する可能性を秘めていると見た!
                          詳しい血統の解説はこちら
*********************************************

フレズノは13着でした。


出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/23 (日)
  (外)フレズノ(シルク・3歳牡)
 
  札幌 4R   
   3歳未勝利 (芝 1200m) 古川56
    ―― 13着(7人気) ――

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

2戦目で変わるどころか、緒戦と同じような競馬。
これは芝がだめなのか、短距離がだめなのか?
ダートで一変の可能性は?洋芝でこの惨敗ぶりだから、一変はどうか?というのが正直なところ。

次が剣が峰の一戦となる。





2015/08/24 <レース結果>
フレズノ  8/23(日)札幌4R 3歳未勝利(混)[芝1,200m・15頭]13着[7人気] スタートで出遅れ、道中は後方3番手あたりを追走、残り600m付近から追い出したものの反応は一息で、直線では内目から前を窺いましたが、大きくポジションは上げられないまま後方でゴールしています。 古川吉洋騎手「初戦を見る限りゲートはあまり出ないだろうなと思ったので、スタートから出していきましたが、前回よりは良かったものの、やはり行き脚が付きませんでした。しかもペースが速くて追走に苦労しましたね。乗り味は悪くないんですけど、もう少しキャリアがほしいですね。調教ではダートコースを走っているのですが、フットワークからもダートも悪くはないと思います」 古賀慎明調教師「能力はあるはずなのですが、スタートがあれではどうしようもないですね。せめて中団ぐらいで流れに乗ることができれば良いのですが・・。競馬の後、また熱発してしまいましたが、今朝にはすぐに落ち着き、馬もそれほどガタッと来ている感じはありません。節的に使えるかどうか直前にならないと分かりませんが、中山の未勝利戦を目指し、一旦放牧に出します」










********************************

(外)フレズノ(シルク3歳・牡馬)

 父名:Lord of England
 母名:Firedance
 英名:Fresno
 意味:ダンスのステップの一つ
 厩舎:古賀慎明
 生産:ドイツ


-- 「突然変異」「隔世遺伝」を狙った配合のキイ --
父 Lord Of England の4代母は Lomitas。母父 Lomitas の5代母は Lomitas。
すなわち、本馬の Lord Of England x Lomitas という配合は、同牝系同士の配合で、Love In を 4 x 5 の牝馬クロスで戻している。
それらをを介しての Liranga ≒ La Colorada 3 x 3 、これが本馬の配合のキイである。
詳しい血統の解説はこちら

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



フレズノ、2戦目で変わるか!?


出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/23 (日)
  (外)フレズノ(シルク・3歳牡)
 
  札幌 4R   
   3歳未勝利 (芝 1200m) 古川56

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

能力があれば、ここで変わる。。。。そう思っている。

ただ、柴山が同じシルクでもグレイスフルアートの方を選んだのが。。。
まぁ、あの馬も“心の愛馬”だけど。





2015/08/20 <所有馬情報>
在厩場所:札幌競馬場 調教内容:札幌ダートコースで19日に時計 次走予定:今週日曜の札幌・芝1,200m〔古川〕 古賀慎明調教師「その後は熱発もせず順調です。来週以降は○混の芝1,200mの番組がないので、今週も入らなければダート戦に回ることも考えていましたが、何とか芝の方に入りました。2戦目の変わり身に期待したいですね」 調教助手「昨日(水)は古川騎手が騎乗し、単走・馬なりで追い切りを行いました。先週の追い切りは道中が速くなった分、終いの時計が掛かってしまいましたが、今週は全体時計・終いの時計ともに上々だったと思います。先週から今週にかけて熱発はしていないですし、競馬までこのまま行ってくれればと思います」


2015/08/19 <調教タイム>
フレズノ  古川吉8.19札ダ重 72.7- 56.1- 40.4- 12.1[6]馬なり余力









********************************

(外)フレズノ(シルク3歳・牡馬)

 父名:Lord of England
 母名:Firedance
 英名:Fresno
 意味:ダンスのステップの一つ
 厩舎:古賀慎明
 生産:ドイツ


-- 「突然変異」「隔世遺伝」を狙った配合のキイ --
父 Lord Of England の4代母は Lomitas。母父 Lomitas の5代母は Lomitas。
すなわち、本馬の Lord Of England x Lomitas という配合は、同牝系同士の配合で、Love In を 4 x 5 の牝馬クロスで戻している。
それらをを介しての Liranga ≒ La Colorada 3 x 3 、これが本馬の配合のキイである。
詳しい血統の解説はこちら

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




パドルウィールは、2着でした。 @ 8/15(土)小倉12R・3歳上500万下




出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/25 (土)
  パドルウィール(シルク・4歳牡)
 
  小倉12R 3歳上500万下(混)
   [芝2,000m・10頭] 川田57

   ―― 2着(1人気) ――

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

またもや人気に、しかも単勝1倍台に応えられなかった。。。
小銭の賞金を咥えてくるよりも、馬券の損失の方がはるかに大きい。
2000mはもういい。
1800m以下に絞ってくれ。

気がつけば15戦も費やして、ムダ打ちが多すぎる。

戦前にも書いたけど、この馬は上のクラスの方が競馬をしやすいと思うので、早くポンポーンと勝ち上がって、本来は重賞で、こういう善戦を繰り返すタイプと思うんだわ。

夏休みなどとは言わずに、得意の阪神を有効に使ってくれ!



2015/08/17 <レース結果>
パドルウィール  8/15(土)小倉12R 500万下[芝2,000m・10頭]2着[1人気] まずまずのスタートから中団に付け、道中は6番手あたりを追走、残り600m付近から徐々に進出し、直線では馬場の中ほどから前を追いましたが、先に抜け出した勝ち馬には僅かにハナ差及ばず、惜しくも2着に敗れています。 川田将雅騎手「流れが落ち着いて前が詰まるといけないと思い、なるべく外目の位置に取り付きました。あまり気分よく行かせると終いの脚が生かせないタイプなので、前半は無理せず追走していきましたが、折り合いも付いていましたし、追い出してからもしっかり脚を使ってくれました。直線が短いこともあって、勝ち馬に詰め寄ることは出来ませんでしたが、小回りコースも対応してくれましたし、よく頑張ってくれたと思います」 中尾秀正調教師「川田騎手も一度跨って脚を余していたことがあるだけに、今回は上手く外目を走らせてスムーズな競馬に徹してくれました。小回りコースが鍵になると思っていましたが、もう少しのところまで詰め寄ることが出来ましたし、対応してくれたと思います。休養明け2走目で長距離輸送の後なので、一旦ノーザンファームしがらきに放牧に出して秋に備えようと思います」







*********************************************

パドルウィール 4歳牡馬(シルク)
  父:クロフネ
  母:レストレスハート
   BMS:サンデーサイレンス

☆配合のキイ☆

「フレンチデピュティ系とSSのNicks、
Deputy Minister系とレストレスハートのNicks」
▼キイ1: Banish Fear ≒ Blue Moon、Beau Pere = Belle Mere、で父と母父は結合
▼キイ2: Deputy MinisterのキイであるBunty Lawlessとレストレスハートは同牝系!
# フレンチデピュティとSSのニックスを中心に、レストレスハート内にある血がクロフネのキイを引き出している。
    詳しい血統の解説はこちら
*********************************************




パドルウィール、ここは決める。 @ 8/15(土)小倉12R・3歳上500万下




出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/25 (土)
  パドルウィール(シルク・4歳牡)
 
  小倉12R 3歳上500万下(混)
   [芝2,000m・10頭] 川田57

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

勝ち味に遅く、イライラさせるけど、こんなところでウロチョロしててもろたら困る。

こういう馬は、(ペースが速くなる)上のクラスの方が競馬がしやすいと思うんだわ。そのためにも早く勝ち上がって、ポンポーンといきたいところ。川田、頼む!





2015/08/13 <所有馬情報>
パドルウィール
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 
12日にCWコースで追い切り 次走予定:小倉8月15日 芝2000m[川田将雅] 中尾師「12日の追い切りは、小倉までの移動が控えているので終い重点で行いました。暑さの影響もなく、状態に関しては前走以上の感触を得ているので、後はスムーズな競馬が出来るかどうかに尽きますね。早目に仕掛けると終いが甘くなってしまうし、仕掛けが遅れてしまうと小回りコースだけに届かない可能性があります。そのあたりは川田騎手が乗り慣れた競馬場ですし、上手く乗ってくれると思います。休養明け2戦目が一番走り頃だけに、ここをしっかり勝ち上がって秋に備えたいですね」



2015/08/12 <調教タイム>
パドルウィール  
助 手8.12CW良 83.6- 67.2- 52.5- 38.9- 11.6[6]馬なり伸る







*********************************************

パドルウィール 4歳牡馬(シルク)
  父:クロフネ
  母:レストレスハート
   BMS:サンデーサイレンス

☆配合のキイ☆

「フレンチデピュティ系とSSのNicks、
Deputy Minister系とレストレスハートのNicks」
▼キイ1: Banish Fear ≒ Blue Moon、Beau Pere = Belle Mere、で父と母父は結合
▼キイ2: Deputy MinisterのキイであるBunty Lawlessとレストレスハートは同牝系!
# フレンチデピュティとSSのニックスを中心に、レストレスハート内にある血がクロフネのキイを引き出している。
    詳しい血統の解説はこちら
*********************************************





今週は2頭出走(セカンドエフォートDebut!)し、ともに逃げての3着。



アンフィールド(ノルマンディー)

    8月8日(土) 新潟 1R  

    2歳未勝利(芝 1800m) 田辺 54

         ― 3着(4人気) ―






セカンドエフォート(シルク)

    8月9日(日) 札幌 5R  

    メイクデビュー札幌(2最新馬・芝 1800m) 吉田隼 54

         ― 3着(4人気) ―







セカンドエフォートは3着でした。@ 8/9(日)・札幌 5R・メイクデビュー札幌 (2歳新馬・芝1800m)


出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/9 (日)
  セカンドエフォート(シルク・2歳牡)
 
  札幌 5R   
   メイクデビュー札幌 (2歳新馬・芝1800m)吉田隼人54

       ―― 3着(4人気) ――

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

伸びあがるようにスタートを切るも、二の脚速くハナに。1人気馬がすぐ後ろ、そして3番手を追走していた2人気馬が早めに動き出して一気にレースが動くことで厳しい展開に。結局は1人気、2人気馬ともに枕並べて討ち死に状態になり、そうなれば当然ながらチャンスは後ろの馬にやってくる。6人気、11人気が後ろから猛追、波乱の結果に。

そのような展開の中で、3着に逃げ残ったセカンドエフォート。個人的には評価したい。

20150809sapporo5r.png





2015/08/10 <レース結果>
セカンドエフォート  8/9(日)札幌5R メイクデビュー札幌 2歳新馬[芝1,800m・11頭]3着[4人気] ゲートの出は一息だったものの行き脚は良く、道中はハナに立ってレースを先導、向正面からは雁行態勢となり、2番手の馬と並ぶ形で4コーナーを回ると、残り200m付近で振り切って抜け出しましたが、離れた外から上位2頭の強襲に遭い、3着でゴールしています。 吉田隼人騎手「追い切りに乗せてもらって、気持ちの面でまだ物足りない感じを受けましたが、レースではスタートからスッと行けましたね。1コーナーで多少外に膨らむ感じでしたが、道中の走りは良かったです。最後は決め手のある馬に差されてしまいましたが、展開もありましたし芝が合わないという馬ではないと思います。まだ全体的に緩さの残る馬ですし、経験を積んでしっかりしてくれば走ってくると思います」 担当助手「今週の追い切りで後ろから力のある馬に突っつかれても頑張ってくれていましたし、切れるタイプではないので前に行ったのは良かったと思います。レース中に右前脚を落鉄していたので、戻ってから脚元をしっかりと見ておきます」 村山明調教師「勝負処までは悪くありませんでしたが、切れ味勝負で分が悪かったことを考えると、ダートでこその馬なのかもしれませんね。この後はノーザンファーム空港へ放牧に出し、阪神開催のダート戦に向けて調整してもらいます」










********************************

セカンドエフォート

父:ワイルドラッシュ
母:ディフィカルト
 母父:Concern

英名:Second Effort
意味:タックルされた後にさらに前進する
厩舎:村山明
生産:ノーザンファーム
兄:テスタマッタ(フェブラリーS-G1、ジャパンダートダービー-JPN1ほか)

***************************************

<血統・配合解説>

-- 70数年という時をかけて、牝系のキイを緻密に継続させるように累代配合させてできた結晶 --

ワイルドラッシュがハイペリオン(チョーサー)を累進させる役を、ディフィカルトは祖先の配合のキイであるサイリーンを累進させてファラリスを強調させる役を、それぞれがキイを継続させて一つになる。それが間接的に<ファラリス×チョーサーのニックスの再現>となる。ワイルドラッシュ × ディフィカルトとは、そのような配合馬なのだ。  詳しい血統の解説はこちら

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



期待馬セカンドエフォート、Debut!@ 8/9(日)・札幌 5R・メイクデビュー札幌 (2歳新馬・芝1800m)


出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/9 (日)
  セカンドエフォート(シルク・2歳牡)
 
  札幌 5R   
   メイクデビュー札幌 (2歳新馬・芝1800m)吉田隼人54

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

テスタマッタの半弟で、父ワイルドラッシュという、いわば「ダート鬼血統」であるセカンドエフォート、まずは札幌芝1800mでDebut!





2015/08/07 <出走情報>
セカンドエフォート  8/9(日)札幌5R メイクデビュー札幌 2歳新馬[芝1,800m・11頭]54 吉田隼人 発走12:10 村山師「5日の追い切りでは自厩舎のダノンレジェンドと併せて行いましたが、吉田隼人騎手の話では『まだ気持ちが乗りきっていない所があるものの、素直で乗り易いので、実戦に行けば心配なさそう』とのことでした。堅実に行けばダートだと思いますが、今の時期なら芝でも対応出来ると思うので、兄のテスタマッタのように大物になってほしいですね」
2015/08/05 <所有馬情報>
  

2015/08/05 <調教タイム>
セカンドエフォート  吉田隼 8. 5札ダ良 69.0- 52.8- 38.4- 11.9[7]強目に追う   ダノンレジェンド(古オープン)馬なりの内に0.9秒先行0.1秒遅れ










********************************

セカンドエフォート

父:ワイルドラッシュ
母:ディフィカルト
 母父:Concern

兄:テスタマッタ(フェブラリーS-G1、ジャパンダートダービー-JPN1ほか)

厩舎:栗東・村山明

募集時の写真
difficult13bosyuji1001.jpg

最近の写真
d_02430118.jpg

***************************************

<血統・配合解説>



偉大な兄テスタマッタは、父タップイットを通り越したアンブライドルドのコピー(隔世遺伝)と考える。それは、アンブライドルドが4代母アスピディストラを戻す配合であり、ドクターファーガー内包のテスタマッタの母ディフィカルトとの交配により、アスピディストラを累進させる配合となるからだ。

その偉大な兄のような実績を求めるのは酷であり、それは残念ながら血統背景からそういう結論に達してしまう。本馬には兄ほどの配合のキイは存在しないのだ。

しかし、ディフィカルトは仔出しが良いという事実がある。「そこそこ」は期待できる仔を出してくれる母なのだ。その裏付けなら語れる。


ディフィカルトの仔出しの良さを解析するに当たって、ボトムを遡り、5代母Minoriaの配合のキイを語らずにはおられない。この祖先こそが、後々に主流血脈と和合する受け皿を作った、いわば累代配合における“アクセスポイント”となる牝馬なのだ。

ディフィカルトから遡って5代母Minoriaは、Taberniera ≒ Minerva(6/8強同血クロス)2 × 1 という、母と類似した血を持つサイアーと交配した強烈な配合のキイを持つ。またその核となす サイリーン Cyllene は、ハートライン上での 3 × 3インブリード配合である。



サイリーンは、息子ポリメラス、そして現代の主流の祖と呼ばれるファラリスへとメールラインを拡大させる。したがって、ディフィカルトの5代母Minoriaの配合のキイ ――ハートライン上のサイリーンクロス―― が、後世において現代の主流血脈と結合させるキイとなっていることが理解できる。

ファラリス × チョーサー といえば有名なニックスだが、このニックス配合によりファロスが造られ、ファロス→ネアルコへと繋がった。また、チョーサーはハイペリオンの母父でもあり、ネアルコ × ハイペリオンは二アークティックである!そうして二アークティック→ノーザンダンサーへと主流のメールラインは更なる拡大をした。

このように、ファラリス系(主流血脈)の繁栄の陰には、チョーサー(ハイペリオン)というサポート的な血の存在の大きさが理解できる。

現代においても、ファラリス × チョーサーというニックスが継続されているのだ!
(余談だが、オルフェーヴルは体の小ささも含めて、このニックスによる優性遺伝ではないか?)



さて、話を戻すと、ディフィカルトの牝系のキイは、「サイリーン」であり、それは「ファラリスの受け皿」と書いた。

ファラリスを活かすのは「チョーサー(ハイペリオン)」とも書いた。

本馬ディフィカルトの13の父は、ファラリス系 × ハイペリオン系のワイルドアゲインの子ワイルドラッシュである!

ワイルドラッシュが、ファラリス~二アークティックの傍流であることが幸いしての、アイスカペイド ≒ ノーザンダンサーで二アークティックを強調するのは、この牝系のキイ「サイリーンの累進クロス」から見ればむしろ好都合。


ワイルドラッシュにおいて、ハイペリオンが配合のキイとなるのは、トニービン肌のトランセンドが証明している。

ワイルドラッシュがハイペリオン(チョーサー)を累進させる役を、ディフィカルトはサイリーンを累進させてファラリスを強調させる役を、それぞれがキイを継続させて一つになる。それが間接的に<ファラリス×チョーサーのニックスの再現>となる。ワイルドラッシュ × ディフィカルトとは、そのような配合馬なのだ。



短期における配合の効果で出る名馬もいるが、このように70数年という時をかけて、牝系のキイを緻密に継続させるように累代配合させてできた結晶、執念というか、血の奥深さがとても感慨深い。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




今日は小当たり2本と万券1本

新潟1R 2歳未勝利

20150808nigata1rtrif001.png
3連単 6-3-4 2,040円

20150808nigata1rtrif002.png
20150808nigata1rtrif003.png






小倉8R  3歳以上500万円以下

20150808kokura8rtrif001.png
3連単 10-8-6 5,080円

20150808kokura8rtrif002.png
20150808kokura8rtrif003.png






小倉12R 3歳以上500万円以下 

20150808kokura12rtrif001.png
3連単 3-12-5 11,100円

20150808kokura12rtrif003.png
20150808kokura12rtrif002.png

アンフィールドは3着でした。@ 8日(土)新潟1R・2歳未勝利・芝1800m



出資馬 出走結果
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/8 (土)
  アンフィールド(ノルマンディー・2歳牡)
 
  新潟 1R   
  2歳未勝利 (芝 1800m) 田辺 54

  ―― 3着(4人気) ――

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

惜しいっ!
「スピードの持続」が持ち味と思うので、あのような「逃げ」の競馬は最適だったと思う。離して逃げる大逃げや捲りといった競馬がこの馬のスタイルになりそう。逆に言うと、決め手の勝負では分が悪い。




★8/8(土)新潟・2歳未勝利(芝1800m・混)田辺裕信騎手  結果3着

「ハナを主張する相手もいませんでしたし、スローペースになることは明白だったので、マイペースの逃げをうちました。直線に向いても手応え十分で、他馬が並びかけてくるのを待ってゴーサインを出しました。もう少し食い下がれると思いましたが、現時点での勝ち馬の完成度が1枚も2枚も上で、最後はキレ負けしてしまいました。体を上手に使いスムーズに走り、折り合いを欠くこともなく能力を発揮することができて良かったです。距離と左回りの広いコースが合っていたと思いますよ」(田辺裕信騎手)





*********************************************

アンフィールド(ノルマンディー・2歳牡馬)
父:コンデュイット
母:キョウエイワンダー
(母の父:サンデーサイレンス)
生産:新ひだか・岡田スタッド  
美浦・尾形和幸厩舎


☆配合のキイ☆

「このコンデュイット産駒には配合のキイがある!」
ネヴァーベンドの孫アイリッシュリヴァーの 3 × 4 のインブリード、それは、コンデュイットの配合のキイの一つである「ラランの牝馬クロス」を累進させるクロスでもある。すなわちそれは、コンデュイットとキョウエイワンダーを繋ぐクロスとなる。
                         
詳しい血統の解説は こちら

*********************************************

アンフィールド、距離短縮で巻き返す@8日(土)新潟1R・2歳未勝利・芝1800m



出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/8 (土)
  アンフィールド(ノルマンディー・2歳牡)
 
  新潟 1R   
  2歳未勝利 (芝 1800m) 田辺 54

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

前走の新馬戦は、1番人気を裏切る凡走。
しかし、距離が長いと感じた前走でもあった。
『コンデュイットだけどマイラー!この馬は「コンデュイット」というより、「アイリッシュリヴァーの 3 × 4」だったんだ!』と前走後の短評で書いた。

たった1ハロン短縮でも、水を得た魚のように走りは一変する。。。そう信じている。アイリッシュリヴァーの隔世遺伝説が、ここで証明される!?




☆8/8(土)新潟・2歳未勝利(芝1800m・混)田辺裕信騎手

5日(水)に坂路コースで4ハロンから0.4秒先行して併せ、56.9-42.4-28.6-14.9を馬ナリに追い切りました。「今週の2歳未勝利戦に芝1600mと芝1800mという似たような条件が組まれていて、頭数もそこそこに落ち着くだろうということで出走を決定しました。中1週での新潟輸送を考慮し、軽めの追い切りにとどめています。母系の血統からマイル以下の距離に適性があるのではないかと思うところもありますが、段階を踏んで距離短縮をしていきたいですし、骨っぽい相手がいるものの全体のメンバーは1800m戦の方が薄いと考え、こちらをチョイスしました。田辺騎手も2度目の騎乗なので、癖や長所・短所を掴んでいると思いますので、消化不良の競馬にはならないと思いますよ。いずれにしても積極的に自分から動くレースをしてもらうつもりです」(尾形和幸調教師)





*********************************************

アンフィールド(ノルマンディー・2歳牡馬)
父:コンデュイット
母:キョウエイワンダー
(母の父:サンデーサイレンス)
生産:新ひだか・岡田スタッド  
美浦・尾形和幸厩舎


☆配合のキイ☆

「このコンデュイット産駒には配合のキイがある!」
ネヴァーベンドの孫アイリッシュリヴァーの 3 × 4 のインブリード、それは、コンデュイットの配合のキイの一つである「ラランの牝馬クロス」を累進させるクロスでもある。すなわちそれは、コンデュイットとキョウエイワンダーを繋ぐクロスとなる。
                         
詳しい血統の解説は こちら

*********************************************

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント