ララパルーザ初勝利!パドルウィールは堅実に3着



3月21日(月)
  ▲ パドルウィール(シルク)
     中京 10R  
     小牧特別(芝 2000m) 藤岡康太
    ― 3着(4人気) ―


3月23日(水)
  ▲ ララパルーザ(ノルマンディー)
     笠松 9R  
     盛春賞(ダ 1400m) 佐藤友則
    ― 優勝(4人気) ―



パドルウィールは、良いリズムで競馬が出来ましたが、馬場の勢?伸びが案外でした。


ララパルーザは笠松の交流レースに選出され、見事優勝しました!
賞金はたったの37万も、これで「未勝利のタイムリミットの心配」はなくなりました。これからの馬です!!

スポンサーサイト

パドルウィール(月)と、ララパルーザ(水)が出走! #ララパルーザは地方交流戦



3月21日(月)
  ▲ パドルウィール(シルク)
     中京 10R  
     小牧特別(芝 2000m) 藤岡康太

3月23日(水)
  ▲ ララパルーザ(ノルマンディー)
     笠松 9R  
     盛春賞(ダ 1400m) 佐藤友則




パドルウィールは、前走は内田の、指示を無視した最悪の騎乗で人気を大きく裏切った。今回は藤岡康太。トップJKに乗っていただくに越したことはないが、このような中堅JKの方が調教師の指示をよく聞いていいのかも?それくらい乗り難しい馬なので。


ララパルーザは笠松の交流レースに選出されました。同じJRA組に実績ある馬がおり、勝ち負けは厳しいかもしれませんが、力の要す砂質はあっているような気がするので、ちょっと期待しています。


キャロットリニューアル元年の会報誌


こんなん出てきた。


IMG_04581.jpg


おおっ!(知る人ぞ知るw)ベンロイヤル!!

IMG_04591.jpg




後のキャロットリニューアル後初の重賞馬となるトリリオンカットも、この時はまだ残口があったのね!

IMG_04641.jpg



息子達に託すそれぞれの母の想い

こんなん出てきた。

IMG_04571.jpg


第66回優駿牝馬(G1)
1着 シーザリオ
2着 エアメサイア
3着 ディアデラノビア


時代は繰り返すのか?それとも。。。

さて、その息子達の皐月賞、ダービーの結果はいかに!


セカンドエフォート、6着。やはり“公開調教”でしたorz


3/13(日)
セカンドエフォート (シルク) 
   阪神5R 3歳500万下(混)
   [D1,400m・14頭]55 小崎綾也 発走12:20

       ― 6着(9人気) ―


あんちゃん。。。
前走の対戦し僅差だった馬が勝って、過去に負かした馬が2着に来ているレースなんだから、
最低でも掲示板は確保してくれないと。

脚を余したサイテーな騎乗も、まぁ予想どおりといえば予想どおり。
このレースへ挑むに当たっての、村山の真意がよくわからない一戦だった。

セカンドエフォート、今回は公開調教で次が勝負か。


3/13(日)
セカンドエフォート (シルク) 
   阪神5R 3歳500万下(混)
   [D1,400m・14頭]55 小崎綾也 発走12:20



デビューからずっとトップJKが跨ってくれたセカンドエフォート。前走も昇級緒戦にしては悪くない内容なのに、今回配した鞍上は若いあんちゃん。能力を見限られての事か、10日競馬だし、公開調教のつもりなのか?

個人的には後者だと信じたい。さらに、「たとえ公開調教でも、5着以内には入れる自信があり、目標は次のレースなんだ!」と。


(土)ウォリアーズソウルは4着、(日)ユメミグサは16着でした。


先週のアペルトゥーラに続け~!!


<土曜日>
   ウォリアーズソウル(ノルマンディー)
  中山 12R 4歳上1000万下(ダ 1200m) 蛯名57
       ― 4着(4人気) ―

<日曜日>
  ユメミグサ(ノルマンディー)
  阪神 2R 3歳未勝利(ダ 1200m) 小牧56
       ― 16着(10人気) ―




ウォリアーズソウルは、外枠有利の中山ダート1200mにおいて、大外枠から好スタート!しかし今回は抑える競馬を試みると言うことで直線ぎりぎりまで貯めての追い出し。しかし、(現時点において)この馬はヨーイドン!では分が悪い(キレがない、長く良い脚を使う)ので、ゴール前は前は捕らえられない、後からも差されるという最悪の結果。何が一番最悪と言えば、ハナ差で3着ではなく4着ということ。1000万下において3着と4着では、次走への調整でかなりのハンデを負うこととなる。昇級2戦目で勝ち馬から差のない(0.3差、2着とは同タイム)4着ならば、「蛯名、good job!」とすべきか。

本当に抑えてヨーイドンに対応できる脚質になるのかなぁ?それってこの馬のいわば「血の宿命」に反するチャレンジとも思うんだけど。。。持ち味~すっと先団に取り付いて、早め抜け出していかに粘れるか~に磨きを掛けた方が良いと思うんだけど。。。


ユメミグサは、向こう正面でズルズル後退、なんとかゴールをしたものの、入線後小牧JKは下馬→後ろ脚を気にする仕草。後日検査により詳細が明らかになるだろうが、股関節、飛節の骨の異常ならば、未勝利戦が番組に組まれている間の復帰は厳しくなるのでこのまま協議になるかも。。。




今週はウォリアーズソウルとユメミグサが出走


先週のアペルトゥーラに続け~!!


<土曜日>
   ウォリアーズソウル(ノルマンディー)
  中山 12R 4歳上1000万下(ダ 1200m) 蛯名57

<日曜日>
  ユメミグサ(ノルマンディー)
  阪神 2R 3歳未勝利(ダ 1200m) 小牧56



ユメミグサ、岩田に見限られちゃったけど、そのだ時代から岩田より小牧の方が好きだったから^^


ウォリアーズソウルは、前走の昇級緒戦で見所無かったので今回は今後のことも考えて後から行くみたい。前でどれだけ粘れるか?が本馬の“売り”とおもうだけに、惨敗の予感が・・・



ナリタオリーブの2014の血統解説



父スズカフェニックス

母ローズオブスズカは、シンコウキング・ドクターデヴィアスらときょうだいであり、シンコウキングとは、同じ父Fairy Kingを持つ「全きょうだい」という関係である。

本馬の叔父に当たるシンコウキングは、Fairy Kingのスピードで高松宮記念を制したスピード馬だったが、本馬も又この叔父と同じスピード因子を母方の祖父Fairy Kingから受け、叔父同様に高松宮記念を制した。

産駒へは、単調なスピードだけではなく、力の要す馬場や、一定のスピードの持続を要す展開に向くスタミナを伝え、洋芝、重馬場、ハイペースで前が総崩れとなる展開などに台頭する産駒が多いのが特徴。





Special=Thatch (全きょうだいクロス)

ナリタオリーブの2014は、Special=Thatch (全きょうだいクロス) 5×5を配合のキイとし、その全きょうだいクロスがフェアリーブリッジとウェルシュマフィンのそれぞれ名牝を介してのクロスということで、※ディープサマーを連想させる配合だ。
(※ディープサマーは、タイキシャトル×サドラーズウェルズのスプリンター)


Eight Thirtyを軸にしたSS系との結合

本馬には、もうひとつ注目したい配合のキイがある。
それは、3代母Cornish Princessまで遡ることとなるが、この3代母、Eight Thirty 3 x 3 というインブリードを持ち、このEight Thirtyという種牡馬が、SS系スズカフェニックスとの結合に一役買うこととなるので、少し話が横道に逸れるが、Eight Thirtyについて触れておきたい。以下は、弊ブログで「SS系とフレンチデピュティのニックス」について書いた物の一部抜粋したものである。ぜひご覧いただきたい。
******************************
SS系とフレンチデピュティの相性の良さを説明するとき、Eight Thirtyというサイアーがニックスの架け橋となっている。それは、Eight Thirty内の牝馬2本とクロスしてのニアリークロス、Banish Fear ≒ Blue Moon が、SS系 x フレンチデピュティ において生じるからである。
******************************
話を戻すと、本馬はフレンチデピュティのようにBlue Larkspurの肌にEight Thirty、というわけではないので、Banish Fear ≒ Blue Moonのニアリークロスは作れないが、しかし、上でも書いたように、ポイントは、「Eight Thirtyというサイアーがニックスの架け橋となっている」という部分なのである。Banish Fearにおいては、本馬はSS系×タイキシャトルなので、Halo 3 x 4のインブリードを作る、ということは即ち、「Banish Fearを累進させる」、ということであり、Banish Fearの母Herodiadeは、実は、Eight Thirtyとはかなり“ニアリー”なのである!少しややこしいが下に列記すると。。。

▼(Banish Fearの母)Herodiadeの母はHerodias。
▼Eight Thirtyの父母はHerodias。

▽(Banish Fearの母)Herodiadeの父Over Thereは、Spearmint×Summer Girl。
▽Eight Thirtyの3代母Bathing Girlは、Spearmint×Summer Girl。
∴Bathing Girl=Over There (全きょうだい)

ややこしいので表を貼ると以下のように・・・

herodiadeandeightthirty.png


(Banish Fearの母)Herodiadeの父Over Thereと、Eight Thirtyの3代母Bathing Girlは「全きょうだい」で、さらにHerodiadeの母とEight Thirtyの父母が同じHerodias。どうだろう、

Herodiade≒Eight Thirty

と表記していいのではないか?

ならば、SS系とフレンチデピュティのBanish Fear ≒ Blue Moonばりのニックス配合のキイが本馬にはあるということとなる。

●SS系×タイキシャトルで、Herodiadeの累進
●本馬の3代母はEight Thirty 3 x 3
→Herodiade≒Eight Thirtyによるスズカフェニックスとナリタオリーブの結合!



---------------------------------------------------
ナリタオリーブの14(ノルマンディー)
牝馬 栗 2014/5/5生
父:スズカフェニックス
母:ナリタオリーブ
(母の父:タイキシャトル)
生産:静内・マークリ牧場    
所属:美浦・大竹正博厩舎入厩予定
---------------------------------------------------


naritaolive2014027.jpg
naritaolive2014blood.png

ハニーロコガール(サマーロコガールの14)


ロージズインメイ産駒が未だデビューしていない2008捻5月のとある日、我が輩は弊ブログでこのようなことを書いたのでありました。――

*********************************

<ロージズインメイ産駒の「走る配合」を予想>
2008.05.09の血統ブログより)

一足早くラフィアンでは07年産の募集馬リストが届いたもよう。そこには総帥期待のロージズインメイ産駒がたくさんあるらしい。セゾンも恐らく「ロージズインメイだらけ」になるとの予測。そこで、ロージズインメイの成功パターン(走る配合)を予想したいと思う。

ロージズインメイ自身、「配合のキイ」となっているのは、Banish Fear <名牝クロス> 6 x 5 で、これを利用しない手は無いと思う。この<名牝クロス>を「継続」させるのだ!Banish Fearは、名牝Cosmahの父母。すなわち、Haloの母父母がBanish Fearなので、特にそこに着目したのが以下の予想。。。

<caution!>
ロージズインメイ産駒は、まだ実際に走っておりません。
これから述べる事はあくまで「机上の空論」です。
したがいまして、出資検討の際は、十分にご注意下さい。


~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~

予想 #1. ≪母父サンデーサイレンス≫
これから先も他の追撃を許さない勢いでBMSのリーディングトップに君臨すると思われる母父サンデーサイレンス。この母父サンデーサイレンスの肌馬にも合うのではないか?というのが一つ目の予想。
⇒この形が一番理想の形。Banish Fear 6 . 7 x 6のパターン。

予想 #2. ≪コスマーを介すパターン≫
母父Machiavellianを筆頭に、Rahy&シングスピール&グランドオペラ3兄弟、祖母の父あたりでファーザーズイメージやワッスルタッチ、将来的にはFusaichi Pegasus&ウェイオブライト&キングヘイロー(これらは母が若すぎるので今はNG)などなど。特にRahyなどはDevil's Bag=Glorious Song<全姉弟クロス>も同時に「キイ」となるので良いのではなかろうか。
⇒いづれもBMSが魅力で底力がありそうも、Banish Fear 6 . 7 x 7のパターンで、
 Banish Fearの継続クロスが薄くなる配合。

予想 #3. ≪Prince Johnを介すパターン≫
Riverman、Irish River、ナグルスキーなどなど。
⇒ダート馬になる可能性あり。Banish Fearの継続クロスが薄くなる配合。

予想 #4. ≪Cosmah系のファミリー出身の母≫
例えば、ニシオセーラムやカネトシディザイア、ロイヤルコスマーの娘たち。。。
⇒丁度良い位置で自らの牝系を戻す効果で、Banish Fearの継続クロスが薄くなるのをカバー。
 
~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~

将来、ラフィアンやセゾンで募集されそうな配合シミュレーション。

仮想配合 #1. ≪ロージズインメイ×ダイイチアピール≫
Banish Fear 6 . 7 x 6
⇒兄同様に瞬発力で勝負。芝7F~8F向き。

仮想配合 #2. ≪ロージズインメイ×アラデヤ≫
Banish Fear 6 . 7 x 7
⇒兄マイネルスケルツィほどの配合的特長(父母相似配合)を備えていないが、
 兄よりも軽いイメージ。芝8F~10F向き。

--------------------------------------------------------

(オマケ…これは凄い!募集価格は1億円かな?)

仮想配合 #3. ≪ロージズインメイ×Heraklia ヘラクリア≫
⇒偉大な兄、フィフティーワナー同様にSource Sucreeの継続クロスでIrish Riverが
 強調され、さらに本題のBanish Fearを 6 . 7 x 7 . 7という形で継続。
 母系のNatalmaを活かせないのが悔やまれる。

――以上、(2008.05.09の血統ブログより)

********************************



上の記事は8年も前に書いた物。
結局その8年間で、1度も検証が出来なかったことを悔やんでいた。

そして、8年越しでようやくその無念が晴れようとしている。
それが今から紹介するハニーロコガール(サマーロコガールの14)との出会いによって!




8年越しの検証

ハニーロコガールは、キングカメハメハ×サンデーサイレンス×ブライアンズタイム×マルゼンスキーという累代配合の母に、ロージズインメイをかけた牝馬である。

“8年越しの検証”は、上で書いた「予想 #1. ≪母父サンデーサイレンス≫」の検証であり、本馬はロージズインメイとサンデーサイレンスの間にキングカメハメハを挟んでいるが、これがまた“ブリッジ”の役割を果たしているのである。順に紹介していこう。



ロージズインメイとMr.Prospectorのニック

父Devil His Dueの母父Raise a Cupは、Raise a Native×Nashua×Bull Dog×Blue Larkspurであり、その血統構成はMr.Prospectorと似ている。(Raise a Cup≒Mr.Prospector)

それは、ロージズインメイ×Mr.Prospectorとの相性の良さを証明するキイであり、現にその組み合わせにより、ドリームバレンチノを始めとした活躍馬を多く輩出した。(これは恥ずかしながら8年前には予想できなかった)




ブライアンズタイムとMr.Prospector、そしてロージズインメイのニック

ブライアンズタイムの父Robertoの母Bramaleaは、Nashua×Bull Lea×Blue Larkspurの累代配合。

Mr.Prospectorの母Gold Diggerは、Nashua(×Count Fleet)×Bull Dog×Blue Larkspurの累代配合。

Raise a Cupの母Spring Sunshineは、Nashua×Bull Lea×Blue Larkspurの累代配合。

∴Bramalea≒Spring Sunshine≒Gold Digger

∴ブライアンズタイムとMr.Prospectorの組み合わせは、Bramalea≒Gold Diggerで結合し、ロージズインメイ×ブライアンズタイムの組み合わせは、Spring Sunshine≒Bramaleaにより結合する。そして、ロージズインメイとMr.Prospectorは、Raise a Cup≒Mr.Prospectorで結合するというのは先に書いたとおりである。

したがって、ロージズインメイ×Mr.Prospector×ブライアンズタイムは相性が良いことは容易に考えられる。

そこで、“8年越しの検証”の<サンデーサイレンス肌にロージズインメイ>が入ってくるのだ!


まとめると。。。

イ)ロージズインメイ×Mr.Prospector×ブライアンズタイムのニック

ロ)キングカメハメハとサンデーサイレンスのニック

ハ)ロージズインメイ×サンデーサイレンスのニック

ロージズインメイ×キングカメハメハ×サンデーサイレンス×ブライアンズタイムの本馬ハニーロコガールは、上の(イ)(ロ)(ハ)すべてを満たすブレのないニックス配合なのである!



---------------------------------------------------
ハニーロコガール(ノルマンディー)
牝馬 芦 2014/3/22生
父:ロージズインメイ
母:サマーロコガール
(母の父:キングカメハメハ)
生産:新ひだか・岡田スタッド    
所属:美浦・和田雄二厩舎入厩予定
---------------------------------------------------

honeylocogirl2014016.jpg

honeylocogirl2014blood.png
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント