レース結果

9月30日(土) 
ウォリアーズソウル / 中山4R 障害未勝利 / 4着(5人気)




9月30日(土) 
ウォリアーズソウル / 中山4R 障害未勝利 五十嵐 / 4着(5人気)
障害2戦目着順こそ4着でしたが、実況では一番名前が出たのでは?(笑)
名前をよく出してもらえたと言うことは、それだけ見せ場があったと言うことで。5着→4着ときたら次は…。はい。順番待ちですね。ジャンパーとしてやっていけそうです♪
スポンサーサイト

今週の出走馬

9月30日(土) 
ウォリアーズソウル / 中山4R 障害未勝利




9月30日(土) 
ウォリアーズソウル / 中山4R 障害未勝利 五十嵐
障害2戦目です!
大きく大きく前進することを期待して観戦します!
(こんなにドキドキして障害戦を見るのは初めてかも?)

アペルトゥーラのゼッケン頂きました!


新たに仲間入りしました!

⤵︎⤵︎⤵︎


〝名付け親〟は当たったことがないけど、ゼッケンはよく当たるみたい^^;
いずれも特別戦勝ちの時のゼッケンだから、価値ある宝物と思っています(^^)

レース結果

9月23日(土) 
マグレブ / 中山7R 3歳上500万下  / 15着(15人気)

 9月24日(日) 
ドーファン / 中山5R 2歳新馬  メイクデビュー!  / 10着(5人気)




9月23日(土) 
マグレブ / 中山7R 3歳上500万下 黛   / 15着(15人気)
ここを叩いて兄と同じ新潟千直、もうこれで結果が出なければ、と言うところまで来てしまいました。調教の内容からは、持っているポテンシャルは兄以上と言っても過言ではないんだけど…

 9月24日(日) 
ドーファン / 中山5R 2歳新馬  メイクデビュー! 柴山  / 10着(5人気)
結果こそ10着惨敗ですけど、いかにも「使いつつのタイプ」という印象をうけました。あと3,4戦費やしたら素質も開花してくるでしょう。


今週の出走馬〜ドーファン、メイクデビュー!〜

9月23日(土) 
マグレブ / 中山7R 3歳上500万下 

 9月24日(日) 
ドーファン / 中山5R 2歳新馬  メイクデビュー!




9月23日(土) 
マグレブ / 中山7R 3歳上500万下 黛 
ここを叩いて兄と同じ新潟千直で、という青写真。そのためにも掲示板載って権利を得らなくては。

 9月24日(日) 
ドーファン / 中山5R 2歳新馬  メイクデビュー! 柴山
シルクにおける、ポンセ史上最も気合の入った世代の先陣を切って、ドーファンがデビューします。
地味なファミリーから突如突然変異的に現れる名馬っているじゃないですか、ドーファンってそんな存在になる気がするんですよねー。なんか知らんけど。(語尾に「なんか知らんけど」ってつけるの大阪弁の特徴らしいです。確かに言うわな、なんか知らんけど。笑)



ノルマンディーの1歳馬はこれに決めた‼︎

ノルマンディー1歳馬で興味のある馬  
・パリージョの2016   
・ジョウノボレロの2016 
・キョウエイハツラツの2016   
そして、  
・テーマソングの2016 w  

。。。と以前書きましたが、 
価格と予定厩舎が発表されました。ー 

・パリージョの2016  牡 
(トーセンラー×タイキシャトル) 
→1,120万円・美浦中舘 

・ジョウノボレロの2016 牝 
(ロードカナロア×ブライアンズタイム) 
→1,880万円・美浦国枝 

・キョウエイハツラツの2016  牝 
(ゴールドアリュール×オペラハウス)
 →1,480万円・栗東山内 

・テーマソングの2016 w  牡 
(タイキシャトル×ジャングルポケット)
 →1,160万円・栗東(未定)



 まだ、実馬を見ることはできない状況ですが、申し込む馬はほぼ決まりました。 


◉ ・ジョウノボレロの2016 牝
(ロードカナロア×ブライアンズタイム)
→1,880万円・美浦国枝 



ロードカナロアのセカンドクロップが2,000万円を切るならば、お買い得と感じましたし、かといって厩舎が不安かといったら、これが、個人的には相性の良い、ノルマンディー×国枝=アペルトゥーラ。もう実馬を見る前に決まったようなものです。


 えっ、ノルマンディーは退会するんじゃなかったのかって?
すみません、もう少しお世話になろうと思います。だってこんな魅力的な血統をした募集馬がいたんですから!惚れました(๑˃̵ᴗ˂̵)♡(まだ実馬は見てませんが^^;)


 ーーーーーーーーーーーーーーー 

◉ ジョウノボレロの2016 牝 
(ロードカナロア×ブライアンズタイム)
→1,880万円・美浦国枝 


ブライアンズタイムの肌にロードカナロアは、定石の〈ヒズマジェスティ = グロウスターク (全兄弟クロス)〉の継続を作るだけでなく、〝擬似ロードバリオス〟なので、合うと思います。  

また、 BMSラインにおけるディキシーランドバンドの存在も大きい。
 何よりこの牝系が、シアトルスルー、ミスタープロスペクターに通じる牝系ということで、ロードカナロアとの配合は魅力たっぷり! 

 血統表を見て『美しいなぁ』と思いました。  

………………………………………………  

ノルマンディー1歳馬で興味のある馬  
・パリージョの2016   
・ジョウノボレロの2016 
・キョウエイハツラツの2016  
 そして、 
・テーマソングの2016 w  
※ 血統表のみで選出  
※ 縮小→退会の予定でしたが…

レース結果

9月17日(日) 
ホウロクダマ / 阪神6R 3歳上500万下 / 7着(7人気)  
シュエットヌーベル / 中山12R 3歳上500万下 / 10着(13人気)  

9月18日(祝) 
ウォリアーズソウル / 中山4R 障害3歳上未勝利 / 5着(5人気)





9月17日(日) 
ホウロクダマ / 阪神6R 3歳上500万下 / 森 / 7着(7人気) 
最後は止まってしまったけど(のど?)、前に取り付ける脚はあったし、昇級緒戦で勝ち馬から0.7差ならば良しとせねば。

シュエットヌーベル / 中山12R 3歳上500万下 / 内田 / 10着(13人気)  
馬場かどうかわからないけど、勝ち負けまではまだまだかかりそう。

9月18日(祝) 
ウォリアーズソウル / 中山4R 障害3歳上未勝利 / 山本 / 5着(5人気)
初ジャンプで完走してくれただけでも満足なのに、掲示板を死守してくれました。2回目の次は大きく前進するでしょう。

今週の出走馬

9月17日(日) 
ホウロクダマ / 阪神6R 3歳上500万下 
シュエットヌーベル / 中山12R 3歳上500万下  

9月18日(祝) 
ウォリアーズソウル / 中山4R 障害3歳上未勝利





9月17日(日) 
ホウロクダマ / 阪神6R 3歳上500万下 / 森 
昇級緒戦ですけど、中竹先生は強気の姿勢!

シュエットヌーベル / 中山12R 3歳上500万下 / 内田  
ひさびさの出走。成長しているかな?


9月18日(祝) 
ウォリアーズソウル / 中山4R 障害3歳上未勝利 / 山本
『勝って同条件』の1000万クラスを勝てずに早一年。正直勿体無いけど、これも血の宿命(早熟)ならば致し方ない。しかし、あきらめの悪いノルマンディーは、ジャンパーとして、もう一花咲かさせようと一生懸命。(感謝してます!)さて、ウォリアーズソウルはジャンパーとしての素質はあるのでしょうか?楽しみにしています。

ジョウノボレロの16

ブライアンズタイムの肌にロードカナロアは、定石の〈ヒズマジェスティ = グロウスターク (全兄弟クロス)〉を作るだけでなく、〝擬似ロードバリオス〟なので、合うと思います。 


また、 BMSラインにおけるディキシーランドバンドの存在も大きい。


 何よりこの牝系が、シアトルスルー、ミスタープロスペクターに通じる牝系ということで、ロードカナロアとの配合は魅力たっぷり! 

血統表を見て『美しいなぁ』と思いました。 


……………………………………………… 

ノルマンディー1歳馬で興味のある馬 
・パリージョの2016  
・ジョウノボレロの2016
・キョウエイハツラツの2016  
そして、 
・テーマソングの2016 w 

※ 血統表のみで選出 
※ 縮小→退会の予定でしたが…

ミラクルプリンセスの2016


ミラクルプリンセスの16  栗毛 ’16.04.21生



・ 父:スマートファルコン / 母:ミラクルプリンセス(母父 タイキシャトル)

・ 美浦 加藤征弘 厩舎 / 生産 パカパカファーム

・ 総口数:500口 / 募集価格: 1,200万円(24,000円/口)

・ 総賞金額: ***円 / 回収率 ***%

・ 成績 0-0-0-0-0--0 (芝:0-0-0--0 / ダ:0-0-0--0)



a506151d-4007-586d-8e0f-13cf8c8fe9aa.png 




レディジョセフィン系出身のスマートファルコン 

7代母マーマハル、8代母マムタズマハル、そして9代母がレディジョセフィン、すなわち、スマートファルコンは、現代の主流血脈と和合しやすい種牡馬である。 

とくにヘイロ―とは相性が良く、それは、マーマハル~レディジョセフィンの同系であるマームードが内包しているのと、ロイヤルチャージャーのメールラインであることが考えられる。 

本馬ミラクルプリンセスの16は、ヘイロ―4×4である! 




ヴェイグリーノーブルのダート資質と勝負強さ因子の隔世遺伝 

ヴェイグリーノーブルの伝える遺伝子は、その血の重厚さゆえに、わが国における競馬においては、「ダート馬」と出やすい。 

また、ハイペリオンの底力をよく伝えるので、それは大レースにおける重要な因子となる。 

ヴェイグリーノーブルを3×5としたスマートファルコンは、ヴェイグリーノーブルそのものと言っても過言ではないだろう。ヴェイグリーノーブルを理解するには、スマートファルコンをイメージしたら良い。 

本馬ミラクルプリンセスの16の募集時のクラブの紹介には、このように書いているー

“胴伸びがありかつ均整が取れていること、短距離馬特有のガッチリした胸の造りではなく、中・長距離馬に共通するやや薄手の胸前の造りであることから、ダートというよりは芝の中・長距離に適性があるように見ています。”(パカパカファーム)

反論する様で申し訳ないが、やはり、ヴェイグリーノーブルを3×5としたスマートファルコンの仔が芝向きとは考えにくい。




 スペシャル=サッチ 「全きょうだいクロス」 

本馬ミラクルプリンセスの16は、スペシャル=サッチの「全きょうだいクロス」を配合のキイとしたが、このキイ、上で書いたスマートファルコンの「レディジョセフィン系ならではの主流血脈との和合」と合わさって、より強靱に「主流血脈との和合」が期待できる配合のキイとなる。それは、スペシャル=サッチの「全きょうだいクロス」により、レディジョセフィンを強調するためだ。




。。。以上、ミラクルプリンセスの16の血統・配合解説だが、お気づきの人はいるだろうか?実はわがシュエットヌーベルの血統・配合解説をほとんど引用したのだ。そう!それができるということは、本馬ミラクルプリンセスの16とシュエットヌーベルが、8分の6.5同血の《スマートファルコン × タイキシャトル + ニジンスキー》の組み合わせだからだ!  

#スマートファルコンの「レディジョセフィン系ならではの主流血脈との和合」 
#スペシャル=サッチの「全きょうだいクロス」の配合のキイ
これらを検証するべく、《スマートファルコン × タイキシャトル 》に再び出資することにした。

            2017/09/06






a506151d-4007-586d-8e0f-13cf8c8fe9aa (1) 


d275c348-eeea-579a-b268-e9098c9ec0a6.jpg 
9b55201c-1557-5da9-9bb1-e66bf31de7e2.jpg                      (募集時の写真①)

5ebb7b47-f1d8-508f-a577-0261f5413b32.jpg                       (募集時の写真②)

c6577036-a6d9-51a4-b001-bb091677bdb7.jpg                       (募集時の写真③)





ツルマルワンピースの16

ツルマルワンピースの16  栗毛 ’16.03.27生

・ 父:ヴィクトワールピサ / 母:ツルマルワンピース(母父 キングカメハメハ )
・ 栗東 橋口慎介厩舎 / 生産 ノーザンファーム
・ 総口数:500口 / 募集価格: 1,800万円(36,000円/口)
・ 総賞金額: ***円 / 回収率 ***%
・ 成績 0-0-0-0-0--0 (芝:0-0-0--0 / ダ:0-0-0--0)



以下に詳しく書くが、ツルマルワンピースという1頭の繁殖牝馬の出会いから、初仔に続き、第2仔に出資する経緯となったのだが、今回出資に至ったツルマルワンピース第2仔、父が、これは何かの因縁か、自身に初のGⅠ価値をもたらせてくれたローブティサージュの<母のいとこ>のヴィクトワールピサなのである!

牝駒特有の遺伝経路上にでん!と構えるMachiavellian。この遺伝の影響が大きいと強い牝馬が誕生すると考えており、そういう意味ではフィリーサイアーの可能性も否定できないヴィクトワールピサだが、今回(兄の時も)の出資に至った最大の理由は、父ヴィクトワールピサではなく、それは母ツルマルワンピースの繁殖牝馬としての可能性を感じさせる配合のキイにほれ込んでのものだった。


まずは血統表を見ていただきたい。
tsurumaruonepieceblood_20170902184651c6c.png
血統表には、Miesque , Special , Sex Appeal , Cosmah , Flower Bowl ・・・“ひとつなぎの大秘宝”ばりに、ズラリと名牝の名がちりばめられている。 

中でも、<Sex Appeal の牝馬クロス>と上の血統表には隠れているが、<Milan Millの牝馬クロス>に注目したい。

 前者Sex Appeal の牝馬クロスは、というよりも、100%同血の息子たちをクロスさせている<全きょうだいクロス>こそが本馬の母ツルマルワンピースの配合のキイである。 
トライマイベスト = El Gran Senor <全きょうだいクロス> 4 × 3 

さらに、後者<Milan Millの牝馬クロス>、これはフジキセキの黄金配合として名高い。フジキセキの代表産駒の多くにこの牝馬クロスが見られる。本馬の母ツルマルワンピースも薄いながらもこの「Milan Mill 牝馬クロス」を持つ。 
フジキセキの黄金配合<Milan Millの牝馬クロス> 

以上のように、母ツルマルワンピースには十分すぎる「配合のキイ」が存在する。そしてそれを証明するかのように競走馬時代には重賞でも好走した。 こういう配合馬は、母としても可能性を秘めており、遺伝子がONとなって伝わりやすいのだ。本馬はそのような母の第2仔であり、これは「母の可能性に対する先物買い」という感覚で出資した先の初仔に続いての「きょうだい出資」と相成った。本馬に限らず、このツルマルワンピースの仔には今後も注目していきたい。



tsurumaruonepiece16family.jpg 


tsurumaruonepiece16001.png                (募集時のカタログ)




ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント