ローブはまさかの9着

ローブティサージュ/阪神11R チューリップ賞(GⅢ) [芝1,600m・15頭]9着[2人気]

秋山騎手「ゲートを出てから横の馬にぶつけられて、少しハミを噛む所は見せましたが、すぐに折り合って、追走は良い感じに出来ていたと思います。流れが遅かったのは確かですが、折り合いが付いていた割に、追い出した時点で脚が余っていませんでした。勝った馬は強かったと思いますが、ほぼ同じ位置にいたレッドオーヴァルとヴィルジニアの間には来て欲しかったですね。今日は返し馬から落ち着いていたし、状態は悪くなかったと思いますが、追い切りは動いていたと言っても、テンションが上がらないように気を付けていた分、少し可愛がり過ぎた所があったのかもしれませんね。その分、使ってピリッとしてくるタイプだと思うので、次走は変わり身があると思います。本番までにしっかりやって行きたいと思います」

須貝師「6〜7番手あたりで競馬をする様に言ってありましたが、外枠が悪い方に出てしまい、終始外を回る展開になってしまったのは痛かったね。終いの伸びがもう一つだったのは不満だけど、一叩きしてピリッとしてくれると思うので、次走はこの馬の良さを出してくれると思います」

調教助手「流れも遅くて前残りの競馬だったし、外枠で前に馬を置けなかったのも影響したと思います。ジュベナイルFの時は内枠でゴチャついた分、逆に上手く脚を溜めて行けたし、スムーズに流れていましたからね。でも、本番は流れが速くなると思うので、この馬の競馬をし易くなると思うし、次に向けて気持ちを切り替えてやって行きたいと思います」




『。。。』
もう言葉がありません。
どんな言い訳も通用しないくらい負けすぎです。
2歳女王として恥ずかしいです。
桜花賞、オークスを戦ってく上で、このステップレースに全力で挑んではいられません。しかし、2歳女王としてのプライドを見せることも大事と思うのです。ちょっと調教が軽かったですかねぇ。

勝已さんもお怒りでしょうねぇ。何せ大切な〝商品〟なんですから。勲章を1つでも多く獲って商品価値を高めたいですもんねぇ。何せヴィクトワールピサ&アサクサデンエンの近親でG1勝った牝馬なんですから。繁殖牝馬としての価値は計り知れないもの。『コラッ尚介!いくらお釣りを残すにしても調教軽すぎだろ!こんな事してたらオマエのとこには良い馬回さんぞ!』

秋山は『少し可愛がり過ぎた所があったのかもしれませんね。』と追い切りへの不満を敗因に挙げれば、須貝は須貝で『6〜7番手あたりで競馬をする様に言ってありましたが、』とジョッキーのせいにするし。。。あーみっともない。



********************************************

ローブティサージュ 3歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

  詳しい血統解説はこちら

********************************************





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント