わがセゾン馬に愚痴・・・どうしようもないけど・・・

サマーアドバンス
トモの不安が予想以上に長引き、未だ思うようにトレーニングが進みません。月に2回のレポートなので、「前回よりきっと進展していて、きっとオークスを目指してくれるだろう」と期待した今回のレポートも、「トモを気にして今度は前脚が・・・」で、これで完全に春はThe End。

「古馬になってからきっと稼いでくれるよ!」と優しい方は励ましてくれるかもしれません。しかし、牝馬にとって古馬と混じっての、しかも牡馬が混じって来るとなると厳しいものがあります。牝馬は繊細な性格ですので、ちょっとでもへそを曲げたらそれで競走生命を絶たれる危険性をもはらんでおります。

その点、3歳牝馬限定のレースというのは、もの凄いチャンスです。「牝馬はこの期間で稼げるだけ稼がなきゃ」とさえ思います。残されたあと1つのクラシック秋華賞。遠征を考えたら・・・と考えるよりも、まずは初夏復帰で「夏の上がり馬」に名乗りを挙げなきゃ。



ドリームシャドウ
「4歳馬は夏季開催までに2勝以上」というのは一口の儲ける為の極意。てっきり得意の中山で復帰するものと思っていたのが、ちょっとしたアクシデント等で目処が立たず。気がつけば、もう中山開催も終わってしまいます。

東京?新潟?いや、東京、新潟は勝てる気がしません。ならば福島かぁ。。。いやいや、福島では既に編成後だわ。いっそ「栗東留学」してくれないかなぁ。東より西の方がスウェプト産駒が活躍できる場所は多いと思うので。

あーあ、あとちょっとで500万を勝っていたのに。この馬は、500万で勝負できると思った時点で500万クラスを2勝できると計算していたのでした。なのに、なのに。降級馬相手では苦戦も覚悟せねば。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鉾田で長期の休養は愚痴のひとつも言いたくなりますね・・
シャドウが中山で走れないのは大誤算です。
降級までに2勝目は低いハードルだと思っていたんだがなぁ
中京ってのはどうでしょうね。

Re: No title

smさんこんにちは!

シャドウが中山で走れないのはホント大誤算ですよね。
中京はダート1000mなので微妙ですが、府中、新潟と比べたら適性はあるかなぁ?とも。堀井さんは西田雄JKで中京遠征がありますもんねぇ。

しかし、おそらくは、「メンバーが手薄になる新潟に」とかになるんでしょうけど。新潟のコーナー、直線長いフラットコース、うーん。。。合いそうにないですね。


アドバンス

ポンセさん、こんばんは。
アドバンスですが、じつは未だにデビュー戦がひっかかっています。最後の直線で外側から完全に蓋をされ、それだけでなく内側に押しやられていますよね。それも競馬なのかもしれませんがラフプレイは確実で、アドバンスにとって負担になったことは想像に難くありません。
ほころんできた桜を見るたびに一つの夢が終わったのだなと実感せざるをえませんが、今は「夏の前進」を祈るばかり。そして秋華賞に出てくれたら競馬場で感涙ものです。

No title

ご無沙汰です。
シャドウもアドバンスも次走で今年の出資資金を作ってくれる
はずだったんですが・・・(涙)
特に出資者の皆様の心中お察し申し上げます。
リフレクトともどもセゾン夏の反転攻勢を願って止みません。

Re: アドバンス

鍬之助さんこんばんは!
そうですねぇ。
不満を言えばデビュー戦もそうですが、そんな負担の大きかったデビュー戦後、中2週で出走させてきたことも・・・といえば、結果論で、タブーの“タラレバ”なので本当は言いたくないんですが・・・言いたくもなりますよね。勝った時は大喜びしたので、本当勝手な意見ですが。。。

この馬には、「可能性」があっただけにイロイロ言いたくなるんですよねぇ。まぁ、ボクら以上に天間さんが一番がっかりと思いますが。。。

Re: No title

東ブロさんこんばんは!
温かいお言葉ありがとうございます。v-435

自分の所だけではなく、セゾン馬全体が“負のスパイラル”に陥っていますよね。今後も末永くお世話になる覚悟のクラブですから、信じるしかないです。
きっと、いつか。。。

ご一緒リフレクトも骨折療養中ですが、兄も予想以上に長引いた経緯から安心はできませんが、きっと将来的には孝行してくれるとおもいますので、いつかともに祝杯をあげましょう!v-307
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント