マツリダゴッホ産駒いきなりの活躍!

先週から新馬戦が開始され、ファーストクロップであるマツリダゴッホ産駒がいきなり2着と好走し、また今週は早くも新馬勝ちをおさめました。

パーリーシェル    東京芝1600m 2着(7人気)
マイネルギャルソン  東京芝1400m 1着(1人気)


中山ではなく、東京でいきなり結果をだしたのは少々驚くも、前に取り付く器用な競馬は父譲り。

また、上記の新馬で勝ち負けした2頭はともに母父ミスプロ系で芝の7~8ハロン。

これはわが出資馬アペルトゥーラの血統解説で書いた「Discoveryを介してミスタープロスペクターの血とも和合しやすくパワースピードが全面に出されると予想」の通りの結果です!
(以下、抜粋)


“ボールドルーラーの血が全面に出ていたマツリダゴッホ”

マツリダゴッホはSS x ボールドルーラー系Bel Bolideという配合で、ナリタトップロードは叔父―甥の血縁関係。

現役時代、全10勝中8勝を中山で挙げていたように、中山巧者であったのはおそらくボールドルーラーの血が全面に出ていたからと推測する。急坂に対するパワーと小回りの器用さをを備え持つのはまさにボールドルーラーの血だからだ。

ではそのボールドルーラーの血はどういう形でONになったかというと、恐らく母ペイパーレインの[Nasrullah 4 x 4] [Discovery 5 x 5]というクロスが、まさにボールドルーラー(Nasrullah x Discovery)を増幅した配合だったからだろう。

なので、マツリダゴッホの産駒の特徴を考えるとき、まずボールドルーラーがキイを握っていると考えるのは至極自然な発想で、その米血スピードの影響によってパワースピードが全面に出されると予想している。

勿論Discoveryを介してミスタープロスペクターの血とも和合しやすい。なのでダート短距離馬となる可能性もあるが、理想は芝の中距離馬を作りたいところ。しかし結合によっては抑えきれないパワーで先行する気性も伝わりやすく、それはリーチザクラウンを連想したらわかりやすい。



今日も新馬戦でマツリダゴッホ産駒(ウインマーレライ)が注目されていますが、この馬もまた母父ミスプロ。注目しています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ウインマーレライはとんでもない器かもしれませんね。
展示で見たときとは別馬の様になってました。

ゴッホ産は仕上がりが早くて坂路では滅法動くと評判でしたが、
いきなり競馬で結果を出してきましたね~。

国枝師も相当刺激されているらしく
マーレライが引き上げてくるなり纏わりついてじっくり観察していたそうです^^
アペルトゥーラ、益々楽しみになってきました。

Re: タイトルなし

>smさん

ゴッホ産駒の活躍が目立ちますね~
われらのアペルトゥーラのデビューは未だ先ですが、楽しみになってきました♪

ノルマンディーのサービスにも満足。
アペルトゥーラのデビューまで待ちきれないので、
早期デビューが叶いそうなこの馬に出資申し込みしました!

18.ロイヤルグラッセ

血統、配合の紹介はこちらでUP済みですので、「初志貫徹」でしょうか^^
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント