ポーラメソッドは7着でした

出走結果
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 7/14 日曜日
  ポーラメソッド(シルク・2歳牡)

  福島5R メイクデビュー福島 
  [芝1,800m・16頭・西田雄一郎54]

    *7着(12人気)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

調教で動けていても実際やってみないとわからない、というように能力が未知数で、かつ幼稚園児の「初めてのうんどうかい」的存在の新馬戦はいつもハラハラドキドキします。

それにしても、戦前の各紙の評価には凹みました。「全くの無印」こんな低評価で新馬戦を臨む馬は、今まで出資した中でいなかったような。

だけど、印が走るわけではないですからね。実際12人気という低評価を見返すような走りを披露してくれました。「先団に取り付き、折り合った」終いのキレ云々はさておき、これができれば十分です。勝ち馬は5馬身差圧勝。2着以下は団子状態。事実、本馬は7着でも2着との着差はわずか0.3秒差!3着とは0.2差!!かつてアパパネやマイネルホウオウというG1馬を輩出した「東の出世レース」。それに違わぬ好メンバーにおいて2着馬と0.3差ならばそのうち順番が回ってくることでしょう。馬体重もメンバー中最重量。次はもっと前進してくれるに違いありません。



2013/07/15 <レース結果>  -----------------


ポーラメソッド 7/14(日)福島5R 
メイクデビュー福島 [芝1,800m・16頭]7着[12人気]

やや伸び上がり気味のスタートから好位に付け、道中は先行集団の一角で5・6番手を追走、4コーナー手前で先行3頭に離され、鞭を入れて追い上げに掛かりましたが、そこからもう一つピリッとした脚を使えず、流れ込むようにゴールしています。

西田雄一郎騎手「外枠からでしたが、流れに乗って競馬をすることが出来ました。まだ体がしっかりしていないので、ペースが上がった時にうまく前に推進力が伝わらない走りになりましたが、このあたりはレース経験を積めば解消してくると思います。今は芝でもいいと思いますが、先々はダートを使ってみると面白い馬だと思います」

金成貴史調教師「ある程度イメージしたような競馬にはなったけど、勝負所でペースが上がったときにまだ反応できませんでした。最後の直線ではまたジリジリ伸びていたので、悲観する内容ではないと思います。初めての入厩からここまで頑張ってくれましたし、一旦放牧する予定でいます」





*********************************************

ポーラメソッド 2歳牡馬(シルク)
  父:チチカステナンゴ
  母:タイキポーラ
   BMS:トウカイテイオー

☆配合のキイ☆

▼チチカステナンゴは7代母がSomethingroyalという牝系。
▼チチカステナンゴ自身も、Somethingroyalを戻すSir Gaylord = Swansea 3 x 5をキイとした母から産まれた。当然ながら「Somethingroyal使い」が配合のキイとなる
▼本馬は、チチカステナンゴのキイSir Gaylord = Swanseaを継続させることに成功した。
∴不作の父の産駒で唯一活躍する可能性を秘めていると見た!
                          詳しい血統の解説はこちら
*********************************************

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント