ロイヤルグラッセは6着でした

出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 8/24 土曜日
  ロイヤルグラッセ(ノルマンディー・2歳牝)
 
 新潟1R 2歳未勝利 
  [芝1,600m・18頭・江田54]

   -- 6着(11人気) --

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


前走に続いて「おおっ!」といういう見せ場を見せてくれました。センスのある証ですね。

前走が勝ち馬から0.6秒差の10着
今回が 〃 から0.6秒差の6着

このデータからわかること、それは――、

『そこそこは食らいつくけど勝ち負けまでは厳しい』


ただし、それは現条件において、という結論で、したがって――、

『マイルは合わない』

ということになる。
ためてキレる脚を使えるわけでもなく、
先手を取って粘れるスタミナもない。


ならば逆転の発想で考えると――、

『不器用でも通用する非根幹、もしくは速い脚は必要ないダートに適性があるのではないか』

ということになる。


この馬の最も走りやすい適性を見つけて、それが芝1400mとわかれば徹底してその条件を使う、そうすればこの馬、3~4勝できるレベルがあるのではないだろうか、そういうセンスは感じる。

経験的に、この馬は4~5千万円を稼ぐタイプ1000万下クラスレベルにあると感じた。


あともうひとつ。

『惚れ惚れするほど綺麗な馬体だなぁ(*^_^*)』


初めて競馬場に行った人に馬券を教えるとき、『新聞を見ずに、パドックを見てビビッと来る馬を選んで買ってごらん』と教えてあげたらおそらくこの馬を1番手に挙げるだろう。それほどグッドルッキングホースだ!







江田 照男 騎手
「前走と違って今日は馬に集中力が感じられ、良い感じでレースを進めることが出来ました。4角でも持ったままの手応えで、これならと思ったのですが、新潟の直線は長いですね。距離は問題ないと思いますが、小回りコース向きかもしれません」

高木 登 調教師
「実戦を一度使ったことで、良い意味で馬がピリッとしてきて、レースでも集中して走れていた印象です。広いコースよりは小回り向きのタイプに思えますので、優先出走権が取れなかったのは残念ですが、このまま中山開催に続戦する予定です」


>距離は問題ないと思いますが
だーかーら、余計なこと言うなって!江田照男!






*********************************************

ロイヤルグラッセ 2歳牝馬(ノルマンディー)
  父:タイキシャトル
  母:トウヨウロイヤル
   BMS:ロイヤルアカデミーⅡ

☆配合のキイ☆

「タイキシャトルとロイヤルアカデミーⅡのニックス」
▼ ニジンスキーは、シックル、ファラモンド、ハイペリオンらの母であるシリーニの牝馬クロスを持つ。そのシリーニがヘイロ―とメナウの結合に一役買う。
▼ タイキシャトル x ロイヤルアカデミーⅡは、ニジンスキーとメナウをクロスさせてシリーニをさらに強調した配合!
# 同じニジンスキークロスでも、マルゼンスキーやロイヤルアカデミーⅡを介したニジンスキークロスの方がよりシリーニをさらに強調する。
∴ トウヨウロイヤルがタイキシャトルとの交配で2頭ものオープン馬(マイケルバローズ、サトノプログレス)を誕生させることができた。
   詳しい血統の解説は こちら

*********************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

デビュー戦に引き続き新潟で見てきましたが、
仰る通り見栄えのする馬です^^
パドックでも「綺麗ね~」という声が周りから聞こえてきてニヤリ^^

今回も見どころ十分、
センスはあるので条件が合えば勝てそうですね。

Re: タイトルなし

>smさん

新潟ご観戦お疲れ様です。
メインの2歳牝馬と比べるのはかわいそうですが、4000万円と1400万円、ディープインパクトとタイキシャトルの違いでしょうか(苦笑)

“うさぎとかめ”の話ではありませんけど、じっくり力をつけて、いつか上のクラスで挑みたいですね。あっそうか、適性距離で「マイルは長い」と言った以上、相まみえることいはないですね^^;

「この馬なりの楽しみ方」で楽しませてもらいましょう!
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント