ラステラッサは12着で終戦orz

出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  9/1 日曜日
  ラステラッサ(シルク・3歳牝)
  小倉2R 3歳未勝利(牝・芝1200m・和田54)

    -- 12着( 11人気)--

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この馬への期待は半端ではなかったですけど、さすがに「能力の限界」を認めなくてはなりませんね。

ただ、もし仮にこの馬が募集されたとしたら、迷わずこの馬へと出資を申し込むことでしょう。それくらい「なぜ走らなかったのか?」理解に苦しむ馬でした。

地方で少しでも実績を作って良いお母さんになることを祈っています。




ラステラッサ
 9/1(日)小倉2R 3歳未勝利(牝) 
[芝1,200m・18頭]12着[11人気]

好スタートから先行し、道中は大外で3番手あたりを追走、3・4コーナー中間あたりでやや遅れを取ると、そこから巻き返すことが出来ずポジションを下げ、中団で流れ込んでいます。

和田竜二騎手「揉まれると走る気を無くすと聞いていたので、なるべく先行して気分良く走らせようと思っていましたが、スタートも良く、いい感じに追走していましたが、3コーナーあたりから手応えが無くなりだしてしまい、それからは自分から走るのを止めようとしていました。馬場自体はそれほど気にして走っていたようには感じられませんでしたが、それでもこれだけの馬場ですし、多少は影響したと思います。もう少しいい馬場で競馬をさせてあげたかったですね」

吉村圭司調教師「輸送をした後でも体が増えていた様に、ここに来て漸く体に実が入って良くなってきた所なのですが、もう少し早い時期にこうなってもらいたかったですね。揉まれ弱いこの馬には外枠もいいと思っていましたが、さすがにこの馬場だと厳しいですよね。他の馬と同じ条件だったので言い訳にはなりませんが、綺麗な馬場で走らせてあげたかったですね」







*************************************************

ラステラッサ 3歳牝馬
 父:ゼンノロブロイ
 母:シンメイジョイ
  BMS:Woodman

<配合のキイ>
母は Woodman x Slew o'Gold(Seattle Slew直仔) という配合だが、1995年最優秀短距離馬のヒシアケボノとは共通の祖母を持ち、ヒシアケボノがWoodman x Seattle Slew x Lyphard なので、共通する血量は実に8分の7強も同一ということになる。(ヒシアケボノの疑似配合)

シンメイジョイを作る際、「ヒシアケボノを作りたい」という想いが強かったと思うが、しかしSeattle Slewは叶わない、そこでSeattle Slew直仔のSlew o'Goldが選ばれたと推測するが、これが結果的に良かった。というのも、Slew o'Goldの父Seattle Slewの母父PokerがWoodmanと同牝系で、またSeattle SlewとMr.Prospectorが同牝系という点や、X染色体伝達径路上でフィリーサイアーのBuckpasserを 3 x 4 でクロスさせるなど、Woodman と Slew o'Gold の組み合わせには、結合において共鳴する血が多く存在する。

本馬は、ゼンノロブロイの娘で、ゼンノロブロイの母父がMr.Prospector x Buckpasserのマイニングなので、マイニング ≒ Woodmanというニアリーな血統構成で結合するだけでなく、母における配合のキイ「X染色体伝達径路上におけるBuckpasser 3 x 4 のインブリード」をも牝馬ならではの伝達径路上で継続させている。(X染色体伝達径路上におけるBuckpasser 5 x 4 . 5 )

*************************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント