ポーラメソッドは7着でした

出資馬 出走結果
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 9/28 土曜日
  ポーラメソッド(シルク・2歳牡)
 
 中山9R 芙蓉S 
  [2歳オープン・芝1,600m・11頭・西田雄一郎54]

    -- 7着(1人気) --

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

あーあ、やっちゃった。
西田君、あれはSS系の乗り方だよ。
途中で掛かったよね?
あのままぴゅ~って行かせて先頭に立たせても良かったんじゃない?そこで折り合える馬もいるし、そういうめちゃめちゃなラップにも対応できるスタミナを持っているのは君もよく知っているじゃない?外に出してロングスパートするわけでもなし、早め先頭で押し切るわけでもない、ああいう競馬が一番後味が悪いよ。




ポーラメソッド
 9/28(土)中山9R 芙蓉S(混) 
[芝1,600m・11頭]7着[1人気]

出脚は一息で後方からになったものの、掛かり気味に進出して3コーナーでは中団の一角に進出、残り600m過ぎから追い出しに掛かると、この馬なりにジワジワと追い上げましたが、上位争いには届きませんでした。

金成貴史調教師「ポケットに入って動くに動けなかったですし、ヨーイドンの競馬になってしまいましたからね。切れる脚がないこの馬には不向きな展開になってしまいました。最後はジリジリ伸びてはいるんですけど、できれば勝ち馬のように4コーナーでは先頭に並び掛けるぐらいの位置にいてほしかったですね。スローペースになって引っ掛かっていましたが、本来はもう少し長めの距離で、淀みない流れになってくれた方が、この馬の良さを活かせると思います。この後は脚元を良くチェックしてから放牧に出し、11月30日の中山・葉牡丹賞を目標に調整していきます」





*********************************************

ポーラメソッド 2歳牡馬(シルク)
  父:チチカステナンゴ
  母:タイキポーラ
   BMS:トウカイテイオー

☆配合のキイ☆

▼チチカステナンゴは7代母がSomethingroyalという牝系。
▼チチカステナンゴ自身も、Somethingroyalを戻すSir Gaylord = Swansea 3 x 5をキイとした母から産まれた。当然ながら「Somethingroyal使い」が配合のキイとなる
▼本馬は、チチカステナンゴのキイSir Gaylord = Swanseaを継続させることに成功した。
∴不作の父の産駒で唯一活躍する可能性を秘めていると見た!
                          詳しい血統の解説はこちら
*********************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント