パドルウィールは3着でした

出資馬 出走結果
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 10/05 土曜日
  パドルウィール(シルク・2歳牡)
 
 京都3R 2歳未勝利 
  [芝1,800m・9頭・藤岡康太54]

   -- 3着(2人気)--

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

不安的中!!

いや、不安が的中しても馬券は的中してないからorz

マイルで結果が出たんだからマイルを使うべきだった、というのは結果論ではなく戦前から指摘していたこと。根幹のマイルの流れ、非根幹千八の流れ、馬が戸惑うよ。こうして歯車がかみ合わなくなってしまうことも多々あるから大切にして欲しいなぁ。




パドルウィール
 10/5(土)京都3R 2歳未勝利 
[芝1,800m・9頭]3着[2人気]

出遅れ気味のスタートとなり、道中は一団となった馬群の後方2番手を追走、残り800m過ぎから進出を図り、4コーナーで5番手まで上がると、直線では大外から追い上げましたが、上位には届かず3着で入線しています。

藤岡康太騎手「ひと叩きしたことで、返し馬でも気持ちが前向きになっていましたね。ゲート前では落ち着きも戻っていましたし、後は出てからムキにならない様に気を付けていましたが、初戦ほどではありませんが、まだトモが緩い分、出の反応が一息でしたし、内枠とあって、前半は無理させませんでした。道中も初戦と違って、手前を替える回数も減っていましたし、良化は見られましたが、気持ちが前向きになった分、ハミを噛んで力んで走っていたので、今後のことを考えて、折り合いに専念させて追走しました。勝ちに行くのであれば、もっと強引に行っても良かったと思いますが、今後のことを考えると、もう少し競馬を覚えさせる方がいいと思います」

中尾秀正調教師「ひと叩きした上積みからか、気持ちがとても前向きになってきましたね。ゲートは相変わらずポコッとしか出ていきませんが、出てからは気持ちを前に出して走っていて、母系の血が徐々に出だしてきているようだし、今は競馬を覚えて距離に対応させないといけませんね。終いはしっかり脚を使ってくれるので、前半に上手く脚を溜める競馬をしっかり覚えさせて行きたいと思います」





*********************************************

パドルウィール 2歳牡馬(シルク)
  父:クロフネ
  母:レストレスハート
   BMS:サンデーサイレンス

☆配合のキイ☆

「フレンチデピュティ系とSSのNicks、
Deputy Minister系とレストレスハートのNicks」
▼キイ1: Banish Fear ≒ Blue Moon、Beau Pere = Belle Mere、で父と母父は結合
▼キイ2: Deputy MinisterのキイであるBunty Lawlessとレストレスハートは同牝系!
# フレンチデピュティとSSのニックスを中心に、レストレスハート内にある血がクロフネのキイを引き出している。
    詳しい血統の解説はこちら
*********************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント