ローブティサージュ、復活の条件は整った!

出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 10/13 日曜日
  ローブティサージュ(シルク・3歳牝)
 
 京都11R 秋華賞-GⅠ 
  [芝2,000m・18頭・岩田康成55]

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「ここで復活しなかったらどこで復活する!?」

という絶好の舞台、京都内回りコース芝2000m。
直線が短く、先行有利という意識がペースを狂わせ、乱ペースをもたらす。そこで台頭するのが先行してバテない特長を持った血統馬。これまで波乱となった同舞台ではそういう血の馬たちが台頭してきた。

5年前、わがピースエンブレムの全姉であるブラックエンブレムが制した同レース。しかも同じ父をもつウォーエンブレム産駒。内で我慢させて意図的に闘志をかき立て、そして一気に直線で爆発させる、それがウォーエンブレム産駒だ!岩田は十分熟知しているはず。先行してどこまで粘れるか、手腕に期待です。





ローブティサージュ
 10/13(日)京都11R 秋華賞 GⅠ 
[芝2,000m・18頭8枠17番]55 岩田康誠 発走15:40

須貝尚介調教師「先週ビッシリやっているので、今週はコレクターアイテムと馬なり併走のメニューですが、持ったままでかなりの好時計が出ているし、出来に関しては申し分ないですよ。これだけ不安なく来れたのは、今までになかったと思うし、ひと夏越えて本当に体がパワーアップしていますね。前走は休み明けの分、掛かり気味になってしまいましたが、ひと叩きすれば折り合いも付くと思うし、出来は前走以上だと思います。あとは岩田騎手が自信を持って騎乗してくれれば、力は出し切ってくれると思います。レースでは耳なしブリンカーを着けて、集中力をアップさせようと思っています」

厩務員「10日の追い切り後の計測では、鞍を着けずに452㎏でした。体は本当に変動がなく、追い切りの後でも飼葉をしっかり完食しているので、本当に状態が良いのでしょうね。前走を使った後も落ち着きは変わりないですし、競馬までこの状態を維持してくれれば、良い競馬が出来ると思いますよ」

調教助手「今回は自分が乗って追い切りました。コレクターアイテムもここに来て状態が上がっていますが、こちらは持ったままの手応えだったし、いつでも突き放せたと思いますよ。春のクラシックは体を気にして調整していましたが、今回は全く気にしないで調整出来たので、とてもいい状態で競馬に臨めると思います。十分チャンスはあると思っているので、折り合ってロスのない競馬が出来れば良いですね」







***********************************************

ローブティサージュ 3歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

***********************************************





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント