ローブティサージュは11着でした

出資馬 出走結果
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 10/13 日曜日
  ローブティサージュ(シルク・3歳牝)
 
 京都11R 秋華賞-GⅠ 
  [芝2,000m・18頭・岩田康成55]

    -- 11着(5人気)--

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


春は馬体減りを気にしての調整、夏を越えてそれが解消し、「思い通りの調整ができるようになった」という秋、しかしこの2戦の結果は6着と11着。。。もう10ヶ月も勝ち星から遠ざかっている事実。「2歳時の完成度が高く、これ以上の上がり目は期待できない」のかもしれない。その答えは、「マイル以下でどうか」の結果まで保留にしておきたい。





ローブティサージュ
 10/13(日)京都11R 秋華賞 GⅠ 
[芝2,000m・18頭]11着[5人気]

好スタートを決めると、先行勢を行かせて好位にポジションを取り、道中は6番手あたりを追走、4コーナー手前から仕掛けて前を窺いましたが、直線ではもう一つ差を詰められず、さほど差のない中団で流れ込んでいます。

岩田康誠騎手「前回より落ち着きもありましたし、デキはいいと感じていました。外枠だったので、覚悟を決めて出たなりの競馬をしようと思いましたが、出も良かったし、無理に控えて喧嘩するよりは、ある程度馬の気持ちを優先させて走らせました。ローズステークスよりも自分なりに我慢して走ってくれていたし、折り合いに関しても良く辛抱してくれていましたが、京都の内回りコースで、流れが速かったために、息を抜くところがありませんでしたね。この馬の良さを引き出すのなら、コースの広い外回りで競馬をさせる方が、力は出せると思います。春先より力を付けてきているのは間違いないので、ベストの条件なら間違いなくやれると思います」

須貝尚介調教師「ひと叩きして状態も上向いていたし、とてもいい仕上がりで競馬に臨めました。パドックでも落ち着きもあって、適度な気合い乗りでしたし、あとは競馬で折り合って走ってくれれば十分いい競馬が出来ると信じていました。ただ、前走ほどではなかったものの、やはり気持ちが前に出過ぎてしまって、この馬のリズムで走れなかったのが最後まで影響しましたね。岩田騎手も言っていましたが、マイル位の距離で、少しでも広いコースでリズム良く走らせれば、ベストのパフォーマンスを見せてくれると思います。ここを目標に仕上げてきたので、一旦短期でノーザンファームしがらきに出して、リフレッシュさせようと思います」







***********************************************

ローブティサージュ 3歳牝馬
父ウォーエンブレム
母プチノワール
 母父シングスピール

キイ
→ Natalma 5 x 5 の母はアサクサデンエンと100%同血のいとこ
→ ハートライン上 Halo 3 x 4 の母の第2仔

***********************************************




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント