ポーラメソッドは10着でした。@2月22日(日)小倉6レース

出資馬 出走結果
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 2/22 日曜日
  ポーラメソッド(シルク・4歳牡)
 
 小倉6R 3歳上500万下 
  [ダ1,700m・13頭・吉田隼56]

  ―― 10着(3人気) ――

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


不良馬場のせい?小回り平坦のせい?それにしても負けすぎ。




2015/02/23 <レース結果>  -----------------
ポーラメソッド
 2/22(日)小倉6R 500万下[D1,700m・13頭]10着[3人気]

まずまずのスタートから中団に付け、道中は外目10番手あたりを追走、3コーナー手前から徐々に進出し、直線では馬場の中ほどから前を窺いましたが、大きくポジションは上げられず中団でゴールしています。

吉田隼人騎手「テンからダッシュ良く行ける馬ではないので、あの位置からの競馬になりました。ペースが遅ければ途中で捲って行こうと思っていましたが、前が流れていましたしジックリ進めました。でも3コーナー辺りからペースが速くなると、段々と手応えも怪しくなり、押して行かないと付いて行けなくなってしまいました。頭が高い走りをするものの、返し馬の感触も良くて、凄く良い馬だと思ったのですが、跨った感じからするとダートよりも芝向きなのだと思います。距離を詰めるよりは長くなる方が競馬しやすいと思うので、次は芝の長い距離のレースで乗ってみたいですね」

金成貴史調教師「輸送で上手く体が絞れて、状態は悪くなかったと思います。スタート自体は悪くなかったですし、道中は砂を被らないように外目を選びながら進められたのですが、馬場が合わなかったのか伸び切れなかったですね。乗り役は『背中の感触も良くて、このクラスにいる様な馬ではない』と言っていましたし、力はある馬だとは思うのですが・・・。本来なら脚元にも良くない今日の様なドロドロの馬場ではなく、もっと良い馬場で走らせてあげたかったのですが、でも今日の馬場で脚元に何ともなければ、次はもう一度芝に戻してみるのも良いのかもしれません。ただ、権利を取れませんでしたし、帰って良く脚元の状態を確認した後に、一旦天栄へ放牧に出そうと思います」





*********************************************

ポーラメソッド 4歳牡馬(シルク)
  父:チチカステナンゴ
  母:タイキポーラ
   BMS:トウカイテイオー

☆配合のキイ☆

▼チチカステナンゴは7代母がSomethingroyalという牝系。
▼チチカステナンゴ自身も、Somethingroyalを戻すSir Gaylord = Swansea 3 x 5をキイとした母から産まれた。当然ながら「Somethingroyal使い」が配合のキイとなる
▼本馬は、チチカステナンゴのキイSir Gaylord = Swanseaを継続させることに成功した。
∴不作の父の産駒で唯一活躍する可能性を秘めていると見た!
                          詳しい血統の解説はこちら
*********************************************
スポンサーサイト
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント