アンフィールド、メイクデビュー!@7/26(日)・福島 5Rメイクデビュー福島 (芝 2000m)田辺 54



出資馬 出走情報
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 7/26 (日)
  アンフィールド(ノルマンディー・2歳牡)
 
  福島 5R   
  メイクデビュー福島 (芝 2000m) 田辺 54

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

古馬に先着する動きを見せている、“カラダレジェンドの弟”がいよいよデビュー!

鞍上は、兄の主戦JKで、新馬→重賞制覇を導いた田辺JK。彼が1週前の追い切りに跨った時のコメント、――
「ゴーサインに瞬時に反応し、ギアが切り替わりましたよ。全身を使った走りが出来ますし、能力の高さを感じます」
――このコメントから期待は膨らむばかり。

以下、6月の時のブログ記事
---------------------------
本馬は京王杯2歳S-G2勝ち馬のカラダレジェンドの半弟になります。


下は最近の写真です。

20150529初入厩前ブログ


キ甲が抜け、完成度は早そうです。


仮にそれを早熟と考えた場合、兄カラダレジェンドといい、本馬といい、その早熟性(完成度の高さ、仕上がりの早さ)はどこから来たのか?考えてみました。


それはおそらく祖母の父のアイリッシュリヴァーからなのでしょう。

仏2歳チャンピオンでかつ3歳戦で勝ちまくったアイリッシュリヴァー。4歳になる前に引退したので、「早熟」と定義するのは危険なので、「仕上がりが早い」という事実部分だけ抽出しました。

本馬はアイリッシュリヴァーの3×4のインブリードがあります。

これは2歳戦で勝てるだけ勝ってもらわないと。
しかし。。。
父がコンデュイットなんですよねぇ。。。^^;




☆7/26(日)福島・2歳新馬(芝2000m・混)田辺裕信騎手

22日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、66.9-50.2-37.2-12.8をG前仕掛けに追い切りました。「この最終追い切りで仕上がりましたね。時計、動きともに満足のいくデキです。テンションの高さはありますが、キャンターに移れば素直ですし、レースでも折り合って上手に走ってくれると思いますよ。初入厩から特に大きなアクシデントもなく順調にこれましたし、あとは無事に本番に送り出すだけです。自厩舎の初重賞馬カラダレジェンドの半弟で愛着も深く、力も入りますが、周りがイレ込むと良くないので、自然体で臨みます」(尾形和幸調教師)





*********************************************

アンフィールド(ノルマンディー・2歳牡馬)
父:コンデュイット
母:キョウエイワンダー
(母の父:サンデーサイレンス)
生産:新ひだか・岡田スタッド  
美浦・尾形和幸厩舎


☆配合のキイ☆

「このコンデュイット産駒には配合のキイがある!」
ネヴァーベンドの孫アイリッシュリヴァーの 3 × 4 のインブリード、それは、コンデュイットの配合のキイの一つである「ラランの牝馬クロス」を累進させるクロスでもある。すなわちそれは、コンデュイットとキョウエイワンダーを繋ぐクロスとなる。
                         
詳しい血統の解説は こちら

*********************************************


スポンサーサイト
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント