ハニーロコガール

ハニーロコガール  芦毛 '14/3/22生


  • 父:ロージズインメイ × 母:サマーロコガール (BMS:キングカメハメハ)
  • 美浦  和田雄二 厩舎 生産:新ひだか・岡田スタッド
  • 総口数:400口 募集総額:760万円 1口出資額:19,000円
  • 総賞金額: **万円 回収率 **%
  • 平地: 6戦0勝(0-0-0-0-0---6)   (芝:0-0-0-0-0---2 / ダート0-0-0-0-0---4)
  •           戦績詳細へ(netkeiba.comへ)
トップページに戻る



ロージズインメイ産駒が未だデビューしていない2008年5月のとある日、我が輩は弊ブログでこのようなことを書いたのでありました。――

*********************************

<ロージズインメイ産駒の「走る配合」を予想>
2008.05.09の血統ブログより)

一足早くラフィアンでは07年産の募集馬リストが届いたもよう。そこには総帥期待のロージズインメイ産駒がたくさんあるらしい。セゾンも恐らく「ロージズインメイだらけ」になるとの予測。そこで、ロージズインメイの成功パターン(走る配合)を予想したいと思う。

ロージズインメイ自身、「配合のキイ」となっているのは、Banish Fear <名牝クロス> 6 x 5 で、これを利用しない手は無いと思う。この<名牝クロス>を「継続」させるのだ!Banish Fearは、名牝Cosmahの父母。すなわち、Haloの母父母がBanish Fearなので、特にそこに着目したのが以下の予想。。。

<caution!>
ロージズインメイ産駒は、まだ実際に走っておりません。
これから述べる事はあくまで「机上の空論」です。
したがいまして、出資検討の際は、十分にご注意下さい。(2008.05現在)

~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~

予想 #1. ≪母父サンデーサイレンス≫
これから先も他の追撃を許さない勢いでBMSのリーディングトップに君臨すると思われる母父サンデーサイレンス。この母父サンデーサイレンスの肌馬にも合うのではないか?というのが一つ目の予想。
⇒この形が一番理想の形。Banish Fear 6 . 7 x 6のパターン。

予想 #2. ≪コスマーを介すパターン≫
母父Machiavellianを筆頭に、Rahy&シングスピール&グランドオペラ3兄弟、祖母の父あたりでファーザーズイメージやワッスルタッチ、将来的にはFusaichi Pegasus&ウェイオブライト&キングヘイロー(これらは母が若すぎるので今はNG)などなど。特にRahyなどはDevil's Bag=Glorious Song<全姉弟クロス>も同時に「キイ」となるので良いのではなかろうか。
⇒いづれもBMSが魅力で底力がありそうも、Banish Fear 6 . 7 x 7のパターンで、
 Banish Fearの継続クロスが薄くなる配合。

予想 #3. ≪Prince Johnを介すパターン≫
Riverman、Irish River、ナグルスキーなどなど。
⇒ダート馬になる可能性あり。Banish Fearの継続クロスが薄くなる配合。

予想 #4. ≪Cosmah系のファミリー出身の母≫
例えば、ニシオセーラムやカネトシディザイア、ロイヤルコスマーの娘たち。。。
⇒丁度良い位置で自らの牝系を戻す効果で、Banish Fearの継続クロスが薄くなるのをカバー。


――以上、2008.05.09の血統ブログより)

********************************



上の記事は8年も前に書いた物。
結局その8年間で、1度も検証が出来なかったことを悔やんでいた。

そして、8年越しでようやくその無念が晴れようとしている。
それが今から紹介するハニーロコガール(サマーロコガールの14)との出会いによって!




8年越しの検証

ハニーロコガールは、キングカメハメハ×サンデーサイレンス×ブライアンズタイム×マルゼンスキーという累代配合の母に、ロージズインメイをかけた牝馬である。

“8年越しの検証”は、上で書いた「予想 #1. ≪母父サンデーサイレンス≫」の検証であり、本馬はロージズインメイとサンデーサイレンスの間にキングカメハメハを挟んでいるが、これがまた“ブリッジ”の役割を果たしているのである。順に紹介していこう。



ロージズインメイとMr.Prospectorのニック

ロージズインメイの父Devil His Dueの母父Raise a Cupは、Raise a Native×Nashua×Bull Dog×Blue Larkspurであり、その血統構成はMr.Prospectorと似ている。(Raise a Cup≒Mr.Prospector)

それは、ロージズインメイ×Mr.Prospectorとの相性の良さを証明するキイであり、現にその組み合わせにより、ドリームバレンチノを始めとした活躍馬を多く輩出した。(これは恥ずかしながら8年前には予想できなかった)




ブライアンズタイムとMr.Prospector、そしてロージズインメイのニック

ブライアンズタイムの父Robertoの母Bramaleaは、Nashua×Bull Lea×Blue Larkspurの累代配合。

Mr.Prospectorの母Gold Diggerは、Nashua(×Count Fleet)×Bull Dog×Blue Larkspurの累代配合。

Raise a Cupの母Spring Sunshineは、Nashua×Bull Lea×Blue Larkspurの累代配合。

∴Bramalea≒Spring Sunshine≒Gold Digger

∴ブライアンズタイムとMr.Prospectorの組み合わせは、Bramalea≒Gold Diggerで結合し、ロージズインメイ×ブライアンズタイムの組み合わせは、Spring Sunshine≒Bramaleaにより結合する。そして、ロージズインメイとMr.Prospectorは、Raise a Cup≒Mr.Prospectorで結合するというのは先に書いたとおりである。

したがって、ロージズインメイ×Mr.Prospector×ブライアンズタイムは相性が良いことは容易に考えられる。

そこで、“8年越しの検証”の<サンデーサイレンス肌にロージズインメイ>が入ってくるのだ!


まとめると。。。

イ)ロージズインメイ×Mr.Prospector×ブライアンズタイムのニック

ロ)キングカメハメハとサンデーサイレンスのニック

ハ)ロージズインメイ×サンデーサイレンスのニック

ロージズインメイ×キングカメハメハ×サンデーサイレンス×ブライアンズタイムの本馬ハニーロコガールは、上の(イ)(ロ)(ハ)すべてを満たすブレのないニックス配合なのである!





トップページに戻る






---------------------------------------------------
ハニーロコガール(ノルマンディー)
牝馬 芦 2014/3/22生
父:ロージズインメイ 
母:サマーロコガール
(母の父:キングカメハメハ)
生産:新ひだか・岡田スタッド    
所属:美浦・和田雄二厩舎入厩予定
---------------------------------------------------


honeylocogirl2014blood_20170217222522174.png 
       画像をクリックすると、 netkeiba.com のサイトへ移動します。


トップページに戻る

honeylocogirl2014blood.jpg 



honeylocogirl2014016_201702172225244ea.jpg 
      募集時   2014.11  




スポンサーサイト
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント