スーニはまた負けました

昨日大井競馬場で行われました、第11回ジャパンダートダービー~3歳ダート王決定戦~(JpnI・2000m・稍重)は、4人気のテスタマッタが2分04秒5のタイムで勝ち、3歳ダート王の座につきました。なお、1人気のスーニは3角で手応えが怪しくなり、直線失速で6着と敗れました。



以前、スーニについて、こちらのブログでこう書きました。―

  スーニは負けました。

  「園田の小回りで、しかも湿って前が止まらない」
  「ユタカ、さすが!」
  が一番の敗因で、むしろ“負けて強し”の印象。

  それでも、ダート無敗馬が負けると言うことは、
  他に理由を考えるべきで。

   ・1870mという距離
   ・完成度が高すぎる、いわゆる血の限界

  もし、上記の敗因を挙げるとしたら、
  父の遺伝子が大きく関わっていそうで。

  (2009.05.07の記事、一部抜粋)





そして今回もまたスーニが敗れましたが、
その際の内田JKのコメントを拝見してみると。。。

6着 スーニ (内田博幸騎手)
「イレ込んだり、少し行きたがったりするのはいつもの事。
今日は3コーナーで手応えがありませんでした。
この馬には距離が長いようですし、他の馬も成長していますからね」


やはり、“血”の限界なのか。

距離としての“血”の限界なのか、
成長力としての“血”の限界なのか、
次の1戦が試金石となります。


父Sotoとこれまで似た経緯を辿ってきましたが(6戦目で連勝が途絶える)、負けはしたものの、父が為し得なかった「7戦目の舞台」を踏んだことに関しては、ある意味父を超えたといえましょうが。。。
スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

取りました

ポンセさん、こんにちは。

スーニは、僕もそろそろ飛ぶ?!と思っていました。

JDD、3連複ですけど取りました(笑)。
軸馬は岩田騎手の馬で、中央の馬と地方の馬を少々。
小牧騎手の馬も気になっていたので、軸を変えて同パターンでも。
欲張った所為で少し取り紙気味でしたが、
大井で当たったことが皆無だったので嬉しいです(笑)。

最終レースも(σ^o^)σ ゲッツ。
戸崎騎手の馬から3連複で少し広めに買い、約10000円でした♪。


追伸
あのレースにダンディーが出ていれば東京に行けたのですが、
出ていても…園田の時のように後方だったのでしょうね(涙)。

Re: 取りました

カリンさんこんにちは!
暑いですね。
そろそろ雷が鳴って梅雨も終わりでしょうね。


>JDD、3連複ですけど取りました
>最終レースも(σ^o^)σ ゲッツ。

おめでとうございます!v-308
素晴らしいです。
ひょっとして大井巧者?(笑)
この調子で土日もがんばってください。
(TCKに罪はありません。我らは打倒JRAです!v-41

スーニは、復活があるとしたら1400m以下でしょうねぇ。
この条件で負けるとしたら「血の限界」なんでしょう。

シルク馬頑張りましたね。
きっとカリンさんのシルク馬も、出走していたら頑張っていたことでしょう。
園田の直線と砂質、あれは反則ですから。
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント