ポンセの決意

『キャロット撤退改め、キャロットで頑張るぞー』

と、勝手ながら方針を変えたわけですが、
以前は、

「回収率重視」

ということで、「無事是名馬」的、かつ「安い馬」を重視してチョイスしてきたわけですが、これから歩む「キャロット第2章」では、全く違った方針を掲げて行こうと既に心に決めております。

「悲願の重賞制覇」

で、ございます。


決して簡単では無い事、重々承知。
しかしながら、「欲しい」のでございます。
いや、頂かないと辞めれませぬ、このクラブ。

ペニーであと1歩の重賞2着というのがあったものの、エンシェントヒルはオープン大将、いや、ハンデキャップホースの典型的タイプでした。それは今の自分と被るところがありまして。。。


では、どうしたら“悲願”が達成できるのか?



まず、現代の競馬に合わせなければならないでしょう。

血統です。
上がりの競馬に対応できる血統をチョイスしないと分が悪い。

そりゃ、ノーザンダンサー系でもミスプロ系でも上がりの競馬を得意として、キレ味絶品の馬もおりましょう。しかし、あくまで「確率」。


これまで天の邪鬼なポンセは、SSアレルギーでありましたし、『母父サンデー?そりゃ走るだろうけど、嫌なんだよ、べらんめぇ~』でしたが、けど。。。SSの遺伝子が必要なのです、“悲願達成”には。

“悲願達成”した暁には、またもや、「天の邪鬼ポンセ」に戻り、その際の目標は、「零細牧場に光を」などと、何か勘違いというか、有頂天になっているポンセが目に浮かびますが、それはそれでひとまず置いといて。

とにかく、セゾンですべて誤算となったわけです。
セゾンが健全であれば、「SSアレルギー」のままでしたし、『重賞より回収率で結構!』とツッパッていたと思いますし。。。


とにかく、重賞を勝ちに行きましょう!
そういう馬を選ぶつもりです。
キャロットリニューアル元年から見てきたノウハウを活かして。


なので、募集一覧表を送られてきたとき、
SS系しか血統表を開きませんでした。

それで、あの5頭をピックアップしたわけです。
あとは馬体を見て決めます。
厩舎も重要ですね、はい、はい。

なんか、ポンセらしくないですよね?
幻滅しました?

いやですよね、厩舎で選ぶのって?
正直凄い抵抗あるんですが、
けど、認めなくてはならない部分があるんです。

牧場は、『走る馬?そんなの実際走ってみるまでわからんよ。そんなのわかるなら苦労しないよ』と言います。しかし、あれ、嘘です。絶対わかっています。

中には「入厩当初は目立たなかった馬でね」という馬もいますが、あれは驚異の成長を遂げた馬で、そんなの一握り。殆どは厩舎を割り当てる際に、値付けする際に、わかっています。確信しています。だからセレクトセール馬は走るんです。“セレクト”しているんですから。いや、セレクト“できる”ということを理解すべきでしょう。




(数少ない)ポンセファンの方へ。。。
今までのポンセ ―

 ・SSアレルギー
 ・安馬でも配合が良ければ走る
 ・騎手で馬券は買わない≒厩舎で馬は選ばない

の、精神はこれからも健在です。ご安心ください。
しかし、少しの間だけわがままお許しください。

ポリシーを曲げないとキャロットでは勝ち組に残れないのです。
(岡田傘下のセゾンではポリシーを突き通せたのですが。。。)

悲願が達成できても、ヌクヌクとキャロットに残ろうとは思いません!
恐らく上に掲げた精神が「物足りなさ」を訴えるでしょうから。


心はいつも、

『安馬でも、配合が良ければ重賞勝てる』

を言い聞かせ、競馬道を精進してまいりますので、
今までと変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い致します
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセファン

ポンセさん、こんにちは。

僕はポンセファンですよ(笑)。
以前にも書き込みをさせていただきましたが、
一般人の我々が軌道修正するのは問題ありません(ブレでは無い)。

どっかの政党なんて、消費税の【し】の字も出せないなんて言ってましたよ。
それに、自衛隊の方々の外国での任務は、違憲だとまて言っていましたのにね。

話も戻しますが、僕も重賞愛馬を持ってみたいですよ。
僕なりにここまで感じたことがあるんです。

重賞に勝ち負けするような仔は、ある意味でホームランバッターですよね。
噛み合うと一気に行きますが、そうでは無いと…未勝利で終わると思います。
僕なりにその賭けに出たのが、ドナシュラークであり、シルクダンディーでした。
故障とダート路線、「うまく行かんもんじゃ」と凹でいます。

予算的なこともあるんですが、今年は薔薇一族を狙いたいと思います。
少しですが(笑)補償もありますし、後は鬼の分割払いです(涙)。

Re: ポンセファン

ようこそ、ただ一人のポンセファンの方(笑)
ありがとうございます。
しつこく主張してしまうのは、やはりどこかで本心ではない自分と闘っているから、なんですよねぇ~

確かに重賞タイトルは欲しいので、それにキャロットお仲間さんに置いて行かれた自分も不本意でしたから、ならば「よし、キャロット最後の目標として重賞を狙おう!そして潔くお別れしよう!」という決意に至りました。

できれば貴重なファンの方(笑)とご一緒に重賞の口取りをしたいです^^

そうですよね、ホームランか三振かの狙いで行かないと悲願は達成できないでしょうねぇ。今まではアベレージヒッターを目指していましたから。

「確率を駆使し、なおかつ爆発力のある可能性にかける」
これですね。
しかし、今のキャロットでは、まず抽選を突破しないといけないんですよねぇ。やはり悲願達成は困難ですね。けど、ヤル気は漲って(みなぎって)きましたよv-91

案外

キャロットの当たりって、人気無かったりしますよね。
共同通信杯の勝ち馬なんて余ってましたし(買うの検討していながら買えなかった・・・悔しいw)、シーザリオなんかもそう。ハットトリックやランザローテは元々の馬主に見捨てられて、キャロットに回って来た馬。まともに人気馬で走ったのはトールポピーくらいでしょう?(トライアンフマーチは2着まで)

だから人気は気にしないでいきましょう(笑。ちなみに私もポンセファンです。うちのヴァルト君なんか完全にポンセさん好みだと思うんですけどねぇ。
 ・SSアレルギー→SSの血は無し
 ・安馬でも配合が良ければ走る→総額2000万円 
 ・騎手で馬券は買わない≒厩舎で馬は選ばない→北村友騎手・岡田師に初重賞制覇をプレゼント
ね? 遅れ馳せながら「お手馬」に付け加えませんか?(^^)

Re: 案外

ふうじんさん、おはようございます!

貴重な貴重なもう一人のポンセファンの方、ありがとうございます。(笑)
シェーンヴァルトは良い馬ですよね。
母のThong、RidanをうまくNureyev≒Fairy Kingのニアリークロスでうまくまとめていますし、配合のキイがしっかりしていますよね。

それと母父エリシオの先駆けと言って良いシェーンヴァルト。
今後も母父エリシオは注目され、また結果も伴うと思いますが、お目が高い!
ぜひ、“勝手にお手馬”に。。。
いやいや、スカウトしたい器なのは確かですが、身近なお仲間さんの出資馬はなるべく避けていますので。。。(えびさんのアンプレヴーも同理由です)


キャロット過去の活躍馬の募集時は、会員数が今みたいに異常ではなかったですからねぇ。血統、いわゆる良血が人気をして、本当に走る馬は盲点となり売れ残っていましたよね。

それもこれも過去の話。今はそんな事を許してもらえない、異常な会員数による壮絶な奪い合いが展開されますから(中には下手な鉄砲・・・的な)、厳しいですねぇ。

とにかく今年、勝負します!
東京サラを意識した募集となっていますように。。。
(即ち会員を引き留める為のセールと読んで)

決意!

ポンセさん。お久しぶりです。アマルです。
時々拝見させていただいておりました。
決意のキャロット復帰のようですね。
私は現在の3歳馬の状況が悲惨なため、2歳馬に追加追加で9頭も出資してしまいました(キャロット8頭、サンデー1頭)。
2歳馬の育成は3歳馬と打って変わってここまで順調です。サンデーでは早くも勝ち上がりました(インテグラルヘッド)。
キャロットではラプリマステラがデビュー、来週にはアースガルドがデビュー予定です。その他の2歳馬も今のところ、ここそこが痛いという馬はないようすです。
キャロットでは会員数の増加がすごいことになっているようですね。
社台でも今年は1.5次でほとんどが売り切れという状況でした。
今年のキャロットでは頭数を絞って、良く吟味して出資するつもりです。それではまた連絡します。G1予想の再開も楽しみにしていますが・・・・。

Re: 決意!

アマルさんこんばんは。お久しぶりです!
ご無沙汰の間に着々と戦力を拡大されていたのですね!
(2歳馬9頭とは凄い!)
(インテグラルヘッドおめでとうございます!)

来月にはキャロットのパンフも到着しますし、
また昔のように盛り上がれたら良いですね^^
コメント、遠慮せずに付けてくださいね。^^
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント