シャラナヤの取捨@エリザベス女王杯

シャラナヤの父 ロミタス Lomitas は馴染みのないサイアーですが、独血統 ズルムー Surumu の肌にニジンスキー系サイアー、という重厚な血統。

ズルムーはわがプンティラっ仔で学びました。

そのズルムーはテスコボーイの甥という血統からも日本の高速馬場に対応できると思いますが、「ハンプトン系」というのが引っ掛かるところ。日本の競馬に対応できるかはソコが一番のポイント。そんなズルムーが強く出ているとしたら、ロミタスの牝馬シャラナヤは正直買いづらい。


このロミタスは5代アウトブリード。母も5代アウトブリード。そんな父と母の配合はアウトブリード + アウトブリード で「アウトクロス」という、「雑種」な血統。

母系はナスルーラが勝った血統。
そのナスルーラが「バッククロス」的なキイといえばキイではあり、また、父のズブさを母方のスピードで補っている感も、果たしてわが国が誇るヘイルトゥリーズン系の瞬発力に対応できるか?


もし、勝ち負けするようなら、レディジョセフィン~マムタズマハルのボトムを継承、かつ、SS系種牡馬大歓迎!な血統。。。繁殖牝馬として社台が是非とも手に入れたくなるでしょう。(しかし、殿下が譲るかどうか)


我が輩は、あまり重たい印を付けないつもり。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント