ブルーミングアレーとタガノパルムドール@阪神JF

【勝手にお手馬】の#09-1と09-2の2頭、ブルーミングアレーとタガノパルムドールなのですが、この日曜日に行われる阪神JFへ出馬登録しています。(※この記事は月曜日の出馬登録時点で書いています) 


一昔前の阪神マイルは、トリッキーなコースであった為に乱ペースになりやすく、そういう意味では京都内回り2000mで行われる秋華賞同様に「粘着タイプのスピード」の血が台頭し、ゆえに、「リファールの血を持つ者が好成績を収めるコース」と言われてきました。

阪神マイルにおいては、コースそのものも変わり、スタート後の直線が長い為にごちゃつきもなく、不利の少ないコースとなりましたので、「リファール!」とは言えなくなりました。


しかし、2歳のまだ競馬そのものも覚えて間もない子たちの争いなので、“紛れ”も生じましょう。思わぬ乱ペースになったり、先行争いが激化して思わぬハイペースになったり。。。

そんな時に、「リファール」の血が騒ぐのです。特に後ろから行く馬は「持続性スピード因子」が欲しいですからね。

ブルーミングアレーは、そんな時にに台頭するタイプです。

「なんで?」

だって、「リファールと同牝系」で、しかもそのリファールを母父に持つLyciusとの交配により、Goofed 4 x 4 の「自系戻し」的バッククロスをハートライン上で作った母の子だからです。

前が忙しくなる流れならば、この馬にも目が出てきます。長く良い脚を使える血統ですからね。

母父Lyciusは、「=ステキシンスケクンの母」なので、前に取り付くスピードも持ち合わせています。なんか、こう書いていると、なんだか勝てる気がしてきました。

過去のレース傾向では、「持続型SS系の仔」や「ミスプロ系と持続系(トニービン系)の組み合わせ」など、馬券圏内に絡んでいますからね、楽しみです。




おっと!

09-2のタガノパルムドールも出走するかもしれませんね!忘れてはいけません。

この子も、母の「ハートライン上のNijinsky 3 x 4」を持つ粘着タイプで、Mr.Prospectorの母Gold Diggerを強調した配合を特長としていますから、十分可能性があります。

チーフベアハート x ダンスインザダーク」の組み合わせで2歳のこの舞台に立てるんですから大したものです。奥がありそうなのでじ~っくり見ていきたい馬ですけどね。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント