マンハッタンカフェ

マンハッタンカフェにカーリアン(ニジンスキー)、マンハッタンカフェにミスプロ。。。

なんとなく、マンハッタンカフェのニックとなるパターンが形となってきましたが、ニックになるには何かしらの「キイ」があるハズと、血統表を凝視しましたが、小生の知識では結局は「これ」という結論には至りませんでした。


近親のブエナビスタが同じようにニジンスキー内包種牡馬との配合でクロスを作りうまくいったので、おそらくは内包するドイツ血統の部分に何かしらの和合性を示すものだと思うのですが、定かではありません。

ドイツ血統部分が例外なく異系であり、マンハッタンカフェの祖母の父LucianoのキイがFairway = Pharos を強めたクロスということからも、『主流の血量の割合が多い血統馬との配合に和合するのでは?』と強引に考えました。
 #さらにLaw Societyも異系に輪をかけてますし~
 #この辺が同じ独牝系でもAジャパンと違う点でしょうか

ですので、今現在、「カーリアン、ミスプロ」というニックスが目立っていますが、もっと奥を感じますし、本邦には「主流で固められた繁殖牝馬」が沢山いるのも幸いし、かつその繁殖牝馬も異系の血に飢えていた?のにまさにマッチしたのではないのかなぁ~と。そして、しばらくはマンハッタンカフェのリーディング上位の地位は揺るがないのかなぁ~と。

あくまで憶測の領域ですみません。m(__)m

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント