エスポワールシチーは選ばれしスター

「芝(ダート)でソコソコ走るから続けて芝(ダート)に使う」
「芝(ダート)で結果が出ないからダート(芝)を使う」

前者の場合、そのまま中央未勝利戦の全番組が終了してしまう事もあるわけで。ひょとしたらダート適性(中央向きのダート適性)があったかも・・・というのも中にはあるでしょうねぇ。

後者の場合は、それがきっかけで快進撃が始まる事も。アロンダイトが良い例ですね。


エスポワールシチーはその両方を兼ねた馬だったのですね。

新馬戦から数戦、芝でソコソコ走ったものだから変えるに変えられず、そのまま芝で結果を求め、何とか結果が出たから良かったものの、時期が時期(3歳7月)ですし、もし善戦止まりで未勝利戦が終了したら今のエスポはあったのかどうか?
怖いですね。

それで、エスポくんは芝1200mという、ダート王者となった今では考えられない条件の未勝利戦を勝ち、昇級初戦で家賃が高い事がわかったからダートに使えたと。それが上記、後者のパターンに該当し、そこから快進撃は始まったのです!


ほんと怖いですよね。
適性を見抜けない厩舎であったら、もしくは、脚に爆弾を抱えていて芝を使えないとか、中途半半端に結果が出ていて条件を変えにくいとか。。。そんな理由で能力を台無しにされる事もある、それは紙一重なんだなぁと。

エスポくんは、3歳7月の未勝利をアタマ差勝利して本当に良かったし、もしこれがクビ差で負けていたら、また芝に使っていた事でしょうし。まぁこれは時期が時期なので「結果が出ているのにダートを使うのは冒険すぎる」という理由でダートは使えない例ですけど。それでも「勝った」のだから、「選ばれしスター」だったのですね。


これから「エスポワールシチー時代」がしばらく続くと思いますが、出資者の方は、エスポくんの戦績を振り返ると、あの未勝利時代での苦労が懐かしいだろうし、まさかその当時、こんなに強くなるなって思わなかったでしょうねぇ。そういう意味では“あの未勝利時代”はこれから先も忘れられないことでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント