先週の結果 ピースエンブレム・ドリームシャドウ


 ○ピースエンブレム 
   土曜中山9R、黒竹賞(3歳500万/混/D9f)
            - 10着 -

 ▲ドリームシャドウ 
   日曜中山8R、4歳上500万下(D6f/混)
            - 2着 -


ピースエンブレム
 10日(土)の中山9R(黒竹賞・ダ1800m)に松岡騎手で出走した結果、10着でした。
 まずまずのスタートから、内の出方を見てスムーズに先行し、2番手に取り付きました。道中も逃げ馬をがっちりマークし競馬を進めていきます。良い手ごたえで直線を向くも、残り200mで止まってしまい、ズルズル後退し、10着惨敗という結果でした。タイムは1.57.3(1.6)。上がり3fは40.5。
 2着馬が逃げ残る(確かに力はある馬だが)展開でズルズル後退。上がりのタイムを見てもこれは明らかにおかしい。何かアクシデントがあったのか?と、心配しましたが、公式の出走後のコメントによると、特に馬体のアクシデントではないとの事で安堵しました。
 敗因は、陣営によると「前に壁を作った方がよいのでは?(松岡JK)」「直前追いは強めにしたほうがピリッとしてこの馬には良いのでは?(小島調教師)」ですが、自分なりに考えると、「前に壁を作らならくてもあの競馬が理想と思う」「気持ちが切れて競馬を止めたのでは?」・・・なので、小島先生の敗因の方が納得します。「あの不可解な止まり方」は、前日のゲート練習でかなりのストレス状態にあったのだと思います。苦しくて止まったのではなく、気持ちが切れてしまった止まり方のように見えたからです。松岡JKの鞭で「あー辞めた」というように見えました。決してあんなに負ける馬ではありません!
 
 
ドリームシャドウ
 11日(日)中山8R(4歳上500万下・ダ1200m)に藤田騎手で出走した結果、2着でした。
 まずまずのスタートからいつもどおり出脚がつかず後方からの競馬となりました。道中は11番手を気持ちよく追走、4角から直線はスムーズに外に出し、外の馬(勝ち馬)と併せ馬の形で鋭く伸びるもクビ差遅れて2着惜敗の結果でした。タイムは1.12.5(0.1)上がり3fは37.3(No.1!)
 「あんな上手な競馬ができるようになったんやぁ」と感心しました。あの内容なら順番待ちですね。この2戦で色々教えてもらった藤田JKには感謝です。
 これまで14戦して10回入着。ホント孝行馬です^^



<“勝手にお手馬”の出走>
 ◎ストロングポイント
   (日曜中山6R・3歳500万)11着
            ⇒次の1戦次第で見限ります。

 ☆ダイワバーガンディ
   (日曜中山11R・フェアリーS-GⅢ)15着
            ⇒あの不利がすべて!?

   
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント