フェブラリーS

今日のヒヤシンスSに出走したブラウンワイルドは、初ダートで血統的な裏付けもあることから、「穴馬」としては最適だったのですけど、大きく離された「しんがり負け」。どうも砂を被って途中から走る気を無くしたような感じに見えました。




さぁ、気分を取り直して明日の予想!


フェブラリーSですね!

すぐに軸馬は決まりました。
相手も結構絞りやすかったです。


◎はフリオーソ

外国人馬主(ダーレーjp)初のタイトルを!



相手は東京巧者の

○ダノンカモン

偶然にも◎とは、「ロベルト系」「伊国JK」という共通点。
ワン・ツーもありそう。


「ロベルト系」といえば、

マチカネニホンバレ

もそう。
外人ワン・ツー・スリーもあるある。


◎と同じブライアンズタイムのバーディバーディも、
池江先生定年で、あるある。


「外人」
「定年」

来そうな要素があるのは「ロベルト系」ばかり。
これは来るな、きっと。



1人気トランセンドは気持ちよく逃げるも、休養明けが堪えてラスト1ハロンでパッタリ。頭は無いだろう。2着か3着。


人気の一角セイクリムズンも連勝の勢いで怖いけど、マイルはどうなのかな?

シルクメビウスは前で人気馬がやりあってくれれば凄い脚で追い込んできそうも、東京ダ1600mで追い込みはきつい。4着まで。


頭はロベルト系。

複勝圏内でロベルト系は2頭入ってくる。
(ひょっとして3頭とも!?)

そういう馬券を買いました。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント