グッドルッキングホース・・・だけど血では説明できない

リードストーリーの2010 牝 への先行申込みの方針は変わらず。先述の○▲△△は、ギリギリまで様子見てその内の何頭かに。


「血統派」のポンセがパンフに穴が空くほど睨みをきかせて、いつも感心する馬がいます。シルクユニバーサルの2010 牡 ですけど、薄い皮膚に長さ幅も十分のトモ、それを支える狂いのない骨格・・・ポンセが理想とする馬体なんです。

。。。だけど、「配合のキイ」がないんです。

「この血統&この厩舎でこの値段?」
というのも、見方によれば、
「シルク縁の血統で上質な馬をシルク会員へプレゼント」
とも取れる。

。。。だけど、「配合のキイ」がない。
血統では説明できない。
[SS系 x ロベルト系] という組み合わせにもアレルギー反応が。
(だからシンクリ x SSへは出資しない)

だけど自分の中では「No.1グッドルッキングホース!」



同じような理由でレトⅡの2010 牝 へも躊躇してしまう。デインヒル経由のNatalmaクロスには特に興味は示さない。



「走りそう」なのに「説明できない」というのは本当にツライ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

歯がゆいところですね

おはようございます、ポンセさん。

専門である血統分野で、ご自分を表現できないのは・・・。
なんとも歯がゆい思いをされている?のではないでしょか?。
でも、言葉や文章では表現できないナニカがあるのだと思います。
血統のポンセさんも良いですが、直感のポンセさんも良いではないでしょうか。

僕なんて、血統も馬体もいい加減です(笑)。

Re: Re: 歯がゆいところですね

ヘッドビーさんありがとうございます。

馬体で勝負したアスクレピアス07ことクラサヴィカが全然でしたからね(汗)それに、今残っている5頭は全て血統で決めた精鋭部隊。なんかゴレンジャー(今はゴーカイジャー、笑)みたいで頼もしく、愛着があるんですよね~。やっぱり自分自身納得して出資した馬は違うもんだな~としみじみ思います。なので、この姿勢、もうちょっと貫いてみます。(とはいえ、馬体で気になる上記2頭が重賞を勝つような事になるとブルーで立ち直れないんでしょうね^^;)
ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント