今年のクラシック展望

リーチザクラウンの鞍上はユタカ。
リーチザクラウンのライバル、ロジユニヴァースの鞍上はノリ。
すなわち、「ユタカ VS ノリ」。

リーチザクラウンの父はスペシャルウィーク。
そのスペシャルウィークが走った98年の年もまた、
「ユタカ VS ノリ」でした。(結果は、ノリの2勝1敗)


今年の牡馬クラシックは、この2頭(2人)中心で回ると信じて疑わない人はきっと多いことでしょう。自分もその一人であり、今年ノリノリのノリに特に頑張ってもらいたいと思っています。

リーチザクラウンは、ラジオNIKKEI杯でロジユニヴァースに完敗してしまいましたが、きさらぎ賞では父スペシャルウィークを彷彿させるような圧勝劇で巻き返しました。

対するロジユニヴァースは、弥生賞で圧倒的な1番人気に応えたことは勿論、その勝ち方が、まるでリーチザクラウンを意識するかのような“逃げ”で圧勝したのでした。


リーチザクラウンを新馬戦で負かしたアンライバルド、この馬もまた底を見せていない強い馬ですが、もしスプリングSを圧勝するようなことがあれば、今年の牡馬クラシックは非常に面白くなりそうです。





牝馬クラシックも、自分の中では2頭、ほぼ決まっています。
ブエナビスタとレッドディザイアです。


ブエナビスタは、牝馬相手では無敗であり、これまでに先着を許した牡馬2頭こそが、先のリーチザクラウンとアンライバルドなのです!おもしろいですね。

レッドディザイアは、これまでブエナビスタとの対戦がないだけに比較は難しいところですが、かなり強いと思います。派手さはないものの、勝負根性がすばらしい。特にエルフィンSの勝ち方は強烈でした。あり得ない位置からきっちり差しきりましたからね!どんな位置からでも鬼脚でもって必死で前を捕らえるその勝負根性、ブエナビスタに脅威を与える事になるでしょう。

ダノンベルベールも勿論、打倒ブエナビスタ!で挑んでくる強敵の1頭ですが、レッドディザイアとは対照的に「勝たんとする意志」が弱いのが最大の弱点。これは持って生まれたものですからトレーニングではどうしようもありません。上位には来るとは思いますが・・・


兎にも角にも、今年のクラシックは、牡馬牝馬ともに、見所たくさんの面白いレースが繰り広げられることでしょう!
スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント