世代を超えても色あせないモノ

ANIMAX(アニマックス)は、24時間アニメ三昧なので、「日本人に生まれたかった~」という米国のアニヲタにはたまらないでしょうねぇ。

そのANIMAXで、毎週土曜日に「じゃりン子チエ」を放映していまして、『なつかしい~』と、約30年ぶりに見たわけですが、全然古臭さを感じませんし、それを証明するかのように、わが子供たち(8歳、3歳)にも大ウケ。家族中が、『毎週土曜日が待ち遠しい』という、ちょっとしたブームになっております。


「世代を超えても・・・・」というと、やっぱりこれも漫画の話で恐縮ですが、「らんま1/2」。これに娘がハマってしまいまして。

2年前の、年長の時でしたか、これも、「ANIMAX」で初めて見た彼女は、衝撃を覚えたらしいです。親バカの私は、すぐに古本屋へ行き、「らんま1/2」を全巻揃え与えました。ふりがなを打っているので、幼稚園児でも読め、『言葉の勉強になってくれれば』のつもりで買い与えたのですが、お陰様で小学2年生になった彼女は、国語が得意のようです。

「らんま1/2」、確かに面白く、私も全巻読破してしまいましたし、娘などはもう5回ほど読み直して単行本はボロボロ。

高橋留美子の天才ぶりに魅了され、犬夜叉まで全巻揃えるハメになりました。


「世代を超えても」「天才漫画家」といえば、浦沢直樹。

「20世紀少年」で時の人となりましたが、自慢ではありませんが、「20世紀少年」はブームになるずっと前から集めていましたし、映画化されて買い取り価格が高騰した時には、『売ろうかな?』と思ったほど。(いやいや、きっと将来、娘が、息子が、読む、と思うので大事に置いておこう!)

「MONSTER」「パイナップルARMY」も好きですが、「MASTERキートン」が一番好きかな。どれも「大人の漫画」ですね。浦沢直樹ってホント天才!(けど、世間一般で有名になった「YAWARA!」はあんまりかな。)

なんだ、オレってアニヲタやん!
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント