ペルレンケッテ長期休養明けも「いきなり」を期待



ペルレンケッテ 4歳牝馬
9月8日土曜日
阪神12R 3歳上500万下 
芝1,400m・17頭・浜中55㎏






約10ヶ月ぶりの復帰緒戦を迎えた。

実績ある千四を使えばすぐに勝てたであろう、休養前の前走と前々走。それは『一本調子の馬になって欲しくない』という音無先生の想い、その想いがマイル戦にこだわらせた。結果は惨敗続きでダメージも大きく残り、結果長期休養となってしまった。

復帰緒戦を迎えるにあたって、先生は早くからこの番組をプランに挙げていた。そのことからも、『気性面の改善、調教』を諦め、『本馬の気性を活かし、能力を最大限に引き出す方法』を選んだように思う。

そう!スプリンターとしての覚醒を先生は目論んでいると思う。

このような経緯で復帰緒戦は実績ある芝千四が選ばれた。

調教量は足りており、あとは勝負感がどうかだけだが、幸い降級であり、この時期だけに、未勝利馬も混じった非常にレベルの低いメンバー構成で恵まれた。

単勝は1倍台に支持されると思うが、期待に応えてもらわないと困る、そんな自信を持って臨みたい一戦だ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポンセ雑談@Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

ポンセ

Author:ポンセ
大阪府 ♂
一口馬主で配合論を検証!
ホームページへも
お越しくださいませ^^

RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新コメント